★阿修羅♪ > 原発・フッ素50 > 843.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「子どもと『がん』ばかり注目される福島報道はおかしい」 現場の医師が語る現実 (石戸諭・YAHOOニュース) 
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/843.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2019 年 2 月 01 日 07:36:45: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 


「『子どもと『がん』ばかり注目される福島報道はおかしい』 現場の医師が語る現実」
(石戸諭・YAHOOニュース 2019/1/28)
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20190128-00112653/

東京新聞、朝日新聞などが報じた「福島の11歳少女の甲状腺に100ミリシーベルトの被曝が確認された」という記事が波紋を広げている。「特ダネ」と評する声があがる一方で、記述やリスクの報じ方についてバランスを欠いているという批判も多い。福島で日々、現場の第一線で向き合う医師からは「『子供』と『がん』ばかりを取り上げる報道はおかしい」と声があがる。

■ 東京新聞が「特ダネ」で伝えたこと

 記事を最初に報じたのは1月21日の東京新聞だ。朝日新聞も追いかけて、ほぼ同じ内容を報じている。要約するとこう書いてある。
 東京電力福島第一原発事故の直後、福島県双葉町の11歳の少女が、甲状腺に推計で100ミリシーベルト程度の被ばくをしたと報告されていたことが、国の研究機関・放射線医学総合研究所(放医研)の文書から判明したというものだ。彼らはこれまで国が報告を公表しておらず、これが伏せられていたとも報じている。
 東京新聞を代表するスター記者は「特ダネ」だとツイートし、記事をシェアした。

■ 「うんざりしている」

《またか、とうんざりしています。100ミリシーベルトという数字をいたずらに使って、問題が多い。この少女が誰かはわかりませんが、これを読んで「自分のことかもしれない」と思う人は不安になるでしょうね。それが別のリスクにつながることを理解しているのかなと思います。》
 そう語るのは福島県相馬中央病院の坪倉正治医師だ。原発事故直後から、大きな被害があった福島県沿岸部の浜通りを拠点にし、第一線で診療に当たってきた。福島県で子育てすることを選んだ親世代からの相談にも積極的に応じてきた医師である。
 《まず報道を読む限り、100ミリシーベルトという数字は全身に被曝した際に使う「実効線量」ではなく、特定の臓器への影響を示す「等価線量」と呼ばれるものであること。そうであるにも関わらず、記事には実効線量のリスクと等価線量のリスクを混同した記述がいくつも見られます。
 さらに、この数字自体いくつもの仮定に仮定を重ねたもので、かなり保守的な計算をしたものです。本当はどの程度の線量なのかはまだわからない、というのが率直な感想です。
 もし本当に重ねた仮定がすべてあっていたとしたら、今まで報告されているものより、数値が高いという印象はあります。ですが、もし100ミリシーベルトだったとしても、これは超えたらすぐにガンになるという数字ではありません。そこは極めて重要な点です。》

■ リスクの伝え方

報道には「『国や福島県の公表資料には(中略)チェルノブイリ事故では100ミリシーベルト以上でがん発症』と記されている」とある。
 《100ミリシーベルトを超えたらがんになるというのは、放射線のリスクについてかなり誤った考え方だと言わざるを得ないですね。
 放射線防護の基本ですが、100ミリシーベルトはがんになるか否かの閾値ではありません。そんな伝え方をしているのは大問題です。
 この少女に対して、現場ができることは経過観察することしかありません。それは被曝量が100ミリシーベルトだろうが、それよりはるかに低かろうが同じことです。今すぐ甲状腺がんになる、将来的に確実に甲状腺がんになるというような考えも誤りです。
 被曝量はセンシティブな情報であり、現場でもとても丁寧に伝えないといけないものの一つです。記事のような大雑把な伝え方は僕にはできないですね。》

■ 科学的なモノサシとして

 物理学者の田崎晴明氏がチェルノブイリ原発事故との比較をホームページに記録しているので、重要なところだけ抜粋する。詳しく知りたい人は是非すべて読んでほしい。
 《1990 年から 2001 年のあいだに甲状腺ガンを発症したのは約 1000 人である(Cardis et al., Table 5)。 (中略)
 この痛ましい事故の結果をもとに、被ばく量と甲状腺ガンの発生率の増加を解析した論文として、ここでは、P. Jacob et al., Thyroid cancer risk to children calculated Nature 392, 31 (1998)を参照する。
 ベラルーシとウクライナでのデータを解析した結果、Jacob らは、子供のころに甲状腺への被ばくを受けると、それによってその後の甲状腺ガン発症のリスクが甲状腺等価線量 1 Sv(石戸注:文字通り「桁違い」に高い数値。今回は等価線量で100ミリシーベルトということに注意) の被ばくに対して、年間、1 万人あたり 2.3 名だけ上乗せされると結論した。》

■ 「いつまで繰り返されるのか?」

 研究者として福島における健康問題について多くの論文を書き、エビデンスを明らかにしてきた坪倉さんはため息交じりに語る。
 《福島で本当に問題なのは、糖尿病など生活習慣病のリスクが高まっていること。慣れない避難生活による心身の負荷ですよ。
 まさに命に直結する問題なのに、こっちはどれだけリスクがあると言っても、大きく報じてもらえない。本当に改善が必要なのにです。
 それなのに子供とがんが結びつく情報だけは大きく報じられる。おかしいと思います。すべての検査は生活している人たちのためにあるものです。現地が置いていかれるような報じ方にはやはり違和感があります。
 これをいつまで繰り返すのでしょうか?》

■ 確証バイアスを自覚する

 最後に元新聞記者、「隠されたこと」を暴くことに執着する社会部経験者として、なぜこうした報道が繰り返されるのかについて、一つの仮説を書いておく。
 おそらく、この件を報じた記者も「特ダネ」と書いたスター記者も「福島の子供達を不安にしてやろう」という悪意はない。
 それは日清食品が大坂なおみの肌の色をアニメ化でどう描いたかと同じ意味合いで、だ。彼らは明確な悪意は持っていないが、どう受け取られるか。こうした言説の効果がどう及ぶかについて、想像力を決定的に欠いているだけである。
 心理学に確証バイアス(偏り)という考え方がある。ある仮説を検証するにあたって、仮説を支持する情報にだけ注目して、他の当てはまらない例を無視してしまうバイアスのことだ。人は反論を聞いても、偏った情報で重み付けをする傾向がある。
 人は誰しもがバイアスを有している。新聞記者も例外ではない。さらに重要なのは、これまでの心理学研究が支持しているのは右派も左派も、自分たちの政治的イデオロギーに合致しない科学的言説は受けつけにくい傾向があるということだ。
 東京新聞も朝日新聞も個々には冷静な福島報道を続けている記者もいて、素晴らしい仕事があることは事実だ。
 では、なぜこうした報道が続くのか。両紙とも安倍晋三政権に対して批判的なスタンスを取り、原発にも批判的だ。政権に批判的か否か、「原発を推進」するか否かが福島報道―特に子供と健康を巡る問題ーに直結してはいるからではないか。
 政権が隠している情報を暴き、脱原発のために「福島の子供たちの被害」を強調するといった方向に。
 誰もが確証バイアスからは逃れられないが、問題を切り分けることはできる。私は自民党政権の政策には批判的な立場をとることが多い。原発についても将来的な脱原発は必須であると考えている。さらに言えば、一連の報道に限らないが県や研究機関の対応にも問題は少なくないと思う。
 だが、だからといって今回の報道程度のエビデンスで、福島県の子供とガンについてことさら大々的に報じるべきであるとは考えない。政権批判も、脱原発を訴えることも、福島県の子供たちのガンリスクが低かったとしても十分、主張できるからだ。この記事を報じるなとは言わないが、伝え方には注意が必要だろう。
 個人に関わるセンシティブな情報である以上、科学的知見を大事にして、報道には慎重に慎重を期すべきだ。
 福島と子供を巡る問題について、2人の教員ーこれも現場の言葉だーの声を紹介しておこう。
 「どうせ、うちらがんになるんでしょって中学生の子供たちが言うんですよ」
 「まだ、あの時のことを自分の言葉にできていない。うっかり言葉にすると誰かに心配かけるんじゃないかって。そんな子供たちばかりなんですよ」
 自分たちはバイアスから自由だと言わんばかりの報道姿勢は大いに疑問である。右派、左派問わずに政治的スタンスやバイアスを自覚して、もっと現場や生活の声を拾い上げていくことが必要ではないか。福島の伝え方は今こそ、再考すべき時にきている。

-------(引用ここまで)--------------------------------------

実に非論理的かつ非倫理的な記事である。


「『子供』と『がん』ばかりを取り上げる報道はおかしい」

放射能被ばくの影響を受けやすい子どもを守るのはわれわれの責務であり、
「子供」と「がん」を最優先に報道するのは常識的なことだ。


「またか、とうんざりしています」

半減期30年のセシウム137やストロンチウム90が安全なレベルになるのには100年以上かかる。
うんざりしようがしまいが、長期にわたる警戒と監視が必要である。
気をぬけば大量に被ばくして健康を損ね、命を失うことになる。


「ですが、もし100ミリシーベルトだったとしても、これは超えたらすぐにガンになるという
数字ではありません」

事故後8年、その「すぐに」が終わってがんが激増している。

累積100ミリシーベルト以下で何人もの原発作業員に労災が認められている[1]。
5ミリシーベルトで発症した白血病にも労災が認定されている。
100ミリシーベルトが極めて危険であることに議論の余地はない。

放射能被ばくについては長年の研究結果から労災の認定基準は決められており、
また一般人も年間1ミリシーベルトまでと規制されてきた。
この基準も甘すぎるという議論はあるが、一応科学的、医学的な研究に基づいた結論である。

その基準を原発事故で守ることが難しくなったからといって、何の根拠もエビデンスもなく
20倍から100倍に緩めてよいわけがない。


「まず報道を読む限り、100ミリシーベルトという数字は全身に被曝した際に使う『実効線量』ではなく、
特定の臓器への影響を示す『等価線量』と呼ばれるものであること」

等価線量、実効線量は内部被ばくを無視したものである。
等価線量が100ミリシーベルト、甲状腺の組織加重係数は0.04で実効線量は4ミリシーベルだから
大丈夫などと言っているが、これは全身が均等に被ばくすることを前提にしているマヤカシだ[2][3]。
強い放射線を放つ微粒子が1粒、甲状腺に沈着すれば、甲状腺は100%そのエネルギーを受ける。
その場合、組織荷重係数はもちろん1.0である。
そしてその局所的な被ばくががんなどの病変を引き起こすのである。
組織加重係数には何の科学的根拠もないことはICRPも認めている。

そもそもシーベルトという単位では内部被ばくは評価できない。
臓器のどこに何ベクレル蓄積されているかを調べないと意味がないと、東大の児玉龍彦教授も
明言している[4]。
ベクレル->シーベルト変換係数も全く科学的根拠がなく、被ばくの影響を小さくみせかけるための
トリックである[5]。

とくに、福島原発事故では住民は大量の放射性微粒子を体内に取り込んでおり、
線量計の数値よりもはるかに多い内部被ばくをしているのは明らかだ。


「年間、1 万人あたり 2.3 名だけ上乗せされると結論した」

ではなぜ火葬が2週間待ち、遺体ホテルが大繁盛しているのか。


「福島で本当に問題なのは、糖尿病など生活習慣病のリスクが高まっていること。
慣れない避難生活による心身の負荷ですよ」

まだこんなことを言っているのにあきれる。
事故後8年、避難した人は避難先ですっかり落ちついて生活している。
帰還しないのは、福島で健康被害がひどいことを伝え聞いているからである。

糖尿病が増えているのはストロンチウム90によるものだろう。
チェルノブイリでも糖尿病が激増した。


「人は誰しもがバイアスを有している」

バイアスの問題ではない。
バイアスを排して真実を追及するのが科学の本質である。
東京新聞はそうした科学的事実と常識に基づいてこの記事を書いたのだ。

すぐにイデオロギーの問題にしようとするのは御用連中の常套手段である。
左や右と言った思想は科学とは全く関係がない。
科学的に考えて危険なものは危険なのだ。


「『原発を推進』するか否かが福島報道―特に子供と健康を巡る問題ーに
直結してはいるからではないか」

当たり前である。いまさら何を言っているのか。
原発事故が起きたら、一番健康被害を被るのが子どもたちである。
子どもたちの未来を奪う原発に反対するのは当然だろう。


「政権批判も、脱原発を訴えることも、福島県の子供たちのガンリスクが
低かったとしても十分、主張できるからだ」

そもそも健康被害が起きなかったら、原発に反対する理由はない。
論理性のカケラもない矛盾した主張である。

われわれは、住民とくに子どもに深刻な健康被害が起きるからこそ
原発反対なのであって、反原発のために健康被害を騒ぎ立てているのではない。


「『どうせ、うちらがんになるんでしょって中学生の子供たちが言うんですよ』」

残念ながらなるだろう。線量計がピーピー鳴りっ放しのところで暮らしているのだから。
首都圏でもがんでバタバタ倒れる人が出ている。
安全だ、心配ないと繰り返していた中川恵一先生もとうとう膀胱がんになってしまった。
子どももバカじゃない。だまされているのをよくわかっているのだ。

本来なら即避難が必要な高汚染地域に、危険性を知らせず、安全だ、心配ないと
ウソ、デタラメを並べてとどまらせようとすることは殺人行為に等しい。

いくら風評被害だ、デマだ、左翼だとわめいたところで、どんどん被ばくで死んでいく。
真実を覆い隠すことは不可能だ。

結論。
東京新聞の福島報道は科学的事実と根拠に基づいたものであり、少しもおかしくない。
おかしいと主張する人間のほうがおかしいのである。


(関連情報)

[1] 「原発作業員:被ばくでがん 労災10人 (毎日新聞) 9人は100ミリシーベルト以下で発病」
(阿修羅・赤かぶ 2011/7/26)
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/749.html

[2] 「健康被害に関するICRPの理論の問題点 (IWJブログ 北海道がんセンター名誉院長 西尾正道)」
(拙稿 2018/5/29)
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/783.html

[3] 「ストロンチウム90の危険性から目を背けさせようとする人々(カレイドスコープ)」
(阿修羅・赤かぶ 2014/3/22)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/102.html

[4] 「『放射線の健康への影響』参考人説明より 児玉龍彦(東大アイソトープ総合センター長)」 
(阿修羅・otoppi 2011/7/30)
http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/345.html

[5] 「放射能と人体(10)安全デマのキモ−実効線量係数とは(250万アクセス)」 (院長の独り言 2012/1/13)
http://onodekita.sblo.jp/article/53082228.html

[6] 「<東京新聞・一面トップ!>福島事故直後 11歳少女、甲状腺に推計100ミリシーベルト被ばく 
放医研で報告」 (阿修羅・赤かぶ 2019/1/21)
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/804.html


-------(引用ここから)----------------------------

https://twitter.com/ryuusyuu_osyou/status/1090685895110361088
(醤油といっしょに龍秋和尚)
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019012190065749.html
組織的隠蔽って、国が行えば合法なんだろうかねぇ
旦那さんとか奥さんが大事を隠していたら喧嘩になるのに、不思議な国だもんだ
10:59 - 2019年1月30日

https://twitter.com/ni0615/status/1090550143818985472
(田島なおき(被ばく受忍返上))
資料『背信の果て1』 20190121東京新聞&NHK http://twitdoc.com/A9M1
隠された測定「11歳少女、甲状腺100ミリシーベルト被ばく」…
一番重要なことは、 東京新聞が情報開示請求をしてつかんだスクープだということ。
後追いNHKは、当局側の弁明を買ってでたような奇妙な詳しさ。
1:59 - 2019年1月30日

https://twitter.com/sivad/status/1090175806934904832
(sivad)
なぜか今さら田崎さんのHPを持ち出してるけど、
実効線量を疫学的評価に用いるのはICRPが推奨されないとしている不適切な方法。
しかも現在では甲状腺等価線量100mSv以下でも甲状腺がん発症のエビデンスが
蓄積していることを伝えないミスリード記事。石戸さん相変わらずです。
1:12 - 2019年1月29日

https://twitter.com/qu_yuan/status/1089821132746678272
(ちゅーゆぇん)
“人は誰しもがバイアスを有している。新聞記者も例外ではない。
…東京新聞も朝日新聞も…”
https://twitter.com/satoruishido/status/1089679975823724544
云々とのご高説ですが東京新聞は親切に補足記事書いてます→
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201901/CK2019012302000293.html …。
石戸さんは早野論文問題無視ですか?
1:43 - 2019年1月28日

https://twitter.com/kazparis/status/1089895124983676928
(Fonzy)
子どもと『がん』ばかり注目される福島報道はおかしい:
政権に批判的か否か、「原発を推進」するか否か。
脱原発のために「福島の子供たちの被害」を強調するといった方向に
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20190128-00112653/
坪倉正治を引用。こういう御用記事が今でも時折現れる
6:37 - 2019年1月28日

https://twitter.com/shinchann2008/status/1089798136007016448
(しんちゃん) 岐阜 埼玉
こんな勉強不足のライターが。100ミリシーベルトも被曝して
がんリスクが増えないなど何を勉強したの?
坪倉正治がどんなひどいコラム書いてるのか、知らないのか!
「子どもと『がん』ばかり注目される福島報道はおかしい」
現場の医師が語る現実」石戸諭 | 記者 19年1月28日
0:11 - 2019年1月28日

https://twitter.com/H31KyP/status/1089694677693943811
(KyP) 九州
「記事には実効線量のリスクと等価線量のリスクを混同した記述」
というのは誤認ですね。 東京、朝日、NHK、日本経済、読売の
いずれの記事も読みましたが、一貫して「等価」線量の話として報じられています。
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20190128-00112653/
17:20 - 2019年1月27日

https://twitter.com/uchida_kawasaki/status/1089729305695772672
(内田)
寄り添うふりで、加害者の肩を持つ記事。
宮崎真・早野龍五論文の倫理指針違反、論文内の計算の不正確と言うより
捏造を疑われる件については、記事を書かれないのですか?
早野龍五氏の言葉を広めた一人として、検証する必要があるのでは?
19:38 - 2019年1月27日

https://twitter.com/siru2017/status/1088926204428640256
(知る大切さ2017)
喉元過ぎて公表する 姑息な国家日本。
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
14:26 - 2019年1月25日

https://twitter.com/henry_clay2017/status/1088639839359033344
(ヘンリー・クレイ)
2011年7月に菅直人首相が帰宅困難地域だと言ったことに対して批判をした人、
お元気ですか?
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019012190065749.html
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
19:28 - 2019年1月24日

https://twitter.com/you_gotta_be_h/status/1088054346309238784
(JINTA)
本来40万人を調査しなくてはならないのにたったの1080人しか調査してない。
その上隠蔽!子供の命なんだと思ってる!
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
4:42 - 2019年1月23日

https://twitter.com/0902NABE_K/status/1087917262978330625
(渡辺 健弘)
もう何もかもが隠蔽・改竄。 国の言う事は何一つ信用できんわ。
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
19:37 - 2019年1月22日

https://twitter.com/cmk2wl/status/1087661940065722370
(cmk2wl)
東京新聞の 【 11歳少女 100ミリシーベルト被ばく 「がん発症増の目安」 】
ガンになるかどうかは1粒のホットパーティクルを吸い込んだかどうか
決まってしまう。 そしてこれは過去の出来事。
ホットパーティクルの吸引は現在進行形。
こんな記事ですらバイアスがかかってる。
2:43 - 2019年1月22日

https://twitter.com/WISC6/status/1087903150902788097
(WISC)
11歳少女の報道を特殊化しているが、
これは「東京新聞くらいしか報道の仕事をしていない」という事を
熟知した上での行為と思われる。
18:41 - 2019年1月22日

https://twitter.com/masakarinuts/status/1087904123675004928
(まさかりナッツ)
なぜ今この事実が明るみに?と思ったら「本紙の情報開示請求で公開された」。
つまり、東京新聞の取材がなければ闇に葬られていた話。本当に酷い。
→東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
18:45 - 2019年1月22日

https://twitter.com/nabeyan1026/status/1087911180067192832
(nabeyan1026)
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019012190065749.html
何から何まで嘘だらけのアベ政治 嘘つき隠蔽改ざんの犯罪 内閣
東京新聞頑張って
19:13 - 2019年1月22日

https://twitter.com/simanekomama/status/1087802651620782080
(シマシマネコのママ (消費税、むしろ下げて))
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019012190065749.html
2019年1月21日 06時57分
この話は、NHKで報道はまだだっけ? と、思って調べたら、ありました
(次ツイートで紹介) 50円の話は スピンじゃないの?やっぱり。
12:02 - 2019年1月22日

https://twitter.com/tori_pengin7kt/status/1087666999008714753
(北極にペンギン)
「国民の生命財産を守る」という前提で、我々は国家に色々な権限を委譲している。
実際は国家維持を最優先とし、情報を隠蔽し国民の生命を軽んじている。
最悪としか言えない。
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
3:03 - 2019年1月22日

https://twitter.com/be_guru567/status/1087666764832362498
(蕎麦)
そもそも「公式発表」とされる数値の楽観的部分だけに吸い寄せられ、
更には発表されていない数値、見えない数値の可能性を無視し
「危険ではない」と言い切る事は問題だと思う
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
3:02 - 2019年1月22日

https://twitter.com/CordwainersCat/status/1087505332098584577
(彫木 環(サヨナラ安倍首相)) 神奈川
と言うわけで、いずれにしろ内部被曝が起きて特定の組織が
強く不均等被曝したのに組織等価線量に組織加重係数を掛けて
「ホラ、実効線量ではこんなに小さいから被曝の影響は無視できる」
とかやるのはほとんど詐欺ですよ。
16:20 - 2019年1月21日

https://twitter.com/nagaya2013/status/1087307169286938624
(nagaya)
まあこれ、東京新聞の書き方も不親切で悪いが、
「実効線量と等価線量を混同してる。バーカ」って
短絡的にやってるやつの性根もかなり悪い。
3:13 - 2019年1月21日

https://twitter.com/3D2Y_Rainbow/status/1087540881333248000
(たかまい)
放医研「精密に検討しておらず、公表していない」人の命に関わることなのに、
この無責任さは何?圧力でもかかったの?それかお金でももらった?
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
18:42 - 2019年1月21日

https://twitter.com/moto156/status/1087513858313342977
(Moto) 滋賀・大津市
なんで、今ごろこういう情報がでてくるのか。想像はしてたが、何故今ごろなのか。
いい加減なことばっかりだよ、こん国は。
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web) -
16:54 - 2019年1月21日

https://twitter.com/ricanikanmuri/status/1087512759221153792
(小沢さんなにしてんの?) 埼玉・深谷市
<東京新聞・一面トップ!>福島事故直後 11歳少女、
甲状腺に推計100ミリシーベルト被ばく 放医研で報告  赤かぶ
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/804.html
未だに盗電が存続していることが政治の腐敗 
恥知らずのならず者国家に成り下がった日本
16:50 - 2019年1月21日

https://twitter.com/mel0gibson/status/1087471103709048832
(メル@ツイ廃・デブ・禿)
嘘つき政府。いないゆうたやろ。
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
14:04 - 2019年1月21日

https://twitter.com/V10CENTAURO/status/1087428787929722880
(chuu)
こういう情報が今になって出てくるのは、時間が経って
情報統制が杜撰になってきたからからな→
東京新聞:11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 
福島事故直後 放医研で報告:社会(TOKYO Web)
11:16 - 2019年1月21日

-------(引用ここまで)----------------------------  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年2月01日 07:39:31 : qW5770aSac : k9XcZ01CpGM[1541] 報告
この石戸諭という記者は、早野龍五・東大教授の提灯持ちをしているが、
早野教授の研究調査に不正が見つかり、
彼の主張する安全論が根底から崩れしまった。

それについてはどう弁明するのか。
不都合な事実に黙り込むのなら言いっ放しで消えるネトウトと
同じということだ。

「科学者がいま、福島の若い世代に伝えたいこと
『福島に生まれたことを後悔する必要はどこにもない』(BuzzFeed)」 
http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/281.html

2. 茶色のうさぎ[-9601] koOQRoLMgqSCs4Ks 2019年2月01日 17:06:44 : mdxzNZt8tk : VBU_MyakbXY[1] 報告

>等価線量が100ミリシーベルト、甲状腺の組織加重係数は0.04で実効線量は4ミリシーベルだから
大丈夫などと言っているが、

 ↑ 正解♪ 東大、チーム中川の連中と思います。 米国防省と100倍の違いと思います。

 つまり、甲状線などの、個別の臓器は、まんまの、等価線量でいいんだよ!!

 実効線量係数なんて、掛け算しちゃ、ダメダメよー♪

 まぁ、NHKサイエンスZERO、の数値で、正解♪ ←まだ、吸入だけですね。

 最終的には、経口や、外部被曝のγ線も考慮すると、2倍以上確実、10倍くらい、と思います。

 なお、他の臓器、白血病、ガン、などは、空間線量を積算した、100mSv以上が基準ですね。

 まぁ、原発作業員は、5mSvでも認定なんて、、矛盾だー♪ぺっ

 まぁ、甲状線以外の、他の臓器への影響、証明は、人体実験中ですね。ぺっ♪ ←メンゲレ山下

結論: 被曝者手帳、、用意しろー♪ばか 長文省略 うさぎ♂



[18初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず口を開けば『小出がー』『松本ガー』『共産党がー』とやって利権者以外を誹謗中傷するコメント多数のため全部処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

3. 茶色のうさぎ[-9605] koOQRoLMgqSCs4Ks 2019年2月01日 17:45:48 : mdxzNZt8tk : VBU_MyakbXY[0] 報告

 魚拓してください。 4月から、Googleから、削除だってw ばか うさぎ♂

 ↓ NHKサイエンスZEROの数値です。
https://plus.google.com/u/0/photos/photo/100544952774176085060/6620084492793592722
https://plus.google.com/u/0/photos/photo/100544952774176085060/6620085595436179890
https://plus.google.com/u/0/photos/photo/100544952774176085060/6619644988829811890
https://plus.google.com/u/0/photos/photo/100544952774176085060/6620083864288018002

https://plus.google.com/u/0/photos/photo/100544952774176085060/6649349939068404338
https://plus.google.com/u/0/photos/photo/100544952774176085060/6624993271367499362

https://plus.google.com/u/0/photos/photo/100544952774176085060/6649031349355940418
https://plus.google.com/u/0/photos/photo/100544952774176085060/6649168308436757730



[18初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず口を開けば『小出がー』『松本ガー』『共産党がー』とやって利権者以外を誹謗中傷するコメント多数のため全部処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

4. 2019年2月01日 21:31:48 : Jbb7AazSGI : Z6JTa5eIZ3s[1] 報告

「現場の医師が語る」というから誰かと思ったら

東大の坪倉の親分上昌弘から「福島行って安全デマ

振りまけ」と命令された、またまた安全デマ要員

の御用坪倉かw
 
お前のことはだーれも信用してないんだよ。

5. 2019年2月01日 22:08:16 : 5YlRhRlGBc : 6TRrEq0r0I8[2] 報告
この医師は、魔物にでも仕えているのか?

ヒポクラテスの誓いなどは、忘却の彼方にあるのだろう。

いつもの、同じ面子、○○野郎ども。

別投稿にした、当方のコメントを引用する。

> ウクライナで最も汚染された6つの地域に住む、7−14歳の子どもたちの平均的な甲状腺等価線量を記す。(HEALTH EFFECTS OF CHORNOBYL ACCIDENT THIRTY YEARS AFTERMATHより)

ジトームイル州 87mSv
キエフ州    75mSv
リウネ州    64mSv
チェルニーヒウ州55mSv
チェルカースィ州52mSv
キエフ市    30mSv

この6つの地域では、1986年から2014年までに、事故当時0−18歳だった子どもたちの中から、4099人の甲状腺がん患者が出ている。

6. 2019年2月02日 02:03:32 : qW5770aSac : k9XcZ01CpGM[1542] 報告
>>5
>いつもの、同じ面子、○○野郎ども。

その通り。
デマだ、風評被害だ、福島は安全だとわめいているのは
いつも同じ連中。

彼らの言うことが正しければ、もっと支持者が増えそうなものだが、
デタラメなので無視されるだけ。

専門家が下手に安全です、などと言えば、山下センセみたいに
責任を追及されることになるから、口を閉じて黙っている。

7. 2019年2月02日 07:35:15 : iZ6UqjypQE : LuCK8nlIeMc[1] 報告
 
>甲状腺等価線量 1 Svの被ばくに対して、年間、1 万人あたり 2.3 名だけ
>上乗せされると結論した。

つまり、福島県で甲状腺がんになった子どもたち200余名は、
1Sv=1000mSv以上の被ばくをしているということになろうか。
凄まじい汚染ですね。なぜ用意してあったヨウ素剤が配られなかったか。
 

8. 2019年2月02日 09:06:32 : CnHubp3sDA : e2qZg5Spp54[7] 報告
福島第一原発が爆発したとき、福島周辺に住んでいる人たち(子どもを含む)に、携帯用の放射線測定器を国が配布しましたよね。その配布した測定器の数値に誤魔化しが見つかりましたよね。

原発神話というだけのことはあります。これも嘘、それも嘘、あれも嘘、すべて嘘。
神社本庁のホームページに日本の神話がいくつも書かれていますが、あれはもうカルトの領域。

汚染水に足を突っ込んだ男性は、GMサーベイメータで足を計測したとき針が振り切れていたのですね。
やっぱりそうだったのかと思いました。
放射線を浴びた作業員は、その後どうなったのでしょうか。無事に生きていればよいのですが。

以下の動画はすでに削除されているので、書いておきますね。

立憲民主党北海道連合の武田浩光(元札幌医科大学附属病院放射線部 副部長)

「北海道核医学技術セミナー」3月24日(2012年)

■3号機タービン建屋1階および地下1階において、
 ケーブル敷設作業を行っていた協力企業作業員3名について、約170mSv以上の線量を確認

■そのうち2名について、両足の皮膚に放射性物質の付着を確認

●13:59 県庁災害対策本部より福島医大に第1報
●14:23 お戦車2名の情報がFAXで到着
●14:30 電子カルテ作成
●15:00 対応車招集(応援部隊、放射線科、救急部、看護部)
●16:00 対応者ミーティング
●17:00 双葉救急隊から断片的に連絡
●18:30 双葉救急隊到着
 ・リーダー医師による簡単な診察(本人確認、意識・歩行可否診察、症状確認)
 ・自衛隊による除染
 ・トリアージ室にて簡単な放射線サーベイ、簡単な診察(呼吸数、脈の触診)
 ・除染室で詳細な放射線サーベイ
 ・汚染区域内で詳細な診察(モニター装着、全体表の診察、血液・スワブ検体探取)
 ・REMATより再度除染の指示
  除染室内浴槽で再度除染 → 放射線サーベイ
●19:40 除染室退室し、WBC計測
●19:49 ICU申し込み
●20:30 ICU入室

GMサーベイメータで計測しても振り切れるため、乾パンの缶のふたを遮へい材にして確定測定。

作業インの作業環境調査
■水表面の線量率 約400mSv/h
■溜まり水のサンプリング結果

Co-60 約7.0×10の2乗(Bq/cm3)
Tc-99m 約2.5×10の5乗
I-131 約1.2×10の6乗
Cs-134 約1.8×10の5乗
Cs-137 約1.8×10の5乗
Ba-140 約5.2×10の4乗
La-140 約9.4×10の3乗
Ce-144 約2.2×10の6乗

WBCの測定結果
2.8×10の5乗(Bq)
2.5×10の6乗
3.6×10の4乗
3.8×10の4乗

9. 茶色のうさぎ[-9611] koOQRoLMgqSCs4Ks 2019年2月02日 09:30:17 : 9ELi1XL0M6 : RzFb5JwtHIk[1] 報告

 子どもと『がん』ばかり

 ↑ だって、素人、中村佳代子 ←こんなのが、基準、決めてんだよ!!あほ

 現場を、勉強して欲しいですね。 ←事故の形態によって、ヨウ素剤は必要ですね。

 ↓ 山から押し寄せる放射能  (小澤洋一氏監修)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/713.html <魑魅魍魎男 日時 2014 年 8 月 14 日
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=3lzrkDxKmbM <動画です。

結論: 福島事故では、ヨウ素被曝が問題です。 (120cpm≒1μSv/h)

 動画だと、6000cpm:50μSv/h 1万3000cpm:100μSv/h

 まぁ、東海村、プルトニウム、吸引事故とでは違いますね。 ←cpmだけが検知される。

 福島の、除染基準でも、1万3000cpmなら、合格だって、、 ばか

 つまり、双葉町、少女は、6万cpm:500μSv/h、ヨウ素、吸い込んだんだよー♪w

 ヨウ素剤は、0.114μSv/hなら、緊急に、服用すべき、と思います。

 東京でも当時、0.6〜1μSv/hです。 うさぎ♂ 菅直人 ←殺せ♪ぺっ



[18初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず口を開けば『小出がー』『松本ガー』『共産党がー』とやって利権者以外を誹謗中傷するコメント多数のため全部処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

10. 茶色のうさぎ[-9613] koOQRoLMgqSCs4Ks 2019年2月02日 10:28:05 : 9ELi1XL0M6 : RzFb5JwtHIk[2] 報告

 つまり、

 双葉町、少女は、

 現在の、3号機屋上、500μSv/h、衣類で、生活したんだよー♪w 涙

 双葉町 〜 川俣町 〜 埼玉アリーナ ←周辺の人は? 二次被曝だー♪ばか

結論: 当時の、文科省の連中、今中哲二、床次真司、、 ←知ってたはずですね。ぺっ♪ うさぎ♂



[18初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず口を開けば『小出がー』『松本ガー』『共産党がー』とやって利権者以外を誹謗中傷するコメント多数のため全部処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

11. 2019年2月02日 15:21:05 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[1380] 報告

2013-07-10 院長の独り言」抜粋>

【吉田昌郎元1F所長が死去】被曝の関連を直ちに否定するが、現在も恐るべき調

査が続行中

東電 吉田昌郎元所長が死去7月9日 18時59分

東京電力福島第一原子力発電所の事故で現場で指揮を執った吉田昌郎元所長が、

9日午前、東京都内の病院で食道がんのため亡くなりました。

58歳でした。


おととし12月に食道がんと診断されて所長を退任しその後、去年7月には

脳出血の緊急手術を受け療養生活を続けていました。

吉田元所長は、所長在任中のおととし11月、福島第一原発の事故現場が報道関係

者に初めて公開された際にインタビューに応じ、「事故直後の1週間は死ぬだろう

と思ったことが数度あった。1号機や3号機が水素爆発したときや2号機に注水が

できないときは終わりかなと思った」と当時の思いを語っていました。

また、去年8月に長野県の出版社が福島市で開いたシンポジウムで公開されたイン

タビュー映像では福島第一原発の今後について「日本だけでなく、世界の知見を集

めてより安定化させることがいちばん求められていると思う。それが地元の人たち

にとって改善したと実感してもらえることだ。私自身も体力が戻ったら現場で力を

出したい」と述べ、復帰への意欲をのぞかせていました。

東京電力によりますと、事故発生から退任までに吉田元所長が浴びた放射線量はお

よそ70ミリシーベルトで、東京電力はこれまで、「被ばくが原因で食道がんを発

症するまでには少なくとも5年かかるので、事故による被ばくが影響した可能性は

極めて低い」と説明しています。

吉田元所長は、9日午前11時32分に東京都内の病院で食道がんのため亡くなり

ました。抜粋終わり>

生涯被曝線量で「100mSv以下で、脳出血、食道癌 を発症」したのは事実。


12. 2019年2月02日 18:35:46 : XYzsNxTygY : lpEdoE9KNHY[4] 報告
2013年ごろに、心疾患パンデミックという、聞いたことのない事態を示す報告が、東北地方で開催された学会で行われていたようですが。
13. 2019年2月04日 03:57:39 : qW5770aSac : k9XcZ01CpGM[1556] 報告
>>11
吉田所長の病気・死因は食道がんではなく、おそらく白血病だろう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素50掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素50掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素50掲示板  
次へ