★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK243 > 513.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
海外では安倍政権終わった 国内では安倍政権は安泰? (世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/513.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 24 日 00:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

海外では安倍政権終わった 国内では安倍政権は安泰?
https://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/bbeffac09e057f84e893d05725c3d1d1
2018年04月23日 世相を斬る あいば達也


昨日の読売新聞の世論調査では、内閣支持率が39%、不支持が53%だったそうだ。支持より不支持が多いのだから、安倍内閣は、世論全体では支持されていないことになる。ネット上では、読売の操作に入った世論調査だと云う意見が多いが、必ずしも、そうとは言えない気がしている。問題は、不支持の53%の人が、選挙行動を起こす人々かどうか、そういう悩ましい問題が、民主主義の選挙には隠されている。

毎日新聞では支持率は30%ギリのようだが、不支持が49%だそうだ。最近考えているのは、支持率よりも、不支持の割合を重視しているのだが、問題は、この不支持の人々の投票率が問題なのだろう。政治そのものを常に不支持にする場合もありそうなので、不支持者の5割が棄権すると、25%前後の反対票おなり。支持している人の投票率は相当高いだろうから、支持率は30%あれば、小選挙区では、楽勝の線なのかもしれない。

その意味では、海外では安倍晋三は終わっている、よくも、おめおめとトランプに会いに来るものだ、などと呆れられているが、日本では、スキャンダラスに塗れていても、意外にもしぶとい支持層に守られ、盤石とはいわないが、ぎりぎりセーフの範囲に居残っている。随分、昔のようだが、鳩山由紀夫政権の言行不一致など、官邸に今井や杉田のような輩を飼っておけば、同じように5年は政権を維持できたのだろう、と想像してしまう。

民主主義の投票結果が、自分達の日常生活に、どのような影響を及ぼすものか、リアルに想像できないからだ。筆者個人にしても、いまの日本の民主政治が、どのように機能して、自分の生活に、どのように、どのくらいの頻度で、関わってくるのか、即座に答えることが出来ない。つまり、国政選挙で、選択を強いられても、判断材料に不足があるのだ。選択に際しての守備範囲が広すぎて、あちらを立てればこちらが立たずな面がある。

敢えて、面と向かって、一つ一つの政治的案件や、スキャンダルの数々を提示されれば、その一つ一つに答えることは出来る。ただ、それぞれと云う問題を抜きに、総合的判断ではどうですか、と聞かれた場合、悪いと言えば悪いのだけど、それは、たまたま、いまの政権が安倍政権だと云う理由だけで、石破政権になっても、それ程変わらない気がする。残念だが、枝野政権になっても、我々の日常生活が、大きく変わるようには思えない部分がある。

なぜなのだろう。ひとつには、誰がやっても、日本と云う国が抱えている問題は、容易に解決しない。そして、安倍政権における、危険な思想の流れも、度が過ぎたら、一気に叩き潰せば良いとも思う。無論、現実には、潰そうとしても、そのような危険なシステムは、容易に壊せないように作られてしまうリスクもある。たしかにそうなのだが、どうにもリアルな生活との密着度が希薄だ。おまえが、政治に無関心だから、そう言われれば、たしかにそうだと答えるが、どういわれても、どこか腑に落ちない。

上述は、単なる筆者の心の揺らぎであり、政治理念における考えがないわけではない。政治は国民のためにあるものだし、憲法も、権力を縛るための国民の権利であり、国家と云う、意味不明な浮遊物に与えて良いものではないのはたしかだ。公正公平という、それこそ普遍的価値に則って、国は動かされなければならないものだが、そのシステムを、操作する人々の、私利私欲や保身、欲望といった類を束縛できるシステムは、ないわけである。

現時点では、単なる勘に過ぎないのだが、一個人の判断力の範疇を超えた部分で、国政選挙は選択され過ぎているように思える。デモクラシーが機能する人的制限のようなものが存在して、いま我々が行おうとする民主主義は、オーバフローした地点で、デモクラシー的判断をしているようで仕方がない。一個人の判断の枠を超え過ぎている。ゆえに、フェイクなニュースにも騙されるし、騙しのシステムかも機能する。

ポスト真実の時代に生きる我々と云う問題だ。ポスト真実の悩みを持つ所以も、おそらく、マスコミュニケーションの広さ、マス(大衆)の問題に行きつく。以下に、マス(大衆)に関するWikipedia抜粋を掲載しておく。結局のところ、結論を急ぐが、大きくなり過ぎた単位における、デモクラシーは大衆政治になりやすく、マスメディアなどの餌食もなりやすく、正常に機能することは出来ないもののようだ。


≪大衆・マス(たいしゅう)とは、社会を占める「大多数の・大勢を占める」とされる人々、またはそれに属する個人を指す言葉である。類義語には主に政治用語として使用する民衆(みんしゅう)、危機管理の対象としては群衆(ぐんしゅう)などがある。また国家という単位に於いては、国民も同語に類される。政治学、社会学などの社会科学分野においては大衆は匿名性を帯びた無責任な集団としての意味合いを持ち、顕名性をもつ市民との対比で用いられる。仏教用語における大衆とは、仏法によって調和のとれた人々の集まりの意。≫(Wikipedia抜粋)


≪内閣支持39%、不支持は53%…読売世論調査

 安倍内閣の支持率は39%で、前回調査(3月31日〜4月1日)の42%から3ポイント下がった。支持率の下落は3月9〜11日調査から3回連続で、計15ポイント低下。今回支持率は、第2次安倍内閣発足以降では、昨年7月調査(7月7〜9日)の36%に次いで2番目に低い。

 不支持率は53%となり、第2次内閣以降で最高だった昨年7月の52%を上回った。不支持理由の「首相が信頼できない」62%(前回54%)も最高となった。

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、首相秘書官だった柳瀬唯夫氏が愛媛県職員らと会い、「首相案件」と発言したとされる記録について、柳瀬氏が「記憶の限りでは会っていない」とし、安倍首相も柳瀬氏を信頼していると説明していることに「納得できない」は82%に上った。
 ≫(読売新聞)


≪内閣支持、続落30% 「財務相辞任を」51%

 毎日新聞は21、22両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は30%で3月の前回調査から3ポイント下落し、不支持率は49%と2ポイント上昇した。支持率の低下傾向に歯止めはかからず、2カ月連続で不支持が支持を上回った。財務事務次官のセクハラ疑惑や学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんなど、財務省を巡る問題が相次いでいることについては、麻生太郎副総理兼財務相が「辞任すべきだ」が51%と半数を超えた。

 内閣支持率を支持政党別にみると、自民支持層で66%と前回から8ポイント下落。公明支持層は支持と不支持が並び、与党も下落傾向が続いている。「支持政党はない」と答えた無党派層は不支持が51%だった。

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、2015年当時の首相秘書官が愛媛県職員らとの面会で「首相案件」と発言したと記された文書が見つかった。発言を否定する元秘書官の説明について「納得できない」との回答が74%に達し、「納得できる」は12%にとどまった。

 防衛省が昨年国会で「ない」と説明していた自衛隊イラク派遣部隊の日報が見つかった問題では、文民統制(シビリアンコントロール)が「利いていない」が54%と過半数で、「利いている」は26%だった。

 財務省の不祥事も含む一連の問題で、首相に「責任がある」は64%。「責任はない」の22%を大きく上回った。

 主な政党の支持率は自民党29%、立憲民主党13%でいずれも横ばい。他は共産党3%▽公明党3%▽日本維新の会2%▽民進党1%▽希望の党1%−−−−などで、無党派層は40%だった。
≫【毎日新聞:倉岡一樹】



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年4月24日 01:27:09 : 2ujdPD8O8E : YML9wMJOk8s[1]
各企業が政治政策に断固としてノーをつきつける。それを表に現す事が大事。ネット投稿でも何でもいい。市民を味方につけること。市民は正直なものを支持する。
国民の生産性を堅持する企業体の多くが保守的な権力支持層を崩さない間は、年金世代が柱となって若人の洗脳政策を解くために力強く、社会に肩入れする企業商品に対して不買のボイコット運動を進めればいい。何かをしたいならそれを進める。正しい事を支持する企業から欲しいものを買えばいいだけ。

企業は働き手を守るべきだが、腐った企業は社員を生け贄には差し出すが守らない。テレ朝もそう。
そうした負の影響力を理解する連中がさんざんこれまでメディア媒体を金で買収し、弱い立場の者を脅して企業体に服従させ、世論統制を働きかけてきたというだけのこと。
それくらいしか連中には力と呼べるものが実のところはない。
いまも若い層を中心に「職を失う怖れ」によって組織がただ維持されるだけとする不毛な社会が維持されている。こうした組織的圧力は国民並びに企業、そして国をダメにするだけ。そんなことは誰もがもうわかり切ったこと。
しかし、今はネットの時代だから、ネットでの世論形成が真実を伝える。だから今のまま、各個人がネットで自分の心に正しいと思える事を発信し続ければそれでいい。それが組織的ともいえる大きな力と成り得る。そうした新たな個人の力の凝集だけが今後国家には必要なものとなる。そこでは正しい力だけがただ増幅していくのみとなる。
金で雇われた人間は嘘しかつけない。だからすぐバレる。それらはやがて見向きもされなくなる。いまそうなりつつある。風が吹いている。


2. 2018年4月24日 03:09:08 : 7E8j7MILFc : 0K7ttagGsXM[1]
トランプ憎しの海外メディアは
一貫して同じ事しか言わないよねw

バックが同じだからね


3. 2018年4月24日 07:30:18 : Cl4PAcyXRI : k_v5_HyDXlw[3]
経済アナリストの中原圭介氏は、2019〜20年にはアメリカが景気後退に陥り、その悪影響が全世界へ波及する可能性があると指摘する。その引き金となるのは、すでにリーマン・ショック時を上回り、崩壊寸前にまで膨らんでしまったアメリカ人の「借金バブル」だという…。

4. 2018年4月24日 16:48:26 : lh1GGwoOtM : YsxGZGc1SWo[2097]
>民主主義の投票結果が、自分達の日常生活に、どのような影響を及ぼすものか、リアルに想像できないからだ。筆者個人にしても、いまの日本の民主政治が、どのように機能して、自分の生活に、どのように、どのくらいの頻度で、関わってくるのか、即座に答えることが出来ない。つまり、国政選挙で、選択を強いられても、判断材料に不足があるのだ。選択に際しての守備範囲が広すぎて、あちらを立てればこちらが立たずな面がある。

>敢えて、面と向かって、一つ一つの政治的案件や、スキャンダルの数々を提示されれば、その一つ一つに答えることは出来る。ただ、それぞれと云う問題を抜きに、総合的判断ではどうですか、と聞かれた場合、悪いと言えば悪いのだけど、それは、たまたま、いまの政権が安倍政権だと云う理由だけで、石破政権になっても、それ程変わらない気がする。残念だが、枝野政権になっても、我々の日常生活が、大きく変わるようには思えない部分がある。

確かにそれはそうなのだが、そうした問題は「安倍以前の自民党政権」からもずっとあったことで、安倍に限ったことではない。だから安倍がゾンビ化している理由にはならないだろう。安倍政権の特異性は他にあるはずだが、はて?


5. 2018年4月24日 18:06:32 : pC0zvvsSTk : wXPrYrOThDc[32]
あいば氏にしては、随分と中庸な意見を披瀝している。
時折、この不可思議な人物のブログを読む。保守思想が根底にあるのに、かなり人権や弱者に寄り添う信条の強い人のようだ。
彼が言うように、政治によって、国民生活に劇的に変ることは、実は、意外に少ないのだろう。
もしかすると、志位和夫が首相になっても、幾つかの側面だけ象徴的に変るだろうが、すべてがガラガラポンとは変らないだろう。
或る意味で、自民党から共産党に政権交代があっても、1〜2割程度の変化が起きるだけで、国の仕組みは大転換はしないと思う。正直、政治の力で、それ以上変えられても、国民は迷惑に違いない。

6. 2018年4月24日 19:24:56 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2754]
2018年4月24日(火)

主張

国会の異常事態

打開の責任は政府・与党にある

 森友学園への国有地格安払い下げと財務省の公文書改ざん、加計学園の獣医学部開設をめぐる首相官邸の関与、自衛隊・防衛省の海外派兵についての「日報」隠ぺい、財務次官のセクハラ問題など、安倍晋三政権で明らかになった改ざんや隠ぺいなどに対し国民の怒りが広がっています。内閣支持率は引き続き低下し、安倍首相も「うみを出し切る」と言わざるを得ませんでした。にもかかわらず政府・与党は野党が要求する麻生太郎財務相の辞任や関係者の証人喚問さえ拒否しています。政府・与党が責任を果たさず審議を強行するなど言語道断です。

野党の要求に「ゼロ」回答

 今週発表された新聞の世論調査結果で、内閣支持率は「読売」で42%から39%に、「毎日」で33%から30%にそれぞれ低下し、不支持率は53%(「読売」)、49%(「毎日」)と上昇しました(いずれも23日付)。先週は日米首脳会談が開かれており、外交が注目された週の内閣支持率は上がる傾向があるといわれるのに逆に下がり、しかも支持率は、政権にとって“危険水域”とされる30%を下回る水準に近付いています。

 内閣支持率の低下や国民の怒りの広がりが、安倍政権の下での公文書の改ざんや隠ぺい、法案に関わるデータねつ造や財務次官のセクハラ、現職自衛官の国会議員に対する暴言など、国民主権や民主主義を根底から揺るがす事態が相次いでいるためなのは明らかです。しかも安倍首相をはじめ、公文書改ざんや次官のセクハラ問題に直接責任を持つ麻生財務相が開き直っていることなどが、国民の不信と怒りに拍車をかけています。「麻生財務相は辞任すべきだ」との声や安倍首相の「責任が大きい」との声がどの世論調査でも大半を占めています。

 日本共産党など国会の野党6党は先週、麻生氏の辞任とともに財務次官の罷免、一連の改ざん、隠ぺいなどの問題の全容解明のために「加計」問題に関与した柳瀬唯夫元首相秘書官ら関係者の国会への証人喚問、「森友」公文書改ざん問題や自衛隊「日報」問題の調査早期公表などを自民・公明の与党に申し入れました。ところが与党はいずれも「ゼロ」回答のため、野党は一切の国会審議に応じていません。

 自民党の森山裕国対委員長は野党を非難し、法案などを口実に一方的な審議も辞さないとし、週明けには参院決算委員会の開催を強行しました。渦中の麻生氏や小野寺五典防衛相は先週末から海外に出かけ、麻生氏は帰国後、辞任の意思がないと公言しています。

 国民主権も民主主義も破壊する大問題をそのままに、審議再開などあり得ません。国会の異常事態を作った責任は政府・与党にあります。政府・与党は事態打開の責任ある提案を示すべきです。

民主主義の根幹に関わる

 国会に提出された「森友」関係の公文書が改ざんされていた問題や実力組織である自衛隊が「日報」を隠ぺいしていたなど、安倍政権による一連の問題は、「国権の最高機関」である国会の在り方や国民主権、文民統制という憲法と民主主義の根幹に関わる大問題です。

 安倍政権の政治私物化、強権政治そのものが「うみ」です。当たり前の民主主義を取り戻すためにも、内閣の総辞職が不可欠です。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-24/2018042401_05_1.html

2018年4月24日(火)

異常国会 打開は与党の責任

野党要求に応じよ

小池書記局長が会見

 森友学園への8億円土地値引き問題や公文書改ざん、加計学園獣医学部新設での首相関与、イラク・南スーダン日報隠ぺいに加えて、幹部自衛官の暴言、厚労省のデータねつ造と過労死隠し、文科省による授業への不当介入、福田淳一財務事務次官によるセクハラ―。これら一連の疑惑・不祥事が底なし状態になるなか、政府による虚偽答弁疑惑、文書改ざん問題への不誠実な対応、証人喚問拒否などで、国会審議の前提が崩れる異常事態となっています。日本共産党など野党6党は、国会審議の環境を整える責任は与党にあるとして、新たな日程には応じていません。自公両党は23日も異常事態打開のための責任ある提案をなんら示さないまま、参院決算委員会を自公などの出席だけで強行するなど、無反省な対応を続けました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-24/2018042401_01_1.jpg
(写真)記者会見する小池晃書記局長=23日、国会内

 日本共産党の小池晃書記局長は23日、国会内で記者会見し、国会審議の前提が壊された異常事態が続いていることについて、加計疑惑やセクハラ疑惑などで与党が最低限の要求にも応じていないとして、「(審議の)環境整備の責任は与党にある」と強調しました。

 小池氏は、「加計学園問題で柳瀬(唯夫)元首相秘書官は明らかに国会で虚偽答弁をした」と指摘。愛媛県や農水省の文書、内閣府から文科省に出されたメールを照らし合わせれば、柳瀬元秘書官は加計問題で愛媛県職員に会っているのに、「記憶の限り会っていない」と繰り返しており、「証人喚問に応じるのは当然なのに、応じない」と問題視しました。

 小池氏は、福田淳一財務次官のセクハラ疑惑についても、財務省は事実関係を認めておらず、「監督責任、任命責任があるのに、事態発覚後もかばい続けた麻生財務相は辞任すべきだと責任を問う声が国民から上がっている。しかしそれにも回答がない」と強調しました。

 小池氏は、「最低限の要求に応じないで、国会の審議だけは応じてくれ、法案は通してくれというのは、とんでもない話だ。ボールは与党にある。それをきちんと投げ返してくるというのが、政府、与党の責任ではないか」と述べました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-24/2018042401_01_1.html


7. 2018年4月25日 22:36:32 : SwaQ0TOIiY : LzVHvlZUyno[21]
>海外では安倍政権終わった 国内では安倍政権は安泰?(この投稿の標題)

 多摩散人です。

では、一年以上この阿修羅で言われてきた「国内では安倍政権は終わった」という意見は、全部デマだったんだ。だって、安倍政権は国内では終わってなくて、「安泰?」だと言うんでしょう。

 いつまで「終わった、終わった」と言い続けるんだろうね。そう言い続けることは、今までの「終わった、終わった」は全部デマだったと白状し続けているということですよ。


8. 2018年4月26日 08:11:39 : QloyKyBqTw : QNC6dalfW_E[387]
>7
ラーマ散人です。
わたしの偽者は、「安泰?」が疑問系であることがわからない、そもそも「?」マークを知らない江戸時代の町民のような人です。「デマゴーグ」の意味を知らず、そもそも「評価」ということが理解できないナニな人です。このようなナニな人のために、報道の中でなされる評価には全て「終わったようなもの」、「詰んだようなもの」と説明してあげる必要が・・・あるわけないですね、普通の人は理解できるから。「半死半生」と言う「評価」だとどう突っ込むんでしょう。まあ、この人の唯一のパテントとしてすがるしかないんだろうけど、恥ずかしいからもうこの理屈は使わないほうがいいですね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK243掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK243掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK243掲示板  
次へ