★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK242 > 846.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍氏、柳瀬氏は王手状態。悪あがきを醜くする続ける程日本の不幸(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/18/senkyo242/msg/846.html
投稿者 一平民 日時 2018 年 4 月 12 日 22:00:37: weTx3UHdkkpXM iOqVvZav
 

安倍氏、柳瀬氏は王手状態。悪あがきを醜くする続ける程日本の不幸。
かっちの言い分
http://31634308.at.webry.info/201804/article_13.html


安倍首相、さらに麻生大臣が居て、今起こっている全ての事象が根源となっている。モラルハザードの百貨店である。すべて、TOPの姿勢、考えに、官僚たちが毒されている。


安倍首相は、理財局の不祥事の調査を麻生大臣に任せていると言う。麻生大臣は理財局長らに調べさせているという。しかし、調査では誰が指示して、誰がどうしたのかの情報は全く上がってこない。安倍氏も麻生氏も、本当の真実が上がって来られると困るから上がってこないのだ。このような調査は2日もあれば全て済む話しなのだ。部下も上から命令されてやったものを、そのまま真実を上に上げると全て事実がバレてしまうから、あげられないのだ。


麻生氏は、決済文書に全て目を通さず承認印を押していると、何の恥らも無く、シャーシャーと述べる。そんなTOPの薫陶か、火中の財務省事務トップである福田次官が女性記者にセクハラをしたということだ。これに対して麻生大臣は口頭注意だけで、セクハラ調査もせず、処分もしないと言う。普通の会社では更迭か、罷免である。今や、国の行政府が堕落し、腐ってきている。


しかし、お天道様は見ているものだ。加計問題も一旦は沈静するかと思われたが、またも朝日新聞のスクープで、愛媛県職員の柳瀬元首相秘書官の「首相案件」記事が出て来て180度話が変わってきた。柳瀬元秘書官は「記憶の限りにおいてはお会いしていない」と否定しているが、政府の御用新聞の読売新聞の取材で、面会者の一人が確かに「首相案件」と発言したことを証言したことが明らかになった。


「首相案件、柳瀬氏が発言」面会の1人が証言
http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20180412-OYT1T50101.html


2018年4月12日
 学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、県や市の職員らが2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会したとする記録文書に関連し、出席者の一人が読売新聞の取材に、柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言し、柳瀬氏から「首相案件」との言葉があったことも認めた。


柳瀬氏の国会招致は決まりそうということだ。その際は愛媛県の職員も参考人招致をしてもらいたいものだ。もう柳瀬氏、安倍首相が嘘を言っているのは明らかで、愛媛県側が証拠を出しているので、ボールは首相側に投げられている。首相、柳瀬氏が嘘でないと証明しなければならないのだ。こんな話は、官邸の入退記録を見ればすぐにわかるものだ。なぜなら、最も厳しい官邸に入るためには、入退時間、誰が、誰に会うかの記録は必須だからだ。それを直ぐに廃棄したという。あり得ない話である。もし官邸で何か事件が起これば、誰が入館し、誰にあったか、入退時間はいつかもわからない。絶対に廃棄する情報ではない。今でもちゃんと保管されているはずだ。


元検事の郷原氏が、興味ある以下のブログを書いている。安倍王将は「詰み」まで指すのかと。安倍氏の性格からは最後の最後まで、悪あがきをすると予想される。要するに、それだけ常識が無い男だと言うことだ。早く政界から消えてくることが日本の幸せだ。


“安倍王将”は「詰み」まで指し続けるのか
https://nobuogohara.com/2018/04/12/%E5%AE%89%E5%80%8D%E7%8E%8B%E5%B0%86%E3%81%AF%E3%80%8C%E8%A9%B0%E3%81%BF%E3%80%8D%E3%81%BE%E3%81%A7%E6%8C%87%E3%81%97%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B/


(前略)
昨年2月以降、森友学園問題については「私や妻が関係していたということになれば、これはもうまさに、私は、間違いなく総理大臣も国会議員も辞める。」、加計学園問題については「特定の人物や特定の学校の名前を出している以上、確証が無ければ極めて失礼ですよ。」という安倍首相の国会での発言が発端となり、「モリ・カケ問題」は一年以上にわたって国政に重大な影響を与える案件となってきた。その間、「安倍総理を侮辱した」との理由による籠池氏証人喚問、官房長官の「怪文書発言」、さらには、「モリ・カケ疑惑隠し」とまで言われた解散総選挙など、政権側の「奇手」「悪手」を重ねてきた。「モリ・カケ問題をめぐる“王将戦”」も既に最終盤に入っている。
“安倍王将”は、このまま「詰み」となるまで指し続けるのだろうか。この辺りで「投了」を真剣に考えるのが、一国の首相としてとるべき姿勢ではなかろうか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[7880] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年4月12日 22:54:43 : UvE7Qnl00k : PVOgJNVD0JU[3]

地方行政(公務員)ではなく、我が秘書官を“信頼”するアホ総理。

この有り得ない様を正しく批判できない国民や報道って、何!?

ホント、冗談抜きで、世界中の笑いモンだぜ、コレ!!!


2. めんたいこ[2652] gt@C8YK9gqKCsQ 2018年4月13日 00:40:54 : vfPrIQNnws : s2VNYvEszmM[1]

中村愛媛県知事は「県の職員は文書をいじる必然性は全くない」「県庁職員は、
しっかりと、報告のために記述したものであることは間違いない」・・・
愛媛県がウソの記録文書を作るメリットはひとつもない。「備忘録」ならなおの
こと、ありのままが書かれているはずだ。

現在は大騒ぎになっているが2015年の何の騒ぎにもなっていない時期に

わざわざ作文する必要も無い、この「備忘録」も怪文書と言ふのか!?

アベは記憶障害のある重病人の柳瀬元秘所官のオツムの中を信用するだと?

愛媛県職員の備忘録は真実なので評価する立場ではない? 間違いであるなら

早急に愛媛県に問合せ確認して訂正等申入れしなければならないが、真実なので

それも出来ないで逃げている。取り敢えず、今月から恒例の海外逃亡ツァーが

始まり、ゼニ撒き爺さんになる。海外に遊びに行っても何の国益にも成らず

日本国民のカネだけ無くなる。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   


3. 2018年4月13日 06:52:00 : 9K3HEJmydI : 5R7DbWw1q44[26]
将棋盤や碁盤をひっくり返すようなメンタリティだよ、そんなに潔いなら第一次の時から政界復帰はしなかった筈。

権力亡者のクズはクズでしかない。


4. やめてーや[26] guKC34LEgVuC4g 2018年4月13日 12:31:27 : CUehrJ6Rds : uxjfOnC_yCM[27]
王がとられても、詰んだことを認めないのがでんでんのすごいところ。
恥も外聞もなく、行き過ぎて、もう神の領域。

本来なら総辞職ではなく、内閣不信任決議で対応すべき状況だが、国会および与党議員
全体も同様に神の領域に入っているため、そんな建前論意味をなさず。

このままぼろぼろの喜劇を暫く見続けなければならないのかな。
そして次回の選挙でも、まるで何もなかったかのように、こうした神の領域にある与党の人々を再び国会に送るのだのだよ、瑞穂の国記念の民は。救いがたいね。
何のことはない、瑞穂の国記念の民そのものが神の領域に入っているんだね。
神楽でも舞いますか?


5. panbet37[655] gpCCgYKOgoKChYKUglKCVg 2018年4月13日 16:18:44 : JnmXhTDdJj : RVPKTEPcwc0[4]
   2018年4月14日付け(13日発売)の日刊ゲンダイ、トップ記事と、古賀茂明氏の緊急連載最終稿は必読。これを読んでも目が覚めない日本人はもう救いようがない。どうしょうもない。安倍の死期、ご臨終はもう目の前に迫っている。

6. 2018年4月13日 19:33:37 : oL2O7Rl0qE : wFtNGMQFqtg[95]
勇ましい 口が募らす 不信感

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK242掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK242掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK242掲示板  
次へ