★阿修羅♪ > 国際22 > 685.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マレーシア総選挙、野党連合が勝利 独立以来初の政権交代実現、マハティール氏が首相に返り咲き(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/685.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 5 月 10 日 14:08:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

マレーシア総選挙、野党連合が勝利 独立以来初の政権交代実現、マハティール氏が首相に返り咲き
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/05/post-10128.php
2018年5月10日(木)10時15分 大塚智彦(PanAsiaNews) ニューズウィーク


5月10日、前日に投票が行われたマレーシア議会下院(定数222)選挙は、マハティール元首相が率いる野党連合が過半数議席を獲得して勝利した。ペタリンジャヤで9日撮影(2018年 ロイター/Lai Seng Sin)


<巨額資金流用疑惑で批判が集まっていたナジブ政権への批判は、歴史的な独立以来初の政権交代へつながった>

マレーシアの連邦下院選挙は5月9日に投票され、即日開票の結果、10日未明にマハティール元首相が率いる野党連合の「希望連盟」が定数222議席の過半数112を上回る議席獲得を確実にし、1957年の独立以来初の政権交代が実現することになった。

マレーシア選挙管理委員会が10日午前4時40分(日本時間同日午前5時40分)に明らかにした集計結果によると、野党連合・希望連盟が113議席を獲得(同盟関係のボルネオ島サバ州の政党と合わせると115議席)、与党連合・国民戦線は79議席に留まっている。

「希望連盟」が勝利した結果、野党の指導者であるマハティール元首相が首相に返り咲くことになった。10日未明に会見したマハティール元首相は副首相として希望連盟の中核である「人民正義党」の指導者でアンワル元副首相の妻、ワン・アジザさんを指名する方針を明らかにした。

さらにマハティール元首相は首相としての任期5年間のうちに、以前のマハティール政権で副首相兼財務相を務め、現在同性愛罪で服役中のアンワル氏に首相を譲る方針を示していたことから、今後のアンワル氏の扱いにも注目が集まっている。

■マハティール元首相が勝利宣言

10日午前3時前から記者会見したマハティール元首相は「(まだ非公式集計ながら)我々は過半数の112を獲得するのは確実で、与党連合は遥かに我々に及ばず、政権を構成することはほとんどあり得ない状況だ。我々は勝利しても報復など考えない。ただ法の秩序を求めるだけだ」などと述べて「勝利宣言」を行った。

ナジブ政権は下院解散直前に「フェイク(偽)ニュース対策法」を駆け込み成立させ、マハティール元首相の一部発言が同法違反に当たると主張していた。これに対してマハティール元首相は勝利会見の中で「これ(野党勝利)はフェイクニュースではない」と皮肉ったほか、矢継ぎ早に今後の方針を尋ねる記者たちに「少し待ってくれ、私は92歳なのだから」と応じるなどして会見場を笑いに包んだ。

一方、敗色が濃厚になった与党連合(BN)のナジブ首相は同日夜に予定していた記者会見を延期。幹部がクアラルンプール市内のナジブ首相宅に急きょ集まって緊急会議を開催、善後策を協議しているものとみられる。BN青年部長のカイリー・ジャムルディン氏は地元マスコミに対し「確かに我々は国民の意思を受け入れなければならない。ナジブ首相は10日に会見する予定だ」と述べた。

ナジブ首相は10日午前11時(日本時間同正午)から会見するとしているが、予想外の与党連合の敗北に大きなショックを受けている模様で会見内容が注目されている。

■注目選挙区で野党勝利、「歴史的な日」

マレーシア総選挙の開票速報を特別番組で伝えていたシンガポールの「チャンネル・ニュース・アジア」は野党連合の勝利の可能性が高くなった時点で「マレーシアにとって歴史的な日となった」と伝えた。

開票作業が進む中、マハティール元首相は地元のランカウェイで44.4%を獲得し、与党連合候補者の23.6%を大きく引き離して議席を獲得した。一方、ナジブ首相もペカン選挙区では79.2%と圧倒的な強さで当選を決めたものの、歴史的にBNの強固な地盤とされてきたジョホール、ネグリ・スンビランなどでBN候補者が野党候補に敗北した。

特にジョホールはBNの中核をなす「統一マレー国民組織(UMNO)」誕生の地とされる地盤で、ここでの敗北が今回の総選挙を象徴する結果となった。

このほか注目選挙区のペナン、セランゴール、マラッカ、ケダなどでも希望同盟の候補者が次々と当選を決め、政権交代に勢いをつけた。

■金権体質脱却、有権者は変化を選択

ナジブ政権側は選挙戦後半に野党連合の健闘が伝えらえて危機感を強めた結果、「15、16日を休日とする」「26歳以下の所得税を免除(すでに納税した人には全額返還)」などの追加公約を相次いで公表するなどして懸命の情勢挽回を計った。

しかし「誰もそんなことに関心はない」(マハティール元首相)との指摘通り、与党連合が弱いとされる都市部若年層の支持を回復することはできなかった。

ナジブ首相は政府系ファンドの「ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)」の巨額資金流用疑惑に端を発した金権汚職体質で野党側から厳しい批判にさらされていた。最終的にはこうした反ナジブの流れが有権者に「金権体質脱却」と「変革」を選択させたものとみられている。

野党関係者は「選挙戦でのナジブ政権の露骨なバラマキ政策が逆効果に働き、そうではなくても根強かったナジブ首相の金権体質批判にさらに油を注ぐ結果となったのではないか」と冷静に分析する。

9日の投票結果で野党が政権を担うことになり、マレーシアは独立以来初の政権交代が実現する。マハティール元首相は世界最高齢の92歳での首相就任となるほか、ナジブ首相批判を強めて与党UMNOを離脱した2004年以来の国政復帰、2003年10月の首相退任以来となる首相返り咲きを果たすことになった。


[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月11日 11:59:42 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2530]
2018年5月11日(金)

マレーシア初 政権交代へ

汚職疑惑に国民批判 野党勝利

マハティール氏 再び首相に

 【ハノイ=井上歩】9日投開票されたマレーシア下院総選挙(定数222)で、野党連合・希望連盟が113議席を獲得し過半数を制しました。1957年の独立以来政権を担ってきた統一マレー国民組織(UMNO)中心の与党連合は敗北し、同国初の政権交代が実現します。

 希望連盟を率いたマハティール元首相(92)は10日の記者会見で「大勝した」と宣言し、国民の明確な信任があるとして、遅滞のない新政府発足を要求。同日国王と会見し、新首相に就任する予定です。15年ぶりの再登板となります。

 ナジブ首相の与党連合・国民戦線は79議席にとどまりました。ナジブ首相は10日、「国民の審判を受け入れる。議会制民主主義を尊重する」と敗北を認めました。

 ナジブ氏は与党敗北の一因となった政府系ファンド「1MDB」をめぐる公金横領・汚職疑惑について、再捜査を受けることとなる見通し。マハティール氏は同日、「法の支配を回復する」と強調しました。

 第3勢力であるイスラム主義の全マレーシア・イスラム党(PAS)が18議席を獲得。8議席を獲得したサバ州の地域政党は、希望連盟と連携します。

 全13州のうち12州で行われた州議会選挙でも、希望連盟は7州で勝利しました。


解説

人種越え不正義に怒り

 「権力は腐敗したのだ」。野党連合指導者の一人、ムヒディン元副首相は3月下旬、UMNO政権の変質をこう評していました。

 3年前までUMNO副総裁、政府副首相としてナジブ首相に次ぐ地位にいた人物。「金権政治が続き、地位は金で買われ、UMNOはどんどん魅力を失った。自分たちのことばかり考えていて、“マレー人のため”だといっても信じてもらえなくなった」

 700億円規模の公金が首相の個人口座に流れたとされる1MDB疑惑は、金権政治の象徴となり、自らを倒す勢力を生みました。

 ムヒディン氏は2015年、首相は疑惑の真相を語るべきだと言って更迭され、マハティール元首相もこの疑惑でナジブ氏を厳しく批判してUMNOを離党。2人は、マレー系政党(マレーシア統一プリブミ党)をつくり、かつての政敵がいる野党連合に合流しました。

 マハティール氏が率いた野党連合は、消費税導入や生活費上昇への不満も高めていたマレー系の政権批判票の受け皿となりました。UMNOは構図上でも「全マレー系の代表」という優位を維持できなくなりました。

 ナジブ政権は選挙区割りの変更などさまざまな手を打ちましたが流れは変えられず、利益誘導型の公約も有権者に響きませんでした。

 マレーシアは微妙な民族問題を抱える多民族国家で、政党・政治勢力は人種を基盤に形成され、その利益代表の機能が期待されてきました。金権政治は、この制度的な特徴によってもたらされた面もあります。

 しかし今回マレーシア国民は、多少なりとも人種の垣根を越えて、不正義への怒りと民主的・進歩的な制度への期待を示しました。

 マハティール氏が勝利後「法の支配」の徹底を強調したように、新政権は首相への権限集中を改めるなど法治の回復や民主的な制度整備が課題となります。(ハノイ=井上歩)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-11/2018051107_01_1.html


2. 2018年5月11日 19:44:23 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[826]
●マレーシアの新首相に選ばれたマハティール元首相が、2003年イスラム委員会で演説。「ユダヤ人が代理勢力を使い世界を支配している。彼らは自分たちのために他者を戦わせる。世界最強の国々の支配を手にし、小さな国が覇権国になった」
https://twitter.com/trappedsoldier/status/994853750064975872
●マハティールとユダヤ人  2003年11月3日 田中 宇
2003年10月末まで22年間、マレーシアで首相の座にあったマハティールは、含蓄のある辛口の発言をする政治家である。彼は「ヨーロッパ人はいまだに世界に対する植民地支配を続けようとしている」「ユダヤ人が世界を支配している」といったような発言をたびたび発し、欧米やユダヤ人団体などから非難を浴び、議論を巻き起してきたが、彼の発言には的を得た鋭い指摘が多く含まれている。だからこそ、マレーシアのような小国の首相の発言なのに欧米のマスコミが怒り出すのだろう。
「世界の多くの新聞はユダヤ人が所有している」
https://tanakanews.com/d1103mahathir.htm

3. 2018年5月16日 22:20:14 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2448]
2018年5月16日(水)

マレーシア新首相に

志位委員長が祝辞

 日本共産党の志位和夫委員長は15日までに、マレーシアのマハティール・ビン・モハマド新首相へ就任の祝辞を送りました。

 その中で志位氏は、マハティール氏が「しんぶん赤旗」の取材に、平和は軍事的な脅しで生まれず「戦争という選択肢は時代遅れだ」と述べたことを想起。核兵器禁止・廃絶など平和と社会進歩の課題で、マレーシア政府と日本共産党の協力が発展するよう希望を表明しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-16/2018051602_05_1.html


▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際22掲示板  
次へ