★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250 > 522.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マジか!国会議員の9割が支持しても安倍首相は不満らしい 首相「陣営が緩んでいる」 天木直人 
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/522.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 11 日 08:45:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

     


マジか!国会議員の9割が支持しても安倍首相は不満らしい
http://kenpo9.com/archives/4172
2018-09-11 天木直人のブログ


 総裁選の論争がいよいよ始まった。

 しかし、いまひとつ面白くないと思ったのは私一人ではないはずだ。

 だから、安倍、石破の論争より、総裁選に絡む裏話を探す方が面白い。

 きょう9月11の日経新聞は、「迫真」というコラムで、今度の総裁選にまつわる安倍首相の興味深い言動の数々を紹介している。

 たとえば、安倍首相は今年の6月に、次のように口走って石破氏に猛反発したらしい。

 「現職首相に対抗しようだなんて退陣要求に等しい」

 当たり前だろう。

 八百長でもないかぎり、総裁選に出る者は勝つつもりで出るのだ。

 そして総裁選に勝てば即首相になる。

 石破氏の立候補は安倍首相に退陣を迫るもの以外の何物でもないのだ。

 だからこそ野党や反安倍の世論は、好きでなくても石破氏を応援するのだ。

 しかし、石破氏を許さないという安倍首相のこの言葉は、すでに多くのメディアが報じている。

 私がこの「迫真」の記事で驚いたのは次のように書かれていたところだ。

 「・・・8月下旬、8日間の夏休みから首相官邸に戻って来た安倍は、陣営幹部から『国会議員票の約9割が安倍支持だ』との報告を聞き、あぜんとした。『そんなわけないでしょう。陣営が緩んでいるのではないか』。陣営の議員を総動員し、都道府県ごとに党員全員に電話をかけるよう指示した・・・」

 これを読んだ時、私は読み間違えたかと思って何度も読み返した。

 しかし引用した通り書かれているのは間違いなかった。

 ひょっとして「9割」は「6割」の数字の間違いかとも思った。

 つまり報道では国会議員の7割以上を固めたという読みがもっぱらだった。

 だから6割と聞いて唖然として、はっぱをかけたのだ。

 しかし、数字に強いはずの全国一の経済紙である日経が、こんな重要な数字の間違いをするはずがない。

 そうだとしたら、安倍首相は9割でも不十分で、ほとんどすべての自民党の国会議員が自分に投票するようにはっぱをかけたという事になる。

 自分に反対票を入れる国会議員など考えられないと思っているのだ。

 なんという傲慢な男だろう。

 というよりも、なんというピント外れの男だろう。

 これはコンプレックスの裏返しだ。

 今度の総裁選がどのような結果に終わろうとも、こんな非常識な男は、何をしでかすかわからない危険な男だ。

 一刻も早く首相から引きずり降ろさなくては行けないということである(了)



迫真 自民総裁選、次にらむ(1) 「石破氏出馬、退陣要求だ」
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35173000Q8A910C1EA1000/
2018/9/11付 日経新聞

 自民党総裁選の本格的な論戦が10日、始まった。北海道地震を受けて7日の告示後は活動を自粛していたが、10日に立会演説会を開いた。「私にとって最後の総裁選だ」。連続3選をめざす首相の安倍晋三(63)は演説会で強調した。

 3日、安倍陣営が都内ホテルで開いた選挙対策本部の発足式。決意表明を終えた安倍は壇上で集まった約230人の国会議員の姿を眺めながら、隣にいた副総理・財務相の麻生太郎(77)に語りかけ…



「国会議員票の約9割が安倍支持だ」

「そんなわけないでしょ。陣営が緩んでいるのではないか」

安倍首相側は今回の自民党総裁選で「勝敗よりも勝ち方」に神経をとがらせています。




















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. で爺[147] gsWW6g 2018年9月11日 09:29:32 : dKk5h3WtFY : nAOqJYhCEyU[1] 報告
選挙を知らぬ天木某(笑)9割なんてそんな高いはずないでしょ、と陣営を引き締めるのが常識というもんでしょ。幹部の票読みの甘さに「あぜん」としているという図なわけだ。日経の記者も苦笑していることだろう。

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。
2. 2018年9月11日 09:46:58 : 0hZmlXXAso : FrkIHRfsRCI[40] 報告
> 「現職首相に対抗しようだなんて退陣要求に等しい」

安倍首相が本当にこう言ったと言うのなら明らかに「民主主義」を理解していない事になります。異論を許さないのは独裁とイコールです。いくら安倍首相でも。まさかそこまでとは思いたくありませんが。

3. 2018年9月11日 10:11:54 : dxkTl1vUxc : 4Qp9Icj8RwM[428] 報告
2>だから安倍を総理にしてはならぬのだ。

 自分が次の任期が終わるまで自分と争ったら容赦しない、という発想そのものが幼稚だということに、自民党議員が認識するべきなのに、類は友を呼ぶ のたとえどおり自民党議員も安倍の頭の中のレベル・・本当にそう思う。

  国滅びて山河あり・・・どころか地域がなくなる。 石破さんの地方創生に全力で押し上げるよう、自民党議員は廻れれ右をしなければ選挙に勝てないよ!!
   地方は安倍支持じゃないぞ!!

4. 2018年9月11日 10:35:41 : 6XVcvQ2mMY : S5Bh1Qh9dHA[21] 報告

「コンプレックスの裏返しだ」

正しい。最初は国民の支持が気になって気になって仕方がなかった。「自分は選挙の

顔にならない?」メディアを恫喝して数値弄りをやらせた。その結果、50%近くい

けば「御の字」、側近からそう言われた。しかし気分が悪い。スッキリしない。面白

くないのだ。本人の頭からモリカケはすっかり消えてしまった証拠である。

国会議員票で圧倒して俺のモヤモヤ感を吹っ切りたい。国民は恫喝できないが、国会

議員は権力でねじ伏せてきた。「一人たりとも反旗を許さない」「議員は全員俺にひ

れ伏していることを国民に見せつける必要もある」

5. 佐助[6078] jbKPlQ 2018年9月11日 12:23:31 : RbPZf2tsH6 : K9EhTpDjOxI[497] 報告
日本を衰退させるドロボー詐欺師
6. やめてーや[199] guKC34LEgVuC4g 2018年9月11日 13:23:23 : CUehrJ6Rds : uxjfOnC_yCM[252] 報告
中国は共産党独裁という。
今の日本はこれに近い「アベ独裁」の国だ。

中国ほど表現の自由は制限されていない。が、多くのマスメディアは事実上コントロールされ、国権の最高機関であるべき国会は、議員のロボット化を通じ機能を骨抜きにされ、アベ行政の追認機関としてその存在意義を失った。

人権を守る最後の砦たるべき裁判所も事実上その権能をアベ行政府に差出し、行政運営に物申すことをやめた。

最大の民意の発表機会である選挙さえもその正当性がゆらいでいる。

大切な立法、司法という重要な権能が行政府に隷属するこんな状態を独裁と呼ばずして何と呼ぶのか。

この国がすでにそんな状態に陥っていることに、おめでたいこの国の民は全く思いも致さず、民主主義がまた維持できていると素朴に信じる。

正に笑えない喜劇である。

そんな喜劇がどれほどの悲劇と災厄もたらすのか。それを我々は過去に310万人以上の犠牲者を出して骨身にしみて学んだはずなのに。

7. 2018年9月11日 18:06:34 : ecAZsodHcQ : A4Zt82elUQE[64] 報告
ファシストなんだも〜ん。
粛清が楽しみだね。
8. 2018年9月11日 19:30:18 : d09awybmvs : 9XELq6f142c[321] 報告
裏切りに 怯え不安に 苛まれ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK250掲示板  
次へ