★阿修羅♪ > 国際24 > 333.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプ政権 “冷戦期の核軍縮条約脱退も辞さない”〜ホワイトハウスは「脱退をめぐる判断は下していない」と/nhk
http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/333.html
投稿者 仁王像 日時 2018 年 10 月 20 日 20:00:51: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

トランプ政権 “冷戦期の核軍縮条約脱退も辞さない”/nhk
2018年10月20日 11時20分トランプ大統領
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181020/k10011679011000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_004

アメリカのトランプ政権は、ロシアが、米ソ冷戦期に調印された核軍縮条約に違反して核戦力を強化していると批判しています。アメリカの有力紙は、ボルトン大統領補佐官が、来週、プーチン大統領に対して、ロシアが条約を履行しなければアメリカは条約からの脱退も辞さないと伝え、圧力を強める方針だとしています。

この条約は、冷戦時代の1987年にアメリカとソビエトが調印したINF=中距離核ミサイル全廃条約で、現在はロシアが条約の履行義務を引き継いでいます。

しかしトランプ政権は、最近、ロシアがINFに違反して核戦力の強化を続けているとして批判しています。

こうした中、アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズは、19日、安全保障政策を担当するボルトン大統領補佐官が、来週、ロシアを訪問してプーチン大統領と会談し、ロシアがINFを履行しないかぎり、アメリカは条約からの脱退も辞さないと伝え、圧力を強める方針だと報じました。

これについてホワイトハウスは「脱退をめぐる判断は下していない」としています。

ただアメリカ国内では、冷戦期に調印したINFのために、現在、中国が大量に保有しているとされる中距離ミサイルの脅威に対応できなくなっているとして見直しを求める声も根強く、世界の核兵器の90%以上を保有する米ロの協議が注目されます。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際24掲示板  
次へ