★阿修羅♪ > 国際22 > 200.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシアや中国との間の軍事的な緊張を高めている米国の好戦派に対して露大統領が演説で警告(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/200.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 3 月 03 日 16:45:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ロシアや中国との間の軍事的な緊張を高めている米国の好戦派に対して露大統領が演説で警告
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201803030001/
2018.03.03 櫻井ジャーナル


ロシアの連邦議会で​​ウラジミル・プーチン大統領が行った演説が話題になっている。後半部分でアメリカとその同盟国による攻撃的な姿勢を指摘、それに反撃する態勢ができていることを説明しているのだ。以前からロシア政府はアメリカが配備しているミサイル防衛の攻撃的な性格を強調していたが、その新たな発射場としてルーマニア、ポーランド、韓国とともに日本を挙げている。反撃用の兵器として原子力推進の低空で飛行するステルス・ミサイル、海底1万メートルを時速185キロメートルで航行、射程距離は1万キロに達する遠隔操作が可能な魚雷、マッハ20で飛行する大陸間ミサイルRS-26ルビエシュなどを示している。開発途中のステルス戦闘機Su-57を見せたのもアメリカの好戦派に対する警告の意味があるかもしれない。

アメリカは戦争を政治の延長とは考えていない。敵を殲滅するだけだ。先住民を虐殺し、そこに居着いたヨーロッパ人が作った国がアメリカだということを思い起こせば、そういう発想をすることが理解できるだろう。

1957年の初頭、アメリカ軍はソ連への核攻撃を想定したドロップショット作戦を作成していた。300発の核爆弾をソ連の100都市で使い、工業生産能力の85%を破壊する予定になっていたという。(Oliver Stone & Peter Kuznick, “The Untold History of the United States,” Gallery Books, 2012)

テキサス大学のジェームズ・ガルブレイス教授(経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイスの息子)によると、1961年7月、大統領に就任して半年のケネディ大統領に対して軍や情報機関の幹部は先制核攻撃計画について説明し、​63年の後半にはソ連を核攻撃するというスケジュールになっていたという。その頃になれば、先制攻撃に必要なICBMを準備でき、ソ連は間に合わないと信じていたからである。

ソ連が1991年12月に消滅すると、アメリカの好戦派は自分たちが唯一の超大国、つまり世界の覇者になったと考えた。ライバルなき世界で心ゆくまで侵略しようと考える。そして作成されたのがウォルフォウィッツ・ドクトリンだった。

21世紀になるとウラジミル・プーチンがロシアを再独立させるが、それでも国力は回復していないと考えていたようで、例えば、CFR/外交問題評議会が発行している​​フォーリン・アフェアーズ誌の2006年3/4月号に掲載されたキール・リーバーとダリル・プレスの論文​はアメリカ軍の先制第1撃でロシアと中国の長距離核兵器を破壊できるようになる日は近いと主張している。アメリカはロシアと中国との核戦争で一方的に勝てると見通しているのだ。

自分たちが相手を軍事的に圧倒していると信じるアメリカの支配層は核戦争を仕掛けようとする。地上から生物を消滅させることになりかねないような戦争を回避しようと思えば、反撃能力を示しておく必要があるわけだ。ただ、アメリカ中央軍やNATOは関東軍化しているようで、どこまで警告が通用するかはわからない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年3月03日 17:44:50 : hesCGq807o : As0RjqNJN@0[63]
この記事も、まんま納得。
Oliver Stoneの名前が。この人もすごいな。

2. 2018年3月03日 21:50:19 : xMV64IZxWY : EyNU@Q2K7lE[169]
商売の ためなら敵も でっち上げ

3. 2018年3月03日 22:28:47 : N5sEgV5Lys : gJDc90AKsFQ[372]
超富裕層(権力者/馬鹿)の周りには、いわゆる『忖度する乞食(yes man/官僚)』しかいません。

天下り?

特別会計?

忖度(→ 共謀罪)?

日本と言う国の『自治権/主権』を、

『グローバリズム』と言う『ボリシェヴィズム(共産主義過激派)』に売り渡す?

頭が悪すぎるのではないですか、東大出身の官僚達も、世襲馬鹿政治家達も?

皆さん、Wake Up.

Songcatcher.


4. 2018年3月04日 11:14:13 : AqnNu391fg : Inp0dYejN8g[7]
北朝鮮やシリアを、足がかりとして、先制核戦争を始めかねない米国や西側に対する警告。

プーチン大統領は、また同盟国が、核攻撃された場合、核をもって報復すると、明言した。

現在、ロシアの新兵器の前に、西側の、どんな迎撃システムも、太刀打ちできない。


5. 2018年3月04日 11:19:07 : AqnNu391fg : Inp0dYejN8g[8]
>>04
第三次世界大戦の悪夢の実現を阻止すべき、ロシアとプーチン大統領の行動と勇気に感謝したい。

多分、この感謝の幾分かは、韓国の文大統領や北朝鮮の金正恩に対しても、向けられる。


6. 2018年3月04日 13:03:32 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[237]
●プーチン大統領の一般教書演説(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/199.html
●プーチン大統領はどのような兵器を示し、誰を念頭に演説したのか
ロシアのプーチン大統領が連邦議会に対して行った年次教書演説について、世界のメディアが詳細に議論している。プーチン大統領は演説のかなりの部分を、ロシアの最新型兵器の説明に費やした。全体的な印象としては、外国メディアは興奮している。特に、ロシア政府が「無敵の兵器」を保有しているとの宣言について、一部の外国メディアでは、西側諸国に向けられたあからさまな脅威、新たな「冷戦」の布告にほかならないと解釈されている。ロシア政府付属財政金融大学のゲヴォルク・ミルザヤン准教授は「スプートニク」とのインタビューで以下のように語っている。「核による国家安全保障についての米国の新たな戦略指針は、文字通り最近2、3カ月の間に承認されたものだ。その中で米国は、自国の地政学的パートナーについて、まさに米国が必要と考える形で行動するよう、強硬な力による手法で強制する意図を隠していない。プーチン大統領は、我が国に対するそのような種類のいかなる力による圧力も受け入れられないことを明確に示した。それも口先だけではなく、ロシアの最新兵器を見せることによってだ」。米政府は2月初め、新たな核戦略を承認している。この文書は実際、ロシアで大きな反響を呼んだ。英経済紙「フィナンシャル・タイムズ」が、これが理由で「プーチン大統領による脅威が米国にとって、恐らくサプライズにはならなかっただろう」と書いているのは偶然ではない。しかしながら、外国の記者のうちで事実上誰も、プーチン大統領の演説の最も重要なメッセージを指摘していない。最新型兵器を発表しながらも、プーチン大統領は以下のように特に強調した。「我々の政策が野心や排他性に基づくことは、将来において決してない。我々は自らの利益を守るが、その際、他国の利益についても尊重する」。今後事態がどのように発展するかは、米国自身の行動にかかっていると、ミルザヤン准教授は指摘する。「第一の可能性は、米国が今後も巨額の資金を、ロシアの兵器体系を撃破する手段の開発に投じ続けるというものだ。あるいは、70年代と80年代に世界に存在していたものを確立するほうが、より将来性があると米政府が理解するかだ。そして、まさにこの戦略的安定のシステムを、事実プーチン大統領は再現するよう提案している。なぜなら、現在存在している露米両国による核の均衡のもとでは、いかなる場合でも人類は平穏に生きることができないからだ。というのも、双方がそれぞれ等しく自らの敵国を破壊することができるからだ。これはつまり、平和を保証できないということだ。一方で、欧州における集団安全保障機構の創設についての具体的合意は--これはプーチン大統領がかなり以前から、リスボンからウラジオストクまでを理想に創設を提案しているものだが--緊張緩和を保障することが現実的に可能だ」。だが現実には、このことに切迫した必要性を米国が迅速に認識することは恐らくないだろうと、ミルザヤン准教授は予想する。「プーチン大統領はある種の新たな現実を描き出した。この新たな現実に対する反応について、心理学者らはいくつかの段階に区別している。一つ目の段階は、常に怒りと拒否反応を起こし、新たな現実を客観的現実として受け入れることを拒否するというものだ。まさにこの段階を、今我々は外国メディアの中に見ている。しかし、ロシアはこれを、対抗してヒステリーを起こすことなく静かに耐え抜き、アナリストらを冷静にさせる必要がある。そしてその後は確実に、この新たな世界で今後どのように生きるかという、より責任能力のある分析が現れる。とは言うものの、もちろん、米国においてここまで到達するのは速くはないだろうが。なぜなら、現在の米国の政策は、ロシアの脅威とロシアとの新冷戦という神話に文字通りはまり込んでいるからだ」。ロシアのペスコフ大統領報道官が述べたところによると、ロシアの新たな兵器は、ロシアを攻撃するという目的を抱いていない者に対しては脅威にならないという。
https://jp.sputniknews.com/opinion/201803044636621/

7. 2018年3月04日 13:52:33 : hesCGq807o : As0RjqNJN@0[66]
>>6
ポイントを抜書きします。
>我々は自らの利益を守るが、その際、他国の利益についても尊重する
>現在存在している露米両国による核の均衡のもとでは,,,平和を保証できない
>欧州における集団安全保障機構の創設

プーチンの目的は兵器の誇示ではなく(とりあえずの目的はそうだが)
「もう、こんなことはやめて平和の仕組みを構築しませんか。」と言うこと。
上記の抜書きの内容は、二年前のオリバー本のインタビューの時から述べられている。


8. 2018年3月04日 18:09:06 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[239]
●「プーチンの議会教書は、平和へのメッセージ。欧米メディアは戦争挑発と紹介するが、事実は逆だ。」―ロシア人議員
https://twitter.com/trappedsoldier/status/970187172736245760

9. 2018年3月04日 19:31:25 : VqfADG3Eug : OnjgwYRcZMM[3]
>先住民を虐殺し、そこに居着いたヨーロッパ人が作った国がアメリカだということを思い起こせば、そういう発想をすることが理解できるだろう。

実は今「日本」と言う国家組織が支配するこの島もそうで、「アイヌ人を虐殺して土地を奪い、そこに居着いたヤマト人が国家組織をつくってその土地の支配を確固としてつくった」国が「日本」。


10. 2018年3月04日 19:35:14 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[240]
●プーチンの2018年一般教書演説:強制MAD
その内容は前半はびっちりロシア国内の経済、福祉政策の話。ここまででもロシアを立て直し人々が安心して暮らせるようにしたのはプーチン時代のことだと誰でも知っているわけだが、そこから今後どういう方針で、どの分野でどんな目標を持っているのかを縷々述べていた。
2000年になると、息子ブッシュ大統領がABM条約を止めると言い出した。ロシアは当然大反発をするが、聞き入れられず2001年12月31日、アメリカが破棄する。まぁなんてか、アメリカの好き放題の時代が始まったわけです。ロシアを弱体化し、その上核で脅しているわけだからこそ成り立った。(2007年のミュンヘン・セキュリティーサミットでプーチンが一極支配批判を行う。その翌年2008年グルジアでの戦争が来て、オバマ時代にはリビア、シリア、ウクライナの破壊が進む)さらに、今度はロシアのまわりにミサイル防衛網なるものを作りだす。防衛という名前がついているのはまったくの冗談で、まったくの攻撃装置でロシアを脅すことに目的がある。この装置が(名前と名目はそれぞれ適当にふられ)ルーマニア、ポーランドに設置され、極東では韓国、日本に設置されたか、されることになっている(プーチンは、ここでしっかり日本、韓国と言った)。では、我々の状況はどうなのか、というところからロシアが開発、グレードアップしたミサイルを何種類かビデオ付きで説明した。今日になってアメリカががーがー言いだし、その腰ぎんちゃくの日本も一緒になってがーがー言っているのは、この内容。ロシアは軍拡してる〜とか、ロシアはINF条約違反だ〜とかいう内容はすべて、これに対する抗議。言うまでもなく、これを呼び込んだのは、15年間ロシアの抗議をまったく受け付けず、核戦争に勝てると思って邁進したアメリカとその子分たち。言ってももうどうしようもない。
で、その問題のロシアの反撃能力については、おおむね6つぐらい披歴していた。直接的に言ったのは、ポール・クレーグ・ロバーツの2週間ぐらい前の記事―例えば、アメリカ海軍は、ロシアの超音速対艦ジルコン・ミサイルで陳腐化させられた。例えば、ロシアのサルマトICBMの速度と軌道の変化が、ワシントンの迎撃システムを無効にしてしまった。イギリスやフランスやドイツやテキサス州を破壊するには、一機のサルマトで十分だ。アメリカ合州国を破壊するのは、わずか一ダースで済む。皆様はなぜこれをご存じないのだろう?―
高速のミサイルも重要だが、やっぱりサルマトに組み込まれたFOBSが一番インパクトがあるんじゃないかと思う。去年末あたりではまだ、組み込まれているらしい、だったんだが、12月に実験したという話もあったのでこれで確定になったということでしょう。
ロシアの核ドクトリンはロシア連邦に対する攻撃に対してロシアは報復する、という話なのだが、プーチンは、ロシアとその同盟国と言った。
詐欺時代は終わりだ
で、全体としてこれだと思うわけですよ。―冷戦終結の多幸感を利用したツケを払うアメリカ
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/fdad2e4467ab24f757892eec4fb3ebb5
●昨日のプーチンの演説に続きその補足情報が出てきてる。―米国は、400発の弾道弾迎撃ミサイルでロシアを取り囲んでいる―で、どこから取り囲んでいるかというと、カリフォルニアとアラスカを増強したところと、欧州ではルーマニアとポーランド、しかしその前にドイツの基地にある。極東では日本と韓国なわけです。さてここで問題です。日本人の誰が一体、自分たちはロシアとミサイル戦争をしているようだ、包囲網に参加した、と理解しているんでしょう? 日本では、すべてのミサイル、ロケット、核の話は北朝鮮向けとして「仕方ない」で済まされている。しかし、現実はそんなものは、欧州で、それはみんなイラン向けだといってロシア向けに配置していくのと同じ。しかし、現実に起こっているのは、対ロシア包囲網、場合によっては対中国への牽制、という役割を日本は担当させられている。日本人には何のお知らせもなく、国内に何の議論もなく。
米国製迎撃システム配備は条約違反、日本も「共犯」 ロシア
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/9628fb020aa22e85889e70b3bff36155

11. 2018年3月05日 07:09:27 : hesCGq807o : As0RjqNJN@0[68]
>>9

よく俯瞰された、すばらしい解説ですね。
漠然としていた部分の知識が明瞭になりました。
DEEPLY JAPAN のサイトブログ、ありがとうございます。
他のブログの一部も読みましたが、脱帽ですね。

プーチンが「米国のプロパガンダによって、私達の言うことが世界に伝わらない。」みたいな事をいって、オリバーが、「それでも、発信し続けるんだ」みたいなことが書かれていたのを思い出します。(記憶から書いているので文言は正確でない)

プーチンが「一般教書演説」で戦略を示したのは、無視されない場所とよんでかな?
シリアと、北朝鮮が、緊急の問題だからか。
まぁ、プーチンのすごさ、人類の愚かさ、世界の行く末 ごちゃ混ぜ状態。
末端に辺野古問題があって、それが世界につながるという(嫌な)メビウスの輪状態。
俯瞰する世界と、毎日空を飛んでいるオスプレイと、、、。あーぁ。


12. 2018年3月05日 17:36:54 : hesCGq807o : As0RjqNJN@0[69]
11です
>>9 は >>10 です

すみません


13. 2018年3月05日 17:55:10 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[249]
●プーチン大統領の欧米へのメッセージ「我々の政策が野心や排他性に基づくことは、将来において決してない。我々は自らの利益を守るが、その際、他国の利益についても尊重する」
「私はこれを明確に断言することが、自分の義務だと考える。どんな小さなものだろうと、ロシアと同盟国に対して核を使って攻撃すれば、わが国に対する核攻撃ととらえる。即、報復する! これは間違いない。」―ロシア大統領プーチン
米国は軍備レースに完敗! 何が起こっているかも理解できない。軍情報部トップは、自分たちが霧の中から生み出した「ロシアの荒らし」を追うのに夢中で、本当の米露の戦略的力関係をひっくり返す事態を見抜けなかった。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=154356
●プーチンの議会教書全文:メディアはロシアの最新鋭の武器ばかりに注目するが、もっと深い。ソ連崩壊後の新自由主義に対する「平和と繁栄」の挑戦状。「高齢者が安心して長生きできるようにするのは、我々の道徳的義務だ」etc
https://twitter.com/trappedsoldier/status/970534155741089793
●プーチンの議会教書を、軍事予算拡大のための口実にしようとする米英メディア。しかしプーチンがロシアを国民に優しい豊かな国家に発展させようという、壮大なプランを披露した歴史的演説。新自由主義が戦争と破壊をもたらしている今日、世界の人々にとって重要。やさしい英語
https://twitter.com/trappedsoldier/status/970568837132312576

14. 2018年3月05日 19:56:22 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[253]
●ロシアだけでなく友好国に存亡の機を招くような攻撃があれば反撃するという警告に無頓着なアメリカの好戦派
イギリスがソ連を攻撃しようとした理由をイデオロギーに求めることはできない。遅くとも1904年の段階でロシアを制圧しようという戦略があった。その年、地政学の父と呼ばれているハルフォード・マッキンダーが発表した戦略は、ロシア(ハートランド)を制圧すればイギリスが世界の覇者になるというもの。イギリスがなぜ長州と薩摩のクーデターを支援し、日本の軍事力強化に協力したかを理解するためにはイギリスの戦略を知る必要がある。アメリカ人、例えばブレジンスキーもこの戦略に基づき、自身の戦略を作り上げている。ネオコンも同じだ。 ロシアを再独立させたプーチンはアメリカとの核戦争を避けるために外交や経済政策を駆使してきたが、米支配層の実態を知る人々は危ないと警告していた。ロシアが優位になったところで話し合いを始めても、米支配層は時間稼ぎに使うだけだとも指摘されていた。実際、その通りになっている。​フォーリン・アフェアーズ誌の2006年3/4月号に掲載された論文​の中でキール・リーバーとダリル・プレスはロシアと中国の長距離核兵器をアメリカの先制第1撃で破壊できると主張している。核戦争になってもアメリカは生き残れると考えているわけだが、これは米支配層の基本的な考え方だろう。日本の「リベラル派」にも似たことを言う人がいる。ポール・ウォルフォウィッツは湾岸戦争の後、1991年にアメリカが軍事力を行使してもソ連は出てこないと口にしていた。ソ連消滅後に残ったロシアも同じだと考えただろう。その判断は2008年にグルジア軍が南オセチアを奇襲攻撃した際に間違いだということが判明、シリアでもロシア軍は軍事介入し、その戦闘能力の高さを見せている。プーチン政権はアメリカをはじめとする西側に警告してきたのだが、米好戦派は軍事的な圧力を高めるという反応を示した。核戦争で脅せばロシアは屈服するだろうということだが、それに対する回答を​3月1日にロシア連邦議会でプーチン大統領は示した​。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201803050000/

15. 2018年3月05日 20:54:23 : hesCGq807o : As0RjqNJN@0[71]
>>14
>イギリスがソ連を攻撃しようとした理由をイデオロギーに求めることはできない。遅くとも1904年の段階でロシアを制圧しようという戦略があった。

これに触発されて、疑問に思ってきたことを質問させて下さい。

欧米がロシアを敵対視するのは、なぜでしょう?
イデオロギーの違いもなくなり、NATOに加入してもいいと考えていたロシアを。

米国軍産複合体とNATOには、仮想敵国が必要だから?

他に理由がありますか?そんな理由だけで、まかり通れるのですか?
ーーーーーーーーー
と、ここまで書いてクリックせずに他のブログを寄り道していたら
ブログから引用
西側というのは要するに、独立国集団じゃなくて、本当のマスターは「匿名の寡頭集団」みたなものですよね。、、、中国、ロシアはそれに反対している。そして反対するが故に攻撃されている。
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/b3833b128b68049dd4fec7a5e4620699

こんな話、初めて聞いた。裏の裏みたいな世界?


16. 2018年3月05日 22:56:33 : NacmDI1h1Q : D22tDjt5l8A[1]
>>15
おおむね、それで正しいでしょう。
イギリスのロシア敵視は1904年どころかもっと以前からの伝統的なものです。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際22掲示板  
次へ