★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK249 > 576.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ことしの夏もわたしは軍歌を聴きました。(谷間の百合)
http://www.asyura2.com/18/senkyo249/msg/576.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 8 月 23 日 00:16:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ことしの夏もわたしは軍歌を聴きました。
https://taninoyuri.exblog.jp/29700837/
2018-08-22 10:21 谷間の百合


ことしの夏もやはり軍歌を聴きました。

と言っても、私は森繁さんのうたう軍歌?が好きで、「戦友」「ダンチョネ節」それに歌ではありませんが「戦友別盃の歌」などが好きでした。(なぜか今あとの二つがユーチューブで聴けません。)

森繁さんはNHKの職員として自ら満州への配属を願い出たということでした。

黒柳徹子さんによると、森繁さんはそこでこの世の地獄を見たそうですが、そのことは決して口にすることがなかったということです。

わたしは想像してその心情が少しは理解できるように思いました。

とても言葉で言い表せるものではない、とても人の理解の及ぶことではないという絶望感のようなものだったのではないかと想像しました。

アウシュビッツから生還した人もそういう絶望感を語っていたのを覚えています。

森繁さんは、その言葉では表現できないことをうたに託したのではないでしょうか。

あの飄々とした風情、風貌、飄々とした語り口や歌い方から、とても言葉で言えることではないんだよという森繁さんの絶望感が伝わってくるようです。

「戦友」をうたうとき、森繁さんはおそらく見渡す限り累々と横たわる屍の上を吹き抜けていく風になっていたのではないでしょうか。





総理はゴルフ三昧の休暇を過ごしたようですが、NHKスペシャルの戦争シリーズは見ていないでしょうね。

どうせ何も感じないのだから見ても見なくてもいいのですが。

戦災孤児のことはまだ言葉になりません。

国の宝であるはずの子どもなのに、親を失ったとたんに浮浪児になり、果ては汚いものを扱うように一匹二匹と数えられたそうです。

民間の船、漁師たちも戦争に駆り出されました。

10代の(最年少は14歳)船乗りも多く、そのなかの一人の話でしたが、ガダルカナル島まで行ってそこで餓死したことを生き残った戦友から聞いた母親は妹さんよると気が狂ったようになったということです。

それから母親は死ぬまで食べることが罪のように思えたのではないでしょうか。

弾に当たっての即死ならいい方で、母親にとって息子の餓死や戦病死ほど耐え難いものはありません。

余談ですが、わたしがむかしうたった「ダンチョネ節」のテープが残っています。

うたうことにも音程にも自信がなく、か細い声で飄々ではなくひょろひょろした歌い方がかえっていい感じをだしていますw

そのとき、5歳くらいだった一番下の息子がうたった「荒鷲の歌」のテープもあります。

前川喜平さんではありませんが、わたしも軍国少女だったのです。

でも、人間は変わっていくのです。

成長していくのです。

しかし、世の中には変わらない人がほとんどです。

それを「ぶれない」ことだと思っている人とは言葉が通じません。






 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年8月23日 00:30:42 : rRunCljuHQ : A@Itvykx3Oc[1] 報告
この婆さん、自分は成長したと思っているのかな。

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:他のコメント者、投稿者への文句を書いてあるだけのコメント(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
2. 2018年8月23日 02:03:28 : FBnXJc3g6k : DBaQOBvH9ok[1] 報告
「反戦な家づくり」で天皇批判の記事が出て以来、右翼モード全開ですが、そんなに昭和天皇に思い入れがあるのでしょうか。
まあご本人は軍国少女だったということですが。
3. 2018年8月23日 04:46:31 : RLRvWaOozg : zdJmYNDwZWs[23] 報告
ネトウヨ御用達のコミンテルン陰謀論に同調するくらいだから本性をあらわしてきただけでしょう。
4. 2018年8月23日 11:24:13 : BO9Qa22atq : ecTpWGQdN_Y[150] 報告
やっぱりこいつはウヨだね。
何一つ変わってないじゃないか。
結局、妄想や郷愁、期待だけで軍国的な思想にかぶれた人間は変わることができない。
決定的に経験が欠落しているから妄想をいつまでも抱えて変わるチャンスを得られないわけだ。

自衛隊に入隊してみればいいよ。
すぐ変わることができるから。
そういやネトウヨどもはウヨウヨ妄言を繰り返しているが絶対に軍隊経験は無いな。
司令部あたりには佐藤やタモガミみたいな変な奴はいるが、あれは旧軍で言えば辻正信や牟田口みたいな例外的なクズだ。

5. 新共産主義クラブ[-738] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年8月23日 18:33:43 : uYzuQ6ZWNc : @ECxrcyn044[9] 報告
 
 元「右翼少女」「軍国少女」の『谷間の百合』は、“生長”して「国防婦人」になった。
 
 元「右翼少女」「軍国少女」の『谷間の百合』 ⇒  軍歌 ⇒ 「昭和維新の歌」 ⇒ 三上卓 ⇒ 野村秋介 ⇒ 長谷川三千子 ⇒ 安倍晋三
 
 と、つながっている。
 
  
 愛国右翼だろうが、売国右翼だろうが、
   
 本物右翼だろうが、偽物右翼だろうが、

 反米右翼だろうが、親米右翼だろうが、
 
 脱原発右翼だろうが、原発推進右翼だろうが、
 
 反安倍右翼だろうが、親安倍右翼だろうが、
 
 反小沢右翼だろうが、親小沢右翼だろうが、
 
 日本の右翼は、
 
 全て、安倍・岸一族が仕切る『国際勝共連合』につながっている。
 
 
 元「右翼少女」「軍国少女」の『谷間の百合』が、「安倍晋三」につながっていることは、何ら不思議ではない。
 
 「赤かぶ」は、それを知っての上で、元「右翼少女」「軍国少女」の『谷間の百合』のブログを阿修羅掲示板に転載しているのだろうか。
 
 投稿主の「赤かぶ」は、それもわからないくらいの下の方の、『国際勝共連合』傘下の団体の下っ端の構成員なのだろうか。
 
 
◆ 消えざるものはただ誠。
(ブログ『谷間の百合』,2012-12-29)
 
 そんなことを考えていていたら、突然「昭和維新の歌」が浮かびました。
 
 右翼少女だったわたしにはお馴染みの歌です。
 
 ユーチューブを見ながらうたっていたら
 
「混濁(こんだく)の世に我れ立てば、義憤に燃えて血潮湧く」のところで嗚咽が込み上げてきて先を歌えなくなりました。…
 
 元右翼少女は健在なり、というところです。
 
https://taninoyuri.exblog.jp/19062777/
 
 
◆ 青年日本の歌
 
 青年日本の歌(せいねんにほんのうた)は1930年代に作られた歌である。作者は日本海軍の中尉、後の五・一五事件に関与した三上卓である[1]。昭和維新の歌とも呼ばれる。歌詞の内容には「国家改造」、政界の元老・権臣や財閥などの排除が主張されて、濃厚な軍国主義の色彩を帯びているものの、当時の日本社会の状況をある程度反映している[2][3]。発表以来、日本中に人気が出てきたが、1936年禁止となった。原因は歌詞が暴力を煽って、昭和天皇の不満を招いたとされる[4]。歌詞中の詩句の多くは土井晩翠および大川周明の著作からの引用である[5]。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B9%B4%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%AD%8C
 
◆ 三上卓
 
 三上 卓(みかみ たく/たかし、1905年3月22日 - 1971年10月25日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中尉。国家主義者[1]。「青年日本の歌」(昭和維新の歌)の作詞者。

 第二次世界大戦以前の五・一五事件、および戦後の三無事件の双方に参加した人物として知られる。

 著名な弟子として野村秋介がいる。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%B8%8A%E5%8D%93
 
◆ 野村秋介
 
 野村 秋介(のむら しゅうすけ、1935年2月14日 - 1993年10月20日)は、日本の新右翼、民族派活動家。戦後の民族派の代表的な論客として知られた。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%9D%91%E7%A7%8B%E4%BB%8B
 
◆ 長谷川三千子氏、右翼活動家・野村秋介氏の自殺を礼賛 NHK経営委員が追悼文
(HUFFPOST,2014年02月05日) 
 
 NHK経営委員の長谷川三千子・埼玉大名誉教授(67)が、1993年に朝日新聞東京本社(東京・築地)内で拳銃自殺した右翼活動家の野村秋介氏を礼賛する追悼文を発表していたことが2月5日、分かった。時事通信の取材に対し、長谷川氏は「経営委員に番組を作る権限はない。個人的にどのような追悼文を書こうと問題はない」と話しているという。
 
https://www.huffingtonpost.jp/2014/02/05/nhk_n_4728020.html
 
◆ 長谷川三千子
 
 長谷川 三千子(はせがわ みちこ、1946年3月24日 - )は、日本の哲学者、評論家。埼玉大学名誉教授。日本会議代表委員[1]。NHK経営委員。
 
 安倍晋三の首相再任を要望し、2012年には「2012年安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の代表幹事として名を連ねた[13][14]。安倍の首相再任が実現した後も応援団を自認している[14]。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E4%B8%89%E5%8D%83%E5%AD%90
 
◆ 安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会 発起人一覧
http://test2.unitedscene.jp/abe/menber.html
 

6. 2018年8月23日 20:01:25 : 5jhQWspfuB : @ub4ZVerVCI[1] 報告
「谷間の百合」にしろ「半歩前へ」にしろ、それらの記事を貼り付ける意味はあるのでしょうか。世の中にはもっと質の高いブログがあるでしょうに。
7. 2018年8月24日 02:55:05 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[1505] 報告
わたしも軍国少女だったのです。

ということは、戦時中の国防婦人会なるものが、「お国のため、天皇陛下のため」などと言っておきながら、「女性が多くかつ屋s区する仕事やd職種をピンクカラージョブなどと言っておきながら、大日本帝国軍性奴隷問題の前科をごまかそうとする魂胆も見え見えの、大k日本帝国軍性奴隷女子会」そのものであったことの動かぬ証拠であると同時に、この大日本帝国軍性奴隷女子会にまんまと騙されてしまったのが、軍国少女だったことの動かぬ証拠そのものであったことは、決して今のあなたにとっては、何の罪もございませんので、どうぞご安心下さい、ということで、そっと静かに暖かく見守っていくことを、日本人としての誇りとして、国際社会全体にどんどんアピールしていくことにすれば、自分がプーチン大統領ならば、これをごまかそうとする魂胆も見え見えの自民党なんか、誰が相手にするものか、という心境と同時に、北海道とサハリン州が、ウクライナとクリミア自治共和国をロールモデルとすれば、歯舞諸島と色丹島につきましては、近いうちに日本に返還しますので、日本国民の皆様に置かれましては、どうぞご安心下さい、ということでそっと静かに暖かく見守っていく心境もまた、思わず共感出来てしまうくらいのことであることもまた、決して偶然とは言えないのだということにこそ。、深い意味があるのかもしれないし、これもまた、国際社会全体の共通認識として、受容と共感的理解に繋がることになるかもしれないことは、ドイツやイタリアにとっても、本質的には同じなのかもしれないことは、当たり前のこととしか言いようがありませんね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK249掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK249掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK249掲示板  
次へ