★阿修羅♪ > 国際23 > 890.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「南北首脳会談 非核化につながるか」〜北朝鮮は、朝鮮戦争の終戦を宣言することを優先すべきだと/nhk
http://www.asyura2.com/18/kokusai23/msg/890.html
投稿者 仁王像 日時 2018 年 9 月 19 日 20:01:26: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

「南北首脳会談 非核化につながるか」(ここに注目!)/nhk
2018年09月18日 (火)
塚本 壮一 解説委員
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/305393.html

 韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領はきょう(18日)から北朝鮮を訪問し、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との間で3回目となる南北首脳会談を行います。非核化をめぐる北朝鮮とアメリカの交渉の進展につながるのか、塚本解説委員です。

(Q)アメリカと北朝鮮を結ぶ橋が壊れていますね。

(A)橋が壊れているので、ムン大統領が大工道具を持って修理に駆け付けるというのが今回の南北首脳会談といっていいと思います。ムン大統領は、米朝両国の間を繋ぐ役割を果たしたいと考えています。

(Q)非核化をめぐって米朝の対立が続いているからですね?

(A)そうです。アメリカは、まず北朝鮮が核施設の申告や非核化の手順といった具体的な取り組みを示すべきだとしているのに対し、北朝鮮はアメリカとの信頼醸成の一環として、朝鮮戦争の終戦を宣言することを優先すべきだと主張しています。非核化が進むかどうか、カギになるのはやはり米朝の間の交渉です。
 ムン大統領は、きのう(17日)、「米朝対話を促進したい。それぞれの要求の間で接点を見つけることができるのか、キム委員長と虚心坦懐に話をしたい」と述べました。会談でムン大統領は、終戦宣言の必要性に理解を示すとともに、キム委員長から、非核化に向けた具体的な措置について前向きな発言を引き出したい考えです。

(Q)ムン大統領の狙いどおり、非核化に向けた動きが始まることになるのでしょうか。

(A)南北首脳会談だけでにわかに事態が進展するということにはならないかもしれません。
 ただ、ムン大統領は、会談のあと、アメリカを訪問してトランプ大統領と会談することになっていますので、それを前提にキム委員長が何らかのメッセージを託す可能性はあります。その場合、それをトランプ大統領がどう受け止めるのか。南北首脳会談のあと、来週にかけて何らかの動きが出る可能性があります。
 ただ、警戒すべきは、対話ムードが上滑りのまま進むことです。キム委員長は先にトランプ大統領に書簡を送り、2回目の米朝首脳会談の開催を求めています。それに飛びつくよりも、まずは交渉にあたっている米朝の当局者が非核化に向けて具体的な成果を導き出すのが先決だと思います。


(仁王像)
 塚本壮一の解説は、論点が明後日の方に飛んでいただけない。
 米は何故終戦宣言に応じないのか、突っ込んだ解説が必須。
 (イラストは悪くない)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年9月20日 12:02:05 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7971] 報告
2018年9月20日(木)

南北首脳 平和と非核化で「共同宣言」

一切の敵対行為の中止 核・ミサイル施設廃棄も明記

 【ソウル=栗原千鶴】北朝鮮の首都・平壌で会談した金正恩(キムジョンウン)国務委員長と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は19日、朝鮮半島の非核化に向けたミサイル実験場の永久的廃棄などを盛り込んだ「9月平壌共同宣言」に署名しました。同行した国防担当相が署名した「軍事分野合意書」では南北間の敵対行為の中止、軍事的緊張緩和の具体的な方策が盛り込まれました。今回の南北の合意文書は、休戦状態だった朝鮮戦争(1950〜53年)の実質的な終戦宣言とも受け取れる内容となりました。


 宣言は、「朝鮮半島を核兵器と核脅威がない平和の地にしていくべきであり、このために必要な実質的な進展を速やかに成し遂げるべきだということで認識を共にした」としており、両首脳は朝鮮半島の非核化に向けた意志を示しました。

 宣言の中で、北朝鮮側は「東倉里エンジン実験場とミサイル発射台を関係国の専門家の立ち会いの下にまず永久的に廃棄する」と約束。米国が6月の米朝共同声明の精神に沿って相応の措置を取るならば「寧辺核施設の永久的廃棄のような追加的措置」を取る用意も表明しました。

 また宣言の付属合意書として、韓国の宋永武(ソンヨンム)国防相と北朝鮮の努光鉄(ノグァンチョル)人民武力相が、「歴史的な『板門店宣言』の履行のための軍事分野合意書」に署名しました。合意書は「朝鮮半島全域での実質的な戦争脅威の除去と、根本的な敵対関係解消につなげるため、非武装地帯などでの軍事的敵対関係の終息を目指す」と表明。具体的に、非武装地帯内の相互1キロ以内にある監視所を完全に撤収することや板門店共同警備区域を非武装化することなどとし、「宣言」では「合意書」の徹底的な順守をうたいました。

 宣言には、金氏が北朝鮮の最高指導者として初めて近くソウルを訪問する合意も盛り込まれています。

 署名後、共同記者会見に臨んだ文氏は、「南北が初めて非核化の方策について合意した。朝鮮半島の非核化もそう遠くない」との認識を表明。さらに「これからも米国など、国際社会と緊密に協力していくつもりだ。私たちの役割も重くなった。国民の信頼と支持が、いつにも増して切実だ」と語りました。

 一方、金氏は「民族的な和解と平和繁栄の新しい時代をつくるために、いまある問題を、心を開いて議論した」と会談を振り返り、「数十年の間続いてきた対決と敵対の歴史を終えるための軍事分野の合意書を採択し、朝鮮半島を核兵器も核脅威もない平和の地にしていくために、積極的に努力していくことを確約した」と強調しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-20/2018092001_01_1.html

2018年9月20日(木)

平和と非核化に向けた重要な前進

―南北首脳会談と「9月平壌共同宣言」を心から歓迎する

日本共産党幹部会委員長 志位和夫

 日本共産党の志位和夫委員長は19日、北朝鮮の平壌で行われた南北首脳会談について、次の談話を発表しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-20/2018092001_02_1.jpg
(写真)志位和夫委員長

 一、韓国(大韓民国)の文在寅大統領と、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長が平壌で第3回南北首脳会談をおこない、「9月平壌共同宣言」と「板門店宣言軍事分野履行合意書」が署名された。

 首脳会談は、朝鮮半島の平和と非核化にむけた具体的措置を明らかにした点でも、膠着(こうちゃく)していた米朝交渉を打開するうえでも、重要な前進となった。日本共産党は、その結果を心から歓迎する。

 一、両首脳が署名した「9月平壌共同宣言」は、4月の「板門店宣言」で合意した非武装地帯など対峙(たいじ)地域での軍事的敵対関係の終息を、朝鮮半島全域に広げ、「実質的な戦争脅威の除去と、根本的な敵対関係解消につなげる」と宣言した。また今回の首脳会談で締結された「板門店宣言軍事分野履行合意書」は、南北が「地上と海上、空中をはじめとする全ての空間において、軍事的緊張と衝突の根源となる相手に対する一切の敵対行為を全面中止することにした」と明記した。

 首脳会談に同席した鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長は、「履行合意書」について、「事実上、南北間で不可侵合意を行ったものと評価する」と説明した。両首脳が、朝鮮半島で二度と戦争を起こさないと宣言し、そのための具体的措置の履行を確認したことは、朝鮮半島での戦争の恐怖を解消するとともに、北東アジアの平和と安定をはかるうえでも大きな意義をもつものである。

 一、「共同宣言」は、朝鮮半島の非核化へ向けた具体的措置として、まず、北朝鮮が、東倉里エンジン試験場とミサイル発射台を「関係国の専門家の立ち会いの下で永久的に廃棄」することが明記された。さらに、米国が「相応の措置」を取るならば、「寧辺核施設の永久的廃棄」など「追加的な措置」をとる用意があることが明記された。完全な非核化を推進する過程で南北が「緊密に協力」していくことを、新たに書き込んだ。

 これらの合意は、非核化の実現に向けた具体的措置の一歩として大きな意味をもつ。

 一、今回の首脳会談の成果を新たな推進力として、今後、米朝交渉が前進することを強く期待する。北朝鮮は、非核化に向けた具体的措置を提示し、米国はそれに相応する措置を明らかにし、両者を同時に進めることが前進のカギであると考える。

 朝鮮半島の平和と非核化をめざす歴史的プロセスを成功させるためには、国際社会と国際世論の後押しが不可欠である。わが党は、国内外において、平和と非核化の流れを広げるために、引き続き力をつくす。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-20/2018092001_02_1.html

2018年9月20日(木)

平壌会談 平和・非核化 新たな扉開く

「歴史的転機に」と南北首脳

文氏「中身のある実践へ」

金氏「強烈な統一の意志」

 【ソウル=栗原千鶴】今回の平壌首脳会談が重要な歴史的転機になるだろう―。18日から平壌で始まった北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)国務委員長と韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領による3度目の南北首脳会談を、両首脳は「9月平壌共同宣言」で、こう評価しました。4月27日の会談で両首脳が署名した「板門店宣言」で合意した朝鮮半島の平和と非核化を実現する新たな扉を開いたといえます。


 文氏は、共同の記者会見で、「板門店宣言以降、朝鮮半島の周辺では歴史的事件ともいえることが起きている」と語りました。

 板門店宣言が結ばれてから約5カ月。史上初めて、南北の職員が駐在する南北共同事務所が開設され、朝鮮戦争で生き別れた離散家族の再会事業も再開されました。海上での突発的な衝突を避けるための無線交信の復活、さらには史上初の米朝首脳会談が行われるなど、劇的な変化をつくりだしてきました。

 文氏は「朝鮮戦争は、休戦状態で、砲撃の音はやんだが戦争は私たちの生活の中に続いている。若い命が亡くなり、人々の間で見えない壁ができた。それがいま朝鮮半島に恒久的な平和地帯をつくり、私たちの生活を正常に戻せるようになった。完全なる非核化を完成して、中身のある実践にうつしていくべきだ」と力説しました。

 同行した韓国大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長は「核兵器、核の脅威のない朝鮮半島を実現するために、完全な非核化という目標を達成するための具体的な方案について、南北首脳がかなりの時間を割いて深みのある、また非常に虚心坦懐(たんかい)に論議したこと自体が、非常に意味がある」と強調するなど、評価しました。

 韓国大統領府の尹永燦(ユンヨンチャン)国民疎通首席は、「1953年から今まで65年間続いてきた朝鮮半島の戦争状態を超えて、実質的な終戦を宣言し、それを通じて醸成された平和を土台に、共同繁栄に進む具体的な実践方策を提示した」と語りました。寧辺核施設の廃棄については「新規の核物質と核兵器生産の根源を源泉的に遮断するという意味であり、それ自体として意味が大きい」と説明しました。

 金氏は、「宣言は長くないが強烈な(南北)統一への意志が含まれている」と主張。「われわれの道はそんなに簡単ではないだろう。思わぬ挑戦と難関と試練もあるだろう。しかし試練を勝ち続けるほど、私たちの力はより大きく、より強くなる」と共に歩く決意を述べました。

 韓国政府が設けたソウルのプレスセンターには世界から2500人近い記者が登録し、会談の行方を見守りました。会見場には「平和、新しい未来」との文字が掲げられています。

 経済紙「マネートゥデー」のキム・ヒョナ記者は「今回の宣言は金委員長の非核化への強い意志を感じた。まだまだ歩みはゆっくりかもしれないが、いい方向に進むよう願っている」と述べました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-20/2018092003_01_1.html

2018年9月20日(木)

平壌会談

中国外務省は「歓迎」を表明

 【北京=釘丸晶】中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は19日の記者会見で北朝鮮の平壌での南北首脳会談で署名された「平壌共同宣言」について「歓迎」を表明しました。

 耿氏は同宣言を「相互関係の改善・発展、地域の軍事的緊張の緩和、(朝鮮)半島の非核化と和平交渉のプロセスの推進について新たに重要な共通認識が得られた」と評価し、「双方が行った積極的努力を称賛する」と述べました。

 耿氏は「平和と繁栄、和解と協力は半島と地域の人民の共通の宿願だ」と述べ、「中国は一貫して双方が対話と協議を通じて相互関係を改善し、和解と協力を進めるのを支持してきた」と強調。「朝韓双方が引き続き宣言での共通認識を実行に移し、不断に努力し北南の協力を進め、半島問題の政治解決、地域の恒久平和実現のため、積極的役割を発揮するよう希望する」と語りました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-20/2018092003_02_1.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際23掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際23掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際23掲示板  
次へ