★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK239 > 258.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「改憲 論戦低調」で大いに結構  天木直人 
http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/258.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 31 日 11:31:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「改憲 論戦低調」で大いに結構
http://kenpo9.com/archives/3205
2018-01-31 天木直人のブログ


 きょう1月31日の毎日新聞が「改憲 論戦低調」という見出しの記事を掲げていた。

 すなわち、29日、30日の両日に開かれた衆院予算委員会では、質問に立った与野党議員19人のうち、改憲について安倍首相に質したのは原口一博議員(民進系会派・無所属の会)だけだったという。

 私の助言に野党が耳を傾けたわけではあるまいが、憲法9条に限っては論戦が低調なのは正しい戦略なのだ。

 憲法9条を変えたいのは安倍首相なのだから、まず自民党内で議論させ、次に自民党と公明党の間で議論させ、安倍自公政権の成案を国会に提出させる事が先決なのだ。

 そうすれば、いつまでたっても自公政権の改憲案は出て来ないだろう。

 そして、出てきた案は妥協の産物で矛盾だらけの案になるだろうから、国会論戦で木っ端みじんに論破されて終わる。

 頭を冷やして出直してこい、というころになる。

 自公政権の成案が出来ないうちに、野党の方からああでもない、こうでもないと論戦を吹っかけるのは愚の骨頂なのだ。

 改憲が低調な事を報じるその毎日新聞の記事は、こう書いている。

 「・・・首相が期待する与野党間を巻き込んだ改憲論戦が進むかは依然不透明だ」と。

 大いに結構だ。

 安倍首相の正体見たりだ。

 安倍首相は野党に論戦に応じてもらって、改憲を大きな争点にしようとしているのだ。

 そうして、森友・加計疑惑から逃げようとしてるのだ。

 こんな見え見えの手に乗る馬鹿はいない(了)



<衆院予算委>改憲提案の論戦低調
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000138-mai-pol
毎日新聞 1/30(火) 21:41配信

  
  改憲をめぐる首相への質問の有無

 今年度補正予算案を審議した29、30両日の衆院予算委員会では、安倍晋三首相が意欲を示す9条への「自衛隊明記」などの改憲提案を巡る論戦の低調さが目立った。2日間・計12時間の審議で質問に立った与野党議員19人のうち、改憲について首相に質問したのは民進系会派・無所属の会の原口一博氏だけ。首相主導を警戒する立憲民主党など各党の思惑が交錯し、首相が期待する与野党を巻き込んだ論議が進むかは依然不透明だ。【光田宗義】

 原口氏は30日の予算委で「首相案は(限定的でない)フルスペックの集団的自衛権が行使できるようになるものか」とただした。民進党は集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法や首相の改憲案に反対しており、首相の9条改憲が武力行使の拡大につながるのではないかと警戒する。

 首相は「ここで私が説明すべき立場ではない」と前置きしつつ、9条2項(戦力不保持・交戦権の否認)を維持する首相案が実現しても「フルスペックの(全面的な)集団的自衛権の行使は認められない」などの見解を披露した。

 一方、野党第1党の立憲は「憲法は主権者が権力を制限するルールだ」(枝野幸男代表)と主張。首相の憲法観と相いれないとする枝野氏は「向こうの土俵には乗らない」と明言し、首相や自民が主導する改憲論議に応じない構えだ。

 29日には立憲の逢坂誠二氏が予定していた質問を取りやめるなど、2日間で計4人の議員から改憲を巡る質問はなかった。立憲は国会発議後の国民投票について、広告・宣伝の規制を強める国民投票法改正案の提出も検討する。

 一方、衆院で立憲に次ぐ野党第2党の希望の党は、衆院代表質問で玉木雄一郎代表が首相案への反対を明確化。ただ9条を含む改憲に前向きな幹部もおり、党内に意見対立を抱えているのが実情だ。玉木氏は「本予算(の審議)で私が質問する」と説明するが、分党も視野に入る中、予算委で希望議員5人は別の質問に終始した。

 与党の公明党は衆参の代表質問、予算委と改憲への言及はゼロ。憲法に関する党内の会合も当面開かず、「急ぐ必要はない」(党幹部)と静観を決め込む。

 改憲に積極的な自民党も9条1、2項を維持する首相案には異論も残る。首相は30日、予算委委員の石破茂元幹事長が2項削除を主張していることを念頭に、「石破氏がこちらを見ているが、私が言ったこと(案)は党を代表する考え方にはまだなっていない」と付け足した。行政府の長として答弁するため「質問がないと自説を披露しづらい」という立場を、与野党から逆手に取られたようだ。


















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月31日 13:00:48 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[125]
国会の論戦なんか問題では無い 一番の問題は国民の感情 国民の意見である

なぜなら、どんなに論戦を繰り広げたところで 国会では 『発議しか出来ない』という事実を忘れている
憲法改正派議員が 3/2だろうと3/4だろうと4/5であろうと 発議はあくまで発議でしかない
国民投票で否決されれば それで終わりなのだ

国民の方を向いていない議論としか言えない

憲法九条 これを素直にストレートに読んでしまえば 自衛の戦力すら否定されてしまうという事を
理解出来ない 疑問を持たない国民など ほとんど居る訳がないという事であるから
誰が主導するかしないかは 国民にとっては どうでも良い事なのだ

一番肝心な議論は、「なにが自衛で なにが侵略なのか」 という“線引き”である

自衛のための交戦権ぐらいは認めるべきだという議論なんて もう半世紀以上議論され続けた事で
いまさらそれを理解出来ない国民など 絶対にいないとまでは言わなくとも ほとんど存在しないのは
言うまでもない事である  自衛のためだけの交戦権に反対する人は ほとんど居ないであろう

国民が一番危惧する事態は、自衛と称して侵略を かつての戦争の様に 始めてしまう事を危惧するのである
なにが自衛でなにが侵略なのか 曖昧にしておいての改憲には 国民は絶対に拒絶するであろう事は確実
改憲論議の前に 「なにが自衛でなにが侵略なのか」  国家の責任において 国民に明確に示し
あのような戦争は 未来永劫 絶対に繰り返さぬという国民に対する誓約をしてからでないと
国民の間における改憲論議は 全く進展しないまま またしても堂々巡りに終わってしまうだろう


そして 安倍政権には 「自衛と侵略の定義」 これが、絶対に出来ない

戦後70年談話をどうするかの議論の中で安倍は 「侵略の定義は定まっていない」 などと他人事で
『逃げの論法』に終始し 先の戦争を 侵略戦争と認める事に すっかり及び腰であった

ネトウヨや日本会議などの支持層から 反発される事を恐れたのであろうが これでは改憲論議は安倍では無理
侵略の国際的定義は 定まっていない事は事実であるが ならば日本の国家として独自にでも定義を確立し
日本国民と世界の人々に 独自の定義を堂々と示そうという気概なんて 微塵も感じられなかった訳である

※ 侵略を定義してしまっては、先の戦争を明確に侵略戦争と位置付けねばならず さらにそればかりか
 アフガン侵攻やイラク戦争などの アメリカによる侵略戦争に 日本が加担した事を認める結果となり
 ネトウヨ支持層とアメリカから 猛反発を喰らうのは必定という事だからだ ※


純粋な意味での自衛戦争なんて、長い日本の歴史においてでさえ 「元寇」 以外には存在しないのだ
あとの対外戦争は皆すべて 侵略の側面を持つ訳で 「本気で避けようと思えば 避けられた戦争」
なのである事を 認めたくない人間になど 憲法改正なんて実現は 無理である。


2. 2018年1月31日 14:00:33 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[6817]
さようなら、安倍晋三氏

3. 新共産主義クラブ[5831] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月31日 15:40:22 : IM8d7N1TGs : butGBK8IRkM[1]
 
 総務省管轄の「電子政府利用支援センター」の「e-Gov法令検索」では、
 
 既に「日本国憲法」のことを『昭和二十一年憲法』と表記している。
 
 安倍政府の方は、憲法を変えて、『新元号・元年憲法』にする気、満々なんじゃないの?
 
 
◆ 昭和二十一年憲法《日本国憲法》 
 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html
 

4. 2018年1月31日 17:07:40 : qNApj6abVo : pmR1FMr_lBA[2159]
安倍政権は、すでにトランプ政権誕生から死に体。

アメリカ・ネオコン戦争家からのご指示、ご指導が無くなり、右往左往しています。

情けない政権なんですよ、アメリカ傀儡政権でしたから、、、、

今や、支えてくれるアメリカネオコン様が力を失くしたものだから、政権内の不祥事がどんどんマスコミからも出てきます。

情報コントロールしていた怖いネオコンがいなくなると、抑えが利かなくなります。

そんなところでしょう、今はね。違いますか?

自民党内部、額賀派から反乱、火の粉が上がってきました。

安倍を支えていたのか?旧田中派の額賀は。

これでは安倍一強になるわな〜

勇気と信念をもって、奴隷国家日本を脱却してください。

安倍の戦後レジュームからの脱着!は日本自立の事かと思っていたが、勘違いでした。
憲法改悪し、自衛隊をアメリカ軍の傭兵にしアメリカの戦争に参加する、、、このことだったようです。

これでは、日本国民、許さない!

真の保守勢力、平和のリベラルな団体は、、こんな安倍を認めないでしょう。

安倍は一体何なんでしょう?  アメリカの代理人、アメリカ・ネオコンの傀儡政権と見たが正解のようです。

最近、保守団体が安倍を批判・信任しない発表を受けて、私は保守でない、と言い出しました。

自殺された保守の西部すすむ氏も、現状に失望し何もいい事ないから死にたい、、。アメ公は許さん、日本はジャップになり下がったと、、、。

一体何なのだ?安倍は。飾り人形で、売国をしアメリカにお金をプレゼントしている売国奴政治家!かもしれませんね。

韓国同様、平成以降、日本は富を収奪されました。これが現在日本の現実です。


5. 2018年1月31日 18:28:27 : u3ndRMPYbk : MNXPdRHySko[320]

「モリ・カケ・スパ」は安倍政権が続く限りやらないと駄目だな。

もっと言えば首相が辞めるまでやらないと。そして次の政権で再発防止を真に議論する

みとができる。

安部政権はいろんな意味で「国民主権」の土台を崩した。官僚が平然と国民に向けて嘘

を言うのもその一つだ。


6. 戦争とはこういう物[2575] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2018年1月31日 19:28:59 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[1219]
 自民党改憲案が提出される頃に、再び「キタチョーセンのミサイル」が発射される。寝起きに「ジェーアラート」が鳴り響き、朝昼晩深夜のニュース全局で毎日4回1週間以上「キタチョーセンのキョーイ」が報道、小中高等大学校で「ダンゴムシ避難訓練」が実施、さらにA軽Bだの腿黒だのアイドルが「ケンポ―”カイセイ”投票に行きましょう」とTVネットCMで繰り返せば「改正に投票」してしまう「ワカモノ」も増加。
 シナリオはもう用意されているのでは?

7. 2018年2月01日 02:53:06 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2657]
  中東やアフリカに兵隊を出して来た米軍産は、PTSD兵士を抱えた米議会の厭戦気分に押されて世界の警察官役を降りたいのだろう、それには北の殲滅作戦を理由に、アジアで戦火を交えて軍需産業の利益を守ると同時に、実戦は日韓という好戦型でかつ政官癒着により財政規律が緩く、相場の何倍もの価格で大型兵器を役人サイドで購入してしまうような国に任せられれば幸いであろう。
   ただ難点は日本の不戦憲法であるところ、これを取っ払えれば米軍産にとっても朗報であり、ロビーが米議会人と見まごう形で陰に陽に、改憲を働き掛けているのではないか。
   不戦憲法を前面に出していれば、米国の25分の1の国土、中国の13分の1の人口である、地震が頻発し原発事故の収束もままならない小さな島国が世界第三位の軍事大国になるべくも無かった筈が、政官癒着により米軍産ロビーに目を付けられ、大型兵器を次から次へと防衛官僚が独断で買い込んだ結果、遂に最高法規の方を変えねばならない程に肥大化してしまったのである。
   実態に合わせてゴールポストを動かしていたのでは法治主義とは真逆であるが、世界の首脳と違い、元々就任時に護憲を誓っていない安倍政権は、米軍産にとっては格好のカモであろう。
   改憲は自民党の党是となっており、安倍首相は首相というより自民党総裁として改憲ムーブメントの先頭に立ちたいのであるが、他の政党や無所属議員を支持する国民レベルは自民党とは全く違い、むしろ現憲法理念がいつになったら実現するのか、戦後70年、待ち続けている状態である。
   従って、改憲ブームを起こしたいのは、主に自民党と米軍産だけである。
   米軍産にとっては、愈々日韓が軍事活動に本格的にのめり込んでくれれば幸いだが、日本は、国民投票に至るまでの改憲に要するコストが関係者の懐に入るのであり、国政選挙同様に選挙請負事業者に丸投げすれば、それこそ青天井の改憲イベントとなろう。
   いずれにしても、殆どの国民が望んでもいない改憲祭りには、自民、維新以外の政党や無所属議員が乗らなくても当然であり、賢明である。
   
   
   

8. 2018年2月01日 12:50:14 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[130]
要するに 「侵略戦争は繰り返さない」 と言うだけならば簡単な事であるが ならば何が侵略戦争で
何が自衛の戦争なのか、国家の責任として示すことが出来ない 何をもって侵略なのか自衛なのか
一番肝心な 線引きをするための論拠がない こんなんでは あの戦争を再び繰り返さないという確約は
無きに等しい すなわち どんなに発議しても 国民投票で絶対に否決されるは必定である。


あと、30年くらいは掛かりますな 憲法改正

「あの戦争は自衛だった」 ← こんな馬鹿な論理を ほざく連中が一人でもいる内は時期尚早という事。 


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK239掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK239掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK239掲示板  
次へ