★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245 > 770.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
公文書が官僚の独自判断で勝手にでっち上げられたり、破棄されている。事態を憂慮した安倍首相が考えたのは―― 
http://www.asyura2.com/18/senkyo245/msg/770.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 6 月 06 日 23:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

公文書が官僚の独自判断で勝手にでっち上げられたり、破棄されている。事態を憂慮した安倍首相が考えたのは――
https://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/5e77750ba0c5c72a90d02ef8dab04bba
2018年06月06日 のんきに介護


カノッチ@webkanoshiさんのツイート。





安倍首相 内閣府に局長級ポスト新設へ 各省庁の文書管理
https://mainichi.jp/articles/20180606/k00/00m/010/073000c
毎日新聞2018年6月5日 19時08分(最終更新 6月5日 19時18分)


行政文書の管理の在り方等に関する閣僚会議で財務省などの一連の文書問題について陳謝し頭を下げる安倍晋三首相=首相官邸で2018年6月5日午前8時39分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は5日、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題などを受け、全閣僚出席の「行政文書の管理の在り方等に関する閣僚会議」を首相官邸で開き、再発防止策の取りまとめなどを指示した。政府は各省庁の文書管理を横断的に監視する局長級の役職を内閣府に新設する方針だ。

 首相は会議で「反省すべきは真摯(しんし)に反省し、公文書管理の適正を確保するため、必要な見直しを政府を挙げて徹底して実施する」と述べ、職員のコンプライアンス(法令順守)意識改革や電子決裁システムへの移行促進を挙げて早期に取り組むよう指示した。

 菅義偉官房長官は記者会見で「公文書管理委員会や与党の検討を踏まえ、可能なものは1カ月をめどに具体的な対応策を示したい」と語った。

 政府は、新設する役職に、各省庁に対して文書管理の状況を確認したり、不正行為の通報があった場合に調査したりする権限を与えることを検討している。省庁ごとに行っている文書管理を一元化することで、より厳格で適正なチェック体制を構築する。一方、文書改ざんについては、刑事罰の新設は見送り、人事院の懲戒処分の指針にある処分規定に明記する方向だ。決裁文書の修正基準を明確化することも検討する。【野間口陽】







































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[8619] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年6月07日 00:04:45 : 5mzEun5HoI : 622xm_CiEBI[17]

いい大人になって、しかも“公僕”たる公務員になって国の行政を動かす立場になりながら
『公文書の大切さ』を理解できないバカ共に、今更どんな教育が有効だって?

まして、どんな形、どんな文書であれ、『決済されたもの』を後から勝手に訂正・修正する事さえ、
まともな社会人の一般的常識からしたら“有り得ない”事態だ!!

最低限、決裁者の上位に近い者の了諾を得て修正印を押して処理するか、
(しかもそれは明らかな数字や固有名詞のケアレスミスの場合だ)
本来ならば『訂正文書』を再展開し、決裁者全員のハンコを貰うのが筋だ。

ああ、こんな事を言って諭さなければならないのが天下の財務省のお役人さんなのか!?

全員、クビっ!!!!!


2. 2018年6月07日 01:47:50 : LOdw88irS6 : 4@Z2dRfJSMw[2]
>公文書が官僚の独自判断で勝手にでっち上げられたり、破棄されている。

この見出しは、安倍の言い分をそのまま受け入れているってことなのか?
この安倍の言い分自体が嘘に嘘を上塗りしているものではないか?
手下が勝手にやったことですいません、ってのはヤクザの親分の常套句だろう。
安倍のような恥知らずは見たことがない。
その安倍を放置する自民党の議員はじめ党員連中も似たようなもの。


3. 2018年6月07日 02:32:00 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[3120]
  そもそも内閣府というところが怪しく、ハンマーを持った首相が全ての許認可を岩盤規制と称する権限で勝手に破壊すべき規制を決め、ハンマーを打ち降ろすというものであり、当初首相が明確に「私の持ったハンマーからは如何なる岩盤規制も逃れることは出来ません」と豪語した。
   だが蓋を開けてみれば、自分の親友が学校を開校出来ないという事態を打開するためのハンマーであり、何としても開校に漕ぎつけるためには何度でも担当官庁を呼び立てたり誘致した自治体職員を呼び立て、合意を得るべく官邸内でコンサルを行ったのである。これを岩盤規制の内閣府による一刀両断として、納税者が喝采を叫ぶには危険過ぎることが次第に明らかになったのが加計事案である。
   しかも内閣府とは、立法府に属する総理と閣僚のみでは無く、霞が関から分離し霞が関から必要な職員を出向させて便宜的に使うような、国会を無視した特殊な組織体であり、これに加計などの民間事業者を含む財界が加われば、まさに得手勝手に公金や血税を采配する護送船団の二の舞である。
   この内閣府が、全ての公的文書を集めるというのだからどう考えても国民納税者の為になる訳は無く、霞が関官僚と官邸官僚との官製談合となる可能性は高い。
   一元化というのは一ヵ所に文書を集める意味では無く、国権の最高機関である国会に於いて、如何なる時にも必要な歳出事務の軌跡が検証できるようにするのが本義であるが、またしても内閣府に棲み付いた官僚や元官僚が文書を采配する権限を持つということでは、改革でも何でも無いのである。
   自民党と官僚の関係は、ほぼ癒着状態であり、戦後70年もの間護送船団方式を採用、官僚作の行政立法案をノーチェックで閣議を通し党内論議もノーチェック、本会議も党議拘束を掛けた初めに結論ありきの可決では、官僚に群がる内外ロビーの思うままの法案が可決され予算が流出するのであり、それが福祉予算の削減と防衛費の止めどない増大にも繋がっている。
   従って、自民党の、地盤看板カバンを世襲する利益誘導体質が是正されない限りは、現内閣には公文書の管理はムリだが、自党の党利党略から一線を置いた内閣が、行政事務の結果の管理監督を行政機構との癒着無しにする気があるならば、所轄大臣の元へ公文書はメモひとつでも電子化して保管、必要に応じて議会に提出するなど、立法府議会で行政事務の軌跡を共有する方向がベストである。
   とにかく、利益誘導型の世襲制代議士群である自民党のトップが内閣を務める限り、血税や公金を官僚機構との結託で独占歳出するシステムが続くのである。   拠って内閣府という官邸と官邸官僚が共存している場で一括保管などしても、またしても関連文書が内閣府都合で国会に黒塗りで出される可能性は高い。
   とにかく、自省、自戒、自重の芽は現内閣には無いと言って良く、少なくとも内閣府は解体し、公文書は行政訴訟や国賠訴訟では被告となる所轄大臣への稟議に留め、国会の共有資料としての認識を一にするべきである。
   
   
   

4. 2018年6月07日 10:17:37 : hq4efEATLQ : I3DcAof@w@s[5]
>公文書が官僚の独自判断で勝手にでっち上げられたり、破棄されている。

小役人が上の政治家の指示なしに勝手気ままに違法行為するかよ!
役人の嘘(改ざん)に一年以上守られてきたのは誰だよ?

安倍総理夫妻だろ? 

辞任するよう勧告できない今の与党って何なんだ?


5. 2018年6月07日 19:28:40 : JvMjyuMlDz : 24QF9WfCx9M[189]
内閣府 改竄・破棄の 命下し

6. 2018年6月07日 19:53:49 : pi9Fin0z4k : _ZxhmK5RANg[3]
再発防止、ってのは、
改ざんやウソが決してバレない仕組みを作るってことか。
そーかそーか。
     

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK245掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK245掲示板  
次へ