★阿修羅♪ > 国際24 > 285.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国連の制裁委員会 南北つなぐ鉄道合意 今後の手続き注視/nhk
http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/285.html
投稿者 仁王像 日時 2018 年 10 月 16 日 20:03:01: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

国連の制裁委員会 南北つなぐ鉄道合意 今後の手続き注視/nhk
2018年10月16日 11時29分北朝鮮情勢https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181016/k10011673091000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_005

韓国と北朝鮮の閣僚級会談で南北をつなぐ鉄道の整備などで合意したことについて、国連安全保障理事会の制裁委員会は、制裁に抵触しないかどうか今後の南北双方の手続きを注意深く見ていく考えを示しました。

国連安保理の北朝鮮制裁委員会は独立した専門家の調査を基に制裁の実施を確実にする役割をになっています。

委員会の議長を務めるオランダのファンオーステロム国連大使は15日の会合の後、記者団に対し、韓国と北朝鮮が合意した南北をつなぐ鉄道の整備などに関する合意について、「制裁に抵触しないかどうか委員会が意見を求められれば根拠になる情報を提供する。もしそういうことになれば、適正な手続きに基づいて委員会が判断するだろう」と述べて、今後の南北双方の手続きを注意深く見ていく考えを示しました。

またアメリカとロシアの対立で制裁の実施や違反の状況を専門家がまとめた報告書が予定を1か月以上すぎても公表できていないことについて、「当事者の接触は続いておりどうなるか待たなければならない」と述べました。

これについて安保理関係者は「来年2月に予定されている次の報告書までずれ込む可能性もある」として、異例の事態がさらに長期化する可能性を示唆しました。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年10月20日 11:31:20 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8642] 報告
2018年10月20日(土)

ローマ法王 訪朝に前向き

韓国大統領が招請伝達

 欧州を訪問中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、バチカン(ローマ法王庁)でフランシスコ・ローマ法王と会談しました。韓国大統領府によると、文氏は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の訪朝招請を法王に伝達。法王は「(公式な)招待状が来れば行くことができる」と、要請に応じる姿勢を示しました。

 金氏は、9月の南北首脳会談の際、文氏に対し、「法王が平壌を訪問すれば、熱烈に歓迎する」との意志を明らかにしていました。文氏は法王に、「招待状を送ってもいいか」と質問。法王は「文氏の伝達だけでも十分だが、公式な招待状があってもいい」と応じました。

 また文氏は、金委員長が「この間、法王が平昌五輪と首脳会談のたびに、南北の平和のために祈願してくださったことに感謝するとあいさつした」と伝えました。

 法王は、文氏に「朝鮮半島の平和プロセスを推進している韓国政府の努力を強く支持する。止まらずに前に進みなさい。恐れるな」と語りました。

 法王の訪朝は、2000年に、韓国政府を通じて招請したことがありましたが、実現しませんでした。今回、平壌訪問が実現すれば、法王としては初めてのことになります。

 バチカンは同日、声明を発表。両国は、「南北朝鮮の平和と発展の新時代を切り開くため、朝鮮半島に今もある緊張を乗り越えるために役立つイニシアチブを強めること」を確認しました。

 (栗原千鶴)

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-20/2018102006_02_1.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際24掲示板  
次へ