★阿修羅♪ > 経世済民129 > 134.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
債券先物が上昇、海外不透明感でリスク回避圧力−日銀懇談会は警戒 米中間選挙の結果に「テールリスク」利回り曲線が混乱も
http://www.asyura2.com/18/hasan129/msg/134.html
投稿者 うまき 日時 2018 年 10 月 23 日 23:05:52: ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
 

(回答先: イタリア不安は終わらず−成長鈍化や所得保障をゴールドマン懸念 イタリア首相:来年度予算案、「プランB」の用意はない 投稿者 うまき 日時 2018 年 10 月 23 日 23:01:36)

債券先物が上昇、海外不透明感でリスク回避圧力−日銀懇談会は警戒
三浦和美
2018年10月23日 8:00 JST 更新日時 2018年10月23日 15:58 JST
• 先物は10銭高の150円29銭で引け、日中取引で約1カ月ぶり高値
• リスクオフ意識されやすい中で後場は先物買いが増加−岡三証
債券市場では先物相場が上昇。海外情勢の先行き不透明感を背景に日本株安・円高が進むなど、リスク回避の動きが強まったことから買い圧力が掛かった。一方、日本銀行がこの日に開く市場調節に関する懇談会を控えて、国債買い入れオペの修正観測がくすぶっていることから現物債の上値は限定的となった。
  23日の長期国債先物市場で中心限月12月物は前日比横ばいの150円19銭で取引を開始。午後に日経平均株価が下落基調を強めると、徐々に水準を切り上げ、結局は10銭高の150円29銭と、日中取引ベースで9月14日以来の高値で引けた。
  岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、「世界的にさまざまな問題が出てきて、先行きがどうなるか分からない状況が続いている。リスクオフが意識されやすい流れの中で、後場になって先物の買いが増える展開になった」と指摘。また、「流動性供給入札の結果がややしっかりと受け止められた」と言う。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の352回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値と変わらずの0.15%で取引を開始。午後の取引終盤には0.5ベーシスポイント(bp)低い0.145%を付けた。前日は日本相互証が仲介する業者間の取引で352回債の売買が成立しなかった。
新発10年国債の取引不成立の記事はこちらをご覧下さい。
  この日の東京株式相場は大幅反落。サウジアラビア情勢など世界的に先行き不透明感が強まる中、日経平均株価は604円04銭(2.7%)安の2万2010円78銭で引けた。外国為替市場では円が主要16通貨に対して全面高となり、ドル・円相場は1ドル=112円台前半と、前日の高値112円89銭からドル安・円高が進んでいる。
流動性供給入札
  財務省はこの日に残存期間5年超15.5年以下の既発国債を対象に実施した流動性供給入札の結果は、投資家需要の強弱を反映する応札倍率は2.93倍と、前回の同年限の入札と同水準だった。
過去の流動性供給入札の結果はこちらをご覧下さい。
  午後5時半からは日銀が市場調節に関する懇談会を開催する。市場では国債買い入れオペに関する方向性を探る材料として注目されている。
  岡三証の鈴木氏は、「懇談会を無風に通過した場合は、週内に超長期ゾーン対象のオペを2回控えて、需給的には割とタイトだというところが意識されやすい。引き続き来週の金融政策決定会合やオペ運営方針の公表も控えており、横ばい推移が戻る可能性がある」と話した。
新発国債利回り(午後3時時点)
前日比
2年債 不成立
5年債 不成立
10年債 0.145% -0.5bp
20年債 0.680% -1.0bp
30年債 0.915% 横ばい
40年債 1.080% -0.5bp
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-22/PH0UT96KLVR601


 

米中間選挙の結果に「テールリスク」、利回り曲線が混乱も
Austin Weinstein
2018年10月23日 3:33 JST
いずれかの政党の決定的勝利、市場見通しより確率高い−ハーマン氏
民主党ならフラット化、共和党ならスティープ化に進むと予想
11月6日の米中間選挙で、上院と下院の多数派が異なる「ねじれ」議会が誕生すると予想する向きが多い。だが、MUFGセキュリティーズアメリカの金利ストラテジスト、ジョン・ハーマン氏は、いずれかの政党が決定的な勝利を収める可能性は大半が予想するよりも高く、そうなれば米国債利回り曲線にとって大きな「テールリスク」になると警告した。


ジョン・ハーマン氏Source: Bloomberg
  ハーマン氏は19日付のリポートで「中間選挙結果に関して金融市場が見込む基本シナリオについて、当社のモデルに従うと、市場には過大な『油断』があるように見受けられる」と指摘。「中間選挙を前に市場の見方に『油断する』ようにとは、顧客に勧められない。テールリスクが発生する恐れがあるからだ」と続けた。

  ハーマン氏はいずれかの政党が上下両院を制すると予測しているわけではなく、その可能性への注意を投資家に呼び掛けただけだ。だが、このリスクが発生する確率は37%だとし、市場のプライシングが現在示唆するよりも高いという。

  民主党が両院を制すれば、トランプ大統領の弾劾手続きが始まる可能性があるほか、増税や防衛費削減、社会保障費用の増加が模索されそうだ。ハーマン氏によると、これらは経済成長の減速を後押しするため利回り曲線はフラット化に向かう。

  逆に共和党が両院の過半数を維持して票を伸ばした場合は、インフラ支出の増額やいっそうの減税が実現に向かうため利回り曲線はスティープ化すると、ハーマン氏はみる。


原題:Beware Midterms ‘Tail Risk’ That Could Roil the U.S. Yield Curve(抜粋)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-22/PH0GXP6JIJUR01

 
インドネシア中銀、政策金利を5.75%に据え置き−ルピア相場安定で
Karlis Salna、Viriya Singgih、Tassia Sipahutar
2018年10月23日 16:39 JST
• エコノミスト調査では30人中21人が金利据え置きを見込んでいた
• 5月以降5回の利上げ−今月に入りルピア相場が安定
インドネシア銀行(中央銀行)は23日、主要政策金利の据え置きを発表した。5月以降5回利上げを実施した結果、今月に入り通貨ルピアが安定して推移している。
 
  政策金利である7日物リバースレポ金利は5.75%に維持された。ブルームバーグのエコノミスト調査では、30人中21人が金利据え置きを見込んでいた。

原題:Indonesia Holds Key Rate as Run of Hikes Helps Stabilize Rupiah(抜粋)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-23/PH1JJ16K50XS01

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民129掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民129掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民129掲示板  
次へ