★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245 > 315.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍の天敵解放<本澤二郎の「日本の風景」(2987)<検察の不当拘留10か月から抜け出した籠池夫妻の大逆襲>
http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/315.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 5 月 27 日 12:31:14: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52213504.html
2018年05月27日 「ジャーナリスト同盟」通信

<検察の不当拘留10か月から抜け出した籠池夫妻の大逆襲>
 5月24日籠池夫妻を保釈した大阪地裁に対して、同地検特捜部はさらなる拘留を求めて準抗告したが、裁判所は却下した。「逃亡の恐れ、証拠隠滅の恐れ」のない被告人を拘留することは、刑事訴訟法に違反するのだが、安倍の犯罪を隠ぺいする目的で、法務検察は長期の不当拘留を、現場に強行してきた。その結果、籠池夫妻に国民の同情は圧倒した。「安倍・日本会議の天敵」ゆえである。いまだに多くの専門家は、国有地払下げ事件の主役が昭惠と思い込んでいるが、実際は安倍晋三の犯罪である、そのことを知る籠池夫妻だ。10か月の国策拘留が、夫妻の安倍への大逆襲のゴングとなった。


<不気味な日本会議の正体を暴く!>
 政治学的に安倍内閣・安倍自民党を分析する場合、従来の自民党とはまるで異質の構造変化に注目しなければならない。素人はともかくとして、専門家・日本研究者であれば、安倍を操作する日本会議の正体を解明することでないと、真実は明らかにならないのである。特に、内外の学者に訴えたい。

 現実には、森喜朗内閣からの「神の国」に始まったものだが、この時は世論が正常に作動して、森は沈没して、日本国民は危機を回避することが出来た。敗れたりとはいえ、森打倒に政治生命をかけた加藤紘一は立派だった。
 加藤は、大平正芳の秘蔵っ子である。鈴木善幸・宮澤喜一を継承した保守本流・リベラル。古くは戦後復興で成果を上げた吉田茂、続く池田勇人の「国民のための政治」を基本路線にしてきた。吉田内閣が実現した日本国憲法・平和憲法を重視する。そうして戦後70年の平和が存在してきた日本である。

 当然すぎる国際協調主義である。1972年に日中友好を実現、そして当然のことながら、ワシントンの横やりを排して、半島の平和にも、より熱心に取り組む日本だった。日朝関係の打開には、自民党では、真っ先に宇都宮徳馬や久野忠治など、自民党のベテランが活躍、過去の重大な過ちから抜け出した日本だった。
 父親が朝鮮軍司令官だった宇都宮は、何度も平壌を訪問して、金日成の一番の友人になった。彼は幼いころに父のいる平壌に行き、そこで「お前は決して朝鮮人を馬鹿にしてはならない。朝鮮の文化は、日本よりはるかに優れている。大きくなったら朝鮮の女性と結婚しなさい」と説諭されている。筆者に何度も話してくれた。

<ロ事件がなければ74年に日朝正常化>
 歴史にもしもはないが、ロッキード事件で田中角栄が失脚しなければ、極右の清和会の復活はなかった。日中国交回復の後、田中は日朝関係の正常化に踏む出す計画だった。それを日中関係を打開した大平に代わって、木村俊夫に託していた角栄だった。後年、木村に聞かされて驚いたものだ。そうなれば、横田めぐみさんの悲劇は起きなかった。拉致問題を、改憲軍拡のための緊張材料にする安倍も、ロシア逃亡外交の安倍も、実は存在しなかったのだ。

 歴史の皮肉というと、もしも野中広務が加藤を打倒しないで、森をやめさせていれば、小泉純一郎の出番も、靖国参拝もなかった。日本の暴政も発生しなかった。

<復活した財閥と国家神道を注視せよ!>
 原因は、とうに復活して超巨大化した財閥が、歴史の反省もないままに、闇権力の地位に復活した日本である。そして、同時に国家神道を継承した神社本庁と深く結びついて、読売産経からNHKまでの言論機関も配下にして、改憲軍拡を強行している安倍・日本会議の日本である。

 正に、それゆえの尖閣・釣魚と南シナ海を噴火させての中国脅威論と北朝鮮脅威論、同時に南京大虐殺・731部隊の生体実験・従軍慰安婦問題などの歴史認識問題の、露骨な表面化だった。

 自民党の全てを知悉している友人は、今回の神道・教育勅語が絡んだ森友・国有地払下げ事件に関与した平沼・鴻池らの政治屋の面々から、即座に「本澤さんの分析通り、この事件は日本会議の仕業、その代表である安倍犯罪」と断じたものである。

 根は深いのだ。「原始宗教の神主神道が政権を奪取したようなもので、彼らを押し立てて復活した財閥が、安倍に9条解体を強要しているものだ」との結論に到達するだろう。人は戦前回帰というが、肝心の「戦前」を知らない日本人が多い。そもそも国家神道の恐怖さえ知らない現代人ばかりだ。外国の日本研究者さえも、この過去の恐怖を、残念ながら理解していないようだ。

 これらの点が、本当の危機なのかもしれない。

 日本会議の完全解剖が急務である。東アジア諸国民にとっても重要である。新聞テレビが全く追及できない日本会議、報道させない日本会議を、ひょっとして元日本会議の籠池夫妻に期待できるかもしれない。外国特派員は徹底取材するといい。夫妻の大逆襲が楽しみである。

2018年5月27日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月27日 12:46:11 : CzYJx39lTc : FaXl5LfuFC0[782]

コメント紹介>

籠池夫妻が「国策の長期拘留」から開放された。

この事は「基本的人権を守る」意味で歓迎すべきことである。

「長期拘留に耐えた」籠池夫妻の精神力には敬意を表すのはやぶさかでないが、

籠池夫妻の精神的バックボーンが「日本会議の右翼思想」であることが

残念である。

個人の思想の自由は保証されねばならないが、「ナチスの思想」の如きは排除され

るべきと考える。

籠池夫妻が「日本会議の右翼思想」の洗脳から覚めて、

「正しい精神」に立ち帰る事を祈る。
紹介終わり>


2. 中川隆[-12631] koaQ7Jey 2018年5月27日 12:47:52 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-14458]
大した支持率があるわけでもない野党が、国会審議もせず、提言もせず、議論もせず、対話もせず、朝から晩までモリカケ、モリカケと馬鹿の一つ覚えのようにわめき散らしている。
それをマスコミが煽り、日本の政治を空転させている。

野党は安倍政権を崩壊させようとして、それだけの目的で安倍政権を攻撃している。すでに国民は野党の攻撃とマスコミのクズのような個人攻撃にうんざりしている。

それでも野党とマスコミはまったく倒閣運動をやめようとしない。モリカケ、モリカケと言っているのだが、実際のところ安倍政権を攻撃できれば何でもいいわけで、モリカケに何か意味があるわけではない。
彼らはただ政治を空転させたいだけだ。

仕事もしないで倒閣工作に走るその姿は異常であり、その粘着性も薄気味悪い。疑惑でも何でもないものを疑惑として煽って印象操作だけで安倍政権を崩壊させようとしているのだから悪質極まりない。

私たち日本人はこんな野党を必要としているのだろうか。こんな野党など「ない方がマシ」ではないだろうか?
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2018/05/20180526T1620470900.html



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

3. 2018年5月27日 19:45:51 : bqSxumkiHM : ojact308L1k[83]
角栄も きっと「やられた」 ロッキード

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK245掲示板  
次へ