★阿修羅♪ > 国際24 > 838.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリアから米軍を撤退させるという決定に反対していたマティス国防長官が辞任へ(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/kokusai24/msg/838.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 22 日 00:16:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

シリアから米軍を撤退させるという決定に反対していたマティス国防長官が辞任へ
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201812200000/
2018.12.21 櫻井ジャーナル


 アメリカのジェームズ・マティス国防長官が来年(2019年)2月一杯で辞任するという。この人物は好戦派と見られ、そのあだ名は「狂犬」。そうした情報が流れる直前、ドナルド・トランプ大統領はシリアからアメリカ軍を撤退させる決断をしたと伝えられている。ジョン・ボルトン国家安全保障補佐官やマイク・ポンペオ国務長官と同じで、大統領にマティスは反対していた。

 かつて、トランプ大統領は傭兵会社のブラックウォーター(2009年にXE、11年にアカデミへ名称変更)の創設者、エリック・プリンスに情報活動を任せようとしているとする噂が流れたこともある。シリアへ傭兵を入れるという推測もあるが、今のところそうした兆候はないようだ。

 大統領選挙の際、トランプは安全保障問題についてのアドバイスをマイケル・フリン元DIA局長から得ていた。そうしたアドバイスに従い、ロシアとの関係修復を訴えたわけだ。

 バラク・オバマ政権は中東や北アフリカでジハード傭兵を使った侵略戦争を開始、ロシアとの軍事的な緊張を高め、ヒラリー・クリントンはその政策を継承する姿勢を見せていた。

 こうした経緯を考えれば、トランプがフリンを国家安全保障補佐官に任命することは必然だったが、ヒラリー・クリントンを担いでいた戦争ビジネス、巨大金融資本、ネオコンは強く反発する。

 フリンが局長だった時代のDIAはオバマ政権の武装勢力を支援するという政策はサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)の支配地域をシリアの東部(ハサカやデリゾール)に作られる可能性があると警告していた。戦争ビジネス、巨大金融資本、ネオコンにとって都合の悪い情報をフリンは握っていた。

 この警告は2014年に入ると「ダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国とも表記)という形で現実になる。この戦闘集団は2014年1月にイラクのファルージャで「イスラム首長国」の建国を宣言、6月にモスルを制圧、その際にトヨタ製小型トラック「ハイラックス」の新車を連ねた「パレード」を行った。

 このパレードの様子を撮影した写真が世界に伝えられ、ダーイッシュは売り出される。当然、アメリカの軍や情報機関は偵察衛星、無人機、通信傍受、人間による情報活動などで武装集団の動きを知っていたはずだが、何もしていない。

 ちなみに、このトヨタ車はアメリカ政府がFSA(自由シリア軍)、つまりシリア侵略のために送り込まれた傭兵部隊へ提供したものだと言われている。

 ここにきてボルトン、ポンペオ、マティス、そしてマイク・ペンス副大統領らとトランプ大統領の関係は良くない。中国の大手通信機器メーカー、ファーウェイ・テクノロジーズのCFO(最高財務責任者)で同社の創業者である任正非の娘、孟晩舟が12月1日にアメリカ当局の要請でカナダ当局が逮捕した際、トランプ大統領は中国の習近平習近平国家主席と貿易問題について話し合っている最中だった。アメリカと中国との関係を修復しようという動きを潰そうとしている勢力がいるように見える。

 すでにシリアではロシアを中心に再建計画が練られ、動き始めている。当然、アメリカ、イスラエル、サウジアラビアといった国々は排除されるだろう。

 勿論、アメリカ軍はイラクを制圧している状態で、イスラエルやアメリカといった「同盟国」も存在している。今後、何をしでかすかわからないが、それ以上に懸念されているのがウクライナ情勢。現政権は崩壊寸前だが、それだけに危険な状態だと考えられている。ウクライナ軍はさらなる軍艦をアゾフ海へ派遣する​​と言われている。そうした状況を反映し、ロシアはクリミアの防衛力を増強中だ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年12月22日 10:12:12 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-10250] 報告
昨日から今日にかけての動き 2018年12月21日
.
新 ch政経
2018/12/21 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=56MfA915RjE


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理
2. 2018年12月22日 10:15:35 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[960] 報告
国防長官がシリア撤退に反対して辞任するとなれば、撤退反対している中央軍司令官も辞任するのか。
それとも解任?。
3. 2018年12月22日 19:01:21 : g0IDi09OCk : UQbDNUnByFU[133] 報告
頓挫なら 矛先向ける 「ウクライナ」
4. 2018年12月22日 19:46:07 : B5jUAVwOgo : @q0pLXaGlcw[170] 報告
>赤かぶ
アドレスをよく見ろ!!

シリアから米軍を撤退させるという決定に反対していたマティス国防長官が辞任へ
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201812210000/

5. 2018年12月22日 21:30:30 : O4pUfLwvsA : lleAWoei_CE[842] 報告
櫻井ジャーナル氏としてはめずらしく焦点(論点)がはっきりしない記事。

 シリアから米軍を撤退させることはトランプが公約を守る姿勢を示して
いるだけで特に問題にする話ではない。ここまでトランプ政権を去って行った
人間たちはトランプが行おうとした「米国の普通の国への改善」に反対した
勢力の者たちだ。
したがって彼らがトランプ政権を去るのは当然のことである。


 日本のメデイアは「あの人が去った」「この人が去った」と、トランプ政権
が異常に混乱しているように伝えているが、実態は違う。
米国の経済状態は改善し始めており納税者はトランプを信頼している。日本
のメデイアは事実を伝えていない。

日本のメデイアは米国の事実を伝えない。
日本のメデイアはフランスの事実も伝えていない。
日本のメデイアはあらゆる情報を伝えていない。

6. 2018年12月23日 15:23:19 : YQei0N8XVw : Ly6zyFDcOuI[1] 報告

 
マチスは隠れ戦争屋の構成員。それを承知のうえ任命したところがトラの凄さね。民主党の仮面がトランプに暴かれた。戦争屋一家に対する退場宣告に等しい。やるね。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際24掲示板  
次へ