★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250 > 220.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“逃げ恥”首相の薄汚い手口 ますます異様な自民党総裁選(日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/220.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 03 日 21:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


“逃げ恥”首相の薄汚い手口 ますます異様な自民党総裁選
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236746
2018年9月3日 日刊ゲンダイ 文字起こし

 
 討論より地方回り(C)共同通信社

「我々は代議士と言われるが、国民の気持ちを代弁し、議論するための侍だ」

 8月31日、TBSラジオの番組に出演した自民党の石破茂元幹事長は、こう言って自民党総裁選での政策論争の必要性を強調した。愚痴というか文句というか、不満タラタラなのだろう。

 安倍首相との一騎打ちとなることが確定した総裁選は、7日が告示(20日投開票)。しかし、総裁選期間中の討論会は、8日の日本記者クラブ主催と9日の党青年局・女性局主催のわずか2回しかない。街頭演説会も8日の東京、15日の京都・佐賀、16日の北海道・三重の5カ所で、2012年の17カ所から大幅に減らされた。安倍がロシアのウラジオストクで開催される「東方経済フォーラム」に出席することを理由に、党の総裁選管理委員会が10〜14日の“休戦”を決めたからだが、「表立って論戦するのは得策ではない」と安倍陣営が漏らしている。石破との討論を避けるべく選管に働きかけたことは想像に難くない。

 政策論争から逃げる一方で、安倍陣営は身勝手で薄汚い策を弄する。総裁選のルールも都合良く変更した。20歳以上の党費を連続2年分納めた党員に限っていた投票権を「18歳以上」に引き下げた上、1年分しか納めていない新規党員でも投票できるようにしたのだ。ネトウヨ若年層は安倍支持者が多いから、有利だと計算しているのだろう。

 メディアにもドーカツの異常さだ。党の総裁選管理委の野田毅委員長名で新聞・通信各社の政治部長に宛てて「公平・公正な報道」を求める文書を8月28日付で送付したのである。その“要求”の細かさには驚愕で、「記事や写真の面積を平等にしろ」「候補者によってインタビュー掲載日が異なる場合は、もう一人の候補の氏名も記せ」とまで書いてある。

 公職選挙法に縛られる選挙でもないのに、新聞社の編集権まで自民党が管理するつもりか。この異例の注文は「安倍に近い議員が総裁選管理委に対し、報道への働きかけを強く求めた」とベテラン議員が明かしている。いやはや、ここまで異様な自民党総裁選は過去にあっただろうか。

■表向きは「骨太の議論をしたい」のア然

 赤面したくなるほどの“逃げ恥”を平然とやっているくせに、驚くのは安倍が総裁選について表向きには、「骨太の議論をしたい」と何度も繰り返していることだ。8月26日の鹿児島での出馬表明で「骨太の議論をしたい」と主張、同28日の党役員会でも「堂々とした議論を展開する」と格好つけていた。

 石破が討論会が少ないことを批判した後でも、1日付の読売新聞のインタビューで、「総裁選は真剣勝負だ。骨太の政策論を戦わせたい」と発言しているのだからア然ボー然。相変わらずの嘘八百、口先首相の本領発揮だ。

 コラムニストの小田嶋隆氏はこう言う。

「論戦から逃げる安倍首相には正直、びっくりしています。総裁選にはどうせ勝つのだから、正々堂々と議論の場に出ればいいのに、よほど自信がないんですかね。国会答弁でも、安倍首相は原稿を読むのはいいが、党首討論のように自分の言葉で答えるのはうまくない。まともな討論ができないのは政治家として問題ですよ。それなのに、どうして自民党内では8割もの国会議員が安倍首相を支持するのか。このまま安倍首相が圧勝すれば、自民党がいかに議論のない党であるか証明されることになります」

 
 プーチンは安倍より習近平(C)AP

勝利が見えても泰然とできない。臆病で下劣

 安倍が表に出てこられないのは、石破と議論になったらコテンパンにやっつけられてしまうからだろう。

 最も力を入れる憲法改正は、今でこそ「9条に自衛隊明記」の加憲論を主張し、「9条2項削除」の石破との対立軸にしているものの、もともとは96条改正で改憲要件緩和を求めていた。しかし、それが困難と見ると、緊急事態条項や教育無償化を持ち出したりとコロコロ変えて、改憲に何の哲学も理念もないことは明らかだ。石破から「(9条改正について)私が言っていることは、安倍さんが幹事長時代に言っていたことと一緒だ。なぜ、変わったのか」(2日付読売新聞インタビュー)と皮肉られる始末である。

 経済政策にしても、総裁選の安倍のビラには「『失われた20年』は過去のものとなった」などと記され、6年間のアベノミクスの成果アピールに余念がないが、その中身はペテンだ。「名目GDPが493兆円から551兆円に増加」「有効求人倍率が全都道府県で1倍を超えた」などが毎度のフレーズだが、既に石破に「GDP増加分のうち32兆円は統計の見直しによるカサ上げ」だと、そのカラクリを暴露されている。有効求人倍率の改善にしても、少子高齢化による労働人口減少が原因であることを、石破は近著で指摘してもいる。

 トランプ米大統領との日米蜜月も、米紙ワシントン・ポストの「私は真珠湾攻撃を忘れない」とトランプが安倍に突き付けたというスクープで、隙間風が吹いていることがバレてしまった。

 最悪なのは拉致問題で、「私の政権で解決する」と威勢だけはいいものの、2004年の小泉再訪朝以降、1ミリも進展していない。これでは「骨太の議論」など、やれるはずないのである。

■ロシアは安倍滞在中に中国と軍事演習

 そんな安倍が、次なる国民騙しの材料として準備しているのが、総裁選期間中のロシア外遊でのプーチン大統領との蜜月パフォーマンスだ。ただ、首脳会談は予定されているが、北方領土問題で進展する可能性はゼロ。それどころか、安倍がウラジオストク滞在中に、ロシア軍が極東地域で過去最大の軍事演習を計画、中国軍も一部に参加するという。中国の習近平国家主席は「東方経済フォーラム」に初出席する見通しで、安倍は中ロの蜜月を見せつけられるのが関の山。滑稽でしかない。

 高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)が言う。

「プーチン大統領を安倍首相の地元・山口に招いた時もそうでしたが、実際は成果がなくても、成果があったかのごとく仕立て上げて、報じてもらうのでしょう。1日にロシア軍の哨戒機が日本列島周辺を一周し、自衛隊機がスクランブル発進する騒ぎがありました。安倍首相の訪ロを目の前にしたこの時期に、いかに日本がナメられているかということ。中国軍が参加する極東軍事演習も、日本包囲網というか日米への牽制であることは間違いない。安倍首相は『ウラジーミル』なんて呼んで、ヘラヘラ笑っている場合じゃありませんよ」

 それでも、薄っぺらな首相を、二階幹事長がヨイショしまくり。留任アピールの猟官運動の一環なのだろう。1日、訪問中の中国で「(安倍首相は)今回は地方票も圧勝するだろう」と話し、石破については「準備不足の感があり残念だ」と批評した。石破は「何を指しているのか。理解できない」と猛反論だったが、安倍陣営は裏で石破の集会を県連にキャンセルさせるなど、陰湿な石破封じに躍起になっている。

「安倍陣営の派閥が所属議員に誓約書への署名をさせているそうですね。安倍首相は、自分に投票してくれるのかどうか、そんなに疑心暗鬼なのでしょうか。勝利は見えているのだから、泰然としていればいいものを。どこまで臆病なのか。つまらないダメ押しをするなんて、みっともないですよ」(小田嶋隆氏=前出)

 今回の総裁選はあらゆることが前代未聞だ。自称・国民政党の自民党は、党内にさまざまな意見や考えがあるのは当たり前で、総裁選では目指す国家像を競い、政策を戦わせてきたのではなかったか。中身空っぽの「アベ様」一色の今の自民党は、もう終わっているとしか言いようがない。




















































 


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年9月03日 21:54:33 : AVCzW2K2rQ : FyJLR0QdWMI[288] 報告
こんな薄っぺらいうそつきが
まだこの世の中で生きるのかと思うと
ため息しかでない。

自民党はどこまでも腐っている。

2. 2018年9月03日 22:01:25 : 5OzOFYMUDs : LV8VexQ9lAM[250] 報告
『タイマン張れない親分は、子分に即見切られるんだけどねぇ?』

<自堕落痔民徒党>は、ヤクザ以下、ちゅうことかい?
アホクサッ!

3. 2018年9月03日 22:19:13 : Ft5PhGZaus : YhAl4Sseg5I[381] 報告
もっと汚く、もっとクソ臭く、どうせ主権を決める議員選挙じゃねぇんだから、なに勿体つけているんだい。
 クソ壺の中の嵐じゃねえか。マスごみ動員して尤もらしくってかい。
 マスゴミも腐れ寿司食らって頭がいかれているんだからな。特に犬Hけえーは「何をやってもらえたら上手く行かねえ三菱の御大がトップだからな」、いつまで聴かされ見させられる「大本営発表」というやつだ。
4. 2018年9月03日 22:24:18 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[3870] 報告
討論しねぇ
ロシアに逃げる
こんなバカな奴が国の一番偉いやつ?
終わってるのは自民じゃなくて
日本そのものだろ
5. 2018年9月03日 23:51:52 : v07HDkmqfk : 8gSZXGiLXcY[48] 報告
最近スポーツ界でパワハラが叫ばれているが、安倍のパワハラは度を越しているのではないか(笑)。自民党議員、中にはまともな奴もいるはずだが、全員右へ倣えとは恐れ入る。
モリカケを私の不徳の致すところと言ったとNHK,え、え、え、それ不徳じゃないでしょう、泥棒でしょう、でも自白ととればそれもいいか、自白したんなら即豚箱に夫婦を入れるべきだ。
6. 2018年9月04日 03:07:49 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[3466] 報告
   総裁選の論戦にはさすがに官僚から資料は貰えないのだろうか、何故なら官僚の作った法案は官僚が説明するが総裁選の資料は官僚には作れないのだろう。
  だが内閣府まで作り、そこに官僚や元官僚が側近として寝泊まりまでしているのなら総裁選のための原稿くらいは書けるだろう。
  写真やテレビへの出演まで、ライバル石破は公平にとのことだが、一番不公平をしたのは安倍氏だろう。
  自分の総理大臣としての権威と地位を利用し、官邸や公邸に地方議員を接待し食事を振舞うなど、国民の共有資産であり時の総理大臣の公務用に貸与している官邸や公邸を、自党の総裁選の有利のために使用するのは公私混同である。
  現総理だからといって、総裁選はあくまでも一政党の党首を選ぶものであり、そのイベントに総理大臣官邸を利用して地方議員を誘い、総理の威光を以て総裁選を有利に運ぶ考え方そのものが、不公平、不公正である。
  国民は総裁選のためにまで官邸を貸与している訳では無く、あくまでも総理大臣としての公務のための場として貸与しているのである。
  総裁選に利用するなら、自民党会館や自前で調達した会場、あるいは私邸に招くのが常識であり、安倍氏が総裁選有利の為に官邸を使ってしまった時点で石破氏に公正を求めることは出来ないし、これで当選しても不公正をしたので無効であろう。
7. 地下爺[3390] km6Jupbq 2018年9月04日 07:46:30 : ygnIofYuD6 : wi1STPEnmmE[86] 報告


 いやな 渡世ですが 少しは 下記の動画で 気分を晴らしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映画 破れ奉行 第6話〜第10話より 8:44 より 発案
https://www.youtube.com/watch?v=48k4hDNC_HY


 うすぎたねよ 安倍晋三 てめのすることた

 何を しようと ふてぶてしく 三選しようだと

 笑わせじゃねやー てめらに 生きたられちゃー

 この世の中は 真っ暗だ 


 たたっ切ってやる !!




[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

8. 小沢一郎の影武者[249] j6yR8ojqmFmCzIlllZCO0g 2018年9月04日 09:43:46 : PPra43QKNA : DSke4vNWqII[29] 報告

 >>1. :こんな薄っぺらいうそつきがまだこの世の中で生きるのかと思うと
     ため息しかでない。自民党はどこまでも腐っている。

     ↑
  全くその通りです。

  つまるところ、
  「長いものには巻かれろ」的な軟弱な地元自民党議員を選んだ県民レベルの
  低さが問題です。

  そして、県民をそんなレベルに誘導した「マスコミ」の罪は万死に値します。

9. 2018年9月04日 14:20:27 : i3Ndt2rWYq : S_Vy_E9Efhw[1716] 報告
>>6
>総裁選の論戦にはさすがに官僚から資料は貰えないのだろうか、
その程度が出来ないで、公安に石破を探らせられるわけも無い。
当然やらせているだろう。

完全に公私混同だけど安倍晋三についてだと今更だ。

10. panbet37[874] gpCCgYKOgoKChYKUglKCVg 2018年9月04日 15:18:22 : 1kDDGfbCWg : SrKLDZGta08[3] 報告
安倍は今や、気も狂わんばかりではないか。
  
 驕る平家(=長州)は久しからず。狂人皇帝、暗黒の痴呆独裁官の終わりの始まりだ。

 総裁選に負けたらもちろん、勝ってもその瞬間から、安倍の底知れぬ転落が始まります。

11. 2018年9月05日 00:42:28 : NG8ORTKLlI : pT@fXzn31@8[7] 報告

日刊ゲンダイは嘘ばっかり、反日メディアの実態 #反日メディア

日刊ゲンダイの実態についてまとめています。小沢一郎のお抱え反日メディアであることを書き連ねています。

更新日: 2016年08月12日

この記事は私がまとめました tokyo.satohさん
https://matome.naver.jp/odai/2147096246746665901


日刊ゲンダイとはどんなメディア?


『日刊ゲンダイ』(にっかんゲンダイ)は、講談社系の出版社である株式会社日刊現代が発行するタブロイド判夕刊紙である。日本新聞協会非加盟。

発行部数は、日本雑誌協会による調査では176万部(算定期間:2012年10月1日 - 2013年9月30日 印刷証明無し)。独自に発表している部数は(北海道版は除く)168万2千部(東京版117.7万部、大阪版34.2万部、中部版16.3万部)。


東京・大阪・名古屋の三大都市で発行(中部版は中部経済新聞社が発行)されている他、札幌市内でも発行されている。札幌では、当初は『日刊サッポロ』(『北海タイムス』(現在は廃刊)系列だった)として発行されていたが、2006年6月より『日刊ゲンダイ』として発刊されるようになった。また、福岡など九州においては発行や発売は一切行われていないが、第三種郵便物による郵送購読は可能である。

『日刊ゲンダイ』は、創刊時、発行元の株式会社日刊現代が週刊誌を発刊している講談社系の会社であることを理由に、日本新聞協会への加盟を拒否されたため、雑誌扱い(日刊誌)となっている。

出典
日刊ゲンダイ - Wikipedia

●日刊ゲンダイは日本新聞協会非加盟であり、新聞ではない、ニュース配信の媒体ではないのである。
●新聞の体をして様々な反日記事を書いている最低のメディアである。


(略)


●安倍政権へも執拗に攻撃。しかも無理やりな記事が多い。

●市民からも厳しい批判が多く、よくブログで反論記事を上げられる。

河井克行議員への報道からみる日刊ゲンダイのダメ記事。 - メディア報道の真実を確認するブログ
http://usukkidaijji.hatenablog.com/entry/2016/06/20/171011

●河井克行が元秘書に暴行を働いた?? 河井克行といえばいまや武闘派議員ということになっているが実際のところどうなのか? 広島で取材を行ってきた。 発端は週刊文春で河井克行衆議院議員の元秘書である中村秀雄氏が繰り返し暴行を受けたと報道され、日刊ゲンダイが何の裏付け取材を行わないままに文春の記事を真似て拡散したためである。結…


国民が知らない反日の実態 - 日刊ゲンダイの正体
https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/565.html

「国民が知らない反日の実態」は、日本への非難に関する疑問点や矛盾点、 左翼の動向・関連情報をまとめるサイトです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


メディア報道の真実を確認するブログ

政治経済ニュースの真実を確かめるブログ


2016-06-20

河井克行議員を狙った日刊ゲンダイのウソ記事。
http://usukkidaijji.hatenablog.com/entry/2016/06/20/171011


河井克行が元秘書に暴行を働いた??

(写真)

 ●河井克行といえばいまや武闘派議員ということになっているが実際のところどうなのか? 

 ●発端は週刊文春で河井克行衆議院議員の元秘書である中村秀雄氏が繰り返し暴行を受けたと報道され、日刊ゲンダイが何の裏付け取材を行わないままに文春の記事を真似て拡散したためである。結果としてプロ市民を中心に拡散していく不思議なメディアなのである。

●最近のゲンダイの書きぶりがあまりにひどいため、過日、関係者にインタビューしたところ以下のような事実が判明した。

河井克行議員の地元広島現地取材の結果

 ●暴力を受けたと騒いでいる元秘書は中村秀雄氏、現在は76歳である。中村秀雄氏が河井克行事務所に雇われたきっかけは1998年末ごろに自らが経営する会社が倒産し無一文となったことで、河井克行の支援者のつてをたどり、河井克行事務所に雇用されたということだった。

 ●しかし、河井克行事務所との雇用関係は三か月しか続かなかったのである。それも1999年4〜7月という、17年も前のことである。これは週刊文春等の既報の通りである。事件について証言しているのは、このような短期アルバイト程度しか働いていない、中村氏だけなのである。

 ●そして、中村氏は「ハンドルを握る左腕を革靴のまま蹴りつけられ、ケガをした」と証言している。運転のハンドルを握っている手を蹴りつけるなんてことはどのような状況下で起こり得るのだろうか?わざわざ危険な運転中の車内で行うだろうか。

 ●元河井事務所の秘書に当時の様子を聞いてみた。17年も前のことなので正確なことなど覚えていなかったが、印象的な証言が出てきた。

 ●中村氏は運転手として入ってきたものの態度はでかく周りの支援者からも疑問の声が多く上がっていたとのこと。運転手につくまでは社長だったのだから仕方ないことかもしれない。

 ●当初、中村氏は運転に自信があるとのことで運転手として採用されていたのだが、地元の道も知らず、スピードの出しすぎや時には赤信号も無視していってしまおうとすることも多く、その都度乗っていた河井克行議員が慌てて止めていたとのこと。

 ●ゲンダイの記事にあるような後部座席から運転手のハンドルを蹴りつけるというのは非常に難しく蹴る方にもリスクが高い行為、あり得ないことと考えられる。大体どんな体制で行われたのか想像もできない。おそらく、被害妄想だと思われる。

●中村秀雄氏が河井克行議員から暴行を受けたとする訴えは警察より却下されている。

●当たり前の事であったが、警察は暴行の事実は無かったとしている。もちろん、警察が断言するからには関係者の証言もとってのことだ。

中村秀雄氏の現行犯逮捕

 ●中村秀雄氏は三か月で河井事務所を退職した後、朝日新聞、読売新聞、中国新聞で報道されたように、猟奇的な言論弾圧事件を起こしている。25か所に掲示された河井克行議員のポスター32枚がカッターナイフでバラバラに切断される事件を起こし、現行犯逮捕されているのである。 1〜2枚ならば憂さ晴らしもわかるが、32枚も切り刻んだのである。異常としか言えない。

f:id:usukkidaijji:20160620172235j:plain

 ●普通の人物はカッターナイフで32枚も三か月だけ所属した上司の顔写真のポスターを次々と25か所も移動して切り裂くのだろうか。その点からも記事にある事実は疑わしい。

 ●一人の議員として河井克行氏の功績は保守派もリベラル派も賞賛すべきものである。本当に、こうした一面的な、一個人の証言だけで判断してよいか、もう少し検討されるべきと考える。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK250掲示板  
次へ