★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245 > 425.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
働き方改革に“激怒” 水木氏と「鬼太郎」が投げかける疑問(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/425.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 5 月 29 日 22:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


働き方改革に“激怒” 水木氏と「鬼太郎」が投げかける疑問
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/229981
2018年5月29日 日刊ゲンダイ

 
 水木しげる氏からの草葉の陰のメッセージ(C)日刊ゲンダイ

 子ども向けの妖怪アニメの題材になるほど「異常」だということだ。27日、フジテレビ系で放送された「ゲゲゲの鬼太郎」で、安倍政権が今国会の目玉と位置付ける「働き方改革」がテーマに取り上げられ、話題となっている。

 タイトルはズバリ「河童の働き方改革」。ストーリーは、薄給と激務が原因で従業員が次々と退社し、人材不足に頭を悩ませた加藤勝信厚労相似のIT企業社長が「キュウリ3本」の時給でカッパを大量雇用。しかし、深夜遅くまで働き続けたカッパが業務中に卒倒するなど、現代社会の“過労死”を彷彿とさせる内容だった。

 この放送直後、ネットでは〈外国人研修制度や働き方改革をdisった話だった〉〈河童に自分の業界を重ねて見てしまった〉〈目玉おやじさんが忙しいという漢字は心を亡くすと書く、って言ったとき心に響いた〉などと大盛り上がり。〈神回〉〈深い〉と称賛の声も上がった。

「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者である水木しげる氏は、自らの戦争体験を踏まえ、反戦マンガを描いていた。

 集団的自衛権の行使容認など、好戦的な安倍とは真逆の思想で、その「鬼太郎」が働き方改革に疑問を投げかけているのだから、視聴者も水木氏からの草葉の陰のメッセージと受け取ったに違いない。

「働き方改革関連法案」は、労働時間のデータに相次いでミスが発覚したにもかかわらず、衆院厚労委で強行採決され、29日にも衆院を通過する見通しだ。

 野党や過労死遺族からの「過労死を助長する」といった批判をまるで無視している中で放送された「河童の働き方改革」。 今度は「総理大臣と友達を理由に金儲けを企む学校法人の理事長」や「公務員を好き勝手に使う総理大臣のカミさん」「記憶も記録もないけどオレが正しいという妖怪」の話を、ぜひ作ってほしいものだ。































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. ろくさん[195] guuCrYKzgvE 2018年5月29日 22:40:40 : AESakjeTvk : MsftJptNnZg[11]
人知れず頑張ってるね。鬼太郎は親世代の子供の頃からのなじみ深い、心地よい話だったよね。弱いものを助ける鬼太郎親子と妖怪から助けられるサラリーマンや人間社会。ぶれてないアニメ作者に天晴れです!

見てないけど探してみますね。鬼太郎ってフジだったっけ?良いメディア探して良心を取り戻しましょうね。


2. 2018年5月30日 02:48:03 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[397]
さすがに 水木先生は 亡くなられてもう3年目 したがって 

>視聴者も原作者の水木しげる氏からのメッセージと受け取ったに違いありません

↑ いくらなんでも これは有り得ない 水木しげる氏死去のニュースは知らぬ者はいないはずだ
放送内容を考えたのは 少なくとも 制作社の人間であり 水木氏本人ではない事くらい理解出来ぬほど
視聴者は馬鹿ではないだろうし フジテレビは 安倍政権寄り この事実も 阿修羅の常連さんなら
知らぬ者はいないはずである

https://withnews.jp/article/f0151130003qq000000000000000G0010401qq000012794A


3. 2018年5月30日 04:11:44 : eUTpkAQIBY : _ykxv7Bctt8[967]
>2
ちゃんと
「草葉の陰からのメッセージ」
と書いてありますケド。。笑
草葉の陰とは、普通「あの世」
のことを指します。

実は自分も初回から観ているのだけど、
水木ワールドを理解しているな、と
感じました。

確かカッパ達が立ち上がったのは、
まずはお皿の水が乾いたので
シャワールームの設置を掛け合い、
それは社長も快諾するのですが、
益々忙しくなるなか現世ルールの
時給ならきゅうり十倍分以上
買えることに気付くことからでした。

しまいには鬼太郎まで尻子玉を
抜かれて腑抜けるという
ハプニングまで起き、
伏線で出ていた妖怪いそがしの
助けを一時的に借りてまでして
その場を収めるのですが、
まあその後カッパ達は
のどかな里の暮らしへと
帰って行き、
IT社長は懲りて反動で脱サラ、
田舎での自給自足ライフへと
強引に家族を連れ出そうとして
却って見放されるという
オチ付きでしたがw

・・・その後、何故かきゅうりを
信奉しているという、なんJ民とやらが、
ネトウヨ動画をYouTubeから駆逐した、
というリアルニュースをみて、
例のカッパ達の反撃の姿とダブった!
やるなあ!!

本当に水木さんが草葉の陰から
ハッパかけてたりして!


4. 2018年5月30日 10:30:06 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2247]
モーニング宇宙ニュース2018/5/30(水)
.
TweetTV JP
2018/05/29 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=b6lG4Wcg634

5. 2018年5月30日 10:48:20 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2244]
2018年5月30日(水)

衆院本会議 「働き方」法案採決見送り

きょう厚労委質疑

 「働き方改革」一括法案について、衆院議院運営委員会は29日の理事会で、同日の衆院本会議での採決を見送ることを決めました。強行採決に対する野党や国民の批判を受け止めざるを得なかったものです。30日の衆院厚生労働委員会で、採決に反対した日本共産党、立憲民主党、国民民主党の3野党のみ2時間の一般質疑を行うことになりました。

 「働き方」法案は、「議論の出発点」となった労働時間データに虚偽が次々見つかり、異常値2割が削除となりました。厚労委で強行採決された25日にも、同一の調査票を二重集計していた事例が6件確認され、加藤勝信厚労相が謝罪。精査を求める野党に対し、田畑裕明厚労政務官が答弁不能になるなか、高鳥修一委員長が審議を打ち切り、強行採決に至りました。

 28日、日本共産党、立憲民主党、無所属の会、自由党、社民党の5野党・会派の国対委員長が、厚労委に差し戻し、法案審議をやり直すよう大島理森衆院議長に申し入れ、大島氏は「重く受け止める」と述べていました。

 「働き方」法案の「高度プロフェッショナル制度」は、残業代を出さずに月200時間残業させても合法となるなど、過労死促進法案だと批判されています。すべての労働組合、過労死遺族、弁護士などが反対し、国会周辺でも連日抗議行動が行われています。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053001_03_1.html

2018年5月30日(水)

高プロ反対 あなたも

東京・新橋 緊急スタンディング

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053001_07_1.jpg
(写真)高プロに反対、と訴える人たち=29日、東京・新橋駅前

 政府・与党が「働き方改革」一括法案の強行採決を狙うなか、過労死とサービス残業を合法化する「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の反対を訴えて29日、市民有志が東京・新橋駅前で緊急スタンディングを行いました。

 勤め帰りの会社員らでごった返す駅前広場で、「サービス残業が合法化されます」と書かれたプラカードを掲げてアピールし、注目を集めました。「私たちにできること」として、「高プロを検索」「反対署名に協力」「周りの人に話す」などと書かれたプラカードで呼びかけました。

 「サラリーマンに直接訴えたい」と行動を呼びかけた東京都大田区の女性(45)は、「働いた分の給料が払われない高プロは、絶対反対。労働者の希望を奪うなといいたい。法案が通った後に騒いでも手遅れになる。いま声をあげないといけない」と話しました。

 この日、衆院本会議での採決が見送りになったことも紹介。行動に参加した非常勤教員の女性(44)は、「高プロのことが知られていない。1人でも多くの人に知らせたい」。都内の病院に勤務する女性(47)も「行動することは無駄じゃない。自分たちの権利を守るため多くの労働者に立ち上がってほしい」と話しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053001_07_1.html

2018年5月30日(水)

「働き方」法案で研究開発業務

際限ない長時間労働に

高プロ対象・上限規制は除外

 研究開発業務の労働者は、「働き方改革」一括法案によってどの制度が適用されても際限ない長時間労働から逃げられません。労働者の健康も守れず、企業の「競争力」も確保できません。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053005_01_1b.jpg

 政府は国会答弁で、研究開発業務が高度プロフェッショナル制度(残業代ゼロ制度)の対象にあげており、1日24時間、休みもなく48日間連続で働かせても合法です。

 現行の専門業務型裁量労働制になっても、「みなし労働時間」だけしか働いたことにならないため、“定額働かせ放題”です。

 法案では単月100時間、平均80時間の過労死ライン容認の「上限規制」をつくりますが、研究開発業務は適用除外とされ、青天井で働かせ続けられる抜け穴をつくりました。

 どの制度になっても長時間労働を強いられるのは必至です。

 研究開発業務の残業は、労働時間データの再集計で大臣告示(月45時間、年360時間)を超える事業所が、3割から5割に増えました。日本共産党の高橋千鶴子衆院議員は「長時間労働の業務を、残業代がない、時間規制がない高プロに入れていいのか」(25日)と批判しました。

大企業で健康破壊続発

残業月100時間超も

 大企業の研究開発業務では、長時間労働で過労死やその寸前まで健康を破壊される労働者が相次いでいます。

 【東芝】

 東芝で2001年、埼玉県内の工場でプロジェクトリーダーとなった女性が、長時間過重労働で休職。04年に休職期間満了を理由に解雇されました。

 女性には一般の労働時間規制が適用され、月100時間以上の残業が5カ月継続。プロジェクトの人員が削減され、同時期に同僚2人が自殺しています。

 女性は11年2月の東京高裁判決で解雇無効が確定。16年9月の東京高裁判決で会社に損害賠償など6000万円以上の支払いが命じられました。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053005_01_1.jpg
(写真)「働き方」法案採決許すなと、声をあげる人たち=22日、東京・日比谷野外音楽堂

 【ソニー】

 ソニー仙台テクノロジーセンターで専門業務型裁量労働制の男性労働者の残業が14年、7カ月で平均月65時間、最長94時間となり体調を壊しました。

 作業スケジュールは研究開発の進行で決まり、「裁量」の余地はなし。業務量削減を求めましたが、「仕事をほうり投げた」などとして成果主義の評価を下げられました。

 ソニー労働組合仙台支部(電機連合加盟)が裁量労働制の運用に問題があると告発し、仙台労働基準監督署が会社に指導しました。

 【三菱電機】

 三菱電機の情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)で、研究職の30代男性が14年、月100時間を超える残業をさせられ、うつ病となり、16年6月に解雇されました。

 藤沢労働基準監督署は16年11月、労災認定し、17年1月、三六協定の上限を超える残業をさせた疑いで、同社を書類送検しました。男性は、上司から残業時間を過少申告するよう指示され、パワハラも受けていました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-30/2018053005_01_1.html


6. 2018年5月30日 19:26:12 : JvMjyuMlDz : 24QF9WfCx9M[14]
「鬼太郎」も 異議を唱えた さり気なく

7. 2018年5月31日 09:07:13 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2233]
福島みずほ‏認証済みアカウント @mizuhofukushima · 10 時間10 時間前
明日5月31日(木)は、厚生労働委員会。11時30分から15分間、生活困窮者支援法改正法案と生活保護について質問。16時20分から20分間、データ改ざん問題と高度プロフェッショナル法案・過労死促進法案について質問。参議院のインターネット中継で見ることができるのでぜひ見て下さい
https://twitter.com/mizuhofukushima?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww5.sdp.or.jp%2Findex.html

8. 2018年5月31日 10:20:23 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2231]
2018年5月31日(木)

「働き方」法案 またデータ訂正

厚労相 精査拒否、強行採決後に報告

 厚生労働省は30日、「働き方改革」一括法案の「出発点」である労働時間データにまたもや再集計ミスがあったとして、衆院厚労委員会理事会に訂正資料を提出しました。同委員会で加藤勝信厚労相が謝罪しました。同ミスの精査を加藤厚労相が拒否したまま法案を同委員会で強行採決(25日)したことの不当性が改めて明らかになりました。

 厚労省は、労働時間データを再集計した全47種のシート中、13種のシートに精査結果の転記ミスがあったとしています。データは2割の異常値や二重集計などを削除して、数値が変動したのに平均が変わらないなど不審な点がありました。

 25日の審議で野党が精査を強く求めましたが、加藤厚労相は「平均が同じになっても別におかしくない」と強弁し、高鳥修一委員長が「質疑は終了する。質疑終局に賛成の諸君の起立を求める」と与党・維新の賛成で審議を打ち切り、強行採決しました。

 この日、加藤厚労相は「平均が同じになることもあり得ると論理的な議論をしたが、結果において重ねてミスがあったことは深くおわびする」と述べました。高鳥委員長は「データの誤りは委員長としても遺憾に思う。しかし、質疑時間は経過していた。法案採決は適正に行われた」と強弁しました。

 日本共産党の高橋千鶴子議員は「今朝になってデータ訂正がくるというのは衝撃だ。25日の採決をやり直しとし、じっくり審議すべきだ」と強調しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053101_02_1.html


9. 2018年5月31日 10:36:23 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2228]
2018年5月31日(木)

「働き方」改革法案NO 厚労相の答弁は不誠実

上西教授が解明・批判

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053104_03_1.jpg
(写真)「とことん共産党」に出演する(左から)小池、吉良、上西、朝岡の各氏

 日本共産党のインターネット番組「とことん共産党」は29日、「実態は過労死合法化・促進『働き方』改革法案NO!」をテーマに、ゲストの上西充子法政大学教授、吉良よし子参院議員と司会の小池晃書記局長、朝岡晶子さんが語り合いました。

 厚労省のデータねつ造について上西氏は「裁量労働の方が(労働時間が)短いというためにねつ造したものです」と批判。法案の委員会採決の当日(25日)にも新たなデータの誤りが発覚したことを指摘し、「説明もないままで納得できますか」と述べました。

 小池氏は、残業代ゼロ制度(高度プロフェッショナル制度)について「労働時間という概念が無くなる。休日もなくなる。労働時間を把握しなくなるから割増賃金もなくなる。休憩も無い」「深夜も夜中も働かせるための制度だ」と批判しました。

 上西氏は、加藤勝信厚労相の「夜中に働いた方が効率がいい」という発言をあげて、「経営者が(労働者に)夜中に働けと言える制度です」と指摘。吉良さんは、過労死遺族の方の「労働者も生身の人間です。夜は寝ないといけない」という訴えを紹介し、「深夜の労働はダメだとしないといけない」と主張しました。

 上西氏は、最低賃金1500円を訴える若者グループのエキタス京都が掲げる「手放すな働く誇りと残業代」を紹介し、「自分は過労死しない」と考える人へ働きかけることの重要性を語りました。

 また、自らが広め話題になっている「朝ごはんは食べなかったんですか?」「ご飯は食べませんでした(パンは食べましたが、それは黙っておきます)」という“ご飯論法”について、論点をそらす加藤厚労相の答弁を多くの人に知ってもらうために考えたと説明。「加藤厚労相だけではなく、安倍首相など多くの政府関係者が論点をずらして時間稼ぎをしている」と述べ、「法律をつくろうとしている責任者がのらりくらりとするというのは不誠実」と批判しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053104_03_1.html


10. 2018年5月31日 10:59:43 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2227]
2018年5月31日(木)

労働時間データに新虚偽疑惑

記入ルール逸脱7件

 衆院厚生労働委員会で30日、「働き方改革」一括法案の「出発点」である労働時間データに新たな虚偽データ疑惑がみつかりました。

 事業所の従業員1人の場合は、労働時間の「平均」と「最長」で同じ数字を重複記入することになっているのに、7件、別の数字が記入されていました。立憲民主党の尾辻かな子議員は、原本を精査するよう理事会への協議を求めました。

 同一の調査票を二重に集計している疑惑が、前回の6件以外にも新たに見つかりました。立憲民主党の初鹿明博議員は、同じ業種で従業員数・残業時間などが不自然なほど一致するものがあると指摘。原票を理事会に提出するよう求めました。

 日本共産党の高橋千鶴子議員は「データは法案の中心に関わる重要な内容だ。部分的な誤りはいいということにはならない」と強調しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053102_04_1.html

2018年5月31日(木)

長時間残業の受け皿に

高橋氏 研究開発が高プロ対象

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053102_03_1.jpg
(写真)質問する高橋千鶴子議員=30日、衆院厚労委

 日本共産党の高橋千鶴子議員は30日の衆院厚生労働委員会で、「働き方改革」一括法案について、残業時間規制の除外となっている研究開発業務が高度プロフェッショナル制度(残業代ゼロ制度)の対象となり、長時間残業の受け皿にされると追及しました。

 高橋氏が研究開発の職種や業種、労働者数を質問したのに対して、山越敬一労働基準局長は「さまざまな産業で同業務があるが、労働者数について把握できていない」と答えました。

 高橋氏は「労働政策審議会の建議で『現行の対象となっている職種を拡大しない』と言っているのに、その範囲が分からなければ歯止めにならない。企業があてはまるといえば研究開発になってしまう」と指摘。今でも残業上限を適用しないのに、高プロの対象とする理由をただしました。加藤勝信厚労相は「のびのびと自分のペースで自分の成果を出したいという声もある」と答えました。

 高橋氏は「研究開発は成果を上げるまでに失敗を繰り返す時間が必要だ。トヨタでは副社長が『生き残りをかけた技術開発』だという。目標や期日が迫られ、長時間労働に追い込まれることは明らかだ。高プロは過労死への道だ」と強調しました。

 また高橋氏は、労働時間データの虚偽データ削除の影響を指摘。労政審で、年1000時間超の残業実績が3・9%あったことを労働者委員が「非常に重い実績」と発言したことに対し、経営者委員が小さい数値だと否定するやりとりがあったことにふれ、再集計の48・5%でも同じ議論になるかとただしました。山越局長は「改めて労政審におうかがいすることは考えていない」と開き直りました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053102_03_1.html

2018年5月31日(木)

きょうの潮流

 「ゲゲゲの鬼太郎」のテレビ放送が始まったのは半世紀前。それから何度もアニメ化され、いま6回目のシリーズが日曜午前に民放で放映されています▼さまざまな社会問題を織り込んだ今回は、おとなにも評判が高い。最新話は「河童の働き方改革」。IT系のブラック企業に、ねずみ男が働きもののカッパをあっせんする。キュウリ3本の時給に喜びながら、酷使されるなかで自分たちが搾取されていることに目覚めていく▼労働環境の改善や賃金アップを要求するカッパに、社長は「人間には労働基準法が適用されるがカッパには適用されない」と。視聴者からは、みずからの境遇を重ね合わせた共感の声が寄せられています▼政府・与党はきょうにも衆院本会議で「働き方改革」法案の採決強行をねらっています。残業代ゼロで働かせ放題、1日24時間・48日間連続勤務も合法という高度プロフェッショナル制度。世界でも異常な過労死を促進するばかりか、会社に責任も負わせない究極の搾取です▼いったん制度化されれば、ブラック企業によって「専門職」が偽装され、違法に高プロを適用される労働者が後を絶たず、際限なくひろがっていくことになるはず。なにしろ、虚偽のデータで法案を押し通す政権のやることですから▼忙しすぎると、ひとは心をなくしていくと諭す目玉おやじ。自分たちの権利を主張するために立ち上がるカッパたちの姿。それは人間らしく働き生きたいと願う人びとの思いを暗示しているのかもしれません。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-05-31/2018053101_06_0.html


11. 2018年6月01日 13:23:53 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2205]
2018年5月31日

「働き方改革」関連法案の衆議院通過に当たって(談話)

社会民主党幹事長  吉川はじめ

1.安倍政権が最重要法案と位置づける「働き方改革」関連法案について、政府・与党は、社民党始め野党の求めた委員会差し戻しを拒否し、本日、与党及び維新の会などの賛成で衆議院本会議を通過させた。森友・加計疑惑の解明にフタをしたまま、働く者や過労死遺族の反対を押し切って、「高度プロフェッショナル制度」の創設を含む「働き方改革」関連法案を力ずくで押し通そうとする安倍政権の強権的な姿勢は、断じて許されない。強く抗議する。

2.法案審議の議論の出発点として閣議決定に基づいて行われた調査のデータねつ造や誤りによって、「働き方改革」関連法案の根拠自体が崩壊している。また、衆議院の審議において、加藤厚生労働大臣の論点のすり替えやはぐらかし、「個別の事案」への答弁拒否など働く者の命と健康を預かる厚労相として不適格な答弁によっても、長時間労働を助長し過労死を促進する「高度プロフェッショナル制度」の持つ危険性がますます浮き彫りになってきた。残業時間の罰則付き上限規制も、極めて不十分な水準であり、過労死ラインの残業を容認したのと同じといわざるを得ないし、適用除外業種も多い。

3.「同一労働同一賃金」も中途半端で不十分であり、雇用対策法を改正して、「労働生産性の向上の促進」を加え、労働者保護立法を企業のための法制に変えようとすることも大きな問題である。社民党は、参議院で法案の問題点を徹底的に解明し、今国会での成立阻止に向け、全力で取り組む。

4.求められているのは、企業のための「働かせ方改革」の法案ではなく、真に働く者のための働き方改革の実現である。社民党は、「高度プロフェッショナル制度」の削除、残業時間の上限規制の強化と実効性確保、勤務間インターバルの義務化、裁量労働制の適用の厳格化、現行制度の規制強化と健康確保措置の充実、パワーハラスメント等への規制の導入、均等待遇の実現など、すべての労働者が、健康とワーク・ライフ・バランスを確保しながら、尊厳を持って働き続けられるための実効性ある法整備を求めていく。

以上

http://www5.sdp.or.jp/comment/2018/05/31/%e3%80%8c%e5%83%8d%e3%81%8d%e6%96%b9%e6%94%b9%e9%9d%a9%e3%80%8d%e9%96%a2%e9%80%a3%e6%b3%95%e6%a1%88%e3%81%ae%e8%a1%86%e8%ad%b0%e9%99%a2%e9%80%9a%e9%81%8e%e3%81%ab%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%a6/


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK245掲示板  
次へ