★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK244 > 290.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ギアチェンジ」すると言った辻元清美の負け惜しみ  天木直人 
http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/290.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 5 月 08 日 10:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


※画像クリック拡大


「ギアチェンジ」すると言った辻元清美の負け惜しみ
http://kenpo9.com/archives/3696
2018-05-08 天木直人のブログ


 辻元清美国対委員長を叱るよりも野党だ一党の党首である枝野立憲民主党代表を叱るべきだろう。

 柳瀬元総理秘書官を国会に呼んで、加計学園関係者との面会を認める発言をさせることと引き換えに、野党はあっさりと国会審議の再開に舵を切った。

 こんな馬鹿な事はない。

 柳瀬氏は安倍首相と一緒に中東外遊をしていた。

 そして柳瀬氏が面会を認める腹を固めたというニュースは、安倍首相の中東外遊中に自民党筋の情報として突如としてメディアに流れた。

 これが、安倍首相と柳瀬氏の「悪だくみ」であることは一目瞭然だ。

 それを知っていながら国会審議再開に応じたのは、審議拒否が奏功しなかった焦りだ。

 実際のところきょうの産経は一面トップで「審議拒否に限界 折れた野党」という見出しを掲げている。

 産経がそう書くのはわかるが、朝日でさえも「時時刻刻」で「空転国会 折れた野党」と書いている。

 だったらギアチェンジなどと強がりを張らず素直に敗北を認めるべきだ。

 いや、ギアチェンジをした事自体が敗北なのだ。

 いくら国会審議を再開しても、安倍政権はまともに応じるはずがない。

 柳瀬氏の国会発言も人を馬鹿にしたもので終わるに違いない。

 そして再開国会では、またあの安倍首相の開き直り答弁を聞かされる・

 こんな事で疑惑解明などできるはずがない。

 野党は世論を気にせずにこのまま国会審議をストップして解散・総選挙に追い込むしかない。

 いや、むしろ世論もそれを期待しているに違いない。

 おりしも今日発売のサンデー毎日と週刊フラッシュが解散・総選挙の予想をしていた。

 いずれも自民党の安倍政権の負けはないという予想を立てている。

 もしそれをおそれて国会審議に応じたとしたら何をかいわんやだ。

 どうせ負けを覚悟しているなら、世論を信じて世論に結論を出させるべきだ。

 野党第一党の覚悟が問われている(了)



国会正常化へ…山積する課題で紛糾 20180507houdoustation








































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月08日 10:08:58 : LBMI2VekVo : @dtGCqwN9B0[5]
思い通りにならないとすぐ野党をなじる
こういうのが一番悪い

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:他のコメント者、投稿者への文句を書いてあるだけのコメント(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
2. 2018年5月08日 10:20:38 : jHxe19cydw : usoUfS1tT2k[17]
ギアをローにチェンジしました(笑)

これでは何の為に審議を拒否したんだ?
すべてを茶番にしてしまったようなもの。
民主民進党から何も変わってないな。
腰が据わってない。

「首相は馬鹿にしかさせない」
っていうのは有名だが民主民進党をみてると
「野党党首は腰抜けしかやらせない」
って方針でもあるんじゃないかね。

自民党の草みたいな奴が民主民進党の党首や幹部になってたからさ。
立憲も似たようなもんだな。


3. 2018年5月08日 10:22:29 : VlzT4Sc2cY : 193Yg2I3iX0[1]
(時時刻刻)空転国会、折れた野党 議長仲介仰ぎ審議復帰 柳瀬氏「招致」で歩み寄る
2018年5月8日05時00分 朝日新聞

 野党が8日の衆院本会議から、19日ぶりに国会審議へ復帰することを決めた。麻生太郎財務相の辞任などを求めて審議拒否を続けてきたが、展望は一向に開けない。与党が強硬な姿勢を崩さない中で、満額回答にほど遠いまま正常化に応じざるを得なかった。▼1面参照

 大型連休をはさみ、野党は追い詰められていた。頼ったのは、大島理森衆院議長による仲介だった。

 「異常事態の打開に関する申し入れ」。こう題された文書を手にした立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は7日午前10時、国会内の衆院議長室に入った。文書の末尾には辻元氏ら6人の野党国対委員長の名前が並ぶ。連休中から野党間で入念に準備を進めていた。

 野党が審議拒否を始めたのは4月20日。加計(かけ)学園の獣医学部新設計画をめぐっては柳瀬唯夫元首相秘書官(現・経済産業審議官)の証人喚問を要求し、麻生氏の辞任でも譲らない強気の構えだった。

 だが、与党は証人喚問要求を「刑事事件でもない」と一蹴し、麻生氏は続投を表明。政権の不祥事に対する世論の批判を受け、連休前に与党の譲歩を得る狙いが、与党から「ゼロ回答」のまま審議拒否は長期化した。与党幹部からは「19連休」とからかわれた。野党内からも要求が高すぎるとの声が上がり、国会審議復帰への糸口を探らざるを得ないのが実情だった。

 局面の打開へ先手を打ったのは政府・与党だった。

 加計学園関係者や愛媛県職員らとの面会について「記憶の限りでは、ない」としている柳瀬氏を参考人招致し、学園関係者との面会は認めつつも、同県職員らについて「同席していたかもしれないが記憶にない」と答弁してもらう案の検討に入った。

 この動きが表に出ると、野党も飛びついた。「安倍晋三首相と加計学園の関係を追及する糸口になる」。立憲幹部はこう期待感を示した。

 議長による仲介は、審議復帰の格好を付けるための最終手段だった。申入書には「麻生財務相の辞任」の要求はなかった。辻元氏は6日、自民党の森山裕国対委員長とひそかに会談し、7日の正常化合意に向けた調整を進めていた。

 大島氏は7日午前、辻元氏から申し入れを受けると森山氏を呼び入れ、「民主主義の基本である議論による統治を作る努力をしてもらいたい」と要請。野党が求めた証人喚問ではなかったが、柳瀬氏に対する質問時間を十分に確保することで与党も歩み寄った。

 大島氏の立ち会いのもとで合意した後、辻元氏は記者団にこう語った。

 「十分ではないが、議長にお出ましいただいて、審議ができる環境が整った。ギアを切り替えて、徹底審議でいく」

 安倍首相は7日夜、東京都内のホテルで開かれた石原派の会合で、同派に所属する森山氏の労をねぎらい、「政府としては、しっかりと丁寧に説明をしながら国民のご期待に応えていきたい」と強調した。その1時間ほど後、柳瀬氏は経産省で記者団の取材に応じ、「誠実にしっかりと国会でお話しさせていただきたいと思います」と語った。

 (笹川翔平、別宮潤一、斉藤太郎)

 ■正常化、与党ペースで決着

 国会の正常化は、与党ペースで決着した。柳瀬氏の参考人招致を与党が受け入れた背景には、柳瀬氏の主張をこのまま維持し続けても世論の理解を得られないとの判断があった。加計学園関係者との面会に限って認めることで、国会審議の膠着(こうちゃく)状況を乗り切れる、との計算も働いた。

 愛媛県の文書には、柳瀬氏が同県職員らと面会し、「首相案件」と述べたと記されており、野党側が首相の関与を追及する事態を招いた。だが学園関係者との面会ならば、柳瀬氏の過去の答弁を撤回することなく平行線に持ち込むことができる、ともくろむ。

 さらに与党は、柳瀬氏とともに政府の国家戦略特区ワーキンググループの八田達夫座長の招致も要望。八田氏は過去の国会答弁で獣医学部新設について「決定のプロセスには一点の曇りもない」と発言しており、柳瀬氏と共に呼ぶことで、獣医学部新設には問題がないとの立場を強調することができる。野党は難色を示したが、最終的に与党は両氏に、野党は柳瀬氏のみに質問する形で決着した。

 それでも野党が「一歩前進」と受け止めるのは、柳瀬氏が加計学園関係者との面会を認めれば、獣医学部新設計画が「加計ありき」で進んだことへの疑いが強まるとみるためだ。首相が獣医学部新設への関与を否定してきた過去の答弁との整合性も改めて追及することができる。

 「5月を『疑惑解明月間』にしたい」。辻元氏は記者団にこう意気込む。野党は今後、首相が出席する予算委集中審議や、森友・加計学園問題、自衛隊日報問題、財務省の公文書改ざん問題を扱う各委員会でも真相究明に全力を挙げる方針だ。

 (及川綾子、中崎太郎)

 ■与野党合意のポイント

 ・加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、柳瀬唯夫・元首相秘書官(現・経済産業審議官)と政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の八田達夫座長を国会に参考人招致。野党は柳瀬氏のみに質問する

 ・安倍晋三首相が出席する衆参両院の予算委員会集中審議を複数回行う

 ・財務省による決裁文書改ざん問題で、改ざん前の文書を18日をめどに国会に提出

 ・自衛隊の日報問題の調査結果を今月中に提出

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13483025.html?iref=pc_ss_date


4. 2018年5月08日 10:26:07 : 2A5W86Da7k : 37jmthGtd_8[75]
このおっさん、いつも大事なところで野党を攻撃する。完全にクズだな。森友も加計も自民党がウソばかり隠蔽ばかりだから審議が出来ないのだろうが。

コメント2も同じ、この手の話の尻馬に乗って何か書いている。

日本が本当に民主主義の法治国家なら安倍晋三などとうの昔に退陣している。


5. 2018年5月08日 10:51:25 : wTERqAaGeI : rNWtexay@B4[1]
4さん然り コメンター諸氏も
自画自賛の天木氏にただ単に
乗せられているだけですよ。

6. 真相の道[3598] kF6RioLMk7k 2018年5月08日 11:25:36 : lKEz1hlf2w : 2zbd@nB2O7U[163]
  
> 「ギアチェンジ」すると言った辻元清美の負け惜しみ  天木直人 

> 朝日でさえも「時時刻刻」で「空転国会 折れた野党」と書いている。
 だったらギアチェンジなどと強がりを張らず素直に敗北を認めるべきだ。
   
   
ははは。
  
辻元清美はついに天木直人からさえ見限られたようですね。
  
無能な国会議員を無能だと考えるのは、パヨクであっても同じなようです。
   
  
  



[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ。

7. 2018年5月08日 11:28:09 : wlX4Aj7dgA : 7YClGwB4Vwk[1]
麻生さんの辞任を勝ち取るまでやるって言ってたのに。
なんだかなあ。民主党的なとこを見せられちゃった

8. 2018年5月08日 11:33:27 : LBMI2VekVo : @dtGCqwN9B0[3]
また一回50円の仕事しにきているよ

9. 2018年5月08日 11:34:29 : b0DWGsT58Q : EyPf2f@z8cc[160]
審議拒否を続けるのがいいのか悪いのかはさて置いて

審議に戻ることになった一番大きな原因は
国民民主党玉木共同代表の「原則、審議拒否しない方針で臨みたい」発言
あるいは、国民民主党の同方針じゃないかな


10. 2018年5月08日 11:47:32 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2568]
正確な表現は「折れた野党」ではなく「折れた容共政策」。これによって安倍政治そのものが肯定されたわけではない。容共ではないトランプによる政権に対する圧力は変わらず続く。

11. 2018年5月08日 12:34:00 : z7FyHdHQ4g : @GwJVR4qvzk[2]
江川紹子の事をカレイドは「ダメだなこいつ」と評してたが、天木と同類のような人物だとはね。

天木のアホも、寝言をぐちぐちほざくところは、ネトウヨ工作員共と似て非なるヤローだよ。


12. スポンのポン[9527] g1iDfIOTgsyDfIOT 2018年5月08日 13:17:39 : XN8Mta8rpU : hLJQ36CPSwQ[776]
 
>>7.

>麻生さんの辞任を勝ち取るまでやるって言ってたのに。
 なんだかなあ。民主党的なとこを見せられちゃった

■麻生に「さん」を付けていることでゴミウヨのしっぽがまる見え。

 何が「民主党的なところだ」
 ゴミウヨ的な印象操作を見せられちゃった
 


13. 2018年5月08日 13:27:23 : XXZ0y5yHSE : K9jfzGvaW2E[19]
だから麻生の辞職か柳瀬喚問のどちらかひとつに絞ればよかったのに。
野党時代の自民が、東日本大震災の与野党が一丸となるべきときに審議拒否していたことなどを比較しないマスコミも腐っている。
自民みたいな嘘つきと審議して、議論になるわけがない。

14. 2018年5月08日 13:29:04 : RxvWmneUqE : 3tU1A_vDrYw[96]
戦術は変えてもおかしくない。

国会に柳瀬を引きずり出すことができるのは成果だと思う。

国会の場で野党が攻めている映像が流れるのはいいことだ。自民とその仲間たちが野党がごねているから国会が正常に機能しないかのようにデマを流しまくっているのであるから、ここは柳瀬を手掛かりにして野党が攻める姿を見せねばならない。

昔の自民なら安倍など引きずり降ろしていただろう。元総理の福田氏などまっとうな政治家もいた。しかし、今の自民はネトウヨもどき。早く安倍一族を始末せねばキムジョンウンにさえしてやられてしまいそうだ。


15. 2018年5月08日 13:32:25 : XXZ0y5yHSE : K9jfzGvaW2E[20]
柳瀬招致でも五大疑獄は解消できず、むしろ疑惑は深まる。
不信任を出すなり、野党時代の自民の審議拒否を責めたりして国民にアピールすべき。

16. 2018年5月08日 13:34:16 : 0qZDOjot4w : zqHXmj1gvfY[326]
 審議拒否は少数野党にとって殆ど唯一の国会での武器では有る。しかし多くの「普通の国民」にはそれが理解できずに「民主主義国では議論の場である国会での審議拒否は、民主主義に背くもの」という印象を与えてします。その結果が政党支持率に跳ね返る、という抜きがたい現実が有るので、野党も適当な場面で理由を付けて審議復帰するしかないのである。野党もその辺の決断は非常に悩ましいに違いない。(阿修羅読者などは「普通の国民」の様な理解はしないだろうが)

17. 2018年5月08日 13:37:42 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[8312]
⇒《あっさりと国会審議の再開に舵を切った。》

もっと連休を続ければよいという意見ですか…
まぁまぁ、良いタイミングかと、私は思いましたが…


18. 2018年5月08日 13:37:53 : LBMI2VekVo : @dtGCqwN9B0[4]
とりあえず話題を提供するってことでしょ
誠実wでなければ{ふざけるな!」で対応
誠実wに答えるのなら新たな事実がわかるからまた証人

19. 安倍を辞めさせる会[1424] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2018年5月08日 15:07:11 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[1384]
国民の批判が野党に向かうことのトラウマから脱しなければ自公の思うツボだということがまだわからない。野党の取りうる国会対策は審議拒否ぐらいしかないことを十分知っているはずなんだけど、弱腰が後で後悔することにならなければいいが。

20. 2018年5月08日 17:27:33 : wlX4Aj7dgA : 7YClGwB4Vwk[5]
>>19
審議拒否は国会で5割以上の議席を握ってないと恐くないのでは?

まあいつまでもフルスロットルじゃ壊れちゃうから、ローギアで
ゆったりいくのもありだと思う。


21. 2018年5月08日 21:06:15 : GIXAJNeyzU : bKIXX8catcs[103]
 辻本清美氏、野党側は安倍首相に対して「身を切らせて骨を断つ」の戦術に出たのであり、
表面的な現象だけで評価すべきでない。

 柳瀬元首相秘書官の「学園関係者との面会を認める」官邸の姑息な“言い訳シナリオ”
は、安倍首相答弁の重大な論理破綻を意味する。

 安倍首相の答弁では、加計学園が獣医学部新設の計画をもっていることを知ったのは
「2017年1月20日」であるにもかかわらず、その約2年も前に、右腕たる首相秘書官が
獣医学部新設の話し合いのために加計学園関係者と面談していたのは事実となるからだ。
 首相の秘書官がわざわざ官邸で面談する、それはすなわち「加計学園は首相案件」という
ことの自供を意味し、官邸側を「完落ち」(警察用語で「すべて自供」)に追い込んだ
のである。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK244掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK244掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK244掲示板  
次へ