★阿修羅♪ > 経世済民126 > 182.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
非正規公務員「同僚が『対象』の宣告を受けました」雇い止めにおびえる日々〈AERA〉 
http://www.asyura2.com/18/hasan126/msg/182.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 2 月 21 日 16:44:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

非正規公務員「同僚が『対象』の宣告を受けました」雇い止めにおびえる日々
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00000057-sasahi-soci
AERA 2018年2月26日号より抜粋


 
 東京・霞が関は国家公務員のホームグラウンド。非正規公務員も日々の業務を支えている(撮影/大野洋介)

 
 地方の非正規公務員はこんなに増えている(AERA 2018年2月26日号より)


「同一労働同一賃金」の枠から取り残される非正規公務員の処遇改善は、公共サービスの質を維持するためにも待ったなしだ。

*  *  *
 上司の呼び出しを受けた後、目を真っ赤に腫らして戻ってきた同僚の横顔が、今も頭から離れない。親しい間柄だったが、言葉も交わせないまま翌日、同僚は職場から姿を消した。

「受け入れがたい現実」

 首都圏のハローワークで期間業務職員として勤務する40代男性は、雇い止めが繰り返される職場環境をこう表現した。

 期間業務職員は国の非常勤職員制度の一つ。毎年数人が雇い止めを宣告される男性の職場は、2月になると緊張がピークに達する。仲間内では雇い止め対象者を略して「対象」と呼ぶ。

「じつは今日も、同僚が『対象』の宣告を受けました。この時期って、こういうことが普通に起こるんです」

 自分が「対象」でないことに安堵するよりも、なぜその人が「対象」に選ばれたのか、解せない思いが膨らむ。男性は言う。

「お客さんの相談対応もそぞろになるぐらい影響はあります」

「対象」を選ぶ基準が不明確なのが不安を一層かきたてる。弊害は大きい、と男性は嘆く。

「『非常勤のくせに生意気だ』と受け取られるとまずいと考え、みんな『出る杭』にならないよう職場で積極的に提案しなくなるんです。窓口相談でも踏み込んだ対応が必要になると口をつぐんでしまう」

 ハローワーク相談員の公募が出ると、自分のポストを「奪う」かもしれない人に、窓口で求人説明することになる。男性はそのときの経験をこう振り返る。

「生活の苦しさを吐露されることもあり、この人に譲らなきゃいけないのかな、と心が揺さぶられます。自分もいつ相談する側に座るのかわからない。明日は我が身なんです」

 財政事情が厳しい「地方」で非正規の比率が増す傾向もある。

「こんなに差があるのか」

 東北地方の公立小学校で常勤講師(臨時的教員)として働く20代女性は、労働組合の活動で同僚との給与格差を知り、ショックを受けた。

 女性は3年生のクラス担任だ。午前7時半に出勤。帰宅は午後9時になる。クラブ活動や委員会の指導、教職員の会議にも出席する。仕事量は正規教員と同等かそれ以上だと感じている。にもかかわらず、経験年数が12年になると、基本給は月約26万円で頭打ちになる。女性の現在の月給は手取りで20万円足らずだが、正規教員との格差は、常勤講師としての期間が長くなるほど広がる仕組みだ。

「頑張っても頑張っても評価してもらえないのかなと思うと、心が折れそうになります」

 保護者の視線もつらい。「授業中に暴れる子もいるクラスだから、常勤講師には荷が重いのでは」と学校側に、暗に担任を正規教員に代えるよう要望する保護者もいた。

「常勤講師だからという理由で、保護者からも職場の同僚からも、『格下』という目で見られるのはやりきれません」

 教員採用試験は毎年、チャレンジしている。担任になると、試験勉強の時間も確保できない。将来への不安も重なり、ストレスが募る。児童と丁寧に接するゆとりを持てず、やりがいも削がれていく。女性は言う。

「社会的な課題として改善に取り組んでもらいたい」

 地方公務員法には、同じ職務に従事する職員に同じ給与を支給する「職務給の原則」がある。民間の「同一労働同一賃金」に相当する規定だが、多くの自治体が内規で非正規教員(臨時的教員や非常勤講師)の給与の上限を設けているのが実情だ。

 正規教員の不足は、子どもが多かった1970年代に大量採用された教員が定年退職を迎える中、各自治体が少子化に備え教員採用枠を絞り込んだことが背景にある。これに伴い、公立小中学校の非正規教員の需要が増加。ハローワークに臨時的教員の求人を出す自治体も珍しくない。

 非正規公務員の実態に詳しい地方自治総合研究所の上林陽治研究員は言う。

「公務員は処遇もいいはず、という社会の先入観が非正規公務員の雇用改善を阻んでいます。非正規職員に依存して公共サービスが展開されている現状を直視し、処遇を見直さないと、国民の暮らしを守れなくなります」

(編集部・渡辺豪)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年2月21日 19:23:45 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4745]

>仕事量は正規教員と同等かそれ以上だと感じている。にもかかわらず、経験年数が12年になると、基本給は月約26万円で頭打ち
>常勤講師だからという理由で、保護者からも職場の同僚からも、『格下』という目で見られるのはやりきれません

イヤなら他に仕事を探すことだ

でなければ給料相当分の仕事だけすることだ

その場合、正規より給料も仕事量も少ないのだから格下だと見られるのは当然

別に気にする必要もない


2. 2018年2月21日 19:34:18 : BaWlEEf8Nc : @sOGPO22e0Q[58]
公務員に非正規はいるのか?

おかしな話だな〜

わからんわ。


3. 2018年2月21日 19:41:16 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4747]

>公務員は処遇もいいはず、という社会の先入観が非正規公務員の雇用改善を阻んでいます。非正規職員に依存して公共サービスが展開されている現状を直視し、処遇を見直さないと、国民の暮らしを守れなくなります

違うだろ

超少子高齢化で、地方の財政構造が悪化しているのに、

教育システムを見直さず、教員の負荷は増える一方で

教育の総コストは下がらない


しかし増税・負担増には、皆、反対する

となれば、低コストの非正規で凌ぐしかない

どこにでもある当たり前の話だ


ただし、アベノミクスで今後も景気が改善し、他の仕事が良くなれば、

いずれブラック職場から人は消える


つまり、ここでも(教育)システムの効率化ができなければ

負担増からは逃げられないということだ



4. 2018年2月21日 21:58:25 : 0URAHOb0AM : WNqZFRhkQhU[184]
>正規より給料も仕事量も少ないのだから格下だと見られるのは当然

>しかし増税・負担増には、皆、反対する
>となれば、低コストの非正規で凌ぐしかない
>どこにでもある当たり前の話だ


おい、 nJF6kGWndY

なんで正規より給料が少ないんだ?
文中に、『仕事量は正規教員と同等かそれ以上だと感じている。』
書いてあるだろう。

なんで正規職員と同等かそれ以上の仕事量をこなして、給料が安いんだ?
なんで非正規教員を低コストに据え置いて、差別しなきゃいけない。
なぜ平蔵が音頭を取ってこんなシステムを作ったんだよ。貴様は平蔵のケツ舐めか。

貴様、ホントに心が冷たいヤツだな。
経済板を覗くと、貴様のバカみたいな文章がいつも書いてあってムナクソ悪いわ。
 


5. 2018年2月22日 01:19:23 : sSqwU1vp6g : wtQSs1P1Zds[4]
*3
>しかし増税・負担増には、皆、反対する
となれば、低コストの非正規で凌ぐしかない
どこにでもある当たり前の話だ

どこにでもあるから我慢しろってか
どこにでもある不幸を是正するのが社会のあるべき姿だろ
正真正銘のクズだなお前は


6. 2018年2月22日 08:04:07 : xA4DQNlOus : 2fkkNvwajew[3]
1,3はいつものネトウヨ。

安倍様と経団連とアメリカの応援をしたいなら、

おまえは自分自身の年金も辞退しろ。

消費税もお先に20%払え。

ネトウヨ道を貫け。


7. 2018年2月22日 14:53:00 : z0SQdjEyNM : pYIKdJH9r_s[285]
将来に明るい見通しもない現状、早めに引導を渡された方が
かえって幸せかもしれん、引導を渡すほうを弁護する気はないが。

一寸先は闇、この先正規公務員もたいして好待遇でもない気がする
なにせ70まで低賃金で働かせるようだ、もちろん年金を支給したくないからだ
過労死してくれればありがたいとでも考えているのだろう

それでも年金制度は破綻していないとさ。
なんだかカスター将軍の最後みたいで気の毒だ、労組最後の砦が落ちてゆくのが見える。
先に逝って地獄で待っててね。


8. 増税反対[1364] kZ2QxZS9kc4 2018年2月22日 17:28:53 : xjC9yyfuns : _DGMWngYLSk[16]
「ただし、アベノミクスで今後も景気が改善し、他の仕事が良くなれば、

いずれブラック職場から人は消える」


 安倍の信者は悲しいくらい頭が悪い。改めてそう思いました・・・


9. 2018年2月22日 19:50:59 : 0qZDOjot4w : zqHXmj1gvfY[174]
 日本の公立義務教育は「コストパフォーマンスが高い」と言われているが、それもこれも「教員の犠牲的働き」に依っている、というのが現実ダロウ。

 OECD加盟各国の教育費対GDP比は何時も最低限であったと思う。

 コメント1&3氏は「いつもいつも知ったかぶり」で断定的コメントをするが全く信用できない。

 


▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民126掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民126掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民126掲示板  
次へ