★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK239 > 169.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「憲法守らない安倍首相が改憲なんてとんでもない」アナウンサー 吉田照美さん 
http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/169.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 28 日 20:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「憲法守らない安倍首相が改憲なんてとんでもない」アナウンサー 吉田照美さん
https://ameblo.jp/takumiuna/entry-12347816238.html
January 27, 2018 かばさわ洋平


憲法守らない安倍首相が改憲なんてとんでもない!

気軽にしようよ、政治の話。アナウンサーの吉田照美さんが赤旗日曜版に登場して、縦横に語っています。最近は吉田さんが描いた『晋ゴジラ』はSNSでも話題になっていました。息を吐くように嘘をつき、自分のお金のように海外にお金をばらまくという安倍首相に対する風刺は的を得ています。憲法についても憲法守らない知らない政治家が変えたら大変なことになると危機感を強めています。


赤旗日曜版 1/28

 私は日本人はあまり普段の会話のなかで『政治に触れなすぎ』だと感じています。ヨーロッパに行くと、パブでお客さん同士が熱く政治を語り合っています。生活と政治は一緒のはずです。それなのに、日本は政治を政治家がやるものと考えてみるみたいです。政治家の方も、変にエリート意識を持ってしまっているけれど、それはおかしい。

 風刺画を描きたくて絵を始めたわけではないんですけど、今の政治にはうっぷんがたまっているし、描かざるを得ない状況です。安倍首相を題材にすることが多くなっています。

 映画「シン・ゴジラ」公開時の風刺画は、「晋ゴジラ」。キャプションは、このゴジラは、息を吐くように嘘をつき、自分のお金のように国民の税金を外国にばらまきます。

 『晋ゴジラ』ではメディアからの取材もあり、ツイッターの件数が一気に40万件くらい上昇しました。本当は、もっと気持ちのいい絵を描いていたい。風刺画を描かずにすむような世の中になってほしいです。

 憲法をちゃんと守ってる人が改憲というならまだ分からないでもないですが、首相が憲法を守らない状況で改憲というのはとんでもないことです。そもそも憲法は権力を縛るものです。そうした憲法の基本を理解していない首相が改憲というのは、まずいですね。権力から国民を守るための憲法を、国民を縛るものへと変えたいのでしょう。このままでは危ない。声をあげていかなければ。

 安倍政権のやってきたことをみると、戦争する国を目指しているとしか思えません。でもこんな各地に原発がある日本が戦争なんか始めたらもう滅亡ですよ。もちろんほとんどの国民は戦争なんて望んでいませんが、戦争で得をする、もうける人がいるのも事実です。亡くなった大橋巨泉さんが言っていました。『戦争はジジイが決めて、おじさんが命令し、若者が征く』と。太平洋戦争で日本は、300万人の犠牲者を出し、それをふまえていまの憲法が作られました。また戦争を繰り返すことは断じてあってはいけません。インターネットを活用した情報発信を強めるとか、何とかして、いまの日本の政治のあしき流れを断ち切りたい。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月28日 21:07:55 : tKAfHF857s : xDQtLxpXAKY[6]
憲法99条(尊重擁護義務)を一番に守らなければならないアベが率先して最高法規に従わずに憲法を破壊しようとしているのは犯罪である。

ところがこれを聞きただしたなら、総理の憲法改正発言は憲法違反に当たらないとか閣議決定するのだろう。

この閣議決定、職権濫用に当たるのだ。懲役刑まである汚職罪である。

既に、出来ないとされた集団的自衛権行使を憲法解釈変更の閣議決定で出来ると決めた事自身が汚職事件であった。閣議決定乱発の職権濫用のアベを逮捕するように国会から告発して欲しいものだ。


2. めんたいこ[2466] gt@C8YK9gqKCsQ 2018年1月28日 23:00:16 : NBSxCVR9t2 : jx0s02jTUtY[3]

安倍は犯罪なんて屁とも思ってない。有害無益のコンナやつは早く懲戒免職に

しなければ国益を損なうばかり。自民党の議員を全て落選させなければ駄目だが

自民党に投票する有害無益のゾンビ国民の責任が一番重いが、そんなゾンビを

日夜生み続ける玉無し新聞や忖度TVの責任は全員ギロチン刑に値する。


3. 地下爺[1482] km6Jupbq 2018年1月29日 07:51:58 : Dqz8YaM4Ws : Z0KVA48O600[129]

  法律の不備には違いないのですが、こんな人達を合法的に


  やめさせる 仕組みが ありません。


  そのための 憲法改正 で あれば 納得がいきますがネ。



4. 2018年1月29日 11:22:45 : yHXtpr7IsY : 4PVOBuJcUAE[45]
吉田照美さんの言う通り、日本人は政治と生活は別の様に思っている、小沢氏が常に言っている、政治は=生活だと、政治の話はタブーの様な国民意識と雰囲気、欧州は子供の頃から政治を国語や算数と同じ様に教えている。今の安倍政権の酷さを何も感じていない愚民のいる事に本当に苛立ちと情けなさを感じる。自民党一党独裁と屑マスコミがこの国の腐敗を酷くしている。

5. 2018年1月29日 17:41:26 : QSadp4HP8U : 3dIsl1ZiOP0[16]
「そもそも憲法は権力を縛るものです」←大嘘。

権力者を縛ってしまったら、権力者が主権者国民を守ることが不可能
となってしまいます。

憲法雛形の最低必須条件:政府の構造(内閣・国会・裁判所の三権に
分割し、その三権が相互チェックを行えること)に加えて、

その構成者の選択方法とその構成者に付与する権力を明記すること。


6. 空虚[1229] i_OLlQ 2018年1月29日 18:19:46 : 0pSIWN6xbU : SCE0@MTfU5g[2]
そもそも憲法は権力を縛るものです←大嘘 w。

そもそも憲法は権力の一極集中・暴走を縛るものです←〇 ww。


この微妙さが、晋三と輩には容認できない。

wara wara wara だろ?



7. 2018年1月29日 19:03:18 : uJRHiUIqDQ : rzZhDfLw80Q[472]
憲法を 守らず弄る 自己矛盾

8. 2018年1月29日 20:44:08 : QSadp4HP8U : 3dIsl1ZiOP0[17]
>>6

>そもそも憲法は権力の一極集中・暴走を縛るものです←〇 ww。

三権の内の裁判所専有の権力である違憲審査権行使する権力の
「最大化」を図らなければ、憲法81条違反となります。

なぜなら、三権(内閣・国会・裁判所)が相互チェックを
できる様に同等に権力分離を図らなければ、

現行憲法が保障する三権分立とならないからです。

が、現実は、裁判所が憲法81条義務違反の、三権分立違反の
違憲審査権行使する権力の「最小化」を維持しています。

結果、違憲判断が、たったの10件が証左←違憲審査権行使を
保障する憲法条項を保有していない米国は、違憲判断が900件
にせまろうとしています。

最高裁専有の違憲審査権行使する権力の「最小化」の理由:

「悪意の有る意図的誤訳で、書き換えられた現行日本語憲法」
を含む明治憲法下で成立した五法の違憲性を温存して置きたい
からです。

結果、8千余りの法令のほとんどが現行英文憲法違反です。


9. 2018年1月29日 22:28:26 : QloyKyBqTw : QNC6dalfW_E[159]
>>6 「権力を縛る」という表現にだけ拘泥してる、わざとミスリードをしようとしてもムダ。法学を少しでもやった人も読んでいることをお忘れなく。

10. 2018年1月29日 22:34:59 : leBk7QZGmY : ndaf@bJoLtg[1]
これだから、救いようのない筋金入りバカのアベシンゾなどを首相になどしてはダメなのである。尤も、このバカの背後に本当権力がいるのだが。

これ以上我々庶民が苦しむ前に、誰かこのバカを始末してくれ。


11. panbet37[606] gpCCgYKOgoKChYKUglKCVg 2018年1月30日 00:15:42 : 5eiLTNBk66 : pGiigx_Fsv4[1]
必殺仕置人が登場すべき展開になってきましたね。

12. 乳良〜くTIMES[600] k_uXx4Fggq1USU1FUw 2018年1月30日 01:54:28 : EXvC1v2A8K : sJJKj6IiknI[1]
>>9は敵か味方か不明ですな。

13. 2018年1月30日 07:46:10 : QloyKyBqTw : QNC6dalfW_E[160]
>>9 敵味方という表現が不明。「日本国憲法」はこれこれの人権は守られなければならないものですよ、政治権力はそれに介入しませんという「限界」を示すものだという、前提をしめしただけ。普通の人はそれを「縛る」と表現してるだけ。それがわからない、もしくはわざと誤読している6は、「民衆」と差異化された権力者が「守る」とミスリードしてるということ。

14. 安倍を辞めさせる会[1197] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2018年1月30日 08:25:20 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[1157]
安倍は恐らく幼いときプラモデルなんかで戦争ごっこをして遊んでいたのだろう。更に岸おじい様が「日本は正しかったんだよ」と吹き込む。そんな日常が想像される。岸おじい様に洗脳されて育った晋三に我々の運命を託すわけにはいかないのである。私は敢えて言いたい。自民党、公明党、維新よ目を覚ませ。こんな危険な人間は総理の椅子から引きずりおろすべきである。そうでなければ「子や孫」に恨まれるのは目に見えているのである。彼らも薄々分かっているのである。しかし保身のためかなにかで支持しているとしか思えない。でも考えてみてくれ、健全な日本国あっての出世や保身であって、不健全な凋落した国ではなんの意味もなくなるのである。


15. 2018年1月30日 14:13:13 : hzN1677tCg : XizvOUzkkSU[98]
今日のYahooトップニュース
 集団的自衛権行使は限定的 首相


又安倍晋三総理大臣は嘘八百を言っている。
社民党の福島瑞穂氏は「弾薬は武器であるから兵站で運べないですよね」の質問に。
元防衛大臣中山氏は国会で福島瑞穂氏の質問に次のように答弁した。
「弾薬は使えばなくなるものなのでそれらは守秘物資であり、兵站でアメリカやその同盟国の為に海外の戦地近くまで運ぶことができます」と。
福島瑞穂氏は、では、クラスター爆弾や劣化ウラン弾枯葉剤や化学兵器はどうですか?と。
元防衛大臣中山氏の答弁「クラスター爆弾や劣化ウラン弾枯葉剤や化学兵器も使えばなくなるものであり、それらも消費物資であり、兵站で運べます。と。
更に福島瑞穂氏は「では、ミサイルや核爆弾はどうですか?」と質問すると。
中山氏は「ミサイルや核爆弾も使えばなくなるものであり、それらも消費物資なので運べます」と答弁した。

それで何がいまさら、「集団的自衛権行使は限定的」などと言えるのだ!
嘘つき!

クラスター爆弾や劣化ウラン弾枯葉剤や化学兵器、さらにはミサイルや核爆弾間を使った戦争のどこが限定的などと言えるのだ?

化学兵器などは、それこそ炭そ菌やウィールスやペスト菌など危険なものを世界のどこかにまき散らしたら、その菌が世界のどこへどう広がっていくか安倍晋三ごときに分かるのか?
福島の放射能はコントロールできるとうそぶいた事と同じではないか!
世界を滅ぼすかも分からないそんな危険なものを兵站で世界のどこへでも運べるなどとうそぶく政権のくせに、全く白々しいではないか!


16. 2018年1月30日 14:15:19 : hzN1677tCg : XizvOUzkkSU[99]
>>15です 間違いの訂正です。

誤   守秘物資
正   消費物資


17. 2018年1月30日 15:46:44 : QSadp4HP8U : 3dIsl1ZiOP0[18]
>>8ですが、

何時もの様に訳の分らない方向に話が逸れて行きそうなので、
再確認を入れると

「そもそも憲法は権力を縛るものです←大嘘」と指摘した目的
は、

余りにも多くの方々が、「憲法は権力を縛るもの」を妄信して
いるからです。

この便利なフレーズ(「憲法は権力を縛るもの」)を活用すれ
ば、(憲法無知に仕立て上げられた)主権者国民を「憲法を
守れ!」と洗脳することが朝飯前となるからです。

そして、「その憲法を守れ!」の憲法は、実は、「書き換え
られた憲法」ですから、

(憲法無知に仕立て上げられた)主権者国民に「憲法を守れ!」
と連呼させれば、その行為は、「書き換えられた憲法を守れ!」
となりますから、

「憲法を書き換えた」重大な事実を(憲法無知に仕立て上げら
れた)主権者国民に知られることを阻止する事ができます。

要するに、現行英文憲法には欠陥が存在しませんが、その英文
を和文に翻訳する過程で、

「組織的に、悪意のある意図的誤訳が為された(国家転覆罪)」
事実を覆い隠すことが可能となります。

ですから、「護憲政党」と認められたいなら(欠陥が存在する)
現行和文憲法改正を強く要求しないと「護憲政党」と呼ばれる
資格がありません。

なぜなら、現行和文憲法は、現行英文憲法を書き換えたものだ
からです。

更に、「憲法は権力を縛るもの」と(憲法無知に仕立て上げら
れた)主権者国民を洗脳できれば、

現行憲法の屋台骨である「三権分立とチェック&バランス」を
担保する、出来る法制化の必要性(例えば、裁判官に毎年の
仕事始めに、「憲法81条保障違憲審査権を必ず行使します!」
の宣誓の法制化)を

(憲法無知に仕立て上げられた)主権者国民に認識させる機会
を提供しなくてよくなります。

ので、結果的に、主権者国民は、世界一の現行英文憲法の
素晴らしさを享受できない状態が継続してしまいます。

もう現行憲法施行70周年以上が経過しているのにですよ!!!


18. 2018年1月31日 02:36:37 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2652]
   17さんのコメントは蘊蓄があり、和文憲法が英文憲法を忠実に再現していないとのことである。
   確かに翻訳する際にはかなり間違った解釈が有る模様であり、これが意図的に行われれば非常に問題である。
   しかしながら現行和文憲法とて充分に租税主義、国民主権主義の理に適ったものであり、だからこそ研究者もこれまで翻訳に関しては言及していないのであろう。
   問題は、日本人が日本語で読む憲法条文が、実務上では憲法理念どおりに基本法が作られないとか、基本法が憲法理念に合致していたとしても実務的には事務方の方で通達や行政指導上の要綱を作ってしまうなどで、それが絶対的な法規則として省内で下部へ降り、最前線では憲法理念や基本法原則とは似ても似つかぬような上部の通達を錦の御旗として国民生活を拘束しているのが現実である。
   それでも一応、行政実務上の、憲法条文や基本法原則との齟齬に関してかなり行政訴訟や国賠訴訟が提議されているものの、肝心の司法府に於いて詳細に精査されておらず、法廷では、行政実務に瑕疵、誤謬無しの判決が99%である。
   ところで維新の会は改憲に賛成し、その目指すものは憲法裁判所の設置であり、最高裁が人事を法務行政に牛耳られている手前、憲法理念や基本法原則と実務との乖離に関しては判事が全く取り合わない状況であるところ、さすがに憲法裁判所が出来れば少しは司法部門に改善が見られる筈であるが、これは条文の追加であり改憲とは異なるものである。
   法治国家は立法と司法が車の両輪であり、司法判断がものを言うが、判事と検事が役を入れ替わり、司法研修所では憲法も労働法などの公法も一切研修に上らないということになると、司法府の機能も不全であると言える。
   司法人事も、法務省の出向であるらしい教官の胸先三寸で、例えば親が市民運動に参加していた、青法協の一員である、などにより、任官拒否システムが公然と執行されている模様であり、結局は憲法に無関心でいるような研修生がむしろ判事や検事の座をいとめるのであれば、現行憲法と基本法や通達との齟齬が法廷で検証される術が無いのである。
   与党の新憲法草案は、大日本帝国憲法に類似した、国民は臣民に近い非主権主義であり、そうなれば法務官僚によって自民党憲法が研修科目としての座を大きく占めるかも知れないが、とにかく現行憲法は法曹の卵が模擬憲法論議すら公式には行っていない模様である。
   憲法が権力を縛るとは、即ち司法裁定に於いて、血税や公金の財布を預かった官僚機構と、事務方に立法案の作成を委ねてしまっている内閣との癒着状態で補助金や交付金を飴と鞭として采配し天下り先や団体献金を確保するような歳出の不正が疑われる場合に、行政訴訟や国賠訴訟で憲法理念と基本法原則との乖離を司法が断罪することを意味するのである。
  憲法そのものが国家に最高法規として鎮座しているだけでは無く、それが租税主義、法治主義の車の両輪として基本法の立法時に生かされ、かつ司法において問題提議あれば精査検証され、実務との齟齬や乖離あれば断罪される過程を以て、初めて憲法が生きるのである。
  租税主義国として、最終的には司法に於いて断罪されることで歳出権限行使可能な立場の者の不正や汚職の芽を潰すことが権力を縛るということになるのであるが、これが全く機能していないことも大きな問題であろう。
  
  
   
   
   

19. 2018年1月31日 05:29:23 : QSadp4HP8U : 3dIsl1ZiOP0[19]
>>18

>これが意図的に行われれば非常に問題である。

意図的に、悪意を持って工作されたとしか考えようがないから
問題にしています。

更に、憲法とは基本法であり、全ての法令の根拠法ですので、
憲法が書き換えられたら、全ての法令が根拠法をなくした
違憲法令となる可能性が浮上してしまいます。

で、「和文憲法」の複数欠陥箇所の内で、国家転覆を画策した、
最悪の欠陥箇所が、

憲法73条6項の「政令」です。

「政令」に対する英語は、「government order」です←中学生
でも判ります。

が、英文憲法では、「cabinet orders」となっています。

そして、その憲法73条が「第五章 内閣(CHAPTER V. THE
CABINET)」に存在します。

要するに、内閣の章にあるのですから、「cabinet orders」は、
当然ながら、「内閣令」と訳す選択肢しかありませんでした。

「内閣令」とは米国の大統領令に匹敵する命令権です、そして
内閣令が複数ですから、「首相令」と「大臣令」と解釈する
のが適切と判断できます。

この点を理解すれば、閣議決定は、違憲決定手法だと理解でき
ます←なぜなら、「首相令」と「大臣令」の存在を完全に無視
できてしまうからです。

更に、仮に、「政令(政府令)」が正しい訳だと仮定しても、
政令だと「三権分立」に明確に違反した訳になり、整合性が
とれない訳となります。

なぜなら、三権分立とは、政府を内閣・国会・裁判所に三分割
することで、「内閣or国会or裁判所に権力集中」を防ぐことが
目的ですが、

「政令(政府令)」と訳すると、折角、政府を三分割したのに、
その三分割の一つの内閣の章に

突然、政府関係者全体に命令権を付与することになり、何の為
に政府を三分割したのかが、全く分からなくなってしまいます。

要するに、「和文憲法」の内閣の章で、政府に命令権を付与
してしまえば、全ての権力を内閣に集中させることが可能と
なってしまい、

三権分立の真逆の目的である「内閣に権力集中」(現に、内閣
に全権力が集中しています)を実現させる事が、可能となって
しまいます。

要するに、「政令(政府令)」が、憲法上、何ら命令権を保有
していない官僚の権力の源です。

言い換えれば、「政令」が無ければ、官僚は只の内閣の事務屋
にすぎない存在となってしまいます←現行英文憲法の定義通り
になります。

より重要な事実は、こんな「首相令」と「大臣令」の存在を
消去できる命令権に現行和文憲法がお墨付きを付与するから、

官僚が官僚様となり、違憲法令作り放題となり、

2015年現在の法令総数8084本の内のほとんどが、違憲法令と
なってしまう訳です。

結果、政府が主権者国民に違憲法令を押し付けると言う世界一
の野蛮(「法の支配」が存在しない)国家となっています。


20. 2018年1月31日 13:01:19 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2654]
   19さん、納得です。
   政令とは閣議決定された命令を指すのであり、全く以て官庁の出番が有る訳が無いということです。
   かつ省令もあるが、省令は所轄大臣が発する命令であるところ、これもまた、官庁が出張る権限は全くありません。
   ということは、全て立法府に属するものに法令の発出権限が有る訳で、これは絶対的に法解釈が間違っているということでしょう。
   政令の政を行政府と解釈、イコール行政機構が発する命令と誤解釈したのがそもそもの発端でしょうが、当然ながら行政機構はあくまでも企業で言えば従業員の立場であり、結果責任を負わない被雇用者である従業員に、経営の根幹を為す経営方針の決定権が付与されていないのと同様でしょう。
   行政への政治介入禁止の、とんでもない不文律がいつ日本国の慣行になったのか不明ですが、国権の最高機関である国会が、内閣のせいで行政機構に政策決定権を譲ってしまっている現状が明らかです。
   この悪慣行に対しては、当然国会を唯一の立法府として機能させるべく内閣が尽力しなければなりませんが、その内閣が政令を、行政府に発出権限が有るとして容認していることが全ての災厄でしょう。
   恐らく、現行憲法であれ何であれ、最高法規そのものを重要視せず、むしろ法治主義を嫌悪し人治主義を是としている、地盤看板カバンの世襲代議士集団では、立法の何たるかに関して精査する気もなく、夜な夜な料理屋で盃を重ねてやり過ごすという実態があり、ここに、最終結果責任を負わない官僚と軍産ロビーの付け入る隙があるものと思われます。
   いずれにしても、司法府が19さんの熱意ある説明に耳も目も傾けないのが実情であり、彼らもまた、人事を法務官僚に握られているのか、裁判所勤務のルーティンワークで一日を終え、場の空気を読んで大勢に付く、を判決に体現しているのであり、彼らにとっては憲法にも政令にも省令にも全く関心が無いのは、先述したように、公法関係を司法研修所で一切触っていないからであり、これもまた法務官僚の意図であるには違いありません。
   日本の近代化、民主化、法治化への歩みが、如何に未成熟で中途半端であるかを思い知らされる現状です。
   
  

21. 2018年1月31日 13:26:36 : hzN1677tCg : XizvOUzkkSU[102]
>>5
>権力者を縛ってしまったら、権力者が主権者国民を守ることが不可能
となってしまいます。

>>5は言葉の意味を正しく理解することが不能のようだ。

日本語が理解不能なようだからくどいほど分かり易く解説してあげるよ、私は親切だから。
「権力者を縛る」とは、その権力者があまりにも権力を振りかざして国民を好き勝手にもてあそぶことができないように、その権力にはある程度で制限を設けているという意味だよ〜ん。
「権力者に縛りをかける」という意味は、国民と対等なほどに権力者の権力を根こそぎ無くすという意味ではないよ!お分かりか?ようちなおばか〜んさんへ。

あぁ、実にばからしい解説でした。


22. 2018年1月31日 17:32:06 : QSadp4HP8U : 3dIsl1ZiOP0[20]
>>21

>その権力者があまりにも権力を振りかざして国民を好き勝手
 にもてあそぶことができないように、その権力にはある程度
 で制限を設けているという意味だよ〜ん。

「三権分立」とは、巨大権力を保有することとなる政府を内閣・
国会・裁判所の三権にわざわざ分割して(効率から言えば、
三分割せずに政府に全ての権力を集中させればよい→例えば、
内閣が法律を作成し、その法律を内閣法制局に違憲審査させ、
その「合憲」法律を施行すれば、最も効率的な政府となります、
非民主的な政府ですが)、

その三分割された政府の分権がそれぞれチェックし合うことで、
政府保有の巨大な権力を簡単に行使出来ないようにするのが、

「三権分立」とチェック&バランスです。

ですから三権の権力レベルをイーブンにする事が欠かせません。

米国の脈絡で言えば、第二次世界大戦中はどうしても裁判所と
議会の権力に比較して内閣の権力が肥大化してしまいました。

そこで、議会の権力を増強するために、内閣専属の官僚組織に
匹敵する議会専属の官僚組織を創設できる法制化を実施して
います。

ですから、日本でも肥大化しすぎた内閣と遜色の無い国会と
裁判所にする為に、

国会の権力増強(欧米の憲法学を学んだ若者千人を法案作成
アドバイザーとして雇用、日本版予算局の設立←予算決定の
半年前にサマリーと問題点を整理したレポートを作成させる
ことで、国会議員が簡単に予算精査ができる・その他)

と裁判所の権力増強(違憲審査の範囲を憲法81条が保障する
範囲「一切の法律、命令、規則又は公務上の行為」とあるので
この範囲をカバーできるインフラ整備←例えば、行政裁判所や
労働裁判所を47都道府県「憲法第八章の地方自治政府」に
設置する)

を可能となる法制化を主権者国民は強力に要求しないと

現行英文憲法が保障する「三権分立」とチェック&バランス
を実現できなくなるので、主権者国民が民主主義を享受でき
なくなります。

兎に角、「政令」を憲法改正して、内閣令(首相令と大臣令)
に改正しないと何も始まりません。

ですから、英文憲法の護憲政党は、英文憲法修正ではなく
和文憲法改正(「政令」→「首相令と大臣令」)を実現する
為に、

「政令」の違憲審査を最高裁に要求しなければなりません。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK239掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK239掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK239掲示板  
次へ