★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK243 > 464.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発推進候補支援新党なら消滅は時間の問題(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/464.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 23 日 00:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

原発推進候補支援新党なら消滅は時間の問題
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-8cb7.html
2018年4月22日 植草一秀の『知られざる真実』


安倍内閣が末期的な様相を示している。

麻生太郎財務相は財務事務次官のセクハラ疑惑浮上に対して、加害者側のトップであるにもかかわらず、事実確認をおろそかにして居直る対応を続けてきた。

公文書の改ざん事案についても、犯罪的行為の当事者である組織の長としての真摯な姿勢などかけらも示さなかった。

セクハラ疑惑を指摘されて、加害者と指摘された福田淳一事務次官の行動を徹底的に確認することが優先されるべきことが当然であるのに、被害者に対して居丈高に名乗り出ることを強要するなど、最低最悪の行動を示し続けている。

野党が麻生太郎財務相の辞任を求めるのは当然のことだ。

また、加計学園疑惑では、2015年4月2日に柳瀬唯夫首相秘書官が加計学園職員と首相官邸で面会した事実がより明確になるなかで、柳瀬氏は「記憶による限り面会していない」の供述を示し続けている。

すでに参考人として国会に招致され、その際の発言の信ぴょう性がなくなったために再度、国会での説明を求められるのであるから、今回は証人喚問でなければ意味がない。

野党は麻生太郎財務相の辞任だけでなく、柳瀬唯夫氏の証人喚問も強く求め、これを受け入れられないなら審議に戻るべきでない。

さらに、安倍首相の昨年2月17日の国会答弁である「私や妻がかかわっていたら、総理大臣も国会議員も辞める」とのかかわりで、安倍昭恵氏の国会での説明が必要であることも言うまでもないことだ。

安倍首相の発言が端緒であり、安倍首相が籠池泰典氏に対して、いきなり証人喚問の実施を求めたことを踏まえれば、安倍昭恵氏の証人喚問を受け入れるべきことも当然である。

野党は腰砕けにならずに、与党に対して毅然とした姿勢で対峙するべきだ。

主権者国民が野党の毅然とした対応を強く求めていることを忘れてはならない。

こうしたなかで、旧民進党の分裂、再編がなおくすぶり続けている。

民進党は主権者国民の支持を完全に失っている。

その淵源はかつて民主党が、主権者国民との公約を踏みにじったことにある。

2009年8月総選挙に際して、民主党は「シロアリ退治なき消費税増税は許さない」ことを公約に掲げた。

ところが、2010年6月、首相の座を獲得した菅直人氏は、何の党内手続きを踏むことなく、突然、消費税率を10%に引き上げる方針を提示した。

このために、2010年7月参院選で民主党は大敗した。

日本政治が崩壊し、その後の安倍自公政治の暴走を生み出す契機になったのが、菅政権による消費税増税提案だった。

菅直人氏の後継首相に就任したのが野田佳彦氏である。

「シロアリを退治しないで消費税を引き上げることは許されない」と絶叫していたのが野田佳彦氏である。

この野田氏が首相になり、「シロアリ退治なき消費税増税」を強行決定した。

このことによって、民主党は主権者国民から完全に見捨てられたのである。

その延長線上の存在が旧民進党であり、主権者国民は、民進党に対する支持を完全に捨て去っている。

これが民進党分裂の背景である。

昨年10月の総選挙を契機に、その民進党がようやく分離・分割を始動させた。

民進党は「隠れ自公」と「反自公」の混合物で、この「水と油」が同居していることが「矛盾」そのものであった。

紆余曲折を経て、民進党の分離・分割が始動し、「反自公」勢力が「立憲民主党」として独立した。

残余の部分が「希望」、「民進」、「無所属」に分裂したかたちで残存している。

いま必要なことは、旧民進党が、「反自公」と「隠れ自公」に完全に分離・分割されることだ。

このなかで、「民進」と「希望」の合流が進められているが、この勢力は、早晩、消滅する定めを負った勢力であると考えられる。

主権者国民の支持がないのだから、存立しようがないだろう。

その裏側にあるのは、「連合」の断末魔の叫びである。

原発推進の「連合」中枢が、このまま進めば、来年参院選で当選者を出すことができないため、「民進」と「希望」を合流させようとしているだけなのだ。

しかし、世の中は、原発推進の「連合」中枢のために存在しているのではない。

原発推進の「連合」中枢は、自民党の支持勢力に衣替えして、組織内候補者を自民党から立候補させればよいのだ。

民進党の分離・分割と同時に実行するべきことは、「連合」の分離・分割である。

「隠れ自公」勢力である「連合」中枢勢力は、足並みを揃えて自公の支持勢力に衣替えするべきである。

そして、本来の労働組合は立憲民主党の支持を鮮明に打ち出すべきである。

「反自公」の主権者国民は「隠れ自公」勢力を支持することはできないのであり、野党勢力を「反自公」で純化させることがいま強く求められている。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年4月23日 00:47:21 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[8055]
⇒《原発推進の「連合」中枢が、このまま進めば、来年参院選で当選者を出すことができないため、「民進」と「希望」を合流させようとしているだけなのだ。》

トンデモですね。

磯崎哲史(自動車総連)
浜野喜史(全国電力関連産業労働組合総連合)
相原久美子(自治労)
神本恵美子(日本教職員組合)
吉川沙織(情報労連・NTT労働組合)
石上俊雄(電機労働組合)
http://diamond.jp/articles/dol-creditcard/88595

ハッキリ言って、電力総連・浜野喜史氏だけを分離すれば、脱原発でまとまれるのではないかと思いますが…
そうもいかないのですかねぇ…

中野晃一氏
「大塚耕平さん、連合以外誰も望まない希望と民進のけじめなき再合流を正当化したいからといって、解散風を煽るのは最低だと思いますよ。あなたほど知性や品性のある人が言うことですか。」
https://twitter.com/knakano1970/status/988021783923052549

注目しましょう。

植草氏、がんばってください。応援しております。


2. 2018年4月23日 07:08:48 : zxkV0bCsWU : ZMKEP4VJTHc[2]
植草氏の
本来の労働組合と政党の

スタンスを明確に示した
秀逸文に拍手。


3. 2018年4月23日 07:35:43 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[608]

『膿うみ』が「膿うみを出す」と言っている。

何処の膿うみを出すのか?

『安倍-山口 の自公政権の膿うみ』−−−−−−もう、膿ウミだらけ!!!!


4. 22A[241] glGCUUE 2018年4月23日 08:10:44 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[2054]
>>1
>ハッキリ言って、電力総連・浜野喜史氏だけを分離すれば、脱原発でまとまれるのではないかと思いますが…
そうもいかないのですかねぇ…

そうもいかないとおもう。連合の神津会長は新日鐵の出身(基幹労連の所属)。原発メーカーの労組も加盟している(これは電力総連ではなく電機連合に所属。)。そのほかにも,原発推進派はいっぱいいると思う。

<参考>
電力総連など3労組、民進に「2030年原発ゼロ」再考を申し入れ 狭まる蓮舫氏への包囲網 (産経新聞)
https://www.sankei.com/politics/news/170218/plt1702180006-n1.html
一部引用する。
 原子力産業と密接な関わりを持つ電力総連、基幹労組、電機連合の3労組が17日、民進党に対し、同党が検討中の「2030年原発ゼロ」方針を再考するよう申し入れたことがわかった。
(引用終わり)


5. 2018年4月23日 11:34:54 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[8056]
2013年えらぼーと

問22:日本の原発について、あなたの考えに近いのはどれですか。
【必要ない】
相原久美子
http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=C01002001001
神本恵美子
http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=C01002009001

【当面は必要だが、将来は廃止すべきだ】
磯崎哲史
http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=C01002005001
吉川沙織
http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=C01002019001

【必要だ】
石上俊雄
http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=C01002004001

【無回答】
浜野喜史
http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=C01002016001

浜野喜史氏はえらぼーと無回答というのも有権者をナメてますね。
「排除」するのは、2人ですね。
穴埋めとして同じ票数を稼げるタレント議員を探す… ですかねぇ…
プロゲーマーとか、ユーチューバーとかでいないのかね…


6. 2018年4月23日 11:52:45 : 1A9AmifRlI : Pl3zukh3t0s[210]
植草一秀氏
>首相の座を獲得した菅直人氏は、何の党内手続きを踏むことなく、突然、消費税率を10%に引き上げる方針を提示した。
>この野田氏が首相になり、「シロアリ退治なき消費税増税」を強行決定した。

植草氏の言われる旧民主党愚行の主犯は全員立民側に集合するのではないか?
菅・枝野が立民にいるのは知っての通り。
野田グループでは蓮舫は既に立民に入り、野田・安住も単独で立民に加わることを目指し、民進と希望の合流に反対して合流の時期を引き延ばしている。

>「いま必要なことは、旧民進党が、「反自公」と「隠れ自公」に完全に分離・分割されることだ。」
まあ、いま無理して野党をバラバラにする必要もないのだろうが、どう見ても立民のほうが隠れ自公だと思うけど?


7. 22A[242] glGCUUE 2018年4月24日 04:11:25 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[2055]
>>6
それはないだろう。どう見ても,前原・長島・松原・細野が隠れ自公だ。全員,希望の党の側だ。
いや,あんまり隠れてはいないね。あからさまに自公だというほうがいい。

民進党の代表選の時の前原と枝野の主張はどうだった?
・安保法制
 前原:アメリカと相談する  枝野:白紙撤回
・消費税
 前原:上げる  枝野:上げるべきだが上げられる状況にない
・共産党との連携
 前原:ない  枝野:行う
・希望の党との連携
 前原:明言せずだが含みを残す  枝野:ない
・原発  以下は代表選と言うより今の政策
 希望の党:2030年代にゼロ  立憲民主党:すぐにゼロ
・憲法
 これについては希望の党の政策がぶれており,はっきりとわからず。
 本音は希望の党は改憲派なのだが,民進と合流する手前,言いにくいものと思われる。
 希望の党の「踏み絵」には改憲を行うと明記されている。

無理して野党をばらばらにするというより,すでにバラバラになっている。
民進・希望が合流したら,政党の数はこの両党の関係政党としては2党になるが,これがもっと増えるかもしれない。すでに希望の党の結党メンバーは希望の党の執行部には分党することを要求している。
どう?隠れ自民的な政策を打ち出すのは,立憲民主ではなく,希望の党の方だ。

野田が今後どうするのかは私にはわからない。ただ,ミスター消費税増税・ミスター原発再稼働の野田を受け入れたら立憲民主党の評判には大いに傷がつく。



▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK243掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK243掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK243掲示板  
次へ