★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK248 > 113.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
上川法務大臣は「法の正義」を守ったのだそうです。(谷間の百合)
http://www.asyura2.com/18/senkyo248/msg/113.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 20 日 18:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

上川法務大臣は「法の正義」を守ったのだそうです。
https://taninoyuri.exblog.jp/29642488/
2018-07-20 11:07 谷間の百合


きょうの産経新聞を開いて驚きました。

文化欄の見出しに「上川法務大臣の胆力に脱帽」とあったからです。

桑原聡という記者が自分の連載「モンテーニュとの対話」で上川さんは法の正義を守った大臣としてべた褒めしているのです。

一方で、モンテーニュが暴君ネロについて書いた次のような一節を紹介しています。

「残虐の標本ともいうべきネロまでが、或る日、例のように家来から一人の罪人の死刑の宣告に署名をしてくれと言うと『おお、字など学ばねばよかった!』と嘆息したとは、それほどまでに、人ただ一人を死刑に処することが、彼の心を悲しませたとは」

記者はどういうつもりでこの一節を紹介したのでしょう。

上川大臣はネロにもない胆力を備えていたと言いたいのでしょうか。

ネロでさえ躊躇した署名をしたことを褒めているのでしょうか。

わたしは先にも書いたように、今回の死刑執行は安倍晋三という人間が総理で、上川陽子という人が法務大臣だからできたことだと思っています。

実に、安倍晋三という人間の残忍性はネロをも信長をも超えていたということです。

父親の安倍晋太郎が「情がない」と言ったように、ネロでさえ持っていた「情」さえ持っていない人間が総理大臣なのです。





上川という女性がどういう人間なのかは分かりませんが、安倍晋三という人間に出会わなかったら、死刑執行の命令書にサインできただろうかと思うのです。

「情」がないということは、人ではないと言っていいくらい決定的な欠陥です。

上川さんは自分のホームページに「腰の据わった政治を目指す」「難問から逃げない」と書いているそうですが、たとえ罪人といえども7人の同日死刑執行の代償は、上川さんだけに留まらず、日本にとって恐ろしく高くつくような予感がします。

慎重の上にも慎重に審査したということですが、多くの謎を残しての死刑執行でした。

たとえば、海外ニュースで、同日7人の死刑囚の刑が執行されましたと聞いたときの衝撃を想像してみてください。

総理にはその衝撃が分からないのです。

産経が上川さんを胆力のある女性だと持ち上げたように、ネトウヨたちは、さすが総理、やるときはやるんだと喜んだのでしょうね。

地獄へ導かれてもまだ目が覚めない連中です。

自民党には胆力を備えた女性が他にもいます。

丸川珠代さん、小野田紀美さん、杉田水脈さんなどですが、この女性たちなら鼻歌まじりに執行書にサインするのではないでしょうか。

総理に喜んでもらえることですから。































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年7月20日 18:47:57 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[3510]
死刑前日酒飲んで騒いでいたけどね

2. 新共産主義クラブ[888] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年7月20日 18:48:04 : WGw1tRtdno : 3_UAZgNtBMY[5]
 
 元「オウム真理教徒」の死刑囚の死刑施行の時期や、死刑制度の存続には疑問を持つが、
 
 同時に、「谷間の百合」さんは、もしかすると、元「オウム真理教徒」で、現在は「統一協会」の信徒ではないかという疑問も持ってしまう。
 
 「オウム真理教」が目指していた国家は、「安倍晋三」が目指している国家と、余りにも似過ぎているからである。
 

3. 2018年7月20日 19:12:41 : 17yo3W2TPh : WRLcUB2uRHw[322]
国会で法務大臣に聞いて欲しい。
7人の死刑執行に署名した後 親指を立てて喜んでいた心境を。
とことん彼女の気持ちを知りたい。
ついでに、すでに世界的に有名な日本人レイプ犯人がなぜ不起訴なのかも。

4. あおしろとらの友[1608] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2018年7月20日 20:08:48 : PQzmh78DLk : 57itIp3ENJc[1]
産経新聞は上川法務大臣を誉めた。 我々にはテロリズム(恐怖政治)と映った。

5. shue777[536] gpOCiIKVgoWCVoJWglY 2018年7月20日 21:27:34 : vB3bNTgQks : rpJ0uVVEups[50]
イエスは悪人を裁けるような善人はいるかといって戒めた
仏陀は裁きというものは一切否定した法を様々説いていた
全く持って邪悪な念を持つ者たちがこの世に現れた
仏陀はこの状態を末法と予言された
ノストラダムスはその者たちを「獣」と呼んだ

6. 2018年7月20日 21:45:35 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[9239]
坂本弁護士の同僚弁護士は不満のようですよ

「核心部分は闇のなか」
「私たちが考えなければならないことが、この事件にはまだ残されているのでは」
http://www.kanaloco.jp/article/344166

こんな状態で「正義」ですか…
私には「恩赦」を避けたと見えますね。まったくヒドい決定です。


7. 2018年7月20日 23:00:14 : pn7wKwyDjM : 6WeVnsTqc8g[83]
>>6.
>私には「恩赦」を避けたと見えますね。まったくヒドい決定です。


私はオームの幹部を死刑にしたことが悪いとは思いません。
ただ、は、上川陽子法務大臣は、7人の死刑執行の最後の人として、許可の印を3日に押しておいて、6日に7人を死刑執行する側の長としてその前日の5日に、満足を意味するサムズアップで全員で写真撮影するなど、その人間性に問題あるとしか思えません。
常人ならば、いくら凶悪な人間に対してだろうとも、任務としてその首を吊らねばならないとしても葛藤はあるはずだが。


安倍総理も上川法務大臣も、その満面の笑みには、人の首を吊らねばならない葛藤はみじんも感じない。


8. 2018年7月21日 00:42:07 : rwgORSmgTI : ySbarMWNCPU[538]
自民党にはなぜこのような血も涙もないと言ってよいような人々が集まっているのだろうか.5。

金と権力の為とは理解しているのですがこれほど醜い行いを平然とできるようになるにはどのような素質が必要なのだろうか。

もともと悪魔の血が流れているのだろうか。


9. 2018年7月21日 01:48:54 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[3263]
   再審請求が為されており受理もされていた、もしくは受理されるか否かの審理中であったとすれば、これは法治主義国として法務大臣そのものが法的手続きを無視したことになり言語道断である。
    どれほどの凶悪犯であろうと、再審請求という手続きは万人に保障されているのであり、それが途中で為政者によって反故にされる法治主義国は有り得ない。
    オウムだけに関する問題は誰しも無関係だと考えるが、何時如何なる時に自分に降りかかるか解らないのが刑事事件であろう。
    刑務所に収監されているだけでも様々な制約があり自由には動けず、弁護士を依頼する権利が保障されているにも拘わらず、担当弁護士も承知していない間に執行するのは、日本国内に法的手続きが許される者と許されない者が存在することになり、かつその基準が明確でも無く、公式な弁明を公開の場で許されないのは非常に恐ろしいことである。
    上川法相は、再審請求が為されていることを知っていなくてはならない筈だが、記者会見ではその点について全く触れておらず、何故再審請求を反故にしなければならなかったか、議会や国民は知ることが不可能であった。
    恐らく上川氏本人も、再審請求が出されていることに無知なまま宴会の翌日に急に事務方からサインを求められたのではないか。
    とはいうものの、法務大臣ともあろう者が、再審請求は出されていないのかを問わずに署名したとすると、法相の法システムへの姿勢を疑われる。
    彼女は署名を本当にしたのだろうか、法相の公印を役人に渡して置き、表彰状の如く、法相の氏名と肩書が印刷された書類に押印させているのではなかろうか。自筆署名であれば幾ら何でも七枚という数に、署名の手が止まるのが常識だ。
    いずれにしても、法相の肩書を拝命した以上は死刑執行命令文書に関わらねばならない時がいつ来るか解らないのであり、例えば大統領が核ミサイルのボタンを携えて自党のパーティーで羽目を外すとは考えられない。
    従って、拝命中は自党からは距離を置き、常に緊張感を以て公務以外は公邸で過ごすべきである。特に日本の場合は、宴会は日ごろの本音と建て前の使い分けを捨てた無礼講とされる側面があるが、閣僚と政党の一般議員との違いは、総理と閣僚は、自党に属する以前に全国民の代表である自覚が必要な点である。
    今回のように急に宴会の翌日に事務方が命令書を持って来たような場合には、検察に確認する暇もなく資料を読み込む時間も無い。
    総理も閣僚も、拝命中は自宅で専門性を磨きながら、飲むなら自分の酒を飲み、総理や閣僚としての顔で公務以外には動き回らないことである。
   そして財界、官界ばかりでなく、野党の主張を通して底辺層納税者の暮らしぶりにも思いを致すのが、内閣を張っている者としての義務である。
    
    
    
    
    あまりにも何も知らない顔で宴会に出ているので
    

10. 2018年7月21日 22:03:37 : pxgwgovz2Q : W8I8Zx2GSxE[794]
自民亭 「法の正義」も 私物化し

11. 2018年7月22日 23:41:25 : tPdb46ie16 : 7UP1l93p1Go[2]
「法の正義」を守ればこそ、宴会の女将役も楽しく愉快できるのですか?なるほどね。

「死神」と呼ばれながらも、すべての死刑執行に立ち会ったという、故・鳩山邦夫法相どれだけまともで立派だったか。

上川さん、あなたのおかげで初めてわかりましたよ。それだけは感謝しておきましょう。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK248掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK248掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK248掲示板  
次へ