★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK244 > 269.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本会議・自公の黒い心臓部<本澤二郎の「日本の風景」(2967)<TBS強姦魔とセクハラ事件から逃げる自公>
http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/269.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 5 月 07 日 20:33:28: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52211397.html
2018年05月07日 「ジャーナリスト同盟」通信

<セクハラ・レイプ文化容認体質か>
 自民党に限ったことではないが、いま日本の文化が「近代」という物差しによって、厳しく問われている。そのことに時代を透視して、鋭い論調を世論に問いかける使命のある言論界が、衰弱して立ち上がれない。最近の具体的事例は、官邸の政治力で無罪を勝ち取ったTBS強姦魔の存在である。普通の近代国家の下では、政権は崩壊する場面である。米高級紙は大きく報じたが、日本の大手の新聞は記事にしなかった。直近の例では、財務省の事務次官のセクハラ行為も同様である。自民党内からも、そして女性閣僚からも、事実上、声一つでないありさまだ。日本のセクハラ・レイプ文化の傷は相当深い。政権党の自民・公明の民度の低さも、いかんともしがたい。日本政治の後退と衰弱は、日本人のセクハラ・レイプ文化の深化と比例しているだろう。


<TBS強姦魔事件に沈黙する自公女性議員>
 筆者も生意気なことを言う資格などない。2014年4月28日に、やくざにレイプ・性奴隷を強いられた戦争遺児急死事件(木更津レイプ殺人事件)を徹底取材するまでは、女性をレイプ・性奴隷をなりわい(生業)とするやくざ・暴力団に対して、無関心を決め込んできた。

 判明した事実は、悲しいことだが、やくざレイプ事件を報道取材するメディアが、この日本に一つもないことに気付かされた。これは驚くべき事実の発見だった。やむなく本ブログで「木更津レイプ殺人事件」を繰り返し報道、ついには経済誌「財界にっぽん」で自ら24回も連載した。

<やくざレイプの「木更津レイプ殺人事件」を連載した「財界にっぽん」は新記録>
 残念なことは、同誌はこれまた衝撃なことだが、公明党創価学会に紙面を提供することで、生存権を確保してきた。突如、それが打ち切られて経営が悪化、創刊50年4月号で廃刊に追い込まれた。筆者は、廃刊まで「徹底追及 木更津レイプ殺人事件」「戦後70年を、生きて迎えられなかった戦争遺児」を執筆、警察と世論にやくざ放任の日本社会に警鐘を鳴らしてきた。
 やくざは、主に自民党政治家にまとわりついて、女性の吸血鬼として生存している、女性の大敵である。
 改めて同誌に敬意と感謝を表したい。

<フィリピンに次いで中国もやくざ撲滅作戦>
 この事件の真相究明の過程で、フィリピンのドゥテルテ大統領の強力なやくざ撲滅作戦と、比例してフィリピン女性が歓呼の声を上げていることを知って、大いに感動した。今年に入って、中国の国家主席も、やくざ・黒社会絶滅の号令にも感激、歓迎しながら今後の行方を注視している。

<米国ではレイプ報道にピュリッツァー賞>
 アメリカでは、映画のメッカでの実力者の、数々のレイプ事件を報道した記者が、今年のピュリッツァー賞に輝いている。欧米どころか韓国でも#MeToo運動の広がりで政治家が沈没した。日本でも新潟県知事が屈したものの、永田町も霞が関も無関心を決め込んで、春の嵐が通り過ぎるのをじっと待っている。

<それでもTBS強姦魔事件を追及しない自民と公明>
 TBS強姦魔事件に対して、野党の女性議員は国会で追及しているが、自民党と公明党の政権与党のそれは、これまた沈黙して動こうとはしていない。法務検察を担当している法務大臣は、本来リベラル派の宏池会所属の女性議員だが、TBS強姦魔事件や財務省事務次官のセクハラ事件に沈黙している。

<言論界・ネットもセクハラ・レイプ文化に埋没!>
 夫が元やくざという野田聖子総務相は、フィリピンでやくざ撲滅の現場を見ていながら、腰を上げようとはしていない。いまだにこの活劇を報道した新聞テレビが存在しない。政権与党はいうまでもなく、言論界もセクハラ・レイプ文化に埋没してしまっている。それがネット掲示板にまで及んでいるのは、やはり衝撃的である。
 過去に大平正芳内閣は「文化国家論」を公約に掲げたものの、セクハラ・レイプ文化排除にまでは、駒を進めることが出来ずに、大平本人が命を亡くしてしまった。

<TBS強姦魔とセクハラ事件から逃げる自公>
 近代民主国家では、TBS強姦魔事件のような事例を、国民が容認することはない。蓋をかけようとすれば、国会も官邸も平河町・信濃町が市民デモで包囲され、官邸は崩壊するだろう。
 米ニューヨークタイムズが一面で大きく報道したことは、近代の言論界の本流、あるべき姿を象徴している。犯人が同じ言論人だったことも、欧米ジャーナリストの人権意識の高さを裏付けて小気味いい。

 ああそれなのに、安倍・自公の官邸の暴政に、自民党も公明党も、文句ひとつ言わない。そして女性議員までも沈黙している。これは近代政治の物差しで測定すると、異常どころか異様である。

<元凶はリベラル不在の自民党と公明党>
 この異様な対応は、財務省事務次官のセクハラ事件に対する、財務相の麻生の対応が如実に代弁している。TBS強姦魔事件をチャラにした真犯人は安倍首相本人と、国民のだれもが認識しているのだが、この安倍ー麻生内閣に与党から批判一つ出てこない。

 自民党は言うに及ばず、公明党も右翼化政党に堕落してしまったことを、このことは内外に誇示している。こうした無様な両党の実情に、驚愕する中国の日本研究者は少なくない。特に72年の国交正常化前後から、友好関係にあった公明党創価学会の変質と堕落に、衝撃を受ける研究者は、それまでの深い友好関係が継続してきただけに、ショックもことのほか大きい。
 自民党公明党に、近代の政治資質である人権意識・男女平等の観念が著しく低いことを証明しているだろう。

<底辺は男女差別の神社神道の氏子勢力>
 思うに、自民党を底辺で支えている人たちは、氏子と称する信仰者である。
 戦前は国家神道だったため、日本国民すべてが、この原始宗教と見まごうばかりのお祓い宗教を信じ込まされてきた。これを排除したのが、創価学会であるが、いまは協力して政権を担っているのである。

 この神社神道は、男女平等に真っ向から反対している。男尊女卑を貫いている。
 女性天皇を拒否する。一時、小泉内閣の下で女性天皇制を容認する動きがあったが、背後の日本会議が押しつぶしてしまった。
 男性天皇でなければならないのだ。第一、相撲も神事の一つで、土俵上は女人禁制である。最近、これが大問題になったが、神道という宗教が禁じている。

<神主と巫女の大きすぎる落差>
 神社に行くと、神主がいる。全て男である。巫女(みこ)は女と限っている。双方の垣根は高く、女性が神主になることはない。
 富岡八幡宮事件を想起すれば、よく理解できるだろう。女性の宮司が、弟の元宮司によって、日本刀で殺された。神社に女性宮司の存在は許されないのだ。
 背後に神社本庁が控えている。日本刀殺害事件に神社本庁が絡んでいることは間違いない。国民の多くは、そう見ている。

 筆者が昨年四国で出会った神社の氏子総代は「巫女は売春婦」と断じたものである。あるいはそうかもしれないが、いえることは男女平等無縁ということである。
 この神社の氏子たちが、自民党の支持勢力となっている。自民党取材40年の筆者も、ようやく気づいたばかりである。改憲集団の根っこである。最近判明したことだが、安倍支持者の反共言論人といっていいのか、桜井という女性は、国会直ぐ近くの神社境内に居を構えていることが発覚した。右翼言論界と神社は一体なのだ。

<深刻な女性蔑視の自公内閣>
 世界史を紐解くと、女性の地位の向上が潮流となっている。最近は、男社会のイスラム圏やインド圏にも拡大している。
 インドでは、幼い女性をレイプした残虐行為に、死刑を宣告することが出来るようになった。日本にもまともな政府が誕生すれば、レイプ犯に極刑を課すようになるだろう。レイプは女性殺害を意味する。
 「木更津レイプ殺人事件」の取材から得た結論である。そうでないと、女性は安心して太陽の下で生きては行けない。レイプ重罰化と女性の人権意識高揚教育である。被害者は沈黙しない。声を上げるという人権意識の高揚を図ることで、セクハラ・レイプ文化を排除できるだろう。 
 こうした当たり前のことが、安倍・自公内閣では不可能なのだ。

<低すぎる自公の憲法認識>
 そこには人権重視の日本国憲法に対する、認識の低さが見られる。憲法を軽視する自民党は、否めない事実である。自民党内にリベラル・人権意識の高い政治家がいなくなってしまったのだ。

 最近になって、多少なりとも安倍内外政について、小さい声で異論を発する議員が出ているが、人権問題では、先に見てきたように一人もいない。肝心の女性議員の意識の著しい低さがある。
 いえることは、中学や高校で憲法を教えていないことの反映である。首相自ら口を開けば改憲音頭を合唱するものだから、教育現場が委縮するのもわかる。
 最近では、日本会議が神社の氏子を動かして、改憲運動に動員することが表面化してきた。自民党の右翼化は勢いづいているのである。
 中学・高校で、憲法をしっかりと教えることが、きわめて重要である。

<道遠い男女平等返上の21世紀へ>
 思い起こすと、とても恥ずかしいのだが、中学生のころからだが「女の子に負けるな」という意識が芽生えたことである。そうした雰囲気・環境が、小さな田舎町にも存在したのである。

 現役政治記者として20年、自民党議員と連日交流したものだが、ついぞ田中真紀子さんの部屋をのぞこうとしなかった。昔、李香蘭で有名な映画女優の、山口淑子さんと出会うことを由としなかった。自ら男女差別の世界に呑み込まれていたのである。猛省するばかりだ。

 考えてみると、戦後の日本にも有名になった女性運動家が存在した。それでいて、彼女らに、セクハラ・レイプ文化の日本社会に挑戦する活動家が一人も現れなかった。

 「木更津レイプ殺人事件」を取材しているとき、被害者の信仰仲間が「もう死んでしまった人を、ほじくり返す必要はない。黙っている方が、亡くなった本人は救われる」と筆者の目の前で言い放った。現生ご利益を説く、創価学会信仰の非近代性と底の浅さに仰天させられたものだ。

 道遠い男女平等の日本を、しかし、放任することは許されない。ルース・ベネディクトの「菊と刀」から卒業する21世紀でなければならない。日本会議に屈してはならない。

2018年5月7日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月07日 21:09:04 : 2A5W86Da7k : 37jmthGtd_8[67]
神社原始幼稚反知性宗教を信じる日本会議議員。

2. 2018年5月07日 21:56:19 : luP82JSGXI : kFuGSB1YuZM[1]
山口敬之のレイプを大マスコミが報じないのは、単に安倍政権に忖度してるだけだろう。他の多少ともまともな政権なら、大々的に報じているはず。

日本人は確かに男女平等に遅れているが、一方で性的スキャンダルも大好き。

政権側の締め付けが相当厳しいのだろう。検察と審査怪が「白」のお墨付きを与えたのも大きい。

この問題を、日本の歴史とか文化とか、あまり間口を広げ、深く掘り下げないほうがよい。

かえって問題の原因・所在がわかりにくくなる。


3. 2018年5月07日 22:09:04 : 5OzOFYMUDs : LV8VexQ9lAM[106]
『かくかくしかじか、これこれしかじか、事ほど左様に、<日本怪疑族>の姦計(悪だくみ)が暴露されてしまった!ちゅうことさ。』

<もり・かけ・スパ・レイプ>事件は、明らかに<日本怪疑族>縁起の犯罪である。
そこに“ケツモチ”しているのが、<電通傘下バカメディア>なのである。

言っとくけどさ、<日本怪疑族>実態総勢約4万の内、半分の2万は、所謂“やくざ・テキヤの類”なんだよ?
<日本怪疑>が正式な会員名簿を開示できない理由もここにある、
話を端折って言えば、<日本怪疑族>の本態は、<暴対法>逃れの、“やくざ・テキヤ・地上げ屋・総会ゴロ”の隠れ蓑の過ぎないのである。
この犯罪隠蔽集団の懊悩を暴露すれば、我が<ジャパーン>は、<アメポチ>を脱し、真の独立国家への道筋を始めてつけられるのである。
「お前の敵はお前だ!」を肝に銘じて、真の「民主主義国・ジャパーン」を目指しましょう!


4. 2018年5月08日 08:33:40 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[688]

「日本会議」=「生長の家」

阿修羅投稿より引用>
長期拘留中の「籠池氏」は『生長の家の聖典「生命の實相」。

40巻に及ぶ大著に繰り返し通読しているという。
引用終わり>

<菅野完氏 これ読んだらええと思うよ>差し入れから見えてくる籠池夫妻の

近況と接見禁止の実情(赤澤竜也) - Y!ニュース

http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/284.html

も必見。


5. 2018年5月08日 08:38:48 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[689]

「生長の家」=「日本会議」の洗脳から抜けられない籠池氏。

これでは、「助ける価値」があるか?−−−−−疑問。


6. 2018年5月08日 19:01:52 : wFEcZwOlgQ : dyO9pZpkGaE[92]
「裏」の手が 及ぶ社会の 隅々に

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK244掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK244掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK244掲示板  
次へ