★阿修羅♪ > 国際24 > 749.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
英離脱合意の採決延期、今後のメインシナリオ 英保守党、メイ首相の不信任投票を12日夜にも EU首脳:離脱案の再交渉は不可
http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/749.html
投稿者 うまき 日時 2018 年 12 月 12 日 14:35:25: ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
 

外為フォーラムコラム2018年12月11日 / 17:35 / 2時間前更新

英離脱合意の採決延期、今後のメインシナリオ

田中理 第一生命経済研究所 主席エコノミスト
4 分で読む

[東京 11日] - 英国の欧州連合(EU)からの離脱協議が混迷の様相を深めている。メイ英首相は11日予定していた離脱協定と将来関係の政治宣言合意受け入れの是非を問う下院採決の延期を決定した。11月25日の臨時首脳会議でEUと交わした合意案は、野党勢はもとより、保守党内のEU懐疑派や親EU派の双方、そして閣外協力する北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)から、厳しい批判にさらされている。

このまま投票に臨むと大差で否決される可能性が高く、合意案が葬り去られ、メイ首相の進退問題に発展する恐れがあった。EU側は再協議に応じない構えを堅持しており、英国としては北アイルランド国境管理のバックストップ(安全策)が恒久的なものではないとの確約を取り付け、改めて議会の理解を求める意向とみられる。

新たな採決日程は決まっていないが、EU側との折衝とクリスマス休暇が近いことから、年明け以降にずれ込む可能性が高い。今回同様に5日の集中審議と修正動議の採決が予定され、採決は最短でも1月中旬となりそうだ。下院採決を何とか乗り切ったとしても、上下両院での離脱協定の法制化作業が待ち構えている。これには1─2カ月程度を要するとみられ、3月29日の協議期限まで残された時間は少ない。

<メイ首相の続投確率>

今後の展開をどのように考えたらよいか。バックストップの恒久化を恐れる保守党議員がEU側の形ばかりの口約束に納得し、合意受け入れに傾く可能性は低い。延期後の採決も否決されることが予想され、その際には、野党勢が内閣不信任を提出したり、政府方針に反対する保守党議員がメイ首相の党首不信任を求めたりするなど、政治リスクが一気に噴出する公算が大きい。離脱合意の受け入れを拒否するDUPも、労働党政権の誕生を望んでいるわけではなく、内閣不信任案が議会を通過し、総選挙が行われる可能性は低い。

他方、メイ首相の党首不信任を求める署名が48以上集まり、党首不信任の投票が行われる可能性は高い。メイ首相が党首(首相)を続投する確率は50%と読む。党首選出には一般に2カ月程度の時間を要する。1月中旬に議会採決が否決され、そこからメイ降ろしが始まれば、後継党首の選出だけで時間切れとなってしまう。合意なき離脱を回避するため、穏健派議員がメイ首相の続投を選択する可能性もそれなりにある。後継党首(首相)の選出に時間がかかる場合、3月末の協議期限を数カ月程度延長することが予想される。

メイ首相が続投しようと、後継党首(首相)が選出されようと、議会でいったん否決された合意案がそのまま受け入れられる可能性は低い。英国政府は改めて再協議を求めようと持ちかけるが、EU側がこれに応じることはなさそうだ。協議は再び行き詰まり、より差し迫った協議期限が近づくなか、親EU派議員を中心に、国民投票の再実施や離脱の撤回など、合意なき離脱の回避に向けた動きが高まることが予想される。

これに危機感を覚えたEU懐疑派議員の間で、まずは離脱を確定したいとの引力が働き、形ばかりの譲歩を勝ち取った上で、議会がいったん拒否した合意案とほぼ変わらぬ形の案を受け入れる展開を予想する。首相交代の有無でその時期が多少後ずれすることはあったとしても、英EU間の合意に基づき秩序立った形で英国がEUを離脱する展開をメインシナリオと考える。

<真の合意なき離脱リスク>

確かに目先の不透明感は高いが、金融市場が恐れる「真の合意なき離脱」が起きる可能性はそれほど高くない。合意なき離脱にも恐らく2つの形態があり、準備した上での合意なき離脱であれば、英EU間の貿易自由度は低下するものの、サプライチェーンの寸断やデリバティブ契約の失効といった大きな混乱は回避可能とみられる。協議期限が近づき、英国内の意見集約が難航していれば、同時に、合意なしを前提とした離脱の準備を進めると考えるのが自然だ。唯一、メイ首相が退陣し、かなり強硬な離脱派の後継首相が誕生した場合に、真の合意なき離脱のリスクが高まる。

最近、合意なき離脱の回避につながり得る2つの重要な動きがあった点にも注目したい。

1つは、協議期限が到達する以前であれば、英国がEU条約に基づく離脱通告を取り消すことができるとの欧州司法裁判所の法的見解が発表されたこと。もう1つは、議会が合意内容の受け入れを拒否する場合、その後の政府の行動について議会の関与を強める修正法案が可決されたことだ。分断が続く英議会は、どのような形の離脱を目指すかについてコンセンサスの形成は難しいが、合意なき離脱を回避したい点では多数派を形成することが可能だ。万が一の事態が近づけば、合意なき離脱の回避に向けて離脱撤回や協議期限の延長を求めることが予想される。

<国民投票の再実施はあるか>

協議が行き詰まるなか、国民投票の再実施を求める声も高まっている。投票実施となれば、関連法案の審議や投票準備で1年以上の時間を要する。その場合は、離脱撤回か協議期限延長とセットで行われることになろう。確かに最近の世論調査では、再投票の実施を求める意見が増え、残留支持者が離脱支持者を逆転している。

ただ、その差は今のところごくわずかで、投票実施により英国内の分断をさらに深める恐れがある。英国民の間では離脱協議にうんざりしているとの意見も聞かれ、さらに数年をかけて再投票を行うよりも、離脱を確定した上で将来に向けての議論を開始したいとの声も多い。国民投票を再実施するためには、与野党の親EU派議員の結束が必要となる。世論がより明確に再投票支持・残留支持に傾くか、合意なき離脱を回避するために土壇場で離脱を撤回し、国民に改めて信を問う必要が生じた場合に、2回目の国民投票というシナリオが現実化すると予想する。

田中理 第一生命経済研究所 主席エコノミスト(写真は筆者提供)
*田中理氏は第一生命経済研究所の主席エコノミスト。1997年慶應義塾大学卒。日本総合研究所、モルガン・スタンレー証券(現在はモルガン・スタンレーMUFG証券)などで日米欧のマクロ経済調査業務に従事。2009年11月より現職。欧米経済担当。

*本稿は、ロイター外国為替フォーラムに掲載されたものです。筆者の個人的見解に基づいています。
https://jp.reuters.com/article/column-osamu-tanaka-20181211-idJPKBN1OA0NY


 


ワールド2018年12月12日 / 07:31 / 2時間前更新
英保守党、メイ首相の不信任投票を12日夜にも実施の可能性=議員
1 分で読む

[ロンドン 11日 ロイター] - 英与党保守党の議員らは、党首であるメイ首相の不信任投票を早ければ12日夜にも実施する可能性がある。首相に批判的な保守党のアンドリュー・ブリッジン議員が明らかにした。

ブリッジン議員はスカイニュースに対して「不信任決議案によって保守党議員らはできるだけ速やかに、もしかすると明日の夜にも、信任か不信任かについて無記名で投票することになる」と語った。

党首の不信任投票は、保守党議員48人が党の一般議員で構成する「1922委員会」のブレイディ委員長に書簡で要請すれば実施される。英BBCなどのメディアは関係筋の話として、不信任投票を実施するのに必要な数の書簡が集まったと報じた。

実際に提出された書簡の数を把握しているのはブレイディ委員長のみ。

BBCの政治エディター、ローラ・クエンスバーグ氏はツイッターで、ブレイディ委員長がメイ氏に12日の議会での質問時間後の面会を要請したと報じた。

投票で不信任となればメイ氏は党首を解任され、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不透明感がさらに増すことになる。

メイ氏は10日、11日に予定していたEU離脱案の議会採決を延期しており、離脱強硬派、親EU派双方から批判の声が上がっていた。

*内容を追加しました。
https://jp.reuters.com/article/may-conservatives-idJPKBN1OA2LQ


 


EU首脳:離脱案の再交渉は不可能−メイ英首相に同情示すも
Kitty Donaldson、Alex Morales、Robert Hutton
2018年12月12日 7:50 JST
EU大統領:メイ首相を助けたいと思っているが問題はその方法だ
メルケル独首相:離脱案を修正できる可能性はないと伝えた−当局者
メイ英首相は敵対的な英議会にアピールできる欧州連合(EU)離脱案の譲歩を引き出すため、欧州各国を行脚している。

  しかし、EU首脳らは離脱案の再交渉は不可能との立場を明確に示した。EUのトゥスク大統領(常任議長)は11日、メイ首相と「率直に長く」話し合ったとした上で、「EU加盟27カ国が助けたいと考えていることは明らかだ。問題はどのように助けるかだ」と述べた。同大統領は10日、「われわれは合意の再交渉は行わない」とツイートしていた。

  メイ首相はブリュッセルでスカイニューズのインタビューに応じ、自分は離脱後にアイルランドとの国境にハードボーダー(物理的壁)を設けないことを実質的に保証する「安全策」に関してEU首脳から保証を得ようとしていると発言。この問題に対処するという決意を首脳らと共有できたと語った。

  メイ首相は、英国としては「安全策」を時限的なものにする必要があると述べた。また、こうした取り決めを含まない離脱案はあり得ないとの見解をあらためて示した。


ベルリンでメルケル独首相と握手するメイ英首相(左)(11日)写真家:Krisztian Bocsi / Bloomberg
  英首相府のスラック報道官によると、メイ首相は11日、ドイツのメルケル首相との会談で、安全策は時限的でなければならないというのが英議会の総意であり、離脱案の承認のためにはEUが何かをする必要があると語った。両首脳はこの問題で連絡を密にすることで合意したという。

  ただ、独与党連合当局者によると、メルケル首相はメイ首相に対し、自分は離脱案を修正できる可能性はないと考えていると伝えたという。同当局者は、メルケル首相が独与党連合のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)議員らに非公開で説明した際の発言を匿名で記者団に明らかにした。

  スカイニューズは11日、保守党内の離脱強硬派「欧州調査グループ(ERG)」が首相不信任動議の採決に必要な数を確保したとみていると報じた。

  首相不信任動議の採決には議員48人の書簡が必要。書簡を提出した議員の数を把握しているのは保守党議員委員会(1922年委員会)のブレイディ委員長だけだが、同委員長は何も発言していない。

原題:EU Says It Wants to Help But Won’t Renegotiate: Brexit Update(抜粋)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-11/PJLFHU6K50XT01

 

メイ英首相、EU離脱協定めぐる下院採決を先送り 再協議
2018年12月11日
Share this with Facebook Share this with Messenger Share this with Twitter Share this with Email 共有する

「本当にブレグジットを実施したいのか」 メイ英首相、議会に
テリーザ・メイ英首相は10日、11日に行われる予定だった欧州連合(EU)からの離脱協定をめぐる下院採決を先送りした。EUと内容の変更について再協議する意向を示している。

メイ首相は、ブレグジット(英国のEU離脱)協定を下院で採決しても「反対多数で承認されないだろう」と認めた。

一方で、英国・北アイルランドとアイルランドの国境をめぐる計画についてEUから「保証」はもらえるはずだと自信を示した。

11日にもオランダ・ハーグを訪れ、アンゲラ・メルケル独首相やオランダのマルク・ルッテ首相と、主にアイルランド国境の扱いについて協議する方針という。メイ首相はさらに、ブリュッセルで欧州理事会のドナルド・トゥスク常任議長(大統領に相当)やジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長とも話し合う予定。

これに対してトゥスク議長は、EUの残り27加盟国は離脱協定を「再交渉」しないと言明している。

トゥスク氏は、EU各国首脳は13日にブリュッセルで行われる首脳会議で、「英国による離脱協定批准をどう促進するか」を喜んで協議すると述べる一方、北アイルランド国境をめぐるバックストップ(防御策)は協定に残すと示唆した。バックストップには多くの英保守党議員や、メイ首相と閣外協力している北アイルランドの民主統一党(DUP)が反対している。

ブリュッセルでは当初から13日にEU首脳会議が予定されていたが、トゥスク議長の報道官は、英国のこの状態を受けて「合意なしブレグジット」にどう備えるかを協議する会合を開くことになったと明らかにした。

<関連記事>

【解説】 本当に簡単なブレグジット・ガイド
【検証】ブレグジット合意案 585ページの中身を検証
「英国はEUの合意なしでブレグジットを中止できる」 欧州司法裁
下院混乱
離脱協定に反対する議員が多いことは以前から明らかだったが、メイ政権はここ数日、11日の採決は実施すると強調していた。

採決先送りが発表されると、与野党双方から政府が議員に発言機会を与えないことへの批判があふれ、下院は怒りに包まれた。

最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、メイ首相が「状況を制御できておらず」、議員を「軽視」していると非難。11日の議会で緊急討論することになった。

ジョン・バーコウ下院議長は、政府の対応は「残念なもの」だと話した。

労働党のロイド・ラッセル=モイル議員は、女王の権威を示す職杖(メイス)を議会から持ち出そうとしたため、議長に退出を言い渡された。職杖はラッセル=モイル議員を止めた議会職員によって元の位置に戻された。

また投票先送りの一報を受け、ポンドの対ドル相場は過去18カ月で最低を記録した。


ブレグジット採決延期で揺れる英下院 野党議員が問題行動
反対派の不満は

野党の労働党、スコットランド国民党(SNP)、自由民主党、ウェールズのプライド・カムリ、DUPに加え、何十人もの保守党議員が、離脱協定を投票で却下しようと計画していた。

保守党の造反議員とDUPは、北アイルランドのバックストップを批判していた。

これは英国とEUが、アイルランドと英国・北アイルランドの国境に管理体制を敷かない将来の関係がまとまらなかった場合に発動する関税協定。バックストップが施行された場合、英国はEUの承認なしでは関税協定から離脱できないとされている。

保守党議員は、バックストップが発動すれば北アイルランドと残りの英国の間に永続的な新しい規制障壁が生まれてしまうため、受け入れられないとしている。

メイ首相の主張は
メイ首相はいずれ離脱協定を投票にかけると約束したものの、現段階では否決されてしまうため、投票にかける理由がないと話した。

首相は議員らに対し、13日のEU首脳会議の前に各国首脳と話し、バックストップに関する議員らの「明らかな懸念」について話し合うと述べた。

さらに、「バックストップの全条項が民主的に合法だと保証する権限を下院に与えるため、新しい手段を考えていく」と話した。

メイ首相は、「バックストップは恒久的に続かないと保証する」責務を、議会が政府に課せられるようにしたいと述べた。

一方で、2度目の国民投票や合意なしブレグジットとなどの対案については、全て拒否した。

メイ首相は、自分が提示した離脱協定が「国境や金銭、法の制御権を私たちに与え、雇用や安全保障、そして連合を守る」と強調した。

「これは英国にとって正しい協定だ。私はこの議会が求める保証を(EUから)確保し、この協定を成立させ、英国民のために実施する。そのために、できることはなんでもする覚悟だ」

自由民主党の党首、サー・ビンス・ケーブルは首相に、EU首脳がバックストップを破棄する用意があるかどうかと質問した。メイ首相は、バックストップはあくまで一時的なものでなくてはならないという英下院の懸念を、EU首脳は承知していると答えた。

「話し合った欧州首脳の中には、議員たちが安心できるよう協議する用意がある人たちもいる」

採決はいつ

メイ首相は新たな採決時期について、EUとの協議がどれくらいかかるかによるとして明確な時期を述べなかった。

議員からはクリスマス前に採決すべきだという意見もあったが、最終的な期限は2019年1月21日だと述べるにとどまった。

その上で、2019年3月29日の離脱日は法律で決められており、政府はこの日を順守するために「努力している」と話した。

不信任案は提出されるのか
コービン労働党党首はかねて、11月の投票でメイ首相が敗北した場合は不信任案を提出し、総選挙に持ち込みたい考えを示していた。

今回の採決中止を受けてコービン氏は、メイ政権は「混沌(こんとん)」状態にあるとして、メイ首相の辞任を求めた。

一方で労働党は、SNPや自由民主党、一部の労働党議員らが11日に提出しようとしている不信任案への参加は拒否した。

労働党報道官は、「最も成功する確率が高いと我々が判断した時に、不信任案を提出する」と話している。

また、保守党のEU離脱派ジェイコブ・リース=モグ議員は声明で、メイ首相は「実施できない」離脱協定を投票にかけるだけの「気骨」を欠いていると批判。

「これでは国を統治していることにならない。ブレグジットを達成できず、ジェレミー・コービンに政権を奪われる危険がある。このままでは駄目だ。首相はしっかり統治するか、辞任するかのどちらかを選ぶべきだ」

リース=モグ議員はメイ首相に対する不信任案を提出するため、保守党議員に不信任動議を求める書簡を提出するよう求めている。

書簡を受け取る保守党・1922年委員会(保守党党首の不信任動議を扱う委員会)のグレアム・ブレイディー委員長は、怒っている議員もいれば「そわそわしている」議員もいると述べた上で、大半の議員は「不要な敗北を避けられたこと」を喜んでいると話した。

DUPのナイジェル・ドッズ副党首は、状況は「正直に言えば混乱を極めている」と話し、首相は北アイルランドに対して「限界」を越えたことに対する代償を支払っていると述べた。

ドッズ氏はメイ首相に、「離脱協定を変更して帰ってこなければ、投票で却下される」と念を押している。

DUPのアーリーン・フォスター党首は首相に電話で「バックストップはなくさないとならない」と話したと述べた。

EUの反応は
メイ首相の離脱協定はEUでは合意に至っているが、法制化するにはブレグジット期日までに英議会の承認が必要とされている。

メイ首相はまた、すでにEU首脳と離脱協定の再協議についても話している。再協議は当初、英政府もEUも否定していた。

欧州委員会のミナ・アンドレーヴァ報道官は、EUは離脱協定の再協議はしないと協調した。

「ユンケル委員長が言ったように、これが最高で唯一可能な協定だ」


ユンケル欧州委員長、ブレグジット合意は再交渉の余地なし
(英語記事 May calls off MPs' vote on her Brexit deal)

関連トピックス
英国政治欧州連合(EU)法律ブレグジット
この記事を共有する 共有について
Email
Twitter
Facebook
Messenger
Hatena
Mixi
トップに戻る
この話題についてさらに読む
Video 「本当にブレグジットを実施したいのか」 メイ英首相、議会に
2018年12月11日
Video ブレグジット採決延期で揺れる英下院 野党議員が問題行動
2018年12月11日
「英国はEUの合意なしでブレグジットを中止できる」 欧州司法裁
2018年12月10日
【解説】 本当に簡単なブレグジット・ガイド
2018年12月10日
ブレグジット合意への「法的助言」全文公開 英下院さらにもめる
2018年12月6日
英下院、メイ内閣が議会侮辱と動議可決 ブレグジット合意めぐり
2018年12月5日
英中央銀行、合意なしブレグジットで英経済は大幅に景気後退の恐れ
2018年11月29日
Video ユンケル欧州委員長、ブレグジット合意は再交渉の余地なし
2018年11月26日
英国とEU、離脱条件で正式合意 「最善で唯一可能な合意」
2018年11月26日
【検証】ブレグジット合意案 585ページの中身を検証
2018年11月22日
メイ首相、自分が辞任しても事態好転しない ブレグジット合意案めぐる批判に対抗
2018年11月19日
Video 英保守党が党首を辞めさせたいとき 党内手続きは
2018年11月16日
ブレグジット合意案めぐりメイ英首相に圧力、EU離脱担当相の後任決まらず
2018年11月16日
Video ブレグジット政局、何があったのか 閣僚辞任で英首相に圧力
2018年11月16日
英内閣、ブレグジット合意案を承認 EU離脱相は辞任表明
2018年11月15日
Video 「連合王国にとって最善」 メイ首相、ブレグジット合意の閣議承認を発表
2018年11月15日
ブレグジット合意の草案まとまる 英内閣での承認が焦点
2018年11月14日
前外相の弟の英閣僚、ブレグジット交渉に反発し辞任 閣僚6人目
2018年11月12日
メイ首相、EU離脱に向けビジネス協議会を設置 財界トップらが参加
2018年11月8日
英前財務相、EU離脱投票の引き金になった過ちを「後悔」と
2018年10月31日
合意なしブレグジット、国境で混乱も 英政府機関が代償を警告
2018年10月24日
ブレグジットめぐり「人民の投票」要求 数十万人がロンドンで行進
2018年10月21日
「科学には人と資金の自由な移動が必要」 ノーベル賞学者らがブレグジット懸念
2018年10月23日
EU、ブレグジット移行期間の延長に前向き 英国内では反対意見も
2018年10月19日
Video ブレグジット用語解説:バックストップとは?
2018年10月18日
Video 欧州は本当にブレグジットについて一致団結しているのか
2018年10月18日
安倍首相、ブレグジット後の英国をTPPに歓迎と 英紙に
2018年10月8日
【検証】ブレグジットまで6カ月、準備はどれくらい進んでいる?
2018年09月21日
ロンドン市長、2度目のブレグジット国民投票求める 政府の「混沌」懸念
2018年09月17日
英政府、「合意なしブレグジット」対策発表 クレジットカード手数料値上げも
2018年08月24日
メイ英首相、関税同盟めぐる親EU派攻勢かわす 下院で修正案否決
2018年07月18日
ブレグジットめぐる関税法案を可決、修正案に怒りの声も 英下院
2018年07月17日
Video メイ英首相、英・EU自由貿易圏で閣内合意と この後に閣僚辞任
2018年07月10日
「夢は死にかけ」ジョンソン外相辞任 英ブレグジット政局
2018年07月10日
英政府のブレグジット担当相が辞任
2018年07月9日
英議会、EU離脱法を承認 メイ首相「円滑で順序だったブレグジットを」
2018年06月21日
英EU離脱交渉、3月から「進展はわずか」 EU側のバルニエ氏
2018年05月15日
英・EU、ブレグジット後の移行期間について大筋合意
2018年03月20日
https://www.bbc.com/japanese/46516462  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年12月12日 16:51:07 : nXU6RiYjM2 : 0ibUcqLi_d4[88] 報告
英領北アイルランドとEU加盟国アイルランドの国境に物理的な管理施設を設けないことを保証する「バックストップ」条項などに対する強い反発を受け、可決の見通しが立たないとして採決を延期。
https://www.cnn.co.jp/world/35130014.html

来年3月29日が離脱期限

2. 2018年12月12日 19:01:50 : 82xViKsNP6 : jGZW8kme9gs[41] 報告
決まれども 右往左往の 離脱劇
3. 2018年12月13日 16:07:19 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9904] 報告
Qアノン情報 12/13 メイ首相の辞任
.
新 ch政経
2018/12/12 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=UES3g_0z7eY

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際24掲示板  
次へ