★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK238 > 442.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
連合に「あほらしくてやってられない」と麻生太郎! 
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/442.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 15 日 00:39:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 
  https://www.asahi.com/articles/ASL1G61VCL1GUTFK00C.html



連合に「あほらしくてやってられない」と麻生太郎!
http://85280384.at.webry.info/201801/article_125.html
2018/01/15 00:10 半歩前へ


▼連合に「あほらしくてやってられない」と麻生太郎!

 麻生太郎が地元、福岡県飯塚市の新春国政報告会でついに本音を漏らした。

 「企業の利益の割に、(労働者の)給料が上がっていない。給料や賞与を上げてほしいと今の政権が経団連に頼んでいるが、本来は連合や野党・民進党の仕事だ。連合は、陳情は自民党、選挙は民進党。あほらしくてやってられない」(朝日新聞)。

 その通りだと思う。連合は、頼み事は自民党に言って来て、選挙になると別と言うのでは、「あほらしくてやってられない」と言うのは当然だ。

 麻生は、安倍晋三と違って思ったことをそのままいうから面白い。早い話が連合なる組織はどっちを向いているのか訳が分からない。その都度適当なことを言って、ナショナルセンターだと胸を張っている。

 労働組合とは名ばかりの偽りの集団である。組合員から巻き上げた組合費と言う上納金を懐に入れるだけで、何一つ、弱者の助けになっていない。

 会議一つ開くにもホテルでやる始末。資金が潤沢にあるのでえらくなったと錯覚しているのではないか。典型的な労働貴族だ。組合員を食いものにしている現代のハイエナだ。

 麻生太郎、今度、連合が何か言って来たら、門前払いにして追い返すがいい。 (敬称略)





































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月15日 00:52:09 : rCxQ6bz4nA : 0oDewUT2q0g[135]
経団連に「言うこと聞かないなら法人税率を上げるぞ」くらいの脅しをかけてみろよ、ヘタレ麻生が。

2. 2018年1月15日 01:42:23 : P2Se6cfQUw : lqgrzRgWoE0[1]
あほらしくてやってらんない 
辞めていいんですよ麻生太郎 辞めていいんです
麻生先生があほらしくて辞めるとおっしゃるなら、誰も止めることなど、できませんね

あほらしくてやってらんない 
辞めるそうです お疲れさまでした


3. 2018年1月15日 05:21:50 : W4GXnfxPW2 : RZfzRyrdz_c[1]
麻生くんは政策は全て自民党政権が決め、その施しを庶民は有り難く受けなさいと言っている。こんなやつに税金を払いたくない。

連合も労働者全般の味方ではないし。


4. 2018年1月15日 06:05:58 : Zo1vFenXoA : Q_Yh3Efh14A[9]
これは事実。昨年の衆院選の前は神津は二階にすり寄っていた。連合は明らかに迷走している。

5. 2018年1月15日 07:13:59 : EQU4I8WIdf : e@WW_D2Lm6s[3]
まさに「労働貴族」という言葉は新自由主義者の言葉ということだな
使っている人はいつの間にか自民を利するようになる

ネトウヨの組合芸と正社員ヘイトに気がつくと同調している


6. 2018年1月15日 07:14:19 : ThvQP0ntvE : J7bqvGPaOB0[65]
あほうクンは何のために長いこと国会議員をやっとるのかね?
どこかの団体に陳情されなきゃ国民生活の向上は考えないのか?
陳情されても考えないって?
あっソ

7. 地下爺[1379] km6Jupbq 2018年1月15日 07:17:20 : Dqz8YaM4Ws : Z0KVA48O600[26]

  そうは言ってもだな 君ら貧乏人は わしらの様な金持ちのために

  頑張って 働いて もらわない と 困るからな。

  マー 悪いようにはしないから 安心したまえ。

              by アホー太郎@福岡8苦


8. 2018年1月15日 07:44:25 : MEsbY5EnsU : DfvTEByXVyA[32]
脳細胞回路が壊れたひょっとこ、

陳情という請願権を否定する、

憲法改悪者。

あほらしかったら、辞めたら?


9. 2018年1月15日 07:57:16 : UxlElC34EQ : iVSAcw2qWi0[36]
選挙(票)のために政治(らしきこと)をやっていると正直に吐露したわけ。

10. 2018年1月15日 08:44:50 : jYQ1J2hLzY : zq1Ywde3iPQ[1]
かつて宮澤内閣解散時に社会党への票を日本新党や新生党に回して細川政権を誕生させた連合の山岸と小沢一郎はどうしようもない馬鹿だったという結論でFA?

11. 2018年1月15日 08:49:21 : jYQ1J2hLzY : zq1Ywde3iPQ[2]
ウィキペディアから、山岸章の項目の抜粋。

1992年、自民党竹下派が分裂すると、小沢一郎・羽田孜が山岸に接近し、野党結集による政権交代のための協力を要請した。山岸の仲介で、社公民三党や社会民主連合(社民連)は小沢・羽田と共に非自民・反共産政権(山岸は自民党以上に共産党を嫌っていて、あえてこの表現をしていた)を樹立することに合意し、新政権の政策も練り上げられた。また、連立政権の障害となり得る強固な護憲派社会党議員については選挙協力をしないなど「選別」を行い、露骨に圧力を掛けた。標的にされた代表的な議員としては上田哲がいる。1993年の総選挙では、自民党も野党連合も過半数を制することは出来ず、日本新党・新党さきがけがキャスティング・ボートを握った。両党は小選挙区比例代表並立制の導入を協力の条件とした。山岸は小選挙区比例代表並立制の導入は社会党を崩壊に導くと危惧したが、与党間の候補者調整が「解毒剤」の役割を果たすと判断し、日本新党・新党さきがけとの連立を社会党に呼びかけた。こうして、細川内閣が成立した。


12. ボケ老人[2728] g3uDUJhWkGw 2018年1月15日 09:47:36 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[1157]
労働貴族の連合が自民にどんな陳情をしたのか
非常に興味ある。
麻生もバカな愚痴をこぼさずに、陳情内容を白日の下の晒せばよいだろう。

   


13. 2018年1月15日 14:12:26 : 7qUnKJieyk : SGK2uw6sJcM[70]

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083000144&g=eco

働き方改革にしても^^

労働側が反対という逆転現象が起こっているからな^^

経団連(経営側)の方が、渋々認めて譲歩して受け入れている^^

働き方改革は、一番苦しいのは、実は企業側だ^^

アルバイトは禁止にすると罰則規定まであるし^^

残業は、させられない^^

肉体労働側は、全てにおいてサービス残業は無くなり、兼務も可能で『企業からの自由』を得られる^^


連合が反対している一部の見做し労働制に当たるのは、ホワイトカラーと言われる職制だ^^

事務処理とか、請求書発行、文書作成、この様な職制は、もはや不要になりつつある^^

労働貴族と言われる高級労働者、労働者と名のつく特権階級である^^

これらが、連合を構成するものの正体だ^^

連合の議会出席者たちは、その企業より選挙によって選ばれていない^^


日本には、本当の労働組合が存在しない^^


14. 2018年1月15日 17:31:38 : yVL6DzQWto : q@NZQI5ae9k[3]
アホウにバカにされる、馬鹿な労働貴族・・・・・・。

どっちもどっちだ。だが、連合は経団連のコバンザメ以外に生きていく術を知らないので、日本史に残るアホにブータラ云われても、文句はいえないよ。


15. 2018年1月15日 19:25:05 : zKfD4nmHl2 : ahe9MaGM9LU[1]
何もおかしいことなんて無いぞ。
アホーは何を言ってるのか?

政策に関する陳情は政府だ。
野党に政策を変える力なんてないからね。

政府に不満があるから、選挙では野党を応援するんだ!
どこがおかしい?

アホーにとってはカネづる、票にしか見えてないんだろう。
語るに落ちたな、ゲスのアホーは。
     


16. 2018年1月15日 20:18:28 : vbzJxNc5c6 : QBO@eFjizaU[1]
クソ麻生へ

水道民営化、ぜーーーーたい、反対!!!種子法廃止、ぜーーーたい反対!

最後の、ライフライン、命綱まで売国するとは、許さんぞ。売国奴ども!



17. 2018年1月15日 21:36:18 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2596]
  政権の地位に就いたのだから、全ての国民が自民党支持者で無ければおかしい、的な発想で与党が国会を仕切り、野党とその支持者である有権者、納税者を、役所と与党の一体化した日本株式会社に逆らう従業員同様に扱っているのであるから、今や国会は自民党大会場さながらであり、全国民は日本株式会社の経営側である与党が雇用する従業員状態である。
   それで満足が安倍内閣であった筈で、少しでも国会で野党や無所属議員が政府提案に異論反論を唱えようなら罵詈雑言、揶揄嘲笑しているのが総理と閣僚であれば、経営側に逆らう従業員が冷遇の目に遭うのと同様、背に腹は代えられずで、連合が国民を代表して経営側に喜ばれるよう忖度するのは止むを得まい。
   政財官学司法にマスコミが護送船団を組んでいる日本社会では、日本人が安寧に生きて行くには、日本株式会社を牛耳る自民党という経営側にすり寄るしかない、という悲しい知恵である。
   だが、これでは日本株式会社は活性化せず、国際社会に遅れを取り労働生産性が上がらないのは自明であり、ヒラメのように日本株式会社の経営を牛耳っている自民党の顔色ばかりを見ていれば視野狭窄になるのも当然だ。
   だからといって経営陣に居る麻生が、日本国民は俺たちばかりに頼りやがる、とヒステリーを起こしても、これまで自民党政権が日本国民という従業員の異論反論を受け付けず、片隅に冷遇して来たような、日本株式会社の経営者気取りだったのだから、それが今や仇となったとしても、文句は筋違いである。
   保守与党にすり寄る労組しか生き残っていないブラック労働界を育てたのは自民党と霞が関の二人三脚である、という自覚が、幾ら何でも安倍政権は無さ過ぎるのである。

18. 2018年1月15日 22:23:58 : FdYEzEll8M : vKi_y_J9KYo[2]
陳情は、与党から野党まで一通りやるぞ。
たとえ共産党系の団体であっても自民党にもいく。
そういうもの。
あそーはばかだな。

19. 2018年1月16日 02:02:13 : 6tbUbM6d36 : ENnci7RNmB8[9]

上の方は、政治も法律も宗教も企業も金融も経済も… 全て、外国・外資と一体・同一と考えた方がよい。
日本国憲法支配とは完全に★別の世界。別世界の法秩序に従う上の方とは、

>主権者のはずの国民の声など聞くはずが無く、圧倒的潜在規模&能力の外資傀儡権力としての自分たちの仕事を忠実に果たしている。そして、裏で宗主国様から、奴隷頭としてのご褒美を頂戴するまで。

↑こう見ると、
>★外資傀儡日本乗っ取りクーデター工作員構成員としては、実に朝鮮系アイデンティティの者を中心にして、助け合いながら、日本国の切り売り、売国仕事を、よくやっている、という見方が成立。←しかし、まともな日本国民とまともな法では、国家侵略&大規模悪質国富強奪権利破壊者という最悪危険組織的犯罪集団。さらにさらに図に乗るぞ〜 白昼、偽者外資傀儡工作員集団の権力占有最大悪用の日本血祭りなぶり殺し〜


20. 地下爺[1381] km6Jupbq 2018年1月16日 06:34:21 : Dqz8YaM4Ws : Z0KVA48O600[28]

   自民党は 本来 ブルジョワ民主主義党 だから まー 金持ちの

  為の 政治を するのが 当たり前 と言えば あたり前なんだよ。

  君らのような 貧乏人には 本来 共産党だの 社民党・民進党 が

  ついているわけだからな。でも 最近は 上手く やり過ぎて 連合 とか

  貧乏人 のみかたみたいな連中 まで 金持ちの フリ を するように

  なったナ。

             by 阿呆ー太郎 @福岡8苦


 


  


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK238掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK238掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK238掲示板  
次へ