★阿修羅♪ > 国際22 > 195.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
プーチン「無敵」の核兵器は恐れるに足らず(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/195.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 3 月 02 日 22:14:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

プーチン「無敵」の核兵器は恐れるに足らず
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9655.php
2018年3月2日(金)19時00分 フレッド・カプラン(スレート誌コラム二スト) ニューズウィーク



年次教書演説でアメリカの核戦略に対抗する新兵器を披露したプーチン Alexei Nikolskyi/Sputnik/KREMLIN-REUTERS


<射程距離が無限でレーダーにもかからない核ミサイル?──プーチンの誇大宣伝に騙されるな。ロシアは今だってアメリカのミサイル防衛を突破できる>

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は1日に行った年次教書演説で、ロシアが新型の核兵器を開発していることを明らかにした。アメリカのミサイル防衛システムを突破し、再開した軍拡競争で優位に立とうとする意志を明確にした。

プーチンが明かした新型核兵器の1つは、原子力エンジンで射程距離を無限に延ばせる巡航ミサイルだ。プーチンの背後の大型スクリーンでは、この巡航ミサイルが大西洋を横切り、南米大陸を迂回して、太平洋沿岸からアメリカ本土を目指すCG画像が映し出された。しかも飛行中は海面ぎりぎりの高度を飛ぶため、ミサイル防衛システムのレーダーにかからないという。

この一見「無敵」の新型核兵器の開発には莫大な予算がかかるだろう。だが大して効果的とは思えない。重い原子炉を搭載すれば、核弾頭を搭載できる余裕は小さくなるからだ。もしロシアがアメリカのミサイル防衛システムを凌駕したいのなら、1つの標的に2〜3発の巡航ミサイルを発射する方が、効果的で安上がりな戦略だろう。

ミサイル防衛システムが、一度に1発以上のミサイル攻撃に対処できないことはよく知られている。これはアメリカ側の問題で、冷戦の初期から解決していない。その解決策としてアメリカが取った戦略は、まず敵国が先制攻撃に出ないよう、攻撃を抑止するのに十分な反撃能力を持つことだ(簡単なことではないが)。

プーチンが興奮気味の演説で何を言おうとこれは変わらない。

迎撃できるのは4発目まで

プーチンに踊らされたメディアもある。BBCのオンライン版は「プーチンがロシアの『無敵』核兵器を披露」、CNNは「プーチンの新型『無敵』ミサイルが米防衛システムを打ち破る」と大袈裟な見出しを付けて報道した。両方ともさすがに「無敵」と括弧はつけていたが。

重要なのは、核兵器はこれまでも防衛システムを「突破」できる点で常に「無敵」だったという事実だ。例えば運良く最初の核攻撃の迎撃に成功したとしても、敵は続けて攻撃を仕掛けて来る。大陸間弾道ミサイル(ICBM)を迎撃するアメリカの防衛システムは、4発まで迎撃できるように設計されている。しかしそれは5発目の核攻撃は迎撃できないことを意味している。

アメリカと旧ソ連が1972年に弾道弾迎撃ミサイル制限(AMB)条約を締結し、双方が迎撃ミサイルの配備を制限したのも、この事実を認識していたからだ。攻撃と防衛の軍備競争において、攻撃は常に優位に立つ。増強が容易な攻撃力に対し、なぜ複雑な防衛に大枚をはたく必要があるのか?

プーチンはこの他にも、ミサイル防衛システムを回避するために複数の弾頭を搭載できる2つの新型ミサイルの開発計画を明らかにした。しかしどちらのミサイルもロシアウォッチャーにはすでによく知られているもので、開発には時間がかかる。

最後にプーチンは、飛行中の爆撃機から発射でき、現行のミサイルの半分の時間で標的に到達できる超音速ミサイルにも言及した。アメリカと中国も同じタイプのミサイルを試作している。しかしそれはジェット戦闘機や軍艦の攻撃範囲外にある標的を迅速に攻撃するための「通常兵器」としてだ。

もしロシアが本当に超音速ICBMを開発し(まだそこには至っていないが)、数十発を配備したら、それは新しい種類の戦略的脅威となる。米軍が反撃する前に、早期警戒レーダーシステムや、おそらくは幾つかの米軍の指揮命令拠点を破壊し、アメリカはさらに大規模な攻撃に対して無防備になってしまう。

しかしプーチンにその意図はなさそうだ。他の新型ミサイルの場合と同じく、プーチンはアメリカの防衛システムを「混乱させる」兵器として宣伝している。

プーチンのミサイル防衛への執着そのものが、やや混乱している。アメリカは現在も、そして国防総省の最も野心的な計画でも、数千発の核弾頭をアメリカに向けて発射できるロシアの攻撃力に抵抗するだけのミサイル防衛力を持っていない。

アメリカが先制攻撃(プーチンはそれがあり得ることだと想像している)を仕掛けた後でも、ロシアはまだ数百発の核弾頭を持っているし、アメリカはそのほとんどを撃ち落とすことができない。はっきりしているのは、アメリカのミサイル防衛システムが、北朝鮮のような小規模な核保有国や、おそらく今後現実的になるテロ組織などからの小規模な攻撃しか想定していないことだ。

米ロ双方の被害妄想

プーチンの演説は、トランプが2月に発表した核戦略見直し(NPR)への回答、と言える。NPRは2種類の核兵器 ── 潜水艦から発射できる新型の核巡航ミサイルと、潜水艦発射型弾道ミサイル「トライデント」用の小型の核弾頭──の開発を進めると明記。バラク・オバマ前大統領が承認した、老朽化する地上配備型ICBMや航続距離が長い戦略爆撃機の更新計画も続行する。さらに核攻撃だけでなく非核攻撃への報復にも核兵器を使う可能性があると明示し、核戦争の危険を増大させるとして多くの懸念を呼んだ。

NPRが新兵器開発の方針を打ち出し、核軍縮を目指したオバマ前政権の戦略を転換させた背景には、核戦略でアメリカより優位に立とうとするロシアへの対抗意識がある。それをロシア打倒を目論むアメリカの飽くなき野望だ、とみなしたプーチンは、新型兵器と新戦略を惜しげもなく披露した。

これらすべては冷戦の再来を意味するのか。一見するとそうだが、当時と今では状況がかなり異なる。冷戦時代、世界は資本主義のアメリカが率いる西側と共産主義の旧ソ連が率いる東側、という2つの勢力に分断されていた。ソ連軍は世界中で影響力を持ち、ソ連のイデオロギーはアメリカが独裁者の後ろ盾をしていた第三世界の反政府勢力の間で特に絶大な支持を集めた。米ソを支持する勢力の間で代理戦争も起きた。小規模な紛争に米ソがあえて首を突っ込み、武器の売却や露骨な軍事介入を行った結果、しばしば代理戦争へと発展したのだ。

今のロシアはせいぜい地域大国でしかなく、シリアとウクライナ東部を除けば国外に要衝がない。ロシア軍はここ10年で装備の更新や軍改革を進め、戦力を大幅に改善させたが、いざ直接対決になればアメリカの敵ではない。経済も失敗続きだし、華麗な愛国主義と、プーチンを強い英雄に見立てた個人崇拝と、ロシア帝国へのノスタルジアが混在したイデオロギーは、ロシア国外では全然受けない。ロシアは張子の虎だ、と言いたいのではない。ロシアの核兵器は恐らくまだ使えるし、シリアでの空爆や砲撃では多くの犠牲者を出している。ロシアがアメリカを含む他の国々を大規模戦争に巻き込む恐れも十分ある。だがプーチンは旧ソ連のレオニード・ブレジネフ書記長でも、独裁者ヨシフ・スターリンでもない。トランプも、歴代米大統領のまがい物に過ぎない。

かつては冷戦時代ですら、緊張が高まった時は米ソの外交官が協議の場を設けて緊張緩和に向けた意見交換を行うか、話題をそらすなどして、とにかく収束を図った。米国防総省のNPRに対抗してプーチンが大型スクリーンにミサイルのCG画像を次々と映し出す今のように、両国の競争が過熱した時はまさにそうだった。40年にわたる核軍縮協議には、政治的対立から米ロの対話が不可能になった時期の意思疎通機会、という側面があった。それによって相手が先制攻撃に出るかもしれないという恐怖心を抑えることができた。

弱くて愚かな指導者

だがこれは全て過去の話だ。たとえロシアが平穏な時代を取り戻したくても、プーチンの個人崇拝や、ロシア経済の破綻、ロシア帝国復活を切望するノスタルジアが障壁になる。浅はかで向学心がなく、外交を担う人材をどんどん排除し、共謀疑惑があるために自分からプーチンに働きかけることもできないトランプも、平穏な時代に取り戻す障害になっている。

ここで言う「平穏な時代」とはなんと冷戦時代のことだ。核戦争の勃発に備えて米政府が国民に強制した「ダック・アンド・カバー(身を伏せて頭を覆う)」訓練を経験した筆者が、冷戦時代にノスタルジアを感じるとは、何と不思議なことだろう。今振り返れば、あれは平穏な時代だった。少なくとも、白黒ははっきりしていた。今は、問題を直視してそれと取り組もうとするプロ意識と真摯さと努力のすべてが、米ロ双方に欠落しているのだから。










 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 雅則[581] ieuRpQ 2018年3月03日 01:06:09 : 10X7R5F1us : diqu4D9vbbo[8]
ニューズウィークJapanだって、戦争放棄の平和憲法を守る国で戦争を煽る気は確かか。アショア―にもTHAADにも対抗できる、武器が出来上がった。アメリカ合衆国は日本で試してみよ、と挑発しているのですか。北朝鮮を挑発ロシアを挑発THAADで韓国中国を、尖閣辺野古の米軍基地で中国を挑発、戦争してアメリカ合衆国のみ生き残れると思っているのですか。ニューズウィークが世界を挑発ですか。アメリカ合衆国は亡びますよ。ロシア、北朝鮮、韓国、中国、日本皆アメリカ合衆国政府と日本政府を恐れているのです。日米政府が東アジアの国々を追い詰めれば戦争に成りますよ。日本は核の被害をもろに受けることに成ります。アメリカ合衆国の同盟国ですから世界一の武力資金面で支える国ですから憲法9条戦争の放棄の平和憲法がある事を嫌う国ですから。日本政府もアメリカ合衆国の軍事力を守る義務がある。等身の程知らぬ自滅国家ですね。強がり言っても弱小国です。戦争は出来ません。近隣諸国を大切にしてください。平和憲法を守る以外に生きる道は無いのです、核戦争の時代です。

2. 2018年3月03日 01:06:48 : no3Xs5mizE : Bbx1LMOWqwM[2]
人口で1/4程度の韓国規模の経済しかないロシアが軍事力に傾注するなんて
まさに「亡国の道」だな。
いまプーチンに喝采を送っている連中がいつになったらその愚かしさに気付く
かということだ。

3. 2018年3月03日 05:30:24 : Aq0qhL1pzM : tbX8qU8FtII[1]
プーチンの狙いには、もちろん選挙のこともあるが、米軍が通常兵器では勝てないことが露呈したため、アメリカのネオコンと軍産複合体が画策する核戦争を思い留まらせ、核戦争ならロシアに勝てるという錯覚を打ち砕くためと思われる。

4. 2018年3月03日 06:28:52 : p0EJR2oRfM : _ZluhnjrZ4E[49]
北朝鮮の大陸間弾道弾でオタオタしているアメリカがロシアのミサイルは恐れるに当たらないなんてよく言えるな。

5. 2018年3月03日 10:09:08 : mVxAwWB5YU : ECcXI8opkVE[5]
アメリカが見境なく他国を侵略し、戦争を拡大し続けていることへの警告と認識します。

安倍首相も、いい加減に目を覚ましたら。


6. 2018年3月03日 12:13:18 : F0ZME3zJ8k : _EJmUka8fDM[1]
>>3
それよ
アメリカ側がMDを過信してWWVを引き起こす事態を
プーチンは何より懸念しているわけで

7. 2018年3月03日 17:49:03 : hesCGq807o : As0RjqNJN@0[64]
>>3 >>5 >>6

アップされた他の記事をみると、その通りのようですね。


8. 2018年3月03日 20:12:10 : xMV64IZxWY : EyNU@Q2K7lE[158]
客観を 気取り誤魔化す 嫌悪感

9. 2018年3月04日 10:57:29 : AqnNu391fg : Inp0dYejN8g[6]
ニューズウィークは、昔から、CIAの巣窟だったメディアだけれど、このニュースは、フェイクで、ひどすぎる。

> The two most prominent US newsweeklies, Time and Newsweek, kept close ties with the CIA.(ソースは略す。)

日本にも、ロシア語を理解できないロシア政治の専門家と称する教授が、メディアで、引っ張りだこだけれど、このジャーナリストも、モスクワに滞在経験がありながら、この記事は、CIAそのものの劣化を感じざるを得ない。

この記事が、フェイクである所以は、以下のとおり、ロシアがこれから、これらの兵器を開発するつもりだと、信じ込ませる点だ。

> もしロシアが本当に超音速ICBMを開発し(まだそこには至っていないが)、数十発を配備したら、それは新しい種類の戦略的脅威となる。

プーチン大統領の挙げた、新3つの兵器は、すべて実戦配備されているか、配備間近だ。

> In late 2017, Russia successfully tested a completely new type of armament "unmatched in the world" — a nuclear-powered missile, Putin said. ・・・・Putin declared the beginning of the active phase of SARMAT missile system tests, saying that the new weapons would be invulnerable to interception as its capabilities allow it to bypass any missile defense.In addition, Moscow has developed underwater drones capable of operating at enormous depths and intercontinenal distances, as well as created hypersonic weapons.

https://sputniknews.com/russia/201803011062108691-putin-russia-weapons-us-missile-treaty/

非常に悪質な、憐れむべきフェイクニュースだ。


10. 2018年3月04日 17:51:40 : aGhZ0jxigM : 7rXxCS0@9yI[2]
>>2

仕掛けてるのはアメリカなんで。
ロシアからすれば祖国の存亡をかけた戦いなのよ。


11. 世のすねものから[11] kKKCzIK3gsuC4ILMgqmC5w 2018年3月05日 00:16:30 : 9svnjqWwQA : ZlN2l03E8ro[7]
父ブッシュとベイカー国務長官はゴルバチョフにNATOを東には拡大しないと口約束し、お人よしのゴルビーは文書化せず、見事に騙された。米国はそういう質の国なのだ。4年前ウクライナで騒動を起こしたのはネオコンのマケインとヌーランドだった。ロシア海軍が基地を持つクリミアを米国が乗っ取ろうと言う魂胆だったが、人口の90%以上がロシア人の土地に手を付けたことにより、強欲にブレーキが利かない米国の恥を晒すだけに終わった。西側はロシアを非難し続けるが、住民自治の原則を忘れたのだろうか?スコットランドやカタロニアの分離独立騒ぎとは比較にならない圧倒的多数の選択による決定だった。鳩山由紀夫前首相が認めた通りだ。
プーチンは米国ネオコンの世界征服の黒い野望を砕き、世界の均衡と正義を守れる稀有な政治家だ。彼はイスラムを敵視しない点でも米国のいかなる指導者よりも賢明だ。オリバー・ストーンのインタヴュ番組を見て、彼のリアリズムを再確認できた。ナポレオンとビスマルク以来の偉大な政治家として世界史に名を残せるかも?

12. 2018年3月05日 06:25:31 : xbN3K6jWlM : sxZTsBCR3hs[2]
軍事版も国際版もネトウヨ基地害アルバイトがうようよ湧いてきた
でんでんがヤバイからネジが巻かれているのか

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際22掲示板  
次へ