★阿修羅♪ > 国際23 > 203.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国と朝鮮の首脳会談に気をとられている間に中国と米国の軍事的な緊張が高まる(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/kokusai23/msg/203.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 6 月 09 日 09:36:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米国と朝鮮の首脳会談に気をとられている間に中国と米国の軍事的な緊張が高まる
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201806070000/
2018.06.09 櫻井ジャーナル


 ドナルド・トランプ米大統領は6月12日にシンガポールで朝鮮の金正恩労働党委員長との会談を行う予定だが、​南シナ海では中国を軍事的に威嚇、緊張が高まっている。台湾やフィリピンも焦臭い。第2次世界大戦以降、アメリカ支配層にとって朝鮮半島の問題は中国問題にほかならない。米中関係を見なければアメリカの意図はわからないだろう。

 朝鮮戦争の直前、半島で暗躍していたアメリカの情報機関員は中国に国民党政権を樹立するための工作を実行していた。朝鮮戦争の最中、1951年4月にCIAは国民党軍2000名を率いて中国領内へ侵攻、人民解放軍の反撃にあって追い返され、52年8月にもCIAと国民党軍は中国へ攻め入り、撃退されている。朝鮮戦争が休戦になるのは1953年7月だ。その半年後、ジョン・フォスター・ダレス国務長官はNSC(国家安全保障会議)でベトナムにおけるゲリラ戦の準備を提案、CIAはSMM(サイゴン軍事派遣団)を編成した。アメリカは「転進」したのだ。

 経済的なつながりを深めているロシア、中国、韓国の3カ国にとって朝鮮半島の安定は重要なテーマ。今回、米朝会談を実現する上で韓国政府の果たした役割は大きいが、その背後ではロシアと中国が後押ししていた。シンガポールでの会談をアメリカと朝鮮の問題だと考えるべきではない。トランプ大統領が閣内の強硬派の反対を押し切る形で会談を決意したのもそうした背景があるからだろう。勿論、強硬派がこのまま東アジアの平和を容認するとは思えない。「検証可能で不可逆的な非核化」などは国が消滅しないかぎり無理な話だ。

 ロシア、中国、韓国、そして朝鮮もそうしたことは当然、承知しているはず。この4カ国の協力関係が形成され、経済活動が盛んになれば他の国も参加してくる可能性が高い。すでにロシアはEEF(東方経済フォーラム)で種をまいている。

 ロシアは以前から天然ガスや石油のパイプラインやシベリア鉄道を中国や朝鮮半島へ延ばし、そのまま半島を南下させたいと計画していた。そのためには朝鮮政府を説得する必要があり、​2011年夏には110億ドル近くあったソ連時代の負債の90%を棒引きにし、鉱物資源の開発などに10億ドルを投資すると金正日に提案している。

 2011年12月に金正日が急死するが、この計画は消えていないようで、翌年の4月にはロシア議会がこれを承認している。この計画を金正恩体制も受け入れるなら、東アジアの情勢は大きく変化する。これに中国の一帯一路(海のシルクロードと陸のシルクロード)がつながる可能性もある。勿論、これはアメリカにとって好ましくない状況だ。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年6月09日 16:11:15 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[672]
朝鮮半島西側の高速鉄道を中国にまかせて、東側の高速鉄道建設を日本が担当する。
朝鮮半島は非核化されるので、不要になった核弾頭を日本がレンタルして、GDPの0.5%のレンタル費を朝鮮に毎年支払う。
そのカネで北朝鮮は復興する。
日本は、軍事費を増やさなくて済むのでお互いにWIN-WINだな。

2. 無段活用[1945] lrOSaYqIl3A 2018年6月09日 17:47:56 : y3ktnOS9WA : bOyPHFUtXfQ[67]

ホワイトハウス・サイトの記事。トランプ政権がどれほど中国を嫌っているかが良く分る。貿易について米国が名指しで非難している国は中国だけだ。しかも、これが2度目。


-----------------------------------


(President Donald J. Trump is Confronting China’s Unfair Trade Policies: The White House)(一部)
https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/president-donald-j-trump-confronting-chinas-unfair-trade-policies/


Fact Sheets
ファクトシート

President Donald J. Trump is Confronting China’s Unfair Trade Policies
ドナルド・J・トランプ大統領は中国の不公平な貿易政策に立ち向かう

Foreign Policy
外交政策

Issued on: May 29, 2018
公表日:2018年5月29日

"From now on, we expect trading relationships to be fair and to be reciprocal."
「今後は貿易関係が公平で互恵的であることを私たちは望む。」

President Donald J. Trump
ドナルド・J・トランプ大統領

YEARS OF UNFAIR TRADE PRACTICES: China has consistently taken advantage of the American economy with practices that undermine fair and reciprocal trade.
年来の不公平な貿易慣行:中国は公平で互恵的な貿易を蝕む慣行によって一貫して米国経済を利用してきた。

・・・・


3. 2018年6月09日 23:26:25 : JvMjyuMlDz : 24QF9WfCx9M[236]
「北」に目を 向けさせ仕込む 新たな手

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際23掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際23掲示板  
次へ