★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250 > 107.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
靖国神社が担ってきた役割について 
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/107.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 01 日 00:03:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

靖国神社が担ってきた役割について
https://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/6cb29413e05f324ba91d904d01a2bb60
2018年08月31日 のんきに介護


















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年9月01日 00:58:22 : 4MshD9IZgA : lmuks22fy_A[1] 報告
>犬死にした

さすが反日左翼の有名人きっこ。

全く歴史が分かってない。

日本が大東亜戦争を戦う前の世界はどういう状況だったか。

白人が有色人種を支配する世界だ。

反日左翼どもは何故かこの事実を無視する。

もし歴史を知っていれば日本を批判など出来ないはずだ。

すべての国が平等になったのは大東亜戦争の結果である。

世界史の奇跡、大偉業だと思わないか。

日本が血を流して戦った結果、平等社会が実現したのだ。

何処が犬死になのか。

タイの副首相タナット氏は言う

「あの戦争によって、世界のいたるところで植民地支配が打破されました。

それは日本が勇戦してくれたお陰です。」

2. 罵愚[6581] lGyL8A 2018年9月01日 05:55:19 : REKs5idxcw : swxJetoa8Hw[33] 報告
 「英霊は犬死ではない。白人キリスト教徒の地球支配にとどめを刺した英雄だ」と日本人が確信しはじめたら、一番、困るのは誰だろうか? 人類史はどう変わるだろうか?
 近い将来、日本人はその歴史認識と国家観をとり戻せるだろうか?
3. 2018年9月01日 06:16:58 : LIgO4mFeAs : k41mBKwRKlw[-1813] 報告
今度は靖国叩きか

仮にそれで潰すことができたとしてその後がどうなるかの予想もできない馬鹿しかいないんだな

目先の利益で人件費削減をやってる経団連の老害と発想が似ているんだよな

パヨク勢力も

何故だ♪

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

4. 2018年9月01日 06:24:32 : 5RSdgPfCY2 : afBVaA2Kzqc[3] 報告
>>1
>>2
あなた達も早く靖国に祀られると良いですね😃
5. 中川隆[-13632] koaQ7Jey 2018年9月01日 08:30:00 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-18139] 報告
>>1
>すべての国が平等になったのは大東亜戦争の結果である。
>世界史の奇跡、大偉業だと思わないか。
>日本が血を流して戦った結果、平等社会が実現したのだ。


すべて事実誤認
真実は:

2018年08月15日
高山正之の異常な怨念 / 自存自衛を掲げて隷属国となった日本

  保守派論客と称される知識人の中には、常識に欠ける人が珍しくない。今週、チャンネル桜で大東亜戦争についての討論会があったけど、出演者の知的レベルがあまりにも低いので驚いた。とりわけ酷いのは、小堀桂一郎や高山正之、田中英道、岩田温であった。彼らは大東亜戦争を検討するにあたり、日本の「自存自衛」を強調していたが、これは戦後になってから偽装保守が吹聴した言い訳である。もし、我が国の自存自衛を考えるなら、東南アジアにある西歐の植民地支配を攻撃せず、満洲を狙うソ連に向かって進撃すべきであった。つまり、「南進」という愚策を捨て去り、真に重要な「北進」へと舵を戻すべきであったのだ。

  ところが、小堀・高山・田中・岩田の四氏は、歐米諸国の人種差別を理由にして、日本軍の南進を正当化していたのである。南進や海軍の害悪については、中川八洋先生が『大東亜戦争と「開戦責任」』(第三章)と『山本五十六の大罪』(pp.225-253)で詳しく述べているから、ここでは立ち入らない。ただ、我々は大東亜戦争の本質を確認すべきだ。先の大戦は日本の独立や安全の為ではなく、祖国を英米とぶつけて疲弊させ、あわよくば壊滅的状態に持ち込み、共産主義革命を実現したいと願う左翼分子の画策であった。日本の軍部や政界、官界、学界などに潜む反日分子は、自分達が司令塔になって社会の隅々までをも支配したい、出来ればソ連の傘下に入って官僚主導の統制経済や全体主義を実現したいと望んでいたのだ。

  現在の日本人からすればアホらしく思えるけど、経済を知らない武闘派軍人や議会を嫌う革新官僚からすれば、自分達の命令通りに動く統制社会は素晴らしい。エリート意識の強い大蔵官僚とか観念型の中堅軍人は、自分の知能・知識で社会を設計できると思い込む。つまり、知的設計主義(intellectual constructivism)に流れる傾向が強い。共産主義に憧れる連中というのは、だいたいが試験秀才で、自惚れ屋というのが定番だ。彼らは「難しい試験に落ちた庶民は、優秀な俺たちの云う事を聞いていればいい!」という傲慢な態度に出やすい。しかし、生身の人間が暮らす社会を理性で設計なんて考えは最初から間違っている。だいたい、莫大な数の材料や商品を、役人が一つ一つ計画し、合理的に生産して流通させて行くことは現実的に有り得ず、失敗するのがオチだ。実際、ソ連の計画経済は破綻し、従った民衆が塗炭の苦しみを味わったじゃないか。

  保守派知識人の議論は本質と周辺部分をごちゃ混ぜにして議論するから、一般国民は何が何だか分からなくなる。日米開戦となった時、なるほど普通の日本人は祖国のためと思って闘ったし、アメリカの理不尽な圧力に対して怒っていたことも確かだ。しかし、その一方で、ソ連とその手先となった日本人が、日本を英米と戦わせ、漁夫の利を得ようと謀っていたのも事実である。近衛文麿や昭和研究会に集まった左翼知識人、「良識派」を装った海軍の極悪人である米内光政、陸軍の松村知勝・作戦部長、浅田三郎・情報課長などを思い出せば察しが付くだろう。本来なら、チャンネル桜に出演する言論人は、政府や軍部に蔓延る赤い人物を炙り出す役目を担っているのに、それを故意に避けているのか、それとも頭が悪くて見抜けないのか、ことさら国民の目を西歐の人種差別に向けさせる。こんな論調は一種の陽動作戦だ。

  外国人工作員にとって、反日左翼とボンクラ保守を操るのはいとも簡単。日本人が好む「エサ」を目の前にばらまけば直ちに食いつき、好きな方角に誘導できるからだ。日本人は本質的に西歐白人に憧れ、彼らと対等になりたいと望むから、その願望が打ち砕かれてしまうと、理性を失った変質者になってしまう危険性がある。戦前の日本人を見ていると、まるで「俺が愛していると告白したのに、あの女め、俺様に肘鉄を喰らわしやがった。おのれぇ〜、刺し殺して家に火をつけてやる !!」と憤慨するストーカーとそっくり。西歐人の白人至上主義とか植民地支配を非難する人ほど、白人に対する横恋慕が強い。だいたい、イギリス人やフランス人がアジアないしアフリカを征服したからといって、なぜ日本人が「解放」の天使になる必要があるのか? 何千、何万もの日本人が失う生命と、だらしないアジア人の独立が釣り合うとは思えない。たとえ、征服されたアジア人が日本の犠牲で白人支配から抜け出せても、我が国が帝國陸海軍を失い、米国の属州になってしまうのなら、何の為の戦争なのか分からなくなる。日本人は武士の伝統があるから「独立不羈」を渇望するが、アジア人は隷属が“自然状態”となっているので、独立しても少し時間が経つと、再び誰かの支配下になって元の木阿弥だ。第一、マレー人やインド人、ビルマ人、フィリピン人が真に自国の独立を望むなら、まず自分自身で強くなってから蹶起すべきで、日本人が流血を伴って支援すべき事柄ではない。

Colonial rule 1Colonial rule 2

(左: 西歐支配下のアジア人 / 右: 帝国時代のアフリカ人 )

  そもそも、安全地帯にいる作戦参謀や政治家が、前線の若者に向かって「可哀想なフィリピン人やビルマ人のために、女房子供、両親兄弟を諦めて命を懸けてください」と言えるのか? 一般の兵卒は、大切な家族、郷里の先輩後輩、親友、祖国、皇室のためなら歯を食いしばって戦うが、見ず知らずの南方土人を救うために、自分の命を「鴻毛」の如く考えることはない。機関銃を知らず鉛筆くらいしか持たない知識人は、勝手な「アジア人像」を拵えて、「アジア解放の大義に基づく聖戦」とか「東亜の新秩序」なる宣伝文句を口にするが、普通の日本人がアジア人に接すれば、「何だ、こいつらは !」と生理的な拒絶反応を抱いてしまうだろう。例えば、漢文の教科書に登場する支那人は、君子とか詩人、大人(たいじん)といった立派な人物なのに、大陸で目にする支那人は、詐欺師よりも悪質な嘘つきで、弱者に対して残酷、強者に対して卑屈であったりする。朝鮮人の場合は、もう救いようがないアカンタレで論外。小便で洗顔し、糞で作った薬を飲むような賤民には、なるべく近寄りたくない。

  日本国内で東南アジアを論じる知識人は、現地人の実態に触れず、もっぱら西歐白人に虐げられた憐れな東洋人と位置づける。しかし、実際に南方へ出向いた日本人には、違う感情が渦巻いていた。例えば、シンガポールには日本企業から派遣されたビジネスマンとか、ひと稼ぎしようと目論む商売人が結構住んでいた。当時の日本人居留者は、主に二つのグループに分かれていたという。一つは、「グダン族」と呼ばれる人々で、三井物産や台湾銀行、横浜正金銀行、日本郵船の支店などに勤めるエリート社員たちだ。もう一つは、「下町族」と呼ばれる人々で、南洋に骨を埋めるつもりでやって来た流れ者たちである。この移住者たちは、これといった学歴も無く、総領事やエリート社員たちとは違った世界に住んでいたようだ。つまり、一流企業に勤める「グダン族」とは口をきくような間柄ではなく、気心の知れた者同士で寄り添い合う庶民である。

  ただし、ほとんどの在留邦人は南洋に移り住んでも、おしなべて「日本的生き方」を貫こうとした。なぜなら、彼らは日本に帰っても幸せになれぬ人を除いて、誰しも日本に帰ることを希望していたからである。特に、エリート社員の日本人は、常日頃から「純粋なる日本人」を心掛けていたそうで、「現地の“土人”とは違うんだ」という意識が強かった。「グダン族」にはカイゼル髭を生やし、西洋帽子を被っていた者もいたらしい。中には、五つボタンが附いた詰襟の洋服を着ていた者まで居たというから驚きである。太陽が照りつけるインドシナの気候で、この服装だとかなり暑かったんじゃないか。現在でも、きちんとした服装を心掛けるサラリーマンは、真夏でも背広を着込んで山手線に乗ったりするけど、日本の気候でイギリス人紳士を真似るなんて馬鹿げている。敬虔なピューリタンでもないのに、ダーク・スーツを身に纏う日本人は滑稽だ。蒸し暑い日本なら、アロハ・シャツの方がよっぽどいい。

  もっとも、「南洋」支店に“飛ばされた”「本土族」の中には、「場末」に左遷されたと歎く者もいたそうで、日本人の見栄をかなぐり捨てて、だらしないステテコ姿になっていた人もいたようだ。しかし、選良族であれ下町族であれ、在留邦人が共通して持っていたのは、華僑や土民とはちがう「一等国民」という矜持(プライド)だった。スポーツを楽しむ時も、エリート社員はテニスやゴルフに興じ、下町族は野球や武道、相撲大会などを開いていたそうだ。確かに、立派な帝國海軍を持つ日本人には、アジア人とは違った上流意識があり、自分の身に何かあれば祖国の戦艦が助けてくれるという安心感と自慢があった。だから、「俺たちはヨーロッパ人の支配に甘んじている南洋土人なんかとは同類じゃない。日本は一等国だ。こんな茶色い連中と一緒にされては困る」と思っていた。こんな調子だったから、いくらインテリどもがアジア人との連帯を叫んでも、現地の日本人には通じなかったのである。

  世界の情勢に直面するとき、日本人の精神は矛盾と欺瞞に悩まされる。西歐列強のアジア支配に危機感を覚えてアジア民族との連携を考えるが、実際のアジア人を見ると、「こんな奴らが本当に頼りになるのか?」と不安になるし、「科学技術や生活水準で劣った民族」にしか思えないから、対等な民族とは考えない。むしろ、日本人にとって「お荷物」になる可能性の方が高いと見なしてしまう。実際、台湾は蛮族が棲息する島国だったし、朝鮮は乞食より貧乏なエタが住む後進国だった。日本の周辺を見渡すと、本当に情けない国ばかり。日韓併合なんて、腐った鶏肉を食べたようなものだ。いざ、朝鮮民族を統治してみると、支配による利益より、民度を高めるために投じた資金の方が大きく、税金の無駄遣いという後悔の方が強かった。今では常識になっているが、朝鮮半島に注ぎ込むお金があるなら、東北地方の日本人に投資した方がよっぽど有意義である。日本の議員や官僚は、幕府側についた日本人を無視するかのように、碌でなしの朝鮮に立派な学校や道路、橋、ダム、発電所など建設するんだから、冷血漢としか言いようがない。また、朝鮮に大量の税金を注ぎ込むことで、南満洲の防禦策が手薄になり、対ロシア戦略にとってマイナスとなった。
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68729501.html




[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

6. 人間になりたい[801] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2018年9月01日 09:28:12 : Igew9LiSCV : jX5tMsGMxX4[625] 報告

国家神道、教育勅語、天皇の神格化という、人格破壊三点セットに洗脳され、
ゴロツキ化した日本人は、欧米の戦争病、侵略病のゾンビに感染して、
自らゾンビになり、アジア諸国を侵略するようになった。
以前、中国戦線に従軍し、南方でイギリス軍の捕虜になった人から話を聞いたことがある。
靖国で会おうといって、出征したという話があるが、あなたもそうしたのかと聞くと、
そうでもいわないと、周囲から白い目で見られたということだった。
もし霊というものが存在して、自由に移動できるのなら、
靖国に霊などいないだろうともいっていた。
生きて虜囚の辱めを受けずという時代に、捕虜になったときはどんな思いがしたのかと聞くと、
一言、ホッとしたといっていた。
戦場での過酷さは想像を絶するものであり、同情を禁じ得ないが、
市民に対する残虐行為も想像を絶するものがあった。
冷静に話をする人だったが、しまいには嗚咽が堪えきれず、
「戦争に行って、いいことは一つもしなかったが、全ての悪をやってしまった」と号泣していた。
当時はマラリヤの後遺症で入退院を繰り返していた。
デタラメな戦争で殺されたり苦痛を受けた人は靖国の人たちだけではない。
 
 
7. 2018年9月01日 19:25:40 : d09awybmvs : 9XELq6f142c[51] 報告
役割は 主に戦意を 煽るため
8. panbet37[865] gpCCgYKOgoKChYKUglKCVg 2018年9月01日 19:52:00 : w0AWGuc7g6 : yQDOuhpmggw[5] 報告
   あえて言う。靖国神社はつぶすべきである。
9. 罵愚[6588] lGyL8A 2018年9月02日 05:45:59 : REKs5idxcw : swxJetoa8Hw[40] 報告
 日本列島は、ゼ〜〜ンブ伊勢神宮と靖国神社の神域だよ。不浄思想には住みにくいし、この先、ますます住みにくくなると思うよ(笑)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK250掲示板  
次へ