★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK248 > 394.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「軟弱地盤の辺野古沖」こそ辺野古阻止の最強の決め手だ  天木直人 
http://www.asyura2.com/18/senkyo248/msg/394.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 28 日 11:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「軟弱地盤の辺野古沖」こそ辺野古阻止の最強の決め手だ
http://kenpo9.com/archives/4030
2018-07-28 天木直人のブログ


 ついに、きのう7月27日、翁長雄志沖縄県知事が辺野古埋め立て承認撤回という「切り札」を切った。

 これは翁長知事にとって「最後の切り札」であるかもしれないが、同時に最強の切り札でもある。

 翁長知事が承認撤回の理由にあげた中に「埋め立て海域に軟弱な地盤がある可能性が指摘されているのに、国が沖縄県との協議に応じない」ことがある。

 これこそが、撤回理由の最大の理由なのだ。

 辺野古沖を埋め立てて、人工的に飛行場を造ることができない最大の障害なのだ。

 そこには政治的要素の入り込む余地はない。

 科学的に検証すれば、客観的な答えが出るはずだ。

 米国の専門家を入れて第三者機関に調査させればいいのだ。

 そうすれば辺野古工事は不適格となるだろう。

 米国政府も、米国世論の前に、専門家の科学的意見を無視して強行できなくなる。

 米国政府が見直すと言い出せば、それで決まりだ。

 そのことをきょう7月28日の朝日新聞が社説で次のように詳しく説明してくれている。

 「・・・今回、県に『撤回』を決断させた最大の要因は、今月初めに沖縄防衛局が県側に部分開示した地質調査報告書の内容だ。埋め立て用の護岸を造成する沖合の一部が、砂や粘土でできていて、想定とは大きく異なる軟弱地盤であることを示すデータが多数並んでいた」と。

 「地盤工学の専門家によると、難工事となった東京・羽田空港の拡張現場の様子に似ていて、『マヨネーズくらい』の軟らかな土壌が、深さ40メートルにわたって重なっている。政府が届けている設計や工法では建設は不可能で、その変更、そして費用の高騰は避けられない」と。

 「驚くのは、報告書は2年前の3月に完成していたのに、政府は明らかにせず、県民や県の情報公開請求を受けてようやく開示したことだ」と。

 とんでもない話である。

 さらに言えば海流の速さというのもあるらしい。

 羽田だけではなく関西空港も同じ問題があり、今でも地盤が沈下し続けているという。

 これでは、いくら工事を進めようとしても、その後からすぐに埋め立てが流れ、崩れていくのではないか。

 素人でも容易に想像できる。

 菅官房長官は27日の記者会見で、例によって「移設に向けた工事を進めていくという考え方に何ら変わりはない」と強硬姿勢を崩していないが、技術的に難しい工事をどうして強行できるのか、そう追い詰められたら、たちどころに行き詰まるだろう。

 政治的な理由でいくら反対しても、安倍・菅暴政コンビは1強に任せてごり押しする。

 しかし、技術的、専門的に無理なものは、いくら安倍・菅暴政コンビでもごり押しできないのだ。

 ごり押しすれば、そのつけは何倍にもなって返って来るだろう。

 今度の翁長知事の承認撤回表明は、最後の、しかし、最強の、辺野古阻止の切り札である(了)



(社説)辺野古工事 目にあまる政府の背信
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13609849.html
2018年7月28日05時00分 朝日新聞

 沖縄県・辺野古で進む米軍基地の建設について、翁長雄志知事がきのう、海面の埋め立て承認を撤回すると表明した。

 県が理由にあげた数々の指摘は、いずれも重い。これにどう答えるのか。近く開かれる聴聞手続きで、政府は県民、そして国民に対し、納得できる説明をしなければならない。

 今回、県に「撤回」を決断させた最大の要因は、今月初めに沖縄防衛局が県側に部分開示した地質調査報告書の内容だ。埋め立て用の護岸を造成する沖合の海底の一部が、砂や粘土でできていて、想定とは大きく異なる軟弱地盤であることを示すデータが多数並んでいた。

 地盤工学の専門家によると、難工事となった東京・羽田空港の拡張現場の様子に似ていて、「マヨネーズくらい」の軟らかな土壌が、深さ40メートルにわたって重なっている。政府が届け出ている設計や工法では建設は不可能で、その変更、そして費用の高騰は避けられないという。

 驚くのは、報告書は2年前の3月に完成していたのに、政府は明らかにせず、県民や県の情報公開請求を受けてようやく開示したことだ。加えて、「他の調査結果を踏まえて総合的に強度を判断する」として具体的な対策を打ち出さず、工法の変更許可も申請していない。

 他の部分の工事を進めてしまえば、引き返すことはできなくなる。設計変更はそれから考えればいい。予算はいくらでもつける。秋には知事選が予定されているので、政府に理解のある候補者を擁立して、県の抵抗を抑えこもう――。そんなふうに考えているのではないか。

 県と県民を裏切る行いは、これまでもくり返されてきた。

 13年に前知事から埋め立て承認を受けた際、政府は海域のサンゴや海草、希少種の藻を事前に移植すると言っていた。だが守らないまま工事に着手。さらに、来月にも海への土砂投入を始めると表明している。資材の運搬方法についても、陸路を経由させて海の環境を保護する、との約束はほごにされた。

 権力をもつ側がルールや手続きを平然と踏みにじる。いまの政権の根深い体質だ。これでは民主主義はなり立たない。

 安倍首相は「(16年末の)最高裁判決に従って、辺野古への移設を進める」とくり返す。だが判決は、前知事の埋め立て承認に違法な点はないと判断したもので、辺野古に基地を造れと命じたわけではない。

 軟弱地盤という新たな事実が判明したいま、新たな対応が求められるのは当然である。


















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年7月28日 13:17:52 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[9325]
法廷、知事選、両面で注目していきましょう。
サンゴ、希少種と民主主義のルールや手続きを守りましょう。

2. 2018年7月28日 13:48:31 : hYgDyQ7GVw : FW2CaKAMq2k[113]

V字滑走路を埋立て費節約のため、陸側に引き寄せたため、
既存の学校、住宅ほか公共施設の高さが、米軍自体の運用基準
に適合しない状態だ。

沖縄防衛局の知能の低さが露呈している。

米軍(海兵隊)と自衛隊とも人殺しのプロ集団だから
安全な飛行場建設ができないのだろう。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK248掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK248掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK248掲示板  
次へ