★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK248 > 474.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日朝関係で衛藤征士郎氏「安倍政権も北朝鮮と直接対話を」 注目の人 直撃インタビュー(日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/18/senkyo248/msg/474.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 30 日 19:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


日朝関係で衛藤征士郎氏「安倍政権も北朝鮮と直接対話を」 注目の人 直撃インタビュー
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/234136
2018年7月30日 日刊ゲンダイ

 
 衛藤征士郎氏(C)日刊ゲンダイ

 歴史的な米朝首脳会談の実現を受け、国会では超党派の日朝国交正常化推進議員連盟が10年ぶりに再始動した。政府や国会には安易な対話路線にクギを刺す意見もあるが、議連は、国交正常化の議論を先にテーブルに乗せた方が、拉致問題も早く解決できる、という考えのようだ。日朝国交正常化推進議員連盟会長の衛藤征士郎氏(77)に詳しく聞いた。

■拉致問題は人命が最優先

  ――10年ぶりに議連が動き出しました。

 政府間外交、議員外交、民間外交とあるものの、外交は、まずは政府の専管事項ですので、政府の懸命な努力を我々としてはこれまで見守ってきました。しかし、なかなか結果が出ない。拉致というのは、人命の問題であり、人権の問題です。何としても早く解決して差し上げねばならない。そういう思いをずっと持ち続けてきました。

  ――確かに、小泉訪朝によって拉致被害者5人が帰国してから、ずいぶん経ちました。

 議連には、拉致問題は、国家の誇りや威厳といったものを超越した形で、人命と人権を最優先して解決しなければならないという強い意思があります。そんな中、激しく対立していた米朝関係が和解の方向に転じました。和解のメッセージが国際社会に対し劇的に発信されたのが、6月12日のシンガポールでの米朝会談でした。そして、その前段の4月27日の板門店会談。北朝鮮の金正恩委員長と韓国の文在寅大統領の会談において、金正恩委員長は「日本といつでも対話する用意がある」と明言したわけですよ。いよいよ北が国際政治に直接関与する機運が出てきたのだと思う。この機会をしっかり捉えて対応しなければならないと思ったのです。

■米朝の結果にかかわらず日本は主体的に

  ――この激動の時に、日本が何をするかが問われていると?

 そうです。国権の最高機関である国会の責務として、政府に対して速やかな北朝鮮との直接対話を要請する必要があると思うんですね。直接会談の機は熟した。このチャンスに「日朝の首脳会談が実現するよう最善を尽くす」ということを、国会として内外に意思表示する。そうすれば、北朝鮮も「日本の国会が国交正常化に向けて一歩踏み出した」と受け止めるだろうと考えています。

  ――国交正常化というメッセージ、ですか。

 日朝間には平壌宣言がある。この宣言に書かれている文言は、まさに国交正常化の基準なんです。これにのっとって、履行する責務がある。しかし、不幸なことに、両国政府の行き違いがあって、双方がそれぞれの立場を主張して、成果のないまま今日まできた。北朝鮮は「平壌宣言を守らないのは日本だ」と言い、日本は「冗談じゃない。ミサイルを撃ち込んだり、核開発をするから、あなたたちが宣言に違反しているんじゃないか」と反論し、お互いに言い募っているだけで歩み寄りが全くない。このままの状態で誰が犠牲になるのかといえば、拉致被害者やその家族ですよ。本当に申し訳ない。拉致されてからもう40年も経ってしまいました。

  ――政府は「拉致問題の解決なくして国交正常化はない」と言ってきましたが……。

 極論を言えば、それで40年経ってしまったんです。「拉致問題の解決なくして国交正常化はない」という道だけではなく、別の選択肢として、もっと大きな交渉のテーブルを、むしろ日本が主導して、主体的に作るべきではないですか。拉致問題だけを小さなテーブルで解決すると言ってきましたが、もっと大きなテーブルに拉致も核もミサイル問題も乗せる。平壌宣言に書いてある日朝間の不幸な過去を清算するための懸案事項も乗せる。さらには、無償資金協力や低金利の長期借款、国際機関を通じた人道主義的支援など、平壌宣言に書いてある国交正常化後の具体的な経済協力もテーブルに乗せる。その中で、拉致問題の解決の確かな糸口を見いだすということだと思います。遺骨収集の問題や特定失踪者の問題も、大きなテーブルならいろいろ話ができるのではないでしょうか。

 
 日本も直接会うべき(C)共同通信社

今こそアメとムチの使い分けを

  ――拉致問題が先だと言い続けるだけでは物事は動かない。

 5月に米国のポンぺオ国務長官と会った北朝鮮の金英哲副委員長は、日本人拉致問題は解決済みと明言しているんです。このままでは今の状態がずっと続いてしまいかねない。拉致被害者だった曽我ひとみさんが、7月5日に安倍首相に早期の日朝首脳会談の実現を要請しました。そこで首相は「日本が主体的に対応することが求められている」と発言しています。まず拉致問題、ではなく、まずは直接対話です。そして、双方の交渉の窓口を決め、文書に書き留める。米朝は6月12日の会談で、それをやりました。そこから始まるんですよ。日本も同じことをやったらいい。

  ――2度の小泉訪朝以降、この間、もう少し拉致問題を前に進めることはできなかったのか、と残念です。

 何らかの前進的な話し合いや成果を出せなかったのだろうか、ということは誰しもが思っていることだと思います。米国は北朝鮮と国交正常化をしていないのに、ポンぺオ国務長官が3度も北朝鮮を訪問した。日本も同じ条件なのに、それができない。問題はここですね。だからこそ、風穴をあけていかないといけないのです。

  ――どうも日本は、圧力一辺倒が過ぎたのではないでしょうか。米国もそうですが、世界の外交では、表では強く出ながらも、水面下では交渉している。

 そう。アメとムチ、北風と太陽ですね。制裁と対話をうまく駆使して、使い分ける。今こそ、それが大事なんです。日本はこの十数年、ムチだけできた。制裁、それも最高の制裁と最大の圧力。そうすれば北朝鮮は必ず「参った」と降参するだろう、向こうから国交正常化のテーブルに着いてくるだろうというシナリオだったのです。しかし、どっこい北朝鮮は、そんなシナリオに乗ろうとする姿をみじんも見せない。どうしてかというと、密かに隣国の中国が北を支援するし、ロシアもエールを送っている。そうした中で、日本が言うような制裁は実質的には効いていないのです。

■まずは直接対話を

  ――議連としてはこの後、どう活動していきますか。

 国会は北朝鮮に対して、国連安保理に基づく制裁措置の完全履行を求める決議をしています。米朝が新しい動きに踏み出した今、新しい国会の提言なり決議をする努力をしたい。内容は先ほど申し上げたように、「拉致、核、ミサイルなどの諸問題を包括的に解決するため、日朝両首脳の直接対話と直接会談が切に望まれている今、政府に速やかな日朝首脳の直接対話を行うよう要請する」というものになると思います。もちろん単に政府に要請するだけでなく、その実現に向け、我々国会も最善を尽くすということを表明します。

  ――議連では、議員外交もスタートさせるとしています。

 今は制裁決議をしているので、議員が北朝鮮には行けない。しかし、新たな決議をすれば、各議員が北とのパイプを模索しながら、いろいろ動き出しますよ。もちろん、それは日朝首脳の直接対話に貢献する行動でなければいけません。

  ――ただ、米朝の動きは先行きが見通せない部分もあります。日朝については米朝の動きを見ていくべきなのか、それとも日朝は日朝でやっていくべきなのか?

 米朝会談の結果が出なければ日朝会談はやらないという、そういうアプローチではないと私は確信しています。米国は自ら交渉して拉致された3人を取り返したじゃないですか。日本も同じことですよ。主体性を持ってやって欲しい。

  ――米国や韓国頼みではダメだと。

 安倍政権は制裁路線で国際社会に対し強いリーダーシップを取ってきた。そういう経緯があるので、こちらから先に手を差し伸べたりしづらいと思う。しかし、国の誇りやメンツが少々傷ついてもいいじゃないですか。拉致問題の完全解決のために、日朝首脳会談のテーブルに着いてもらいたい。


(聞き手=小塚かおる/日刊ゲンダイ)

▽えとう・せいしろう 自民党衆議院議員(大分2区・12期)。1941年大分県出身。66年早大政経学部卒業。71年全国最年少(29歳)で玖珠町長。73年早大大学院政治学研究科修了(国際政治)。77年参議院議員、83年衆議院議員に初当選。農林水産政務次官、外務副大臣、防衛庁長官、衆議院副議長などを歴任。


衛藤征士郎氏の【インタビュー動画】を公開中です。


日朝関係で衛藤征士郎氏「安倍政権も北朝鮮と直接対話を」


















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年7月30日 19:30:57 : gDuJsjuxdc : b1x@ShChRGI[1168]
■衛藤征士郎君 キミ間違ってるよ!

 キミの意図してる事 何なの?

 本気で アベに

 拉致被害者・ご家族のために

 為せる事があるとでも 思ってんの?

 苦労人のくせして・・・!

 も〜先の長くない キミが

 アベ悪政の 片棒担ぐの・・・?

 アベの延命に 手を貸すんじゃ〜なく!

 我が子・子孫に残す 行動取れや!

 も〜ちと まともに 生きろよ!



2. 2018年7月30日 21:09:06 : LirqQxcTW2 : djk7JdpNQJQ[24]

衛藤征士郎君、君、無理言うなかれ
 そのためのキーパーソンは?
 そんな能力を持つ者が自民党にいるか?
 だーれもおらん。
 能無しなヒラメばっかりだ。
 第一アベ自身が「NO」というだろう。
 ヤツは危ない橋は渡らない。汚い男だ。
 
 衛藤征士郎君、アンタがやるかい?



3. 雅則[704] ieuRpQ 2018年7月30日 22:54:36 : tAFM4KflME : BFMttPY6aVo[50]
衛藤さんの言う事は当然の事では、自民だけで解決することは出来ない。アントニオ猪木も居れば朝鮮総連もある。北朝鮮が解決済みと言う事もふまえて、経済制裁や戦争でなく、話し合いで日朝の国交の正常化を進める.衛藤征士郎さんが出来るから、提案したのでしょう.衛藤さんは立派な方です。日本なら総理大臣に成っても善い方です。東アジアが戦争の無い生活が続くように日朝間の国交の正常化は避けてはならない事を確信しているのでしょう。昭和16年生まれ。頑張れ征士郎。戦争で日本を亡ぼしてはいけない。

4. 2018年7月31日 10:59:44 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-6558]
県日朝友好協会

設立 国交正常化や非核化目指す /長崎
.
毎日新聞2018年7月28日 地方版

長崎県

 日朝国交正常化の実現や東北アジアの非核化を目指す市民団体「県日朝友好協会」が設立された。共同代表に、県被爆者手帳友の会の井原東洋一会長や県平和運動センターの松田圭治議長ら4人が就任した。


 同協会は、6月にあった史上初の米朝首脳会談について「東北アジアをめぐる平和と安全保障にとって大きな変化だ」と歓迎。両国の国交正常化の早期実現のために「あらゆる努力を傾注する」とした2002年の日朝平壌宣言を支持し、民間レベルでの日朝友好運動を展開する。

 長崎市内であった設立総会で、矢嶋良一共同代表は「南北、米朝の首脳会談が行われ、歴史的な転換が今始まっている。正に市民外交の出番がやってきたこの時期に設立総会を迎えることができた」とあいさつ。当面の活動方針として、9月に予定される日朝友好訪問団への参加を広く呼びかけ、学習会を開催する他、各県の日朝友好組織などと連携することを確認した。【加藤小夜】

https://mainichi.jp/articles/20180728/ddl/k42/040/315000c

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

5. 2018年7月31日 19:26:47 : R78it43S7k : xlqb3FY6@qY[47]
正恩に 鍵をかけられ 困り果て

やってみな ストーカーだと 言われても


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK248掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK248掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK248掲示板  
次へ