★阿修羅♪ > 国際24 > 635.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イギリス陸軍の参謀総長がロシアとの戦争を考えていると理解できる発言(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/635.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 11 月 27 日 21:33:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

イギリス陸軍の参謀総長がロシアとの戦争を考えていると理解できる発言
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201811270000/
2018.11.27 櫻井ジャーナル


 イギリスのテレグラフ紙によると、今年(2018年)6月から​イギリス陸軍の参謀総長を務めているマーク・カールトン-スミスはロシアについて、アル・カイダやISISよりイギリスにとってはるかに脅威だと発言​したという。実際のターゲットは何かということは別にして、アメリカやイギリスは「アル・カイダ」や「ISIS」が危険だとして戦争を始めている。イギリス軍はロシアと戦争をするという意味だと理解されてもしかたがない。実際、イギリス軍はウクライナ軍を訓練している。

 ​アル・カイダはCIAの訓練を受けたムジャヒディンの登録リストだと指摘したのは、1997年から2001年にかけてイギリスの外務大臣を務めたロビン・クック。その歴史は1970年代終盤にズビグネフ・ブレジンスキーがアフガニスタンで始めた秘密工作から始まる。アフガニスタンへソ連軍を誘い込み、そこで「ベトナム戦争」を味わわせるという作戦だった。

 CIAはムジャヒディンを軍事訓練し、TOW対戦車ミサイルや携帯型のスティンガー対空ミサイルを含む兵器を供給した。戦費を稼ぐ手段として麻薬取引もさせている。この秘密工作にはパキスタン、サウジアラビア、王政時代のイランが協力、イスラエルも関係していた。そうした仕組みの中からISIS(ダーイッシュ、イスラム国、IS、ISILとも表記)は生まれる。

 アフガニスタンからソ連軍が撤退した後、1994年にCIAはパキスタンの情報機関ISIの協力を得て「タリバーン」を組織した。この組織がアメリカ支配層の傀儡になるはずだったのだが、まもなく自立してしまう。パイプラインの敷設をアメリカでなくアルゼンチンの会社に認めたのだ。ちなみに、ダーイッシュやパキスタンの情報機関だけでなく、イギリスの対外情報機関もISIと表記される。

 そのタリバーン政権を攻撃する口実にされる事件が引き起こされたのは1998年8月のこと。ケニアとタンザニアのアメリカ大使館が爆破されたのだ。アメリカ政府はオサマ・ビン・ラディンの命令で実行されたと断定、アメリカ軍はアフガニスタンとスーダンを巡航ミサイルで攻撃している。

 ジョージ・W・ブッシュ政権は2003年3月にイラクを先制攻撃しているが、そうした侵略戦争の切っ掛けを作ったのは2001年9月11日の世界貿易センターと国防総省本部庁舎への攻撃。アメリカ政府は詳しい調査をしないまま「アル・カイダ」が実行したと断定、アル・カイダ系武装集団と対立関係にあったイラクを攻撃したのだ。この攻撃にイギリスは協力している。

 2011年春にアメリカ、イスラエル、サウジアラビア、イギリス、フランス、トルコ、カタールといった国々はリビアとシリアに対する軍事攻撃をはじめるが、そのときに地上軍として使われたのがアル・カイダ系武装集団だ。

 イギリス支配層にとってアル・カイダ系武装集団やダーイッシュは手先。それに対し、ロシアは昔から侵略の対象だ。徳川時代の末期から日本はそうしたイギリスの戦略に巻き込まれている。

 カールトン-スミスと同じように、駐米イスラエル大使だったマイケル・オーレンは2013年9月、シリアのアサド体制よりアル・カイダの方がましだ​​と語っている。またイスラエル国防相だったモシェ・ヤーロン国防相は2016年1月19日、INSS(国家安全保障研究所)で開かれた会議でイランとISIS(ダーイッシュ、IS、ISILとも表記)ならばISISを私は選ぶと発言​​した。実際、イスラエルとダーイッシュが連携している。

 2001年9月11日から17年、中東から北アフリカにかけての地域は戦争で破壊され、イラクだけでも100万人程度の市民が殺されている。そうした戦乱を引き起こす引き金として使われたニューヨークの世界貿易センターやバージニア州アーリントンのペンタゴンに対する攻撃。その実行者だとされているのが「アル・カイダ」である。

 その事実を踏まえ、マイケル・オーレン、モシェ・ヤーロン、そしてマーク・カールトン-スミスたちの発言を考えるべきだ。こうした発言が問題にならない事実が恐ろしい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年11月27日 22:52:21 : mqBEk9NHPU : eYYoEwRqL50[75] 報告
Carleton-Smith was born on 9 February 1964 in Bielefeld, West Germany, to Major General Sir Michael Carleton-Smith.He was educated at Eton College, an all-boys public school.In 1982, he matriculated into Hatfield College, Durham to undertake an army sponsored degree in Politics and Modern history. He graduated from the University of Durham with a lower second class Bachelor of Arts (BA) degree in 1985.
https://en.wikipedia.org/wiki/Mark_Carleton-Smith

カールトン-スミスは、1964年2月9日に、サー・マイケル・カールトン-スミス少将の息子として、西ドイツのビーレフェルドで生れ、彼は、男子校のイートン・カレッジ校で教育されました。1982年には、政治と近代歴史における(英国)陸軍に資金援助された学位を取得するために、ダーンハムのハトフィールド大学へと入学(転校)しました。彼は、1985年に、(BA)文系卒業 B-(二流以下/i.e.三流)と共に、ダーンハム大学から卒業しました。

Songcatcher.

2. 2018年11月28日 19:58:47 : DwnPRF4fNk : eQd9cSln_3Y[1] 報告
育つ「敵」 いつかはバレる 下請けと

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際24掲示板  
次へ