★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245 > 387.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新潟県知事選 初の選挙サンデーで野党5党が池田陣営を応援 良識ある新潟県民が鉄槌を下すのは今(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/387.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 5 月 29 日 01:46:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 







新潟県知事選 初の選挙サンデーで野党5党が池田陣営を応援
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/229979
2018年5月28日 日刊ゲンダイ

 
 池田千賀子氏を応援する野党5党幹部(C)日刊ゲンダイ

 新潟県知事選(6月10日投開票)の告示後、初の選挙サンデーとなった27日、立憲民主党など野党5党幹部は推薦した元県議の池田千賀子氏の応援のため、そろって地元で街頭演説し、支援を呼び掛けた。

 立憲の辻元清美議員ら5野党と衆院会派「無所属の会」の国対委員長らは新潟市内で演説。辻元議員は自公両党が支援する前海保次長の花角英世氏の原発政策を疑問視。加計問題をめぐる柳瀬唯夫元首相秘書官の国会答弁を引き合いに出しながら「選挙の時に原発のない新潟を目指すと言っても、選挙が終わると記憶にないと言いかねない」と皮肉った。

 これに対し花角陣営の自民、公明両党は、党派色を薄めた“争点隠し”の選挙戦を展開中だという。

「原発再稼働の是非にはほとんど触れず、地元の自民議員は建設業協会の総会で勤務時間中の期日前投票を呼びかけ、花角氏の票が増えるほど公共事業予算が増えると訴えていました」(地元記者)

 まっ、相変わらずのウソつき土建政治を進めるということ。良識ある新潟県民も随分とナメられたものだと思うが、鉄槌を下す場は今度の知事選しかない。

(取材協力=ジャーナリスト・横田一氏)



原発ゼロの新潟 共闘勝利で



































































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月29日 01:56:15 : nY4V5tAkP2 : ZjTBQOXueeU[8]
<野党>市民連合と連携確認 新潟知事選や参院選で
5/28(月) 19:06配信  毎日新聞

 立憲民主、共産、自由、社民4党と衆院会派「無所属の会」の幹事長・書記局長は28日、野党共闘を支援する学者や市民グループ「市民連合」と国会内で会談し、新潟県知事選(6月10日投開票)や来年夏の参院選に向け連携することを確認した。国民民主党は欠席した。市民連合によると、国民民主党からは「市民連合との連携のあり方は協議継続中で、今回は欠席する」と連絡があったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000061-mai-pol

追い風が吹きだした感じだ。


2. 2018年5月29日 09:47:15 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2259]
2018年5月29日(火)

新潟知事選勝利へ全力

市民連合と4野党・1会派 意見交換

参院選へ政策協議を

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-29/2018052901_03_1.jpg
(写真)市民連合と4野党1会派との意見交換会であいさつする山口二郎氏(正面右から4人目)=28日、衆院第1議員会館

 「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)は28日、日本共産党、立憲民主党、無所属の会、自由党、社民党との意見交換会を国会内で開きました。市民連合は、野党が一致結束し、改ざん、隠ぺい、ねつ造など安倍政権による民主主義破壊を追及し続けることを要請。安倍政権打倒のため、来年の参院選に向けた共闘の強化と、当面、6月10日投票の新潟県知事選で池田ちかこ候補勝利のために全力を尽くすことを求めました。

 市民連合と野党の意見交換会は昨年12月7日以降、約5カ月ぶりに開会。今回、市民連合側は国民民主党にも参加を呼びかけましたが、同党は連携のあり方などについて協議中として欠席しました。

 あいさつした山口二郎法政大学教授は、安倍政権を打倒するためには「二大政党制の幻想を捨て、各野党が民主主義の危機を打開するために連携し、将来的には連立政権をつくる展望を共有して政策を論じる。安倍政権にとって代わる政権構想をしっかり提示していくことが必要だ」と強調しました。

 日本共産党からは小池晃書記局長と穀田恵二国対委員長が参加しました。小池氏は、民主主義破壊の異常国会をたたかうなかで「野党の国会内での共闘は確実に進んでいる」と指摘。この間、連日のように野党の国対委員長がたたかいの方向について議論し、「合同院内集会」は7回、「合同ヒアリング」も93回に上っていること、カジノ廃止法案や原発ゼロ基本法案、予算組み替え動議を共同で提出するなど政策面でも共闘が進んでいることを報告しました。

 その上で、「いま緊急に求められているのは野党間の政策協議だ。野党がどういう旗を立ててたたかうのか、市民連合のみなさんとも知恵を出し合いながらつっこんだ議論をすることが非常に大事になっている」と強調しました。

 小池氏は、新潟県知事選で何としても勝利する決意を表明。「来年の参院選まで1年。ぜひ政策の議論を土台にしながら困難を乗りこえ、一致してたたかえる選挙にするために力を尽くしたい」と力を込めました。

 市民側からも「野党が協力して新潟県知事選を勝ち抜いてほしい。さらに参院選に向けて協力態勢をつくる準備を始めてほしい」との声が出されました。野党各党からも「知事選は全力でたたかう」「勝てれば政権にとって大きな打撃になる」などの発言が相次ぎました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-29/2018052901_03_1.html
2018年5月29日(火)

新潟のこと新潟で決める

再稼働「ノー」言える知事に 池田候補、佐渡を駆ける

 大激戦になっている新潟県知事選(6月10日投票)で、市民と野党の共闘の池田ちかこ候補は28日、佐渡島を駆けめぐり、選対幹事長の森ゆうこ参院議員(自由党)とともに街頭から訴えました。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-29/2018052904_01_1.jpg
(写真)森氏(右)や地元市議らと訴える池田候補(中央)=28日、新潟県佐渡市

 池田候補は、新しい知事は東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の判断を迫られることを指摘し、「私は、再稼働推進の安倍政権の言いなりにはなりません。新潟のことは新潟で決める」と力強く訴えました。

 池田候補は、佐渡市が「朱鷺(とき)と暮らす郷(さと)づくり認証制度」を立ち上げ、農薬や肥料を減らした新たなブランド米「朱鷺と暮らす郷」をつくってきたことに敬意を表しました。「みなさんの頑張りを支えたい。そのために、佐渡の農業をTPPからしっかり守る」と強調。介護保険の勉強でケアマネジャーの資格をとった経験を紹介し、「福祉・介護は私にお任せください」と訴えました。

 森参院議員は、相手候補は泉田裕彦元知事が日本海横断航路の船の購入問題で3億円の損失を出したとき、国土交通省出身の副知事として何をしていたのか、と批判しました。

 赤ちゃん連れで参加した女性(28)は「子どもを育てています。原発は稼働してほしくない。池田さんに頑張ってほしい」と話していました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-29/2018052904_01_1.html


3. 2018年5月29日 13:46:39 : xPIyPTXViM : JsSOCzjNtYM[143]
しっかりまとまれ!野党!


4. 2018年5月29日 16:33:50 : oEpQxAsLuo : Ks3vXhTaXNs[379]
真面な県民なら自民党になど投票するはずはない。安倍は何でもするから不正されないようにくれぐれも監視が必要、県民は期日前投票はせず当日必ず投票してほしい。

5. 2018年5月29日 23:15:59 : Z0LaAKC6JA : al@Ndw@9NG4[483]
池田さん、がんばれ!

これに勝てば、あのおぞましいアベの三選が消えて独裁政治にとどめを刺せる。
アベの腐りきった顔を見なくてよくなる。


6. 2018年5月30日 08:11:22 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2250]
国会女子会第3回
.
デモクラシータイムス.
2018/05/29 に公開
牧山ひろえ 参院議員(立憲民主党)、本村伸子 衆院議員 (日本共産党)、福島みずほ 参院議員(社民党)
https://www.youtube.com/watch?v=r_tIK7jXpF0

7. 2018年5月30日 10:53:17 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2243]
2018年5月30日(水)

“官邸とのパイプ”時代遅れ

笠井氏、池田候補を応援

佐渡で決起集会

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053004_01_1.jpg
(写真)応援に駆けつけた、笠井亮衆院議員(右から2人目)や県議・市議とともに気勢をあげる池田ちかこ候補(右から3人目)=28日夜、佐渡市

 大激戦となっている新潟県知事選(6月10日投票)で、市民と野党の共闘の池田ちかこ候補は28日夜、選対幹事長の森ゆうこ参院議員(自由党)とともに佐渡市で決起集会を開きました。日本共産党の笠井亮政策委員長・衆院議員や、高倉栄県議(未来にいがた)、佐藤久雄県議(無所属)、地元市議らが駆けつけました。

 会場いっぱいの大盛況。池田候補は、総発電量の3割を再生可能エネルギーでまかなっている国もあることを紹介し、「小泉元首相に会って、原発ゼロは絵空事ではないと確信した。原発再稼働で、私は国のいいなりにはなりません。新潟のことは新潟で決める」と力強く訴えました。

 笠井氏は「いまどき官邸との太いパイプを自慢する官僚候補は時代遅れ」と切り出し、国会で世耕経産相が政府のエネルギー基本計画案について、2030年には全原発の稼働が前提と答弁したことを批判。「『検証なしに再稼働は認めない』『原発ゼロの新潟』を明言し、県民の命と暮らしを守れるのは池田さん」と力説しました。加計・森友の新たな文書で、安倍政権のウソとごまかしが底なし沼になっていると述べ、「安倍政権に知事選で厳しい審判をくだそう」と訴えました。

 森氏は、山形県の吉村美栄子知事がブランド米・つや姫をアピールしていることを紹介し、「新潟県も女性リーダーで、輝く県政をつくろう」と訴えました。高倉県議が激励あいさつし、参加者全員で「ガンバロー」と気勢を上げました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053004_01_1.html


8. 2018年5月30日 11:04:42 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2242]
2018年5月30日(水)

日々のたたかいが勝敗分ける

全国革新懇 五十嵐氏が応援

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053004_02_1.jpg
(写真)女性リーダーを誕生させようと訴える五十嵐氏(左)ら=29日、新潟県妙高市

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を最大争点とする新潟県知事選(6月10日投票)は中盤に入り、市民と野党の共闘で「原発ゼロの新潟」をめざす池田ちかこ候補と、再稼働推進の安倍官邸、自民、公明両党が総力をあげて支える相手候補との大激戦となっています。

 池田候補を押し上げようと29日、県内各地で確認団体「輝くにいがた」も宣伝・支持拡大に奮闘。県南西部の妙高市などでは同日、全国革新懇の五十嵐仁代表世話人(法政大学名誉教授)も駆け付け、市民とともに「新潟から政治の流れを変えよう」と宣伝を行いました。革新懇は6月6日にも集中宣伝行動を予定しています。

 五十嵐氏は、相手候補が再稼働問題で「検証」を進めるといいながら、自公の支援を受けて「政府、自民党とがんじがらめの関係をつくっている」と批判。公文書改ざんや虚偽答弁などを平然と行う安倍政権に対し、「知事選は審判を下すチャンスです。暮らし、福祉を守り充実させるため、何としても女性リーダーを誕生させよう」と訴えました。

 一方、相手候補はこの日、自民党国会議員の応援を受け、前日に池田候補が入った佐渡市内で行動。建設業や農業などの企業・団体の締め付けに走り、自民党議員が期日前投票への動員を指示しています。公明党も水面下の動きを強めており、一日一日のたたかいが勝敗を左右する情勢となっています。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053004_02_1.html


9. 2018年5月30日 12:36:42 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2239]
2018年5月30日(水)

全商連会長ら募金届ける

「輝くにいがた」に

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053004_03_1.jpg
(写真)「輝くにいがた」の内山五郎事務局長(右)に募金を手渡す全商連の太田会長(中央)と県商連の渡部会長=28日、新潟市

 新潟市内で26、27の両日に第53回定期総会を開いた全国商工団体連合会(全商連)の太田義郎会長らは28日、新潟県知事選(6月10日投票)の池田ちかこ候補の選挙事務所(新潟市)を訪ね、同総会で集めた募金を「市民の思いをつなぎ、もっと女性が輝くにいがたを創る会」(輝くにいがた)に届けました。新潟県商工団体連合会の渡部睦夫会長、青木敦志事務局長が同行しました。

 全商連の太田会長は、同総会での「輝くにいがた」の横山由美子代表の来賓あいさつに感謝しつつ、「全国の仲間がなんとしても勝利してほしいと願っています」と述べました。

 「輝くにいがた」の内山五郎事務局長、渡辺英明選対幹事長代理が応対し、感謝の言葉を述べました。

 太田会長は「原発NOとともに、くらし、営業を守る住民本位の県政を実現してほしい」と話しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053004_03_1.html


10. 2018年5月31日 10:27:36 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2229]
2018年5月31日(木)

原発ゼロの新潟に

政権の圧力はね返す

知事選 池田氏勝利へ駆けめぐる

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を最大争点とする大激戦の新潟県知事選(6月10日投票)で、市民と野党の共闘で「原発ゼロの新潟」を掲げる池田ちかこ候補は30日、県最西端の糸魚川市から上越市、地元・柏崎市などを駆けめぐり訴えました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053104_01_1.jpg
(写真)聴衆と固い握手を交わす池田候補=30日、新潟県上越市

来月10日投票

 雨天のなか多くの人が熱心に聴き入った上越市の街頭で、池田候補は「安心・安全の新潟県づくりの一番中心的な課題は、原発の再稼働の課題だ」と強調しました。原子力規制委員会が柏崎刈羽原発6、7号機について新規制基準に「適合」したと判断したもと、「安倍政権は原発再稼働“大推進”です。再稼働いやだという県民が大多数であっても、動かせという圧力がかかる」と指摘。「新潟県民の声を胸に、『県民の考えは違う』とはね返すことのできる知事かどうかが問われている」とした上で、「原発再稼働大推進の安倍政権と自民党の言いなりにはならない。新潟のことは新潟で決める。市民とともに一歩を踏み出したい」と訴えると、拍手が起こりました。

 民進党の梅谷守・6区総支部長、小山芳元・社民党県連代表らが応援にかけつけ、「大接戦だが女性知事誕生へともに頑張ろう」(小山氏)、「原発再稼働前のめり(の政府)に歯止めを」(梅谷氏)と呼びかけました。

 演説を聞いた2人連れの会社員の女性は「『新潟のことは新潟で決める』という訴えが心に響いた。池田さんは市民のために頑張ってくれる」と話していました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053104_01_1.html


11. 2018年5月31日 12:40:13 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2221]
2018年5月31日(木)

新潟知事選

党派超えて市民が奮闘

押し上げへ各地で

 「再稼働推進の安倍政権のいいなりにならない」「新潟のことは新潟で決めます!」―。大激戦となっている新潟県知事選(6月10日投票)で、市民と野党の共闘候補・池田ちかこ候補をなんとしても押し上げようと、同候補の新潟、長岡、上越の三つの事務所では連日、市民が集まり、党派を超えてみんなで一緒に電話作戦などに立ち上がっています。

 新潟事務所では28日、無党派や連合系組合の人などが肩を並べ、「共闘でこそ政治は変えられる」と、電話での支持拡大に取り組んでいました。「野党共闘を継続させていきたい。立候補してくれた池田さんに感謝しています」と語るのは、無党派市民の女性(63)。「毎日事務所に来ようと思っています。新潟で勝って、安倍政権を退陣させたい」と意気込みます。

 同じく女性(42)=飲食業=は、「野党共闘で、自分が投票した人が全員当選してきた」と喜びを語り、今回の知事選で「しゃべるのは得意ではないけれど、自分の周りにいる人だけでなく、もっと広げていかないといけない」と次々に対話を重ねています。原発に加え農業、食の安全にも強い関心をもつ百都さん。国の種子法廃止に伴い、前県政でつくった種子の安定供給を図るための条例の継続を願います。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053104_02_1.jpg
(写真)池田候補への支持を訴え、電話で対話を重ねる人たち=28日、新潟県長岡市

長岡で

 長岡事務所では、社民党関係の女性(57)が「28日朝、友人からの電話を受けたところ、公明党の運動員が友人宅を訪ね、自民・公明が支援する相手候補への支持を訴えていったとのことでした」と話します。相手候補も「原発反対だから」という運動員の訴えに戸惑ったという友人に、「反対なんて言っているけど、相手候補のバックには自民党の二階俊博幹事長がついているのよ」と強調し、安倍自公政権が30年先まで原発依存を続け、再稼働を推し進める方針であることを伝えました。

 同日に約3時間、対話・支持拡大に取り組んだ女性も、相手候補が原発再稼働に慎重な姿勢を装い、原発が争点にならないよう狙っているだけに「もっとアピールしなければ」と語ります。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053104_02_1b.jpg
(写真)池田候補勝利へビラ折りをする上越事務所の市民ら=30日、新潟県上越市

上越で

 上越事務所には、訪れた人の似顔絵がずらりと飾られています。元高校社会科教師で画家の男性(82)は「80すぎだから走り回っての選挙活動はできないけれど、自分にできることを」と、来訪者の似顔絵を描いています。「絵を飾ることで事務所をにぎやかにしたい」と意気込みます。

 ママの会メンバーなど女性たちの姿が目立ちます。上越市の関美佐子さんは「再稼働をストップさせる女性知事を」と電話かけに懸命。「再稼働いやですもんね」「期日前投票に行ってきます」と返事が返ってきます。渡辺寿子さんは、対話では「原発は絶対いやだという市民が多い」と言ます。

 30日、みんなの力でおしあげようと、ビラ折りに頑張る女性たちの姿がありました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053104_02_1.html


12. 2018年6月01日 17:15:33 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2202]
2018年6月1日(金)

新潟知事選での池田候補必勝に向け、6月2日に党首が“そろい踏み”へ

5野党1会派が懇談会 志位委員長が会見

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-01/2018060102_02_1.jpg
(写真)記者会見する志位和夫委員長=31日、国会内

 日本共産党の志位和夫委員長は31日の記者会見で、自身を含む5野党1会派の党首(代表)、書記局長・幹事長らが前日夜行った懇談会について問われ、大激戦・大接戦の新潟県知事選での池田ちかこ候補必勝のため、ともに推薦している5野党1会派の党首が6月2日、そろって応援に駆けつけることを決めたと明らかにしました。

 志位氏は、この間の各種選挙で取り組んできた野党共闘でも街頭で党首(代表)がそろい踏みで立つのは今回が初めてだと強調し、「画期的な一歩になる。ぜひ勝ちたい」と述べました。

 また、自民党がまとめた参院選挙制度改定案に言及。自党が「合区」で擁立できない県の候補者が比例区で当選できるよう一部拘束名簿式を導入する同案は、「選挙制度まで私物化するという内容だ。結局、自民党の党略的な都合で選挙制度をいじろうというものだ」と批判しました。懇談会では「そのための会期延長などとんでもない。5野党1会派が一致して反対していこうということになった」と報告しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-01/2018060102_02_1.html

2018年6月1日(金)

知事選の最大争点 “新潟のことは新潟で決める”

池田候補 現状では原発再稼働同意しない 官邸いいなりにならない

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を最大争点に大激戦となっている新潟県知事選(6月10日投票)。市民と野党の共闘候補の池田ちかこ氏は「現状では再稼働には同意できません」「官邸の言いなりにはなりません」「新潟のことは新潟で決めます」との姿勢を明確にしています。一方、再稼働推進の安倍官邸、自民、公明、業界団体などが支援する相手候補は、“再稼働に慎重”であるかのように装いますが、原発維持の路線は安倍政権と変わらず、「原発ゼロ」は語れません。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-01/2018060103_01_0.jpg
(写真)懸命に訴える池田ちかこ候補=31日、新潟県刈羽村

相手候補 再稼働推進の安倍政権に直結

 池田候補は、(1)東電福島原発事故の原因(2)事故の健康や生活への影響(3)避難計画の実効性―について県が行っている「三つの検証」もなされていない現状では、県民の安全が守られないと指摘。安倍政権による再稼働強行の圧力に対し「新潟県民の声を胸に、圧力をはね返せるかが問われている。原発再稼働“大推進”の安倍政権と自民党の言いなりにはならない」と対決姿勢を鮮明にしました。

 さらに池田氏は「私たちがめざすのは、原発のない新潟県、日本です」と強調します。原発ゼロの実現へ「再生可能エネルギーで私たちの生活をまかなう」「原発を前提にした地域経済の転換が必要。私が知事になれば、原発に代わる新産業、雇用を検討する会議をただちに立ち上げたい」と訴えます。

 「新潟のことは新潟で決める」。こうした姿勢は、原発立地自治体の住民からも共感を呼んでいます。

政府計画案を批判

 一方、自公が支持する花角英世候補は「三つの検証を進める」「原発に依存しない社会を」などと言いながら、再稼働推進の安倍政権から全面支援を受ける“矛盾”は隠せません。

 安倍政権になって、これまで関西、九州、四国各電力の8基の原発が再稼働しました。さらに政府は、東電柏崎刈羽原発を含めた全ての原発の再稼働が前提である「エネルギー基本計画案」を今夏にも決定する方針。同計画案は、福島原発事故後に2%まで低下した原発の電源構成比率(2016年度)を30年度に10倍の20〜22%まで高めるとした“再稼働大推進計画”にほかなりません。また、15%を占める再生可能エネルギーは30年度に22〜24%とする消極姿勢です。

 池田候補は、同計画案を「原発ゼロと相いれない」ときっぱり批判。5月23日に新潟県魚沼市を講演で訪れ、池田氏と面会して激励した小泉純一郎元首相も、安倍政権の方針を「でたらめ」と評しました。

 花角候補は、再稼働推進の安倍政権の方針には理解を示しており、原発が「当座は必要だろう」との考えを表明(5月27日付「新潟日報」)。本当に県民の願いに応えられるのは誰なのかがはっきりしています。

安全性への疑問も

 前回知事選の出口調査でも、再稼働に「反対」の県民多数の意思が示された東電柏崎刈羽原発。世界最大規模の総出力とされる同原発をめぐって、重大事故の不安が高まっています。東電は今年2月、柏崎刈羽原発6、7号機について、重大事故時に原子炉格納容器の圧力を下げるために使う重要施設「フィルターベント」の基礎が液状化の影響を受ける恐れがあると発表。その後、県や柏崎市、刈羽村が共催して開いた説明会(5月19、20両日)で、参加した住民から「安全性に大きな影響のあるのを知っていながら、規制委はなぜ許可したのか」などと、厳しい意見が相次ぎました。また、福島第1原発事故の前に巨大津波を想定し検討を進めていたのに、当時の経営陣が対策を怠っていたことが、東電原発事故公判での関係者の証言で明らかになりました。規制委が認めた東電の原子力事業者としての「適格性」は根底から揺らいでいます。

県民の思い しっかり受け止めてくれる人

 「なくそテ原発・柏崎大集会」実行委員長の植木史将(ふみのぶ)さん(42) 池田さんはこれまで一緒に、原発ゼロをめざす集会やデモ行進をやってきた人であり、県民の思いをしっかり受け止めてくれる方だと思います。

 相手候補の方は、「検証を進める」と言いますが、原発は当面、必要だといい、安倍政権と同じ考え方を示しています。自民党などから支持を受け、政府のやることに逆らえないのは明らかです。

 また池田さんは、原発立地自治体の声をずっと聞き続けてきました。反対だけでなく、さまざまな意見に耳を傾け、それを受け止めることのできる人です。

 原発ゼロを実現する具体的な道筋を示している池田さんに県政を担ってほしい。

新潟知事選 6党首街頭演説

あす2日午前11時 新潟駅万代口

弁 士

 日本共産党委員長 志位  和夫

 立憲民主党代表  枝野  幸男

 国民民主党代表  大塚  耕平

 無所属の会代表  岡田  克也

 自由党代表    小沢  一郎

 社民党党首    又市  征治

 知事候補     池田 ちかこ

 主催・輝くにいがた

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-01/2018060103_01_0.html

2018年6月1日(金)

新潟知事選 県民は再稼働に反対

柏崎・刈羽など 池田氏訴え

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-01/2018060104_02_0.jpg
(写真)支援者と握手をする池田ちかこ候補=31日、長岡市中之島

 大激戦になっている新潟県知事選(10日投票)で、市民と野党の共闘の池田ちかこ候補は31日、地元の柏崎市や刈羽村、出雲崎町、長岡市を回り、街頭から訴えました。

 池田候補は、東京電力柏崎刈羽原発から1キロの距離にある刈羽村のスーパー前で、原発の方向を向いて演説しました。県知事選が全国の注目の的であり、その焦点は、目の前に広がる柏崎刈羽原発の再稼働であると指摘。「県民の3分の2が再稼働に反対だ。私は検証結果が出たら国の横やりに負けることなく、県民の皆さんとともにしっかり意思を示していく。同時に、原発をなくしてもこの村が生けていける雇用と産業をつくっていく」と力を込めて訴えました。

 長岡市中之島でマイクを握った選対本部長の菊田真紀子衆院議員は「相手候補は、本当に脱原発を訴えるなら、原発推進の自民党の応援は断るべきだ」と批判しました。佐藤伸広県議(未来にいがた)も応援に立ちました。

 長岡市の大型店前では、無所属の会の岡田克也代表、黒岩宇洋衆院議員が応援に駆け付けました。岡田氏は「三つの検証」結果が出た時、官邸を忖度(そんたく)する官僚候補でなく、池田候補勝利で「新潟のことは新潟で決める」県政にと訴えました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-01/2018060104_02_0.html


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK245掲示板  
次へ