★阿修羅♪ > 国際22 > 343.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北朝鮮の非核化か朝鮮半島の非核化か、それが問題である  天木直人 
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/343.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 3 月 29 日 11:07:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

北朝鮮の非核化か朝鮮半島の非核化か、それが問題である
http://kenpo9.com/archives/3483
2018-03-29 天木直人のブログ


 今度の金正恩の訪中と、そこで金正恩が習近平と話し合い、合意した事で一番重要な事は何か。

 それは、金正恩がはじめて非核化という言葉を使い、それを習近平が認め、歓迎したところだ。

 しかし、それはあくまでも「朝鮮半島の非核化」である。

 その一方で米国の立場は、「完全かつ検証可能で不可逆的な北朝鮮の非核化」(国務省担当官)である(3月29日毎日新聞)

 もちろん、100%米国の後をついて歩く日本もこの立場だ。

 日本のメディアは、バカ正直な産経新聞をのぞいて、この違いをあえて明確に書こうとしないが、この違いこそ米朝首脳会談の最大のテーマとなる。

 そしてこの二つは、トランプも金正恩も譲れない。

 はたして米朝首脳会談は決裂し、トランプは北朝鮮を攻撃することになるのか。

 そうはならない。

 その逆だ。

 どちらも満足のいく平和的解決になることがほぼ確実に4カ国の話し合いで進んでいるはずだ。

 そのキーワードは「北朝鮮の体制保証」であり、それは言い換えれば「朝鮮戦争の終結」宣言である。

 韓国と北朝鮮、米国と中国の4カ国は朝鮮戦争の当事国だ。

 その4カ国がその気になれば休戦中の朝鮮戦争を終わらせる事ができる。

 朝鮮戦争を終結して南北和平が実現すれば、北朝鮮の体制は保証される。

 それは必ずしも南北統一まで行かなくてもいい。

 異なった体制のまま共存できればいいのだ。

 それが金正恩の言う体制の保証なのだ。

 それが保証されれば、金正恩はその言葉通り北朝鮮の非核化に応じるだろう。

 核を放棄する。

 その一方で、もし4カ国が朝鮮戦争の終結に合意するなら、その時点で在韓米軍は不要になる。

 トランプは在韓米軍の韓国からの撤退、すなわち北朝鮮と中国が合意した朝鮮半島の非核化に応じる事になる。

 まさしく北朝鮮の非核化と朝鮮半島の非核化の二つが同時に達成されるのだ。

 そして、これこそが4カ国が合意可能な事なのだ。

 皆がウィンウィンの合意になる。

 バカを見るのは日本だ。

 在韓米軍は徹底しても在日米軍は居残る。

 それどころかますます強化される。

 そしてそれは北朝鮮や韓国、中国にとって異存はない。

 なぜなら在日米軍は、日本を守るものではなく、日本の軍国主義化を抑えつけるものであり(いわゆるビンの蓋)、来るべき中東危機にそなえた米軍の強化だからだ。

 北朝鮮も韓国も中国も、自らの脅威にならない米軍がいくら日本で強化されようと、痛くも痒くもないからだ。

 ここでもまた日本が孤立するという事である(了)



中朝首脳会談 「非核化」見返り要求 正恩氏、米韓に
https://mainichi.jp/articles/20180329/ddm/001/030/181000c
毎日新聞2018年3月29日 東京朝刊


北京の人民大会堂で中国の習近平国家主席(中央右)と彭麗媛夫人(右端)の案内を受ける金正恩朝鮮労働党委員長(中央左)と李雪主夫人(左端)=2018年3月26日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 【北京・河津啓介、ソウル渋江千春】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国を訪問し、26日に北京の人民大会堂で中国共産党の習近平総書記(国家主席)と会談した。中国政府が発表した。金委員長は「(祖父の)金日成(キムイルソン)主席と(父親の)金正日(キムジョンイル)総書記の遺訓に従い、朝鮮半島の非核化実現に尽力する」と表明した。ただ同時に見返りとして米国と韓国による「和平実現のための段階的な措置」に言及し、米国に圧力路線からの転換を求めた。金委員長の外遊は2011年12月の最高指導者就任後初めて。

 中国中央テレビによると、習氏は「朝鮮半島情勢に前向きな変化がある。北朝鮮は大きな努力を払っている」とたたえた。金委員長が朝鮮半島の非核化に向けた努力を表明すると、習氏も「我々は非核化の目標と対話による解決を堅持している」と同調した。ただ、金委員長は4〜5月に首脳会談を予定する米国と韓国に対し「(米韓が)善意をもって応じ、平和実現のために段階的、共同歩調の措置を取るならば、非核化の問題は解決できる」と表明し、両国に見返り措置を求めた。

 中朝関係は冷え込んでいたが、両首脳は習氏訪朝や戦略的関係強化でも一致し、南北、米朝の二つの首脳会談に向けた結束をアピールした。一方、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は直接非核化については触れず、「両国の友好関係の発展と朝鮮半島の情勢管理など重要な事案」について踏み込んだ意見を交換したと伝えた。

 金委員長は特別列車で中国入りし、26日に北京駅に到着。妻の李雪主(リソルジュ)氏のほか、党指導部の主要幹部が同行し、首脳会談や歓迎夕食会に出席した。27日は習氏と妻の彭麗媛氏が開いた昼食会に夫人と出席した後、北京を離れ、28日、北朝鮮に戻った。北朝鮮の最高指導者訪中は11年8月の金総書記以来。

 中国側は29日、外交を統括する楊潔〓(ようけつち)共産党政治局員を韓国に送り、首脳会談の結果を報告する。同日には韓国と北朝鮮が南北首脳会談に向けて板門店で閣僚級会談を開き、日程や議題を調整する見通し。

中朝首脳会談 骨子

・金委員長は25〜28日、中国を非公式訪問し、26日には習総書記と会談した

・金委員長は朝鮮半島の非核化実現に尽力するとし、米韓両国が善意で応えて平和と安定の雰囲気を作り出せば非核化問題は解決できると表明した

・金委員長は習総書記の訪朝を招請し、習総書記は快諾した

 (中国中央テレビによる)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年3月29日 11:13:06 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[7590]
世界が求めるのは「朝鮮半島を含む、全世界の非核化」ですね。

2. 2018年3月29日 16:13:23 : IDsANc6rqQ : iJ8vndSlRzI[6]
中朝会談の最大の目的は、交渉決裂、即先制核攻撃に備えて、ロシアの他に、中国も、その後ろ盾とすることだ。

日本において、米軍と必要としているのは、天皇を初めとする閨財閥体制で、基本的に、彼らは、寝首をかかれることを恐れてるので、日本軍を信用していない。

それだけ、彼らは、明治以来、日本人に対して、やらずぼったくりどころか、死に追いやる悪事を重ねてきたということだ。


3. 2018年3月29日 19:28:31 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[484]
●金正恩氏が3月25日から28日まで中国を訪問し、習近平氏と会談していた 〜東アジア情勢に関して、全く蚊帳の外に置かれている安倍総理
・安倍はこの件について午前の参院予算委で「情報収集中」と。完全に各方面から蚊帳の外に置かれているみたいだな。
・中朝首脳会談について、米政府「中国側から説明あった」
安倍首相、中朝首脳会談について中国から説明要求
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=156780
●これ、日本側やなしに、北朝鮮側からのコメントwww なにが日本のリーダーシップやねん。首脳会談の段取りも北朝鮮に仕切られとるがなwww いや、笑い事やないね。安倍、ほんま売国奴やで。⇒北朝鮮「日朝首脳会談、6月初めにも」 党幹部に説明
https://twitter.com/suganotamo3/status/979277150858575872
北朝鮮「日朝首脳会談、6月初めにも」 党幹部に説明 2018.3.29
北朝鮮関係筋によると、金正恩政権が最近、朝鮮労働党幹部らに「6月初めにも日朝首脳会談の開催がありうる」との説明を始めた。日朝首脳会談に対する金正恩政権の関心が明らかになるのは、2011年12月の権力継承後初めて。 対日政策について、資料は「日本政府が最近、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を通じ首脳会談の開催の意思を北朝鮮側に打診してきている」と説明。5月の実施を目指す米朝首脳会談の後、日朝首脳会談は6月初めにも平壌で開かれることがありうるとした。
https://www.asahi.com/articles/ASL3X4VPQL3XUHBI028.html

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際22掲示板  
次へ