★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK243 > 522.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
いまだ「突破」できず「お友達優遇」の安倍/政界地獄耳(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/522.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 24 日 11:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

いまだ「突破」できず「お友達優遇」の安倍/政界地獄耳
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201804240000207.html
2018年4月24日9時1分 日刊スポーツ


 ★本来、衆院選の度にチェックすべきは、政権の通信簿だ。首相・安倍晋三政権5年の成績表は、いかがなものか。思えば12年、民主党政権が東日本大震災などの対応や、沖縄の基地問題などで首尾良い政権運営ができなかったことを逆手に、安倍政権は誕生した。当時の選挙スローガンは「日本を取り戻す」。民主党の「コンクリートから人へ」を皮肉り、「コンクリートは人を守る」としたこともあった。13年1月、自民党が政権に返り咲いて初の所信表明演説では、「国民とともに危機突破にまい進する」と述べ「危機突破内閣」とした。17年衆院選では「国難突破」をうたったのに、いまだに突破できていない。そして民主党批判や数字を挙げて、安倍政権を際立たせる手法は、今でも続いている。

 ★「アベノミクス3本の矢によるデフレ脱却」「女性活躍」「地方創生」「1億総活躍」「同一労働同一賃金」「働き方改革」「人づくり革命」「生産性革命」「全世代型社会保障」「この道しかない」。いずれも安倍政権が生み出したスローガンだ。「活躍」「革命」と派手な言い回しがお好みだが、何を成功とするのかの数値化が難しい。また、紛争地に赴く人たちに危険だと警告したので、その先は「自己責任」という言葉も、この政権から使われだした。新自由主義の価値観は、自己責任論をベースに格差社会が広がり、貧困につながっている。

 ★また首相は「人づくり」をせず、主要閣僚も変えず、人材育成に背を向け、「お友達優遇」だけは続けた。今ではその規模は、官僚にまでまん延。「官庁を率いての閣僚経験がなく、官房長官、幹事長と日の当たるポストしか経験していないため、官僚との付き合いが少ない分、知り合いばかり登用することになる」(自民党ベテラン議員)。安倍政権続投を期待する声が自民党から上がるなら、野党は「安倍から日本を取り戻す」と言うだろう。(K)※敬称略


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[8103] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年4月24日 12:26:05 : NwWQYiC8iY : NhAAyv4W0iw[613]

安倍政権のこの特質、なにも今に始まった事じゃなし!(怒)

『お友達優遇』なんて生優しい言葉じゃなく、『ズブズブの利益誘導体質』と言うべきだろう!!

この異常な政権の有り様は、広義の“汚職”とすら言えるだろうがよ!!


2. 斜め中道[4720] js6C35KGk7k 2018年4月24日 13:26:48 : u12DNOjV8I : DpNsSI7B2fY[3140]
 ↑↑
簡潔に述べれば、糞蛙屁とその周辺は、糞にまみれた糞じゃ!・・・ということでありましょうか。

3. エレメンタル[233] g0eDjIOBg5ODXoOL 2018年4月24日 17:36:28 : zzIHq4VnZA : M9_CNTyY0gQ[19]
権力が自民党、及びゲリノミクスに
集中してるって事やろ

官僚なんて福島原発以降
法律をねじ曲げ捲ってるんだから
やりたい放題、法律、憲法
無視し放題やろ



4. 2018年4月24日 19:14:48 : HueeNvm4V2 : lNCy0KjETQw[17]
国家戦略特区は、”自ら経営、役員となっている会社が事業認定を受けることはできない。”とあるそうです。

議員限定のルールなのかわかりませんが、委員であっても、問題ですよね。


5. 2018年4月24日 19:21:48 : FYv369TSRU : QnzxUAAntQQ[215]
虚しさが 際立つだけの スローガン

私物化に 走る疑惑の 司令塔


6. 2018年4月24日 22:35:11 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2749]
霞が関の安倍疲れ(大機小機)

2018/4/24 18:00

 旧大蔵省時代から最強官庁とも称される財務省の福田淳一次官が、テレビ朝日記者へのセクハラ疑惑で辞任に追い込まれた。両者の言い分は対立しているが、財務官僚のイメージは悪化してしまった。本人のものとされる音声を聞いた少なからぬ人が嫌悪感を抱いても不思議ではない。安倍晋三首相の盾になっているかのような麻生太郎副総理・財務相の任命責任論がくすぶるのも致し方ない。

 米国から「Mnotorious(悪名高い) MITI」と良くも悪くも一目置かれた通商産業省を前身とする経済産業省でも、柳瀬唯夫元首相秘書官がやり玉に挙がる。理事長が安倍首相と親しい加計学園の獣医学部新設問題に絡み、愛媛県職員と会ったかどうか。「記憶している限りでは会っていない」という言い訳に、多くの人が高級官僚の傲慢を感じ取る。

 野党はこうした役所を糾弾する会合にテレビカメラを招き入れ、攻勢を演出する。政府与党の支持率は下がり、政策はどこかへ吹き飛んでしまう。最重要法案だったはずの働き方改革も先行きは不透明である。

 だが、テレポリティクスを嘆くだけでは本質を見誤る。ある自民党幹部は「霞が関にまん延するのは安倍ファティーグ(疲れ)だ」と指摘する。敵味方をしゅん別する「強すぎる官邸」と向き合う霞が関官僚の間に広がる厭戦(えんせん)気分。経産省が安倍政権と近く、他省庁の政策分野にずかずかと踏み込んでくることへの反発もある。

 政策論争が停滞する中で、安倍政権には「デフレ脱却」を成果として打ち出したいとの思いがあるだろう。物価上昇率こそ今ひとつだが、失業率が下がり需給ギャップも改善したのは確かだからだ。

 「デフレ脱却」とは何か。2006年3月に内閣府が定義している。「物価が持続的に下落する状況を脱し、再びそうした状況に戻る見込みがないこと」。小泉純一郎政権時の官房長官だった安倍氏と、量的緩和を解除した日銀が対立した時期だ。あえて高いハードルを設定し、日銀に金融緩和姿勢を続けるよう促す意味合いもあった。

 それから12年。「再び戻る見込みがない」と言い切れるか。安倍政権がデフレ脱却をレガシー(遺産)と誇るにはまだ距離があるようにみえる。

(三剣)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29780560U8A420C1EN2000/


7. 2018年4月25日 11:49:03 : oEpQxAsLuo : Ks3vXhTaXNs[149]
これだけのスキャンダル塗れで本人も夫人も私物化の政治をしている者がここまで辞任せず総理の座にしがみ付いている姿は普通の神経ではできない超厚顔無恥の見本だ。それを許している独裁自民党も議員の資格もない。壊滅させるべきだ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK243掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK243掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK243掲示板  
次へ