★阿修羅♪ > 経世済民130 > 236.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ゴーン氏特別背任逮捕は、追い込まれた検察の「暴発」か(郷原信郎が斬る)
http://www.asyura2.com/18/hasan130/msg/236.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 22 日 01:32:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ゴーン氏特別背任逮捕は、追い込まれた検察の「暴発」か
2018年12月21日 郷原信郎が斬る


東京地検特捜部は、ゴーン氏、ケリー氏の再逮捕事実での勾留の延長を、東京地裁に請求したが却下され、準抗告も棄却されて、両氏の再逮捕事実の勾留は、12月20日で終了し、両氏は、当初の逮捕勾留事実での「起訴後の勾留」だけとなった。

今日にも、弁護人が保釈請求し、ゴーン氏の保釈の可能性が高まったと見られていた矢先、衝撃のニュースが飛び込んできた。

特捜部が、ゴーン氏を特別背任で逮捕したというのだ。

再々逮捕容疑に関する疑問

逮捕容疑は、
(1)ゴーン氏の資産管理会社と銀行の間の通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引の契約で多額の損失が発生したため、2008年10月、契約の権利をゴーン氏の資産管理会社から日産に移し、約18億5千万円の評価損を負担する義務を日産に負わせた疑い
(2)その際に信用保証に尽力した関係者が経営する会社に対し、2009年6月〜2012年3月の4回、日産の子会社から計1470万ドル(現在のレートで約16億3千万円)を入金させた疑い
の二つだとのことだ。

しかしこれらの特別背任の刑事立件には、多くの疑問がある。
(1)の事実は、行為から10年を経過しており、通常であれば、特別背任の時効が完成している。海外にいる期間は公訴時効が停止するが、ゴーン氏の場合、海外にいた期間が3年以上あったということで、一応、時効は完成していないとは言えても、経理書類の保存期間が原則7年、「会計帳簿及びその事業に関する重要な資料」等の保存期間が10年間と定められていることもあって、通常は、犯人の海外渡航期間があったからと言って、10年も前の事件を刑事事件として立件することはしない。

しかも、多額の損失が生じた契約の権利をゴーン氏の資産管理会社から日産に移すことで、日産が損失を被る危険性はあったことは確かだが、実際は、その後、契約は元に戻されているので、損失は発生していない。損失が発生していないのに、特別背任で刑事立件された例というのは、聞いたことがない。

また、その話は、そもそも、銀行側が、担保不足を解消するための措置を要求したことが発端で、それに対応する措置として行われたものだと考えられる。しかもそこには社内手続や取締役会での承認等、様々な経緯があり、それによって、仮に、背任に当たる余地があるとしても、そこに関係する人間の範囲は無限に拡大する。決して、ゴーン氏が一人で行えるような行為ではないはずだ。

(2)の事実については、詳細が不明であり、現時点は何とも言えないが、いずれにしても国際的な取引に関連する資金の動きに関する問題なので、単純に刑事事件としてとらえられるような話ではないように思える。

捜査の経緯からして特別背任の刑事立件が予定されていたとは思えない

それ以上に重要なことは、捜査の経緯から考えても、この特別背任の容疑について、刑事立件が予定されていたとは思えないということだ。

ゴーン氏らの逮捕勾留事実は、2015年3月期までの5年間の「退任後の報酬の合意」についての有価証券報告書虚偽記載の事実だった。これについては、ゴーン氏の逮捕当初から、有価証券報告書虚偽記載は「入り口事件」であり、特捜部は、特別背任など「実質的犯罪」の立件を予定しているとの観測があった。もし、特別背任が立件可能なのであれば、当初の逮捕事実で起訴した12月10日の時点で、特別背任で再逮捕したはずだ。

ところが、検察が、勾留満期の12月10日にゴーン氏らを起訴するとともに再逮捕した事実は、2018年3月期までの直近3年間の同じ虚偽記載の事実だった。

しかし、8年間にわたる「覚書」の作成は、同一の意思で、同一の目的で毎年繰り返されてきた行為なのであるから、仮に犯罪に当たるとしても、全体が実質的に「一つの犯罪」と評価されるべきものだ。それを、古い方の5年と直近の3年に「分割」して逮捕勾留を繰り返すというのは、同じ事実で重ねて逮捕・勾留することに他ならず、身柄拘束の手続に重大な問題が生じる。しかも、過去の5年分の虚偽記載を捜査・処理した後に、直近3年分を立件して再逮捕するとすれば、その3年分を再逮捕用に「リザーブ」していたことになる。それは、検察の常識を逸脱した不当な身柄拘束のやり方である。

検察も、本来であれば、そのような実質的に同一事実での逮捕勾留の繰り返しという不当な再逮捕を行いたくはなかったはずだ。しかし、その事実での再逮捕以外に、身柄拘束を継続する方法がなかった。だからこそ、直近3年分の同じ事実での再逮捕を行ったのである。少なくとも、12月10日の時点で、特別背任罪の立件が可能な状況だったとは思えない。

それに、今回の事件の捜査は、地方の地検から検察官の応援派遣を受けているとされている。応援検察官を年末には原庁に戻さなければならない。20日の勾留期間が年末年始にかかる12月10日以降に新たな事実で再逮捕すれば、年末年始休暇返上で捜査を継続することになる。そのような捜査スケジュールは、検察の常識からはあり得ない。その点から考えても、12月10日の時点で特別背任の刑事立件が可能と判断していたのであれば、絶対に、その時点で、特別背任で再逮捕していたはずだ。

検察は、直近3年間の虚偽記載という「無理筋」の再逮捕事実で勾留延長を請求して却下され、準抗告まで行っている。もし、再逮捕後の10日間の捜査で特別背任の立件が可能になったというのであれば、勾留延長など請求せず、その時点で特別背任で再逮捕すれば良かった。

勾留延長請求却下で追い込まれていた検察

勾留延長請求が却下され、準抗告も棄却され、検察は、確実に追い詰められていた。

検察にとって衝撃的だったのは、これまで特捜事件で検察の主張を否定することなどあり得なかった東京地裁が、勾留延長請求の却下によって、検察とは大きく異なる判断を示したことだ。

延長請求を却下したのは、その時点で刑事処分を決めることができず、さらに身柄拘束を続ける必要があることについて「やむを得ない事情」がないと判断されたからだが、それは、そもそも、「有価証券報告書虚偽記載」の刑事事件としての重大性などについて、裁判所が検察の主張を十分に理解してくれなかったためだ。

検察は、準抗告を申立て、他の裁判官の判断を仰いだ。しかし、判断は同じだった。これによって、検察は、再逮捕事実での勾留期間が満了し、当初の逮捕事実での「起訴後の勾留」だけになると、ゴーン氏が保釈される可能性が高いことを覚悟せざるを得なくなった。

もし、保釈されてゴーン氏が公の場に出てくることになると、検察捜査に対して、そして、日産経営陣のクーデターに対して、厳しい批判を行うことは必至だ。代表取締役会長の地位を奪われたとはいえ取締役の地位に残っているゴーン氏が、検察や日産経営陣に対して「反撃」し、国際的批判が一層高まることは、検察にとって重大な「脅威」だったはずだ。

上記のような捜査の経緯から、特別背任での刑事立件には問題があり、再逮捕は予定されていなかったが、勾留延長請求却下、準抗告棄却で、ゴーン氏の保釈が不可避となり、追い詰められた検察が、急遽、「無理筋」を承知で、しかも、捜査班の年末年始休暇をも犠牲にして、特別背任による逮捕という「暴発」に至ったということが考えられる。

上記のとおり、今回の、ゴーン氏の再々逮捕は、検察組織内での判断だけで行える「逮捕権」を、検察が「組織防衛」の目的で使ったとすれば、「権力者ゴーンが日産を私物化している」と批判している検察こそ、「権力を私物化」したことになる。

今後のゴーン氏再々逮捕後の検察捜査の展開を、我々は、冷静に注意深く見守っていく必要がある。



※タイトルは違いますが記事本文は同じです。















































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年12月22日 02:49:38 : EghXnaq4bY : 3oTYH@I4nk4[28] 報告
検察は特別背任をちらつかせて、それが「本丸」とか言っていたが、自信がないからそれをなかなか持ち出せなかったのではないか?そして、裁判所にこれ以上の拘束延長を却下されたたため、苦し紛れに、検察独自で決定できる48時間拘束、つまり「本丸」で逮捕に及んだのだろう。何が何でも拘束して、「自白」させるという拷問戦略しか無いのであろう。これは、まさしく権力の濫用であり、私物化に他ならない。果たして、裁判所は48時間後にどのような決定を行うのか?逮捕を認定するのか?もし、そうなら、日本は法治国家でないことを世界中に宣伝するようなものだから、裁判所は検察自体自信のない「本丸」での逮捕を認めないだろうと私は信じる。
2. 2018年12月22日 03:03:44 : JIY1sdNlGo : co7U_wqZ@s0[141] 報告
安倍政権が検察についている。しょせんごみ組織。
3. 2018年12月22日 04:14:08 : wsT9UYACE2 : 15KYT3YU7Zk[1] 報告
⇒《実際は、その後、契約は元に戻されているので、損失は発生していない。損失が発生していないのに、特別背任で刑事立件された例というのは、聞いたことがない。》

⇒《そもそも、銀行側が、担保不足を解消するための措置を要求したことが発端で、それに対応する措置として行われたものだと考えられる。しかもそこには社内手続や取締役会での承認等、様々な経緯があり、それによって、仮に、背任に当たる余地があるとしても、そこに関係する人間の範囲は無限に拡大する。決して、ゴーン氏が一人で行えるような行為ではないはずだ。》

銀行も背任かよ…
取締役会全員が背任かよ…

ありえないだろう… 東京地検よ… 低脳組織よ…

4. 2018年12月22日 07:07:43 : eUTpkAQIBY : _ykxv7Bctt8[1253] 報告
特捜の背任だよそれも重大な
検察全体に被害、損失が及ぶ

もはや麻薬に溺れた
ハイにんつか廃人倶楽部レベル検察

5. ボケ老人[177] g3uDUJhWkGw 2018年12月22日 08:09:57 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-2721] 報告
佐藤栄佐久元福島県知事が収賄金額ゼロ円で汚職有罪となって
知事の座を引き下ろされた。
これを鑑みると、被害発生が無くても有罪となる可能性がある。
地裁でなく、上級審になればなるほど

加計学園関係者を最高裁判事に押し込む安倍政権なのだから
砂川事件の伊達判決に反論することなく、米軍と示し合わせて統治行為論をあみだした田中耕太郎判決もある。

菅直人に対し、全くの嘘を社会にばら撒いた安倍晋三の卑劣な行為を名誉棄損に当たらないと判決する司法であることも忘れてはならない。

     

6. 2018年12月22日 08:25:50 : wTqrxDwRMY : vEeN2335v8Q[1917] 報告
 

 社会の秩序を作ってるのは フリーメイソン・イルミナティであって

 トランプは イルミナティー・エリートであって

 東京痴剣は CIAの配下なのだ

 ===

 トランプが始めたのは 第三次世界大戦であって それは 経済戦争だ

 ===

 戦争というものは 強い方が 弱い物イジメをするために 始めるものだから

 アメリカが 中国を 懲らしめようとしていることは確かなことだ

 ===

 ま〜〜  愛としては

 郷原さんは 「優秀だけど」「イルミナティーではない」ことを認める
  

7. 2018年12月22日 08:32:47 : GT0L5x5MdM : WN6iK2i0X5w[1] 報告
 
 
●噂の真相1月別冊 「日本のタブー」 2004年1月1日発行
http://nippon-senmon.tripod.com/soukagakkai/katsudou/mascomi_sokagakkai.html
 

●某民放キー局、有名芸能デスク・A氏の壮絶なパワハラ&セクハラ行為を告発
Business Journal 2018.10.28
https://biz-journal.jp/2018/10/post_25288.html
 
 

8. 2018年12月22日 08:36:11 : wTqrxDwRMY : vEeN2335v8Q[1918] 報告

 余談だが トランプは 習近平から すでに かなりの譲歩を勝ち得ていると

 一部で言われていて 

 ===

 今の状況は 習近平の 「名誉ある撤退」を どのように演出するか??が 焦点た

 ===

 ひょっとすると ファーウエイの猛さんは そのために逮捕されたのかもしれない

 ===

 習近平は 猛さんを 無事カナダから 取り戻して 「一件落着」なのかもな〜〜

 ===

 あの サウジアラビアのMbSの件も 「ひと悶着あって」 

 サウジと トランプの間で 「何らかの合意(脅し)」があって

 トランプは MbSを 「許す」で 終了した

 

9. 2018年12月22日 08:37:39 : HjPOwGQziw : 5JO9oyMlVTE[58] 報告
誰がグローバル詐欺師勢力かよく見えてくる。
10. 2018年12月22日 08:50:54 : mp6fw9MOwA : XTWWyuFax_s[203] 報告
日本の司法制度の人権を無視できる仕組みを国内だけでなく、国際社会にまで曝け出している。
ここで裁判所が法と正義を重視した判断をしないと国際社会からはじき出される。
しかし、最高裁事務総局は検察の失態隠しに猛走し、拘留を認める判断を裁判所に迫るだろう。
検察の現状の目的は交流を続ける事と思われ、その間に真実の一面を大きく取り上げる事で罪があるよう国民が誤解することを狙い、ゴーン氏の力を削ぐことも重要な任務と考えているだろう。
裁判所も検察と同じ宿命を背負っていると思われるが、無理筋な3度目の逮捕に対する何らかの処理を施さないと正義が守れないとの意見が内部打ち合わせで言える状況になりつつあり、正論を戦わせれば、論理破綻のある検察出身者が負け、拘留を認めないとの判断が出る可能性は残っている。
11. 2018年12月22日 09:45:44 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[959] 報告
日本の「泣く子も黙る人質司法」の肝は、裁判所が勾留許可を出しているので、最狂なのです。
判事ではなく、最高裁事務総局の意思で人質司法が行われた場合、籠池夫妻のように勾留10ヶ月になります。
指示があるまで、拘置所から出すなと言うことです。

この事件は、ダマスコミのスクラムに登場する人たちが誰なのか興味が有りました。
元判事やら元検事がたくさん出てきて、ビックリですね。

移民、水道、種子と同じように、日本はNWOに相当汚染されています。

12. 一般ピープルぱんぴー[-56] iOqUyoNzgVuDdoOLgs@C8YLSgVs 2018年12月22日 10:19:30 : kxk7MnCbWU : S0swXCpT_BE[-3302] 報告
>投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 22 日 01:32:05
>郷原信郎@nobuogohara 2018年12月22日 05時00分
>朝日新聞デジタル 2018年12月21日 特別背任再逮捕の経過について「冷めた目」で報じている。潮目が変わったか?⇒【(時時刻刻)特捜、特別背任に急転換 「虚偽記載は形式犯」批判に反発 ゴーン前会長再逮捕】:朝日新聞デジタル
>郷原信郎@nobuogohara 17:38 - 2018年12月21日 郷原信郎が斬る https://tr.twipple.jp/detail_news/b1/4e21c.html

さてさて、一夜明けて、郷原信郎氏も

>我々は、冷静に注意深く見守っていく必要がある

と、朝日新聞デジタル(.com)にあわせて「冷めた目」に変わったようですが・・・

>詳細が不明であり、現時点は何とも言えない

と郷原氏も認めている「サウジアラビア在住」の日本人の口座に、日産子会社から使途不明金が十数億円も振り込まれている、という事実は、特別背任容疑で逮捕することの理由になると考えられますが・・・

ゴーンを擁護するためにCIAも必死の論理すり替えを行っているようですね。



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

13. り寺CIA軍薬複合体[-75] guiOm4JigmiCYIxSlvKVoY2Hkcw 2018年12月22日 10:23:26 : kxk7MnCbWU : S0swXCpT_BE[-3301] 報告
>>8
>>12

サウジアラビアの知人とは、MbS皇太子ではありませんよ。

念のため。


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

14. 2018年12月22日 11:26:07 : bmPp7Yj7NA : qoHyUw2dMV4[17] 報告
下のブログにあるような感想に全く同感。

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/ (12.22)
でも、おかしな話だよね。昨日のエントリーでも書いたけど、なんでハナっから特別背任で逮捕しなかったんだ。そもそも、日産との司法取引で大量の資料は手に入ってたんだから、やろうと思えばやれたはずなんだよね。それを形式犯とされる金融商品取引法違反で2度も逮捕して拘留し続けた。つまり、身柄をとにかく押えて、後は密室でギューギュー締め上げて自白させちまおあうって乱暴な考えがあったんじゃないのか・・・妄想だけど。

 昨夕のTVニュースでは、そうした人質司法の危うさという視点からの解説は一切なかったんだね。ついに本丸の捜査が本格化なんてことで舞い上がってましたから。そんな中、フジTV『グッディ』で、ご意見番の木村太郎が「長期拘留は精神的拷問」「自白を引き出すため」とハッキリと批判していたのには拍手を送りたい。
・・・

 でも、もはや多くの資料は検察の手にあるわけで、「証拠隠滅の恐れ」なんてないはずなんだよね。「逃亡の恐れ」というのもゴーンのステイタスからは考えにくい。いくら海外在住とはいえ「住所不定」ははまらないとなると、本来なら最初の10日拘留さえあり得ないってことなんだね。もちろん、裁判所は却下しないだろけど。
・・・それにしても、特別背任とされる案件も10年も前の話で、実質的な損害が出ているわけでもないんだよね。しかも、特別背任は7年が時効で、ゴーンの場合は海外生活があるから時効は適用されないという検察の言い分も、なんか無理矢理感が横溢している。
・・

15. 2018年12月22日 11:34:51 : ktHJTw4A0A : 3D0PCQJmwpY[145] 報告

トランプ氏はそれほど、有能な何かを成し遂げる、

頭のいい人ではない。何かありげに見えるだけ。

プーチンとは雲泥の差。

16. 騙し脅し殺しのCIA[-234] 6XiCtYu6grWORYK1gsyCYoJogmA 2018年12月22日 12:04:22 : kxk7MnCbWU : S0swXCpT_BE[-3306] 報告
>>14

>実質的な損害が出ているわけでもないんだよね

十数億円の損害は?

取締役会では承認されなかったんですよね??

関係者の証言というNHKのニュースは???

まあ、11月27日の記者会見でも「付け替えはしていない」とウソを言っていたゴーン容疑者を「応援しろ」という命令がでているんでしょうけどね。



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

17. 2018年12月22日 15:12:55 : 2S1uIvlzAA : ZUsouLIm7Vs[-66] 報告

うーん^^

郷原弁護士は=カケ問題での=思い込み全開の=事件性の認定とは正反対で^^

この見解は=まことに整合性があり=正しい分析と言える^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

18. 2018年12月22日 15:19:59 : 2S1uIvlzAA : ZUsouLIm7Vs[-68] 報告

犯罪というのは^^

ゴーン氏が=1人でやろーとして=完遂できる内容ではないので^^

仮に=ゴーン氏が=不正経理を命じたとしよう^^

↑これに=従犯として=追随した現社長を含む執行部^^

および=外部監査役としての=公認会計士を含む=犯罪集団が^^

存在せず←ゴーン氏が1人でシコシコ=書類作成して=偽装できるわけがない^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

19. 2018年12月22日 15:25:10 : THBYKg00oo : SKGjD0PIVdA[1] 報告
當にナチス

外国人をホロコースト

次は国民

産業用奴隷は入管法で輸入

酒宴の魚はいくらでも

20. 2018年12月22日 15:25:42 : 2S1uIvlzAA : ZUsouLIm7Vs[-67] 報告

検察に=日産経営陣が=自白して出たのか?^^

日産経営陣は=株主総会とか、ルノーに=報告しているのか?していないのか?^^

そのあたり=まったく不明である^^

刑訴とは^^

犯罪事実が=不明であるけれども検挙する←ことは禁止行為なので^^

どっちにせよ=先行して勾留して=後から事実を付け合わせる←現実は^^

検察の方が=行き過ぎであることは=間違いない^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

21. 2018年12月22日 15:34:32 : oUFdA4iXBQ : CXFCLagQ8mE[2] 報告

  検察も最高裁事務官等全ては税金で飯を食っている輩。


  今の国家組織において国税や警察も含め同じである。


  税金で飯を食っていない国民をこれらの環視に付けるべき。


  3権全てに脱税金の国民による監視委員会の設立が急務である。


  馬鹿な国会議員は法制定すら出来ないと思うが・・・。


  ・・・。

22. 2018年12月22日 16:08:50 : YQbb4XbWFw : iC9YaXWmGKY[1] 報告

>>21
議員(国・県市町村)という制度が=それを監視する制度なんですけど?^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

23. 2018年12月22日 17:20:04 : ktHJTw4A0A : 3D0PCQJmwpY[147] 報告
ということは、

安倍政権+検察+日産 対 司法 なの?

安倍政権+検察+カケ学園、森とも +司法だったのに。


日本の司法も安倍政権のグルだと思ってたのに。 


24. 安倍を辞めさせる会[1554] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2018年12月22日 17:34:31 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[1514] 報告
無理筋かどうかは別として、検察は今更ながら厄介な者を逮捕したことだと考えていることだろう。日本人逮捕ならマスコミさえコントロールさえしておけばそんない失態は表面化しない。海外メディアについても日本のメディアのような訳にいかないだろうし。検察さん頑張ってね。特捜不要論が湧きおこらないうちに解決しないといけませんね。
25. 2018年12月22日 19:17:08 : g0IDi09OCk : UQbDNUnByFU[142] 報告
後がない 突き進むだけ 再逮捕
26. 2018年12月22日 19:45:09 : ktHJTw4A0A : 3D0PCQJmwpY[149] 報告
郷原弁護士によると、

安倍政権の様々な事件を国民からカモフラージュするための、

別のえさということになる。それにしては大物を釣り上げた感じで、

世界を相手に振り上げたこぶしをどこに持っていくのだろう。

検察と安倍政権がグルだということは分かったが、司法がどう出るのかで、

日本の品格が失われる事態に。


すでに、辺野古問題で国民の意思を蹂躙している安倍政権は

世界の目やプーチンの目には犯罪者として映っているだろう。

27. 2018年12月22日 22:16:27 : mp6fw9MOwA : XTWWyuFax_s[204] 報告
海外逃亡で時効不成立は、罪を犯した人が時効狙いで海外に住むことの防止と考えられる。
国際社会で活躍する人が、罪の意識が無く、海外で正々堂々と活躍するのを否定するわけではないと判断すべきだ。
検察の判断は完全にくるっている。
時効の成立する案件を敢えて持ち出し、海外にいたため時効が成立しないと言い張るのは、国内にいた日産の関係者を罪に問うことなくゴーン氏だけを罪に問えるとのお墨付きで、日産社員に、あることないことを話させる手段と捉えられる。
悪辣な法の身勝手な解釈と責められた際の言い訳のきかない発想だ。
これでは国際社会の同意は得られず、法解釈を自身の都合の良いように捻じ曲げる検察との悪評化なる。
10年前の損失を与えていない案件に言いがかりをつけるのは、陸山会事件の合法である期ずれを有罪にする発想と同じで腑に落ちない案件として残り、後の世に違法判断と暴かれる代物と思われる。
28. 2018年12月22日 22:59:22 : 1gfy8eT9pc : sa_IFkzDIK0[128] 報告
安倍と検察は一心同体
29. 2018年12月23日 13:17:25 : D4GcUJXv9g : n2QabIBhZCM[1] 報告
アベ一味は国家権力を握って、やりようはいくらでも有る筈なのにお粗末な手口ばかり。

やはり、飯島の「無能な人間の方を昇進させる」という方針で無能な人間ばかりになっているんだろうな。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民130掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民130掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民130掲示板  
次へ