★阿修羅♪ > 国際22 > 668.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプ氏、イラン核合意離脱を発表(AFP)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/668.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 5 月 09 日 08:25:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

トランプ氏、イラン核合意離脱を発表
http://www.afpbb.com/articles/-/3173866?cx_part=topstory&cx_position=1
2018年5月9日 4:28 発信地:ワシントンD.C./米国


ホワイトハウスでイラン核合意についての発表を行うドナルド・トランプ米大統領(2018年5月8日撮影)。(c)AFP PHOTO / SAUL LOEB


【5月9日 AFP】(更新、写真追加)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は8日、米国がイラン核合意から離脱し、対イラン制裁を再開すると発表した。

 トランプ氏はホワイトハウス(White House)での演説で、「イラン合意にはその中核に欠陥がある」と指摘し、「私はきょう、米国がイラン核合意から離脱すると発表する」と表明。イランに「最高レベルの経済制裁」を科す意向を示した。

 また、イランを世界屈指のテロ支援国家と断じ、同国が中東に及ぼす影響を非難。核合意は「悲惨な」内容であり、米国にとっての恥辱だと表明し、イランがうそをついた「証拠」があると主張した。

 トランプ氏は以前から、バラク・オバマ(Barack Obama)前大統領が2015年に英中仏独ロと共に結んだこの合意を「非常にひどい形で交渉された」と批判し、破棄の意向を公言。一方、核合意を中東の軍拡競争を食い止める最後の砦だとみていた欧州各国は、代替案の交渉のための時間をもうけるよう、懸命な説得を続けていた。

 合意支持派の一部は、部分的な制裁再開にとどまるか、交渉のための時間が与えられるかもしれないという望みにかけていた。しかしジョン・ボルトン(John Bolton)大統領補佐官(国家安全保障担当)はトランプ氏の演説後、米政府がイランに対し追加制裁を科す選択肢を検討していることを明らかにしている。

 トランプ氏は、合意の柱の一つであるイラン中央銀行と石油部門の取引をめぐる制裁免除措置の延長を認めるかどうかを、12日を期限として決定する予定だった。(c)AFP


















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月09日 09:03:10 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[371]
>イランを世界屈指のテロ支援国家と断じ、同国が中東に及ぼす影響を非難。
それは米国自身の事だろ、自国を棚に上げてよくそういった物言いが出来るものだ米国。
中東に混乱と、略奪と破壊、虐殺を創りだしているアメリカがよく言うよ。
中東はアメリカのものではない中東の民のものだ。
さすが先住民を皆殺しにして土地と文化、権利を総て略奪した白人どもた、基地外。
中東の石油は中東の物だ、強盗泥棒国家、アメリカがよく言うぜ、
そんなに石油が欲しければ、まともに金払って中東から買うか、
自国を穴ぼこだらけにして石油を掘り当てろよ、無ければまともに買えよ。
>イランに「最高レベルの経済制裁」
何言っているんだよ言い掛かり常習国家アメリカ、今回に限ってはこの糞トランプ野郎。

2. 2018年5月09日 09:55:49 : VlzT4Sc2cY : 193Yg2I3iX0[6]
米大統領 イラン核合意の離脱発表 過去最大級の経済制裁へ
5月9日 3時37分 NHK

アメリカのトランプ大統領はイラン核合意から離脱し、イランに対して過去最大級の経済制裁を行うと発表しました。イランが核開発を大幅に制限する見返りに、経済制裁を解除するとした核合意の枠組みの崩壊につながるおそれもあり、核合意の維持を求めてきたヨーロッパなど国際社会にも大きな波紋を広げています。

トランプ大統領は8日午後2時すぎ(日本時間9日午前3時すぎ)からホワイトハウスで演説し、「今の核合意のもとではイランの核保有を止められない。核合意は根本的に欠陥だ」と述べ、前のオバマ政権が結んだ核合意から離脱する考えを明らかにしました。そのうえで、「イランの政権に対する制裁を再開させる文書に署名する。われわれは最大級の経済制裁を実施していく」と発表しました。

アメリカ政府によりますと、トランプ大統領の今回の発表を受けて、イランの中央銀行などと取り引きする外国の金融機関やイラン産の原油など、資源の取り引きに関わっている企業などが制裁の対象になるということです。

アメリカ政府は取り引きの内容によって、90日と180日の2段階の猶予期間を設けるとしていて、この期間内に取り引きをやめなければ制裁を科すと警告しています。

核合意はイランの核開発を大幅に制限する代わりに、関係国が制裁を解除するとしたものですが、トランプ大統領は今週12日の期限までに核合意の欠陥を修正できなければ離脱すると主張してきました。

アメリカが離脱の方針を明らかにしたことでイランは強く反発していて、核合意の枠組みの崩壊につながるおそれもあります。

イランの核合意をめぐっては、先月、フランスのマクロン大統領やドイツのメルケル首相らが相次いでワシントンを訪問し、核合意の維持を求めてきましたが、トランプ大統領の判断に対し、ヨーロッパなど国際社会にも大きな波紋を広げています。

■イスラエル首相「勇気ある決断に感謝」  

イスラエルのネタニヤフ首相は、アメリカのトランプ大統領がイラン核合意からの離脱を表明したあと、直ちに会見し、「イスラエルは当初からイラン核合意に反対しており、トランプ大統領の歴史的な勇気ある決断に感謝したい」と述べました。

一方、イスラエル軍は隣国のシリアにあるイランの軍事施設で不審な動きが確認されたとして、シリアと接する地域についてはミサイル攻撃を警戒し、避難用のシェルターをすぐに使用できるよう準備を指示しました。また、ミサイルを迎撃するための防衛システムの配備も各地で進めているとしています。

■サウジアラビア 米の判断を歓迎

イランと敵対するサウジアラビアは8日、国営通信を通じて声明を発表し、トランプ大統領の判断を歓迎しました。そのうえで「サウジアラビアはイランが核開発を進めたり、大量破壊兵器を取得したりすることが絶対にないように、アメリカや国際社会とともに連携していく」として、イランが地域での影響力を拡大しないようアメリカなどと協力していく姿勢を強調しました。

■仏大統領「米の決断を残念に思う」

アメリカのトランプ大統領がイラン核合意から離脱すると発表したことに対し、フランスのマクロン大統領は8日、ツイッターに「フランスとドイツ、そしてイギリスはアメリカの決断を残念に思う。核不拡散の体制が危機にひんしている」と投稿し、トランプ大統領の決断を批判しました。

■オバマ前大統領「深刻なあやまち」

オバマ前大統領は8日、声明を発表し、「核合意を危機にさらす決断は深刻なあやまちだ」と述べて厳しく批判しました。

この中で、オバマ前大統領は核合意はイランの核開発計画を著しく後退させ、現在も合意が機能していることはヨーロッパの同盟国や専門家だけでなく、マティス国防長官も認めていると指摘しました。

そのうえで、イランの核合意に含まれる査察と検証の枠組みは、北朝鮮の非核化でアメリカが取り組むべきことそのものだとして、合意からの離脱は「全く誤った方向に導くものだ」と主張しました。そして、「核合意がなければ、アメリカには最終的にはイランの核武装か中東での新たな戦争という負の選択肢しか残らないかもしれない」と警告し、核合意を維持すべきだと訴えました。

■ロシア外務省「深く失望」

ロシア外務省は8日、声明を出し、「深く失望している」としたうえで「核合意はアメリカだけの財産ではなく国際社会のものだ。アメリカがまたほかの国と協調することができない例を示した」と述べ、アメリカの対応は独善的だと批判しました。

そのうえで「ロシアは核合意に加わっている残りの国と協力するとともに、イランへの協力や政治対話を深める」として、イランへの協力を進める考えを示しました。

■国連事務総長「深い懸念」

国連のグテーレス事務総長は8日、報道官を通じて声明を発表し、「深い懸念を表明する。核合意は核不拡散における外交の重要な成果で、国際的な平和と安全に貢献してきたものだ」として、アメリカの対応に憂慮の念を示しました。

そのうえで、「核合意へのほかの参加国には、合意にある義務を順守することを求める」として、イランをはじめとするほかの参加国に対し、合意内容を守るよう呼びかけました。

■シリア「イランに連帯示す」

イランを後ろ盾にするシリアのアサド政権は声明を出し、「国際社会の反応や非難は、アメリカの孤立と政策の誤りを表している」として、アメリカを強く非難しました。そのうえで「イランに改めて連帯を示す。アメリカの敵対的な姿勢による悪影響を乗り越えることを確信している」として、イランの立場を支持しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180509/k10011431381000.html


3. 2018年5月09日 10:05:34 : IAazakUVcI : rffsZCT8iBw[2]
米のイラン核合意離脱 仏英独は核合意にとどまること表明
5月9日 6時33分 NHK

アメリカのトランプ大統領が、イラン核合意から離脱すると発表したことを受けて、フランスのマクロン大統領とイギリスのメイ首相、そしてドイツのメルケル首相は8日、共同で声明を出し、遺憾の意と懸念を示したうえで、イラン核合意は安全保障上、重要だとして、3か国は核合意にとどまることを表明しました。

そのうえで、「核合意が維持されるように各国と協力を続け、合意に基づく経済的な利益をイランの人々が受けられるよう努める」として、イランに対しても合意を引き続き守るよう呼びかけています。

声明ではイラン核合意の期限が切れる2025年以降も対象とした長期的な枠組みが必要だとしているほか、イランが進める弾道ミサイルの開発についても対処すべきだと指摘していて、トランプ大統領の批判に応えていく姿勢も強調しました。

■EU 核合意維持 制裁解除続ける考え

イラン核合意の交渉の調整役を担ったEU=ヨーロッパ連合のモゲリーニ上級代表は8日、訪問先のイタリアで緊急の記者会見を行い、遺憾の意を示しました。そのうえで、「イランが義務を果たすかぎり、EUも核合意の内容を完全に履行する」と述べ、アメリカが離脱しても核合意を維持し、制裁の解除を続ける考えを示しました。

さらに、イランとの核合意は世界の核不拡散の枠組みの維持や朝鮮半島の非核化を目指すうえで重要な役割を担っているとして、アメリカの離脱によって北朝鮮の非核化を目指す国際社会の外交努力に悪影響が出ることに懸念を示しました。

また、トランプ大統領が過去最大級の経済制裁を科すと発表したことについても懸念を示し、直ちに関係国の外相らと協議する考えを示しました。

一方、EUのトゥスク大統領も来週、ブルガリアで開かれる首脳会議で対応を協議する考えを示しました。

また、トランプ大統領の発表に先立って、EUとイギリス、ドイツ、フランスの3か国、それにイラン外務省の高官は8日、ベルギーの首都、ブリュッセルにあるEU本部で協議しました。協議の具体的な内容は明らかになっていませんが、今後の核合意の枠組みについて意見を交わしたものと見られ、アメリカを除く関係国の対応が注目されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180509/k10011431471000.html


4. 2018年5月09日 10:40:00 : 7EqAyEVz7A : FiPAxQPOWoo[17]
米国に追随する国がある程度出ようとも、米国の指導力は極端に減じよう。日本の国際的な経済力も低下していかざるを得ない。

5. 2018年5月09日 10:55:59 : Qhhd6ZnN5J : _96fw8WWRhU[12]
イランに対しこれだけ強硬路線をとっている以上、米朝会談でもトランプは一切妥協せず、北朝鮮に核とミサイルの即時廃棄を突きつける可能性が高いな。

6. 2018年5月09日 11:11:11 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[377]
>>5さん
米国は中国の台頭に太刀打ちできず、極東の兵を引き上げて可能性のある中東にシフトした、しかし回りは大人の対応、アメリカは孤立する。
極東でも中国の後ろ盾の元北朝鮮に拘束されている米国人の開放も進んでいるようです。
米国は今更北朝鮮に対し強硬な態度はとれないと思います。
それをやれば米国はますます国際的な枠組みから浮き上がってしまう。
嘘まみれの米国の経済指標、実質は中国が世界の経済を取り始めている、ヨーロッパの国々もアメリカよりも中国の意見を重要視するのではないかと思います。

7. 2018年5月09日 11:17:12 : Qhhd6ZnN5J : _96fw8WWRhU[13]
>>6
トランプはイランに自分の要求する条件で協定を結ぶため再交渉を要求しているのに、
北朝鮮に核問題で妥協したらイランとの交渉も成り立たなくなるのは自明の理。
この協定離脱でトランプはイランにも北朝鮮にも妥協の余地は無くなった。
ついでに言えば米朝会談前に北朝鮮に対し「自分は絶対に妥協しないぞ」という事を
示すためにこのタイミングで発表したのだろう。

8. 2018年5月09日 17:57:55 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[379]
>>7さん
>トランプはイランに自分の要求する条件で協定を結ぶため再交渉を要求している
それはそうですが、それならば北朝鮮に対し対話の道を開くのは話が合わない様な気もします。
米国の主張だとかやる事は総てが一貫している訳でもないから、私はそういった目でアメリカを見ることは出来ません。
いずれにしろこの数カ月の間に状況もはっきりする事でしょう、固唾を呑んで様子を観察します。

9. 2018年5月09日 18:20:48 : OkxRTrtANQ : JbqAoMDnRGI[57]
このトランプの行いは支持できないし、良いことではない。ロシアなどが批判するのは当然である。これを支持するのはマズいこと。
そういえばロシアは軍事費を削減したようですね。素晴らしい国です。
それにしても、オバマ、マクロンは本当に偽善者だな。穏健派とかいうデマを撒いた犯罪者オバマ、そしてシリア攻撃に賛同し、攻撃し、そして特殊部隊を侵入させてるフランスのマクロン。お前らはまじで何なん。

10. 2018年5月10日 07:18:10 : Zy3R6stP1g : zN9NIubzDzU[6]
>>9
この核合意を中心になってまとめたのはオバマだし、フランスも一貫して
合意の維持を唱えてきたのだから当たり前の反応だろう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際22掲示板  
次へ