★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK244 > 630.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<柳瀬氏参考人招致>地に堕ちた公務員倫理――それでも支持率が下がらないのはなぜなのか(Business Journal)
http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/630.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 5 月 16 日 01:06:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【柳瀬氏参考人招致】地に堕ちた公務員倫理――それでも支持率が下がらないのはなぜなのか
http://biz-journal.jp/2018/05/post_23334.html
2018.05.15 江川紹子の「事件ウオッチ」第103回 文=江川紹子/ジャーナリスト Business Journal

  
   柳瀬唯夫元首相秘書官(写真:AFP/アフロ)


「ゆるぎない信頼 誇れる公務」

 これは、国家公務員倫理審査会が毎年募集している「国家公務員の倫理感を高める、心に響くキャッチフレーズ」の、昨年度の最優秀作品だ。

 その「信頼」は、昨年来の森友・加計問題や自衛隊日報問題などで崩れ落ち、「ゆるぎない」どころか、もはや惨憺たるありさまになっている。そんななかで行われた、柳瀬唯夫・元首相秘書官の参考人招致は、信頼崩壊のだめ押しとなってしまったのではないか。

■都合の悪いことは国民から隠す安倍政権

 参考人招致の前、柳瀬氏は「誠実にしっかりと国会で話したい」と述べていた。確かに彼は、ボスである安倍晋三首相に対しては「誠実に」、というより「忠実に」ふるまった。一方で、国民全体に対しては、極めて不誠実な態度に終始したと言わざるをえない。

 それを象徴するのが、2015年に3度にわたって行われた加計学園関係者との面会は認めながらも、それについて一度も「総理に報告したことはない」と言い切ったことだ。

 常識では、ありえない。

 何人もの首相秘書官経験者を含めた元公務員たち、あるいは政治畑のジャーナリストらも「ありえない」と断じた。何かと安倍政権を擁護するコメントをしてきた解説者までもが、「私でさえおかしいと思う」と述べて、スタジオの失笑を買ったほどだ。

 どんなに荒唐無稽な言い分でも、首相に報告した証拠がなければ虚偽答弁の証明はできないだろうと高をくくっているとしか思えない。

 不誠実さを象徴するもうひとつのやりとりは、前回の参考人招致の際には「記憶にない」を繰り返した理由を聞かれた場面であった。彼は、前回の招致の時点で「加計学園関係者と会った記憶はあった」という。それなのに語らなかった理由を問われ、こう述べた。

「これまで、個々のご質問に対し、一つひとつ答えて参りました。しかしながら、私が質問にあったことだけをお答えした結果、全体像が見えなくなって、国民の方にもわかりづらくなり、国会審議にも大変ご迷惑を掛けして、大変申し訳ありませんでした」

 聞かれなかったから言わなかった。こういう開き直りを、慇懃無礼な言い回しで淡々と、よどみなく述べる彼の表情からは、なんの感情も読み取れなかった。Q&Aの予定稿を頭に叩き込み、それをアウトプットしてみせた、という体であった。

 前回の招致の際にも、問題になっていたのは、国家戦略特区制度を利用した獣医学部新設をめぐり、安倍首相の親友が経営する加計学園を優遇する不公平な取り扱いがあったのではないか、という疑惑だ。今治市職員との面会についての質問は、その疑惑解明のために行われたことは言うまでもない。それなのに、肝心の加計学園との面談を伏せたという彼の態度からは、動かぬ証拠を突きつけられるまで、不都合なことは隠しておく、という強い意思が読み取れる。

 うやむやのまま済ませようとしたのに、愛媛県が作成した面会時の記録に「首相案件」との発言が記載されていることから、首相を守る防波堤として、再び駆り出されたのだろう。安倍首相は、加計学園の獣医学部新設の計画を知ったのは「2017年1月」と国会答弁しており、柳瀬氏は2015年4月の面談は首相の耳に入らなかったと断言して、面談と首相を遮断する役割を託されたといえる。

 彼の答弁を「嘘」と喝破したのが、中村時広・愛媛県知事だ。同県職員の記録や名刺という物証に支えられた中村知事の主張と、「記憶」だけの柳瀬氏の言い分のどちらに信用性があるかは明らかだろう。

 証人喚問であれば、偽証罪の制裁があるため、虚偽を述べるハードルは高くなったが、それは与党が頑として応じなかった。野党は中村知事の参考人招致を求めたが、それも与党の反対で実現しない。政府、与党を挙げて、安倍首相を守るために、国民が求める真相解明を犠牲にしていると言わざるをえない。

 都合の悪いことは伏せ、動かぬ証拠を突きつけられても、あれこれと詭弁を弄して切り抜けようとする態度も、柳瀬氏個人の資質の問題というより、安倍政権そのものの負の側面を象徴しているように思える。

 これまで安倍首相に対しては、好意的なコメントが目立っていた橋本五郎・読売新聞特別編集委員ですら、安倍政権が国民の不信を呼んでいる理由について、こう書いている。

「まず指摘できるのは、『えこひいき』があったのではないかと思われていることである」

「第二は、『嘘をついているのではないか』と思われていることである。さまざまな記録が残っているにもかかわらず会った記憶はないという。文書は廃棄したといいながら、見つかるとつじつまあわせの答弁をする。親友の悲願であるのに一度も獣医学部の話はしなかったという。(中略)もっとも問われているのは『正直さ』なのではないだろうか」(5月12日付読売新聞)

 加計問題だけではない。森友学園をめぐる問題では、文書が隠され、官僚が虚偽の答弁を行い、そのうえ安倍首相や理財局長らの答弁に合わせるようなかたちで文書の改ざんまで行われていた。そのために、失われた命もあった。

 ほかにも、防衛省の日報隠し、厚労省のデータ隠しなど、どれをとっても、政権が吹っ飛んでもおかしくないような問題が次々に起きている。そこに通底するのは、都合の悪いことは国民から隠しておくという、不正直で不誠実な態度だ。そのうえ、前財務次官のセクハラ問題での麻生財務相の不適切な言動もある。

 ここまで不正直で不誠実な対応を続ける政権が、かつてあっただろうか。

■本当に「ほかに適当な人がいない」のか

 それでも、内閣支持率は底堅い。従来の政権であれば、吹っ飛んでおかしくないような問題がいくつも起き、支持率が急落したとはいえ、各社の世論調査では3割前後の支持は揺るがない。最新の共同通信の世論調査では、柳瀬氏の答弁に「納得できない」が77.5%に達したが、それでも内閣支持率は38.8%で、前回よりむしろ微増している。支持の理由は「ほかに適当な人がいない」42.0%が、「経済政策に期待できる」16.5%、「外交に期待できる」16.1%を大きく上回る。そうした理由から、政府の不正直、不誠実に、日本の3分の1以上の国民が、寛容な態度を示していることになる。

 しかし、国民に対して不正直ということは、本来、民主政治にとって致命的な欠陥のはずである。

 第37代アメリカ大統領のリチャード・ニクソン氏といえば、ウォーターゲート事件が思い浮かぶが、この疑惑が持ち上がるまでの彼は、泥沼状態のベトナム戦争から米軍の撤退を実現させて和平調停に調印し、ソ連とのデタント(緊張緩和)を進め、中華人民共和国を訪問して国交樹立の道筋をつけるなど、外交で赫々たる成果をいくつも上げた。支持率も高かった。

 その彼が辞任に追い込まれたのは、民主党本部に侵入して盗聴器を仕掛けたウォーターゲート事件本体への関与が明らかにされたからではない。事件をもみ消す工作に関与したことについて、虚偽を述べ続け、資料を隠し、提出した資料にも改ざんを加えるなど、真相解明を妨害する不誠実な態度を重ねたことが、国民の強い反発を招き、彼自身を追い詰めたのだ。

 実際には、侵入事件でニクソン大統領再選委員会の関係者が逮捕されて6日後には、大統領はもみ消し工作を承認していた。しかし、ホワイトハウスはそれを隠し、「一切関わっていない」と虚偽を述べ続けた。特別検察官と上院特別特別委員会が、大統領執務室内の会話が録音されているテープの提出を求めたが、大統領は拒否し、特別検察官を解任。それに対する国民の反発が強まって、何もしないわけにはいかなくなり、一部のテープ起こしを提出したが、そこには多くの削除がなされていた。

 世論の批判の高まりに抗しきれず、テープを何本か提出したが、一部は消去するなど、やはり改ざんの痕跡があった。それについてホワイトハウスは、大統領の秘書が誤って消去したなどと苦しい弁明をしたが、批判はさらに高まった。最終的には最高裁の判断で裁判所が求めるテープすべてを引き渡すことになり、それが命取りとなった。

 疑惑が報じられた初期の段階で、ニクソン大統領自身がもみ消し工作への関与を率直に認め、国民に謝罪していれば、それまでの功績を評価する者たちから擁護の声が上がっただろうし、辞任にまで追い込まれなかったかもしれない。

 クリントン大統領が弾劾裁判にかけられ、批判を受けたのも、研修生との「不適切な関係」について、裁判で虚偽の証言をし、国民に対しても嘘をついたからだった。結局彼は事実を認め、テレビ演説で国民に謝罪している。

 ただ、アメリカでも、トランプ大統領になってから、状況はずいぶんと変わったようである。トランプ大統領とロシアとの関係をめぐる疑惑でも、大統領の側近らが、連邦捜査局(FBI)に偽証したことが明らかになったが、トランプ大統領自身はむしろFBIを攻撃。コミー長官は、ロシア疑惑の捜査途中で解任された。司法妨害ではないかとの批判は、大統領支持者には響かないようだ。

 コミー氏は、出演したテレビ番組のロングインタビューに応じ、トランプ大統領について、こう語った。

「大統領は、この国の根幹にある価値観に忠実でなければならない。最も重要な価値は真実だ。この大統領にはそれができない。道徳的に、大統領として不適格だと思う」

 トランプ大統領は、指摘された問題点に答えるのではなく、ツイッターで「歴史上で最低最悪のFBI長官」などとコミー氏を罵倒。同氏の回想録は、発売から1週間で60万部が売れるベストセラーとなっているが、トランプ大統領は再びツイッターで「無力で不正直な、嫌なやつ」と非難し、反撃している。

 トランプ大統領の嘘をメディアがいくら報じても、大統領は国民に対して誠実に説明しようとせず、メディアの側を「フェイクニュース」と言い放って終わりにしてしまう。

 そんなトランプ氏の支持率は、高くはないが底堅く、北朝鮮の金正恩労働党委員長との会談への期待もあって、じわじわと上がっている。

 ほかに適当な人がいないといった消去法や、この人なら自分の生活がよくなるかもしれない、とか外交で成果を上げそうだなどの期待から、真実への謙虚さや国民に対する誠実さが置き去りにされても大目に見るという風潮は、国や社会をどのように変えていくのだろうか。アメリカも、そして日本も−−。

(文=江川紹子/ジャーナリスト)

●江川紹子(えがわ・しょうこ)
東京都出身。神奈川新聞社会部記者を経て、フリーランスに。著書に『魂の虜囚 オウム事件はなぜ起きたか』『人を助ける仕事』『勇気ってなんだろう』ほか。『「歴史認識」とは何か - 対立の構図を超えて』(著者・大沼保昭)では聞き手を務めている。クラシック音楽への造詣も深い。
江川紹子ジャーナル www.egawashoko.com、twitter:amneris84、Facebook:shokoeg









 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月16日 01:14:46 : vTGgJt1bFs : jQeHCmdVAj4[2]
真であると矛盾を起こすことを偽と呼ぶんだ。

2. 2018年5月16日 01:15:47 : vTGgJt1bFs : jQeHCmdVAj4[3]
失礼
×真であると
○真であると仮定すると

3. 2018年5月16日 03:02:06 : ksJgHga3zk : 6nFIqM8O9p8[6]
江川紹子も、なんか鈍いというか、うさんくさいね。

なんで支持率の数字そのものを疑わないのか?

たとえば福島県では地方マスコミによる25%という数字が出たが、なぜそれをスルーするのか?

いったい読売や朝日はどこのだれに電話して聞いているのか?

もし自社新聞購読者とか、東京都民とかなら、それだけで調査対象として偏向している。

江川しかり、日刊ゲンダイとか、「半歩前」とかもマスコミ関係者。

こいつらが大手マスコミ支持率を吹聴し、守りたいものは結局、大手マスコミの体面なんじゃないか?


4. 2018年5月16日 05:09:27 : 0bomFNhCQc : LvK9BhzMqtU[1]
いまや安倍政権の体質ってのは、「世の中、証拠がみつからなければすべて問題ない」で済ませると考えてるんだぞ。なんでもいいんだぞ?「足さえつかなかったら何をしてもいい」という考えだぞ?

麻生「セクハラ罪という罪はないと思いますが」→じゃあ問題はないとでも?
麻生「今ではアウト」→昔もアウト

国民よ、この論理で連中がただ逃げ回ってるってだけということわかってる?
モラルもクソも無いぞこれ?

つまり支持率なんて何の証拠も残ってないぞ。
すでに連中に都合の良い道具として「盛られてる」って事くらい誰でもわかる。
証拠能力もなし、証明する努力もしない。そんなままに信じろってこっちだって無理じゃね?


5. 2018年5月16日 06:34:53 : jFqIwWp6no : xZYHNU_LKCk[25]
>4

 多摩散人です。

>いまや安倍政権の体質ってのは、「世の中、証拠がみつからなければすべて問題ない」で済ませると考えてるんだぞ。なんでもいいんだぞ?「足さえつかなかったら何をしてもいい」という考えだぞ?

 マスコミや阿修羅が証拠もないのに騒いでいることを認めているんですね。


6. 2018年5月16日 07:27:21 : cKU7snOonI : F6mnUBmn3Ak[2]
訃報 毎日新聞社特別編集委員 岸井成格さん(73歳) 肺腺がんにより死去 
http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/629.html

産経、虎ノ門ニュース系の詐欺グループ
「放送法遵守を求める視聴者の会」
 
こういう連中を一生、許してはならない。
http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/665.html
 
岸井氏を攻撃していた 「視聴者の会」
安倍首相が幹部の本を大量購入。


7. 2018年5月16日 08:01:07 : F2WPW4g9iA : 3hkgQnrMD2k[1]
不正選挙を疑うふりして「25%の支持層・得票」は絶対に譲らない火消要員。

8. 2018年5月16日 08:08:02 : mQWIb7y9yo : RzbscbkL9YM[69]
一年以上もモリカケでグダグダやってて野党の支持率は上がってるの?
上がってないだろ?国民は良い加減にしろよってうんざりしてるよ。
その反動でアベが支持率を維持してるだけ。消去法だよ。

9. 2018年5月16日 08:14:02 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[720]

高級?高給?官僚は『公務員法違反』ばかり。

柳瀬、佐川、大田ら財務省の官僚は『国民への奉仕者』の基本を間違えている。

【大田 財務省理財局長の国会答弁】

太田「お答えを申し上げます。私は、公務員として、

『お仕えした方に一生懸命お仕えするのが、仕事なんで』、

それをやられるとさすがに、いくら何でも、そんなつもりは全くありません。それ

はいくら何でも、それはいくら何でもご容赦ください」

【コメント】

『お仕えした方に一生懸命お仕えするのが、仕事なんで』、

『お仕えした方』は安倍、麻生で、『国民』ではありません。

これが【公務員法違反】なんだよ!!

大田は、これが「分かるかな?」「分からないだろうな?」


10. 2018年5月16日 08:45:44 : ksJgHga3zk : 6nFIqM8O9p8[8]
>>7

おい、じゃあ不正選挙厨は、実際の支持率は何%ぐらいだと思ってるのか?

またその数字を、たとえば江川紹子にどう信じてもらうというのか?

おまえらはこう思う、じゃあだれも相手にしないよ。


11. 2018年5月16日 08:52:53 : O785kM0JPQ : xSEcHadaSxE[35]
痴民党は小川エイズ太郎とかいうヤカラの
安倍ネツゾウ支援本を配布して
「アベさんは悪くない!全部アカヒが悪い!」
と地方党員というか痴呆党員に再洗脳ガンバッテるからね

アベジミンの言い訳はぜーーんぶ
「わーたーしーはーやってないーけーえーぱーくーだー」
レベルなので
これじゃ麻原も無罪だな


12. 2018年5月16日 08:58:44 : jHxe19cydw : usoUfS1tT2k[32]
支持率云々した時点でもう本文をまともに
読む気が起きてこない。

>>地に堕ちた公務員倫理――それでも支持率が下がらないのはなぜなのか

なぜなのか?って不思議に思ってるんだろう。
不思議なら公務員の倫理感もさることながら
マスコミを疑おうとしないってのも
これまた不思議だよな(笑)


13. 2018年5月16日 11:14:16 : ognRDQzdSk : YtUax@tRz3U[611]
支持率下がってるさ!!マスコミが嘘を報道しているだけだよ!!

14. あおしろとらの友[1470] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2018年5月16日 11:38:39 : EjQMmGqqwY : pFeLspMmvUk[1]
一番不思議がっているのは他ならぬ安倍自身かもしれない。最大の心配は彼らがモリカケを踏み台にして襟を正し、立ち直ってしまうことなのだ。(笑)。

15. 日高見連邦共和国[8371] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年5月16日 12:19:57 : NwWQYiC8iY : NhAAyv4W0iw[704]

>それでも支持率が下がらないのはなぜなのか

『世論調査』なるものが、きっちり民意を“反映できていない”、これ以外に理由がありますやら!?


16. 2018年5月16日 12:56:01 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[2873]
他に適当な人がいない
自民党って安倍さんしかいなかったっけ?
下にいっぱい詰まってんじゃん

17. 2018年5月16日 13:28:13 : O4pUfLwvsA : lleAWoei_CE[376]
12氏に同感。

12氏と同じような意見が本当は大多数でしょ。

「どうして現内閣の支持率が落ちないのか」などと今更たずねるとは...片腹痛い。
選挙の結果だって同じじゃん。
だれも話を聞いてない候補者が当選して、すさまじいほど人が集まった候補者が落選するなど今の日本では日常茶飯事だ。

どうしてなんでしょうかね、江川さん?

 
 どういう訳でウソばっかついてる政府の支持率が落ちないのか、など皆知ってる。
ドシロートだってわかるこんな事をジャーナリズムで飯食ってる人間が知らないわけないだろが。
この異常にひどい日本の「構造」も最近は皆さま理解し始めた。
そのせいか、どんな犯罪報道があってもモリトモ加計問題をだーれも忘れてくれません。

いいんじゃないの、延々どこまでもやったらいい。


18. 新共産主義クラブ[6285] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年5月16日 15:01:51 : 5YX01sAWJw : kVbS_HCow@o[15]
>>17さん
  
 今年の4月・5月は、元警察官僚の「亀井静香」のお膝元の『広島県警』が、「首相案件」報道よりも国民が興味を引くような「犯罪報道」のネタを提供し、安倍晋三首相を援護射撃していた。
 
 14年前の殺人犯が、「首相案件」報道の最中に、突然、見つかるなんてオカシイ!
 
 疑惑まみれの『広島県警』が、この種の首相官邸の危機に備えて、再犯の可能性が低いと見た殺人犯を、ずっと泳がせていたことは、間違いないだろう。
  
 また、疑惑まみれの『広島県警』が、「首相案件」報道が下火になるまで、脱走犯を手引し、故意に見過ごして匿っていたとしても、なんら不思議ではない。
 
 
◆◆◆ 亀井静香氏、加計問題に「国民は興味持ってない」 「首相案件」報道をバッサリ
(J-CASTニュース,2018/4/11)
 
 亀井静香元金融担当相が、加計学園をめぐる問題で安倍晋三首相を援護射撃だ。
 
2018年4月10日に出演したBSフジの「プライムニュース」で、安倍氏が「行政をゆがめた」という批判を「今度の案件を見ていると、そういう臭いもしないでしょう?」と疑問視し、「国民はね、こんなことに興味は持ってないよ」と切り捨てた。
 
https://www.j-cast.com/2018/04/11325901.html?p=all
 
 
◆ 14年前の広島・女子高生殺害容疑、山口の35歳男逮捕
(朝日新聞,2018年4月13日)
https://www.asahi.com/articles/ASL4F1R3VL4FPITB001.html
 
 
◆ 「元の生活に戻れる」「まさか広島で…」 逮捕の知らせに尾道・向島の島民は安堵
(産経WEST,2018.4.30)
https://www.sankei.com/west/news/180430/wst1804300030-n1.html
 
 
◆ 広島県警8572万円盗難から1年 「迷宮入り」が現実味の理由
(日刊ゲンダイ,2018年5月9日)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/228605
 
 
(参考) 
◆ 広島中央署8500万円盗難事件 30代捜査員の「謎の死」
(NEWSポストセブン,2017.10.18 )
https://www.news-postseven.com/archives/20171018_621535.html
 

19. 新共産主義クラブ[6286] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年5月16日 15:19:25 : SJCgnZlodc : JlLQ7v@DM40[25]
>>18(追記)
 
 
 阿修羅掲示板には、亀井静香を信奉(しんぽう)する右翼による書き込みが多い。
 
 そのような右翼が、安倍晋三と繋(つな)がっていることは、亀井静香の言動(げんどう)から判(わか)る。 
 

20. 2018年5月16日 15:38:59 : LD37zNu8ts : rPTg3_kJ2JQ[96]

>>4,12,17さんに同意!

捏造され、垂れ流される高い支持率は、メディアぐるみの不正選挙と連動している。
だからメディアは絶対にTVのdボタン調査をせず、本当の支持率を決して伝えない。
そして、再開票を求める裁判が却下され続けている事実も絶対に伝えない。グルである。
それと、トランプとアベを同列に批判するのは、根本的に間違っている。

>不正選挙実施のためのメディア対策
http://blogs.yahoo.co.jp/y2001317/46577694.html
1、メディアや電通などをアメ・ムチ・恐怖で支配して共謀者とし、言論統制を実施する。不都合な真実を報道するものは抹殺する(NHK長谷川浩報道主幹、報ステ宮路真樹ディレクターなど)
2、御用メディアから不正で勝たせようとする政党の支持率が高いとデマ報道を垂れ流す
3、御用メディアを使い、選挙における争点を意図的にずらす
(原発よりも景気!TPPはウソだけど反対!など)・・・・・・以下略

>「擬似民主主義」 (self.tikagenron)
https://www.reddit.com/r/tikagenron/comments/5abnsb/%E6%93%AC%E4%BC%BC%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9/

>トランプ大統領と嘘吐きインチキ国難総理の比較。
http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/391.html#c26

1、トランプは、「多くの国民の支持」を得て、「選挙の不正を乗り越え」、大統領に就任した。
・・・・安倍は、「米国・財界の<指示>」と「マスコミぐるみの不正選挙」で売国奴総理となった。

>屋外競技場(?)のトランプ(数万人) VS 小さな集会所のヒラリー(100人?)
https://twitter.com/trump2016donald/status/646456684106391554
>あまりにも対照的な、枝野コールと逃げ回る国難のアベ: https://imgur.com/a/99SNP

2、トランプは、国民のための政府を作り、国民のための政治を実現しようとしている。
・・・・安倍は、憲法を無視・破壊し、国民を欺き、外資・多国籍企業・官僚機構のための政治を強行してきた。更に権力を私物化し利権・腐敗・情報隠蔽など、悪のオンパレード。そして人権弾圧を進め、天皇主権・軍国主義を根幹とする明治憲法の再来を熱望するカルト・ヤスクニ・日本会議・統一教会の精神異常者である。イラク・南スでの自衛官戦死も隠蔽している。

>「おススメ」ドナルド・トランプ新米大統領の就任演説__嘘メディの報道と異なり、超満員!
http://lovetrumpjapan.oops.jp/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e5%b0%b1%e4%bb%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac/

3、トランプは、米国軍産によるニセ旗テロやシリアへの侵略戦争を終わらせようとしている。
・・・・安倍は、日米軍産のポチとして、ニセ旗戦争に参加しようと必死になっていたが、米国の旧軍産が失脚し始めたので経団連の指示に従い、習さんに尻尾を振り始めたが、嫌われていることは明らか。

4、トランプは国民生活の向上を願い、1%のためのTPP・温暖化詐欺から永久離脱を決断した。また、日本のほか、世界各国に武器を売り、人殺しをせずに軍産を喜ばせている。他方、旧勢力で人殺し軍産のヒラリー・マケイン・ラムズフェルドなどの犯罪を暴きつつある。死刑になるかも?
・・・・安倍は、外資と多国籍企業の利益拡大のため、国民を見捨てTPPに執着し、キムさんに日本製(M菱?)のテポドンを電話で発注し、役に立たない高額な武器を購入し、国民を飢えさせながら親族の商社を喜ばせている。

>▼北朝鮮ミサイル実は“日本製” マンガもいいところ!
http://85280384.at.webry.info/201711/article_84.html

5、トランプは、ふり仮名がなくても英文の原稿を読める。(当然か?)
・・・・安倍は、ふり仮名がないと「デンデン」と読み、ト書きがないと水も飲めず、得意技は虚言・詭弁とでんぐり返し。そして違法な大麻を医療用に処方しているとの噂もある。薬物中毒?

6、トランプは、米国の大統領として世界と日本に大きな影響力を持っている。プー・習さんも。
・・・・安倍は、兵器売買・人殺し・麻薬組織を業務とするCIAの手下であり、隷米売国のDNAを埋め込まれた奴隷。米資・多国籍企業・日米軍産のポチである。半分死んでる麻生も同じ。

7、トランプは、国民から圧倒的な支持を得ているが、マスゴミはバッシングを続けている。
・・・・安倍は、多くの国民から忌み嫌われているが、マスゴミは安倍ヨイショを続けてきた。

8、トランプは、プーチンと共に、世界平和を願う良識ある人々から期待されている。
・・・安倍は、世界の鼻つまみ者。日米軍産の悪あがきに踊る精神異常者である。

9、もしトランプに万が一のことがあれば、多くの米国民は悲しみの涙に明け暮れることだろう。
・・・安倍に万が一のことがあれば、多くの国民は天誅が下ったと歓喜の涙を流し、赤飯を炊き、万歳の声が溢れることだろう。世界首脳は、今後、嘘吐きで強姦魔隠蔽で下痢気味の鼻つまみ者に会わずに済むことを心の中で喜ぶだろう。
__________________________________________

>NYの陰謀論者(=真実追及者)が語る「魂の夜明けの時代」ってホント!?
https://ameblo.jp/makimed/entry-12257966124.html
・不正選挙プログラムを操作する中央コンピュ—タ室がコロラドにある事を知った米軍の特殊部隊が 選挙当日に乱入し銃撃戦 (操作中の職員たちを射殺) があったとの事です:
・事実、開票日前夜に、クリントン一家が「ヒラリークリントン大統領誕生」を祝うパーティを開いて大喜び(ぬか喜び?)していた模様が暴露されています:

>何度も言うが、元凶は不正選挙だ (self.tikagenron)
https://www.reddit.com/r/tikagenron/comments/6exmxv/%E4%BD%95%E5%BA%A6%E3%82%82%E8%A8%80%E3%81%86%E3%81%8C%E5%85%83%E5%87%B6%E3%81%AF%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%81%A0/
現在の政治状況で有効なカードは「不正選挙の追及」「国際的な選挙監視団の招聘」以外にない。もちろん自民党は汚物だし、野田は豚だが、安倍に文句を言うヤツも、野田や「民進党の心ある議員」にアドバイスをするヤツも、不正選挙の追及を柱に立てないのなら、共謀罪の成立や現支配体制の補強に寄与しているのと変わらない。プロレスでヒールに野次を飛ばそうがベビーフェイスの戦い方に文句をつけようが、筋書きを変化させることなどできはしないだろう。
_________________________________________



21. 2018年5月16日 17:15:40 : w7SikJBrCI : DM3x@Az4RSM[589]
この手の、一見して政権批判マスコミ批判をを装いつつ、支持率報道だけは「アプリオリに真である」と疑わない連中が増えている。

支持率報道など、まともに統計学的データを公表しているものは一つもない。
逆に、各社のデータはそれぞれが理論誤差(これすら記載しないがサンプルサイズと所謂支持率から逆算できる)以上に乖離しているから矛盾している。

これでも信用するやつは偏差値40の大学も卒業できないようなやつだ。


22. 新共産主義クラブ[6287] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年5月16日 17:24:06 : fSQ7lOqzsI : jkVaG1nW15w[8]
>>18(追記) 
>疑惑まみれの『広島県警』が、この種の首相官邸の危機に備えて、再犯の可能性が低いと見た殺人犯を、ずっと泳がせていたことは、間違いないだろう。
 
 
 「首相案件」報道の最中の4月上旬に、尻を蹴られた職場の同僚が警察に届け出たことで、14年前の殺人犯が突如見つかったという経緯が、きわめて不自然である。
 
  
◆ 鹿嶋学の暴行事件の内容は?犯人逮捕のきっかけとなった被害者は誰?
(ブログ「ライダーのつぶやき」,2018/4/13) 
 
 
 鹿嶋学の暴行事件の内容は?
 
 まず、鹿嶋学が捕まるきっかけとなった暴行事件ですが、
 
 あるニュースによると、同僚の態度に腹を立てて尻を蹴ったことがあり、
 
 これが逮捕のきっかけになった暴行事件だと言われています。
 
 
 
 ただ、同僚の尻を蹴っただけでは指紋やDNAは残りませんし、
 
 そもそも暴行事件として取り扱われることもありませんので、
 
 個人的にこの可能性はかなり低いのではないかと思われます。
 
 
 
 おそらく暴行事件というのは山口県に住む女性への暴行事件で、
 
 被害者の女性に付着していた指紋やDNAを調査したところ、
 
 廿日市女子高校生殺害事件のDNAと一致したことが可能性として高いです。
 
http://bikeee.club/syakai/kashima-boukou/
 

23. 2018年5月16日 19:03:08 : wFEcZwOlgQ : dyO9pZpkGaE[300]
奥の院 圧力かけて 下げさせず

24. 2018年5月17日 15:43:25 : oEpQxAsLuo : Ks3vXhTaXNs[311]
支持率が下がらないのは安倍が政権維持したい為にマスコミ電通がねつ造している、下がらないでなく下げないのだ。支持率が下がらなければ総理に居座っていられる、なのに柳瀬秘書官の答弁に納得出来るかと言う問いには8割の国民は納得しない、森友の時もそう、それなのに何故支持率は下がらない、安倍政権がこれまでしてきた森友、加計の数々の嘘と隠ぺい、防衛省の大量の日誌隠ぺい等々どれを見ても安倍独裁者に都合よくしている。完全に国民を欺き続けている。

25. 2018年5月17日 16:12:22 : 59Lx1Q7kiM : EiPhq@yH6Go[32]
やはり大手マスコミは安倍政権の味方という事ですね。会食で手なずけているから、でしょうか。

「終盤国会、与党ペースに=野党、審議拒否に及び腰
5/17(木) 7:10配信
 終盤国会で6月20日の会期末に向けて与党ペースの状況が目立ち始めた。

 数の力を背景に与党に有利な日程を相次ぎセットし、滞っている法案処理を急ぐ。野党は反発を強めるが、再び審議拒否に入ることには及び腰で、有力な対抗手段が見当たらず手詰まり感も漂う。

 自民党の森山裕国対委員長は16日、立憲民主党の辻元清美国対委員長と国会内で会談し、当初18日までと約束した森友学園に関する財務省改ざん前文書の国会提出時期は23日にずれ込み、部分的に前倒しする予定もないと伝えた。

 政権の相次ぐ不祥事などを受けて審議拒否を続けていた野党が国会に復帰したのは今月8日。これを機に与党は停滞した法案審議の遅れを取り戻そうと巻き返しに動きだした。

 加計学園問題をめぐっては柳瀬唯夫元首相秘書官の参考人招致に応じたが、中村時広愛媛県知事などの招致要求は拒否。通常は衆参両院でそれぞれ丸1日行う予算委員会の集中審議も、最近は衆参半日ずつに「短縮」している。

 16日の参院本会議は法案の趣旨説明・質疑を連続して行うなど異例の3時間超に及んだ。衆院厚生労働委員会では厚労省の不適切データ問題に野党が反発する中、「働き方改革」関連法案の審議が行われた。自民党は23日にも同委で採決することを想定する。

 野党内では、改ざん前文書の提出ずれ込みについて「法案審議を優先するため、時間稼ぎをしている」との疑念が渦巻く。与党の「強引さ」にも不満は募るが、先の審議拒否に対する批判を感じており、強硬手段に訴えにくいのが実情だ。

 16日の5野党国対委員長会談では、与党が環太平洋連携協定(TPP)新協定関連法案の週内採決を強行する可能性も想定し、衆院の関係委員長解任決議案の準備に入った。ただ、審議拒否については話題に出なかった。」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000012-jij-pol


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK244掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK244掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK244掲示板  
次へ