★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK242 > 871.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
憲法学者・畑田重夫健在<本澤二郎の「日本の風景」(2943)<安倍・日本会議に対抗、奮い立った94歳杖なし列島行脚>
http://www.asyura2.com/18/senkyo242/msg/871.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 4 月 13 日 11:10:39: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52208907.html
2018年04月13日 「ジャーナリスト同盟」通信

<安倍・日本会議に対抗、奮い立った94歳杖なし列島行脚>
 時代は老人の世紀である。老人が弱々しいと、孫や子は死に絶えるしかない。今はその瀬戸際かもしれない。都知事選に何度か挑戦した憲法学者を、御存じの東京都民は多いに違いない。畑田重夫さん、94歳である。5年前に、2度目の政権をむしり取った安倍晋三に対抗して奮起、全国的に講演をしている、と昨年暮れに手紙をくれた。我が家も不幸の連続で不義理を重ねてしまったのだが、護憲の憲法学者は、杖なしで列島を行脚している。上京するのも一苦労するジャーナリストも、せめて94歳までペンを握らねばなるまい。


<信念と行動の人が、まだ日本にいた!>
 昨年の12月からの北京生活で、日本を離れていた。その12月7日付の畑田書簡である。なつかしさに何度も読んだ。残念ながら、都知事選出馬の印象は薄い。次男・正文の医療事故で、頭の中が真っ白だったせいかもしれない。
 恐ろしい運命の渦に巻き込まれていたせいだろう、しかし、畑田さんとは何度も年賀状のやり取りはしていた。間に入ってくれたのは、多分、日刊ゲンダイの記事だと思う。「12月7日の日刊ゲンダイを読んで、なつかしい名前を見て手紙を書いた」と感動するような文面である。

 後輩からだと、当たり前のことだろうが、日本から姿を消してしまった識者の中で、多分、一人敢然と護憲リベラルの主張をする信念と行動の94歳である。感動するのが当然である。恐れ多くて、紹介する時期が遅れてしまったかもしれない。

<河上肇の「貧困物語」へと落ち込んでいる日本>
 畑田さんは、講演録も挟んで送ってくれた。そこに川上肇というカリスマ的な、マルクス経済学者のことを紹介していた。
 学生時代でも、研鑽する機会のなかった怠惰な人間だったので、マルクスも知らない、川上肇も知らない、いわんや有名な「貧困物語」も知らないジャーナリストでしかなかったが、現実の日本は、マルクスはともかくとして川上研究が復活する時代状況かもしれない。

 それもこれも、この5年の間の神社宗教政党・日本会議の暴政と関係している。追い打ちをかけるような、安倍の官房機密費に群がる政治屋・言論人は、どうみても善人ではない。国家神道の戦前を知る畑田さんは、全く違う。その言動は、われわれの100倍、1000倍の威力を発揮する。現に、そのことを実践している。すごい、立派な日本人なのだ。

 筆者にとって、川上肇という名前は、水戸高から京都帝国大学に学んだ、宇都宮徳馬や同僚の水田三喜男を引き付けた人物と聞いた程度であるが、国家主義の日本会議政権が暴走する中で、否応なしに注目されるのであろう。

<史上最低の愚劣な首相いただく日本>
 94歳にして全国行脚する憲法学者・畑田重夫さんから、多くの日本人は「行動する勇気」をもらっていることになる。
 「こんなにひどい政治なのに、行動を起こさない日本人は、とても不思議でならない」という言葉を外国人から聞かされる昨今である。そうした非難を少しでも押し返そうとして、ペンを磨いているジャーナリストだが、まだまだ力不足もいいところである。相手は、史上最低の愚劣極まりない首相退治に手間取っているのだから。
 列島で眠っている識者よ、声を上げよう、行動を起こそうではないか。府中市の佐々田さんは、白髪をなびかせて、デモの先頭を走っている!いい日本を残そう運動全開の時である。

2018年4月13日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[7899] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年4月13日 12:31:50 : NwWQYiC8iY : NhAAyv4W0iw[532]

『いい日本を残そう運動』

『美しい国』とか、『日本を取り戻す』とか、酸っぱくでしょっぱい安倍ワードと違って、
しっかり大地に両足を付き、自らの意志と力で一歩ずつ歩みを進める気概に満ちたいい言葉だ!

『老人』というだけで尊敬はしないが、充分以上に尊敬に値する『老人』の存在は嬉しいネ!!

自分も、かく老いたい、と心から思う。


2. 2018年4月13日 13:13:32 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[301]
「反面教師」 という言葉がある

憲法九条を堅持する事の是非はおいといて、護憲派にとってむしろ安倍総理の存在は 逆の意味で有り難い訳で
安倍が総理になって 国民の間ではむしろ護憲派は増えているのが現状です

その証拠に とうの昔に改憲派勢力は 2/3以上の議席を占めているのに 発議すら出来ない状態である
これは単衣に 安倍首相のせい(お陰?)でもある 国民の警戒感は ますます高まっているという
これが 動かし難い現実と言うものですから 安心せよとまでは言わないものの 必要以上に心配は無用で
≪安倍のお陰で 改憲は ますます遠のいている≫ という構図は、変わりませんて


(ただ 私自身 本当に憲法九条 このままで良いとは思ってはいないが、お馬鹿なウヨ連中がいる内は
断じて時期尚早であるというのが 正直な意見ですけどもね)


3. 斜め中道[4546] js6C35KGk7k 2018年4月13日 17:08:06 : u12DNOjV8I : DpNsSI7B2fY[2967]
>>2 さま
お馬鹿なウヨ連中が消えたら、じっくり話しましょう。
94歳までには、もう少しあるのでね・・・。

4. 日高見連邦共和国[7908] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年4月13日 17:35:43 : NwWQYiC8iY : NhAAyv4W0iw[541]

>>02>>03

私も憲法9条は『なじょにがしねばなんね(なんとかしなくてはならない)』と思っていますが、
それは、戦後70年の日本の歩みと国防の在り方を“総点検”した後でなければ議論はできない
・・・と思っていますが、日本人がそんな“自らの足元を見直す作業”が出来ようとも思いません。

ですので、『消去法であるが、変えないのが一番実害が少ない』と結論づけざるを得ません。(笑)

私は、国連の在り方を根本から見直した上での『国連の集団安全保障に身を委ねる』ことが
“唯一の正解”だと思っておりますが、それこそ『夢想に近い戯れ事』だと笑われるのでようネ。


5. 2018年4月13日 22:35:28 : FihR7U8hTQ : 4Cn8SwptRF0[444]
憲法改正は必要ないと安倍政治を見ながら考えました
悪い奴が権力握っても好き勝手できない様に歯止めをかけることが日本には特に必要
残念ですけど、この国の国民は流されやすい、意見がコロコロ変わることが悪いと思わない人が多いから

6. 2018年4月13日 23:42:38 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[7865]
これは、安倍晋三(呼び捨てOK閣議決定済)が改憲をあきらめた、ということではないのか?

安倍首相は13日夜、自民党大阪府連の幹部らと会食し、大阪維新の会が目指す「大阪都構想」について反対だと明言していたことが分かりました。
https://www.ktv.jp/news/articles/aaf53fa1dfe746548d68e4a926b677c8.html

とうとう、おのれの政治生命の短さを悟ったか…
余命半年。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK242掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK242掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK242掲示板  
次へ