★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250 > 855.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
プーチン発言は千載一遇のチャンスと語った産経新聞政治部長  天木直人 
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/855.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 19 日 17:00:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

プーチン発言は千載一遇のチャンスと語った産経新聞政治部長
http://kenpo9.com/archives/4201
2018-09-19 天木直人のブログ


 今日発売の週刊新潮(9月27日号)で櫻井よしこ氏が教えてくれた。

 産経新聞の石橋文登と名乗る政治部長が、9月14日の「言論テレビ」でプーチン発言は千載一遇のチャンスだ、山が動く可能性があると語ったというのだ。

 その要旨はこうだ。

 日ソ共同宣言にはこう書いてある。

 ソビエトは日本の要望にこたえ歯舞群島及び色丹半島を日本に引き渡す事に同意する。ただしこれら諸島は日本とソ連の間に平和条約が締結された後に現実に引き渡されるものとすると。

 プーチン氏は日ソ共同宣言に非常にこだわりを持っている。ということは交渉次第では平和条約の後に2島が返って来るということだ。向こうからボールを投げて来た意義は非常に大きい、と。

 こう語ったというのだ。

 まさしく、私がプーチン提案を知った時に、千載一遇のチャンスだと書いたのはこういう理由からなのだ。

 「言論テレビ」なるものがどういうメディアか知らない。

 しかし、こういう意見こそ、堂々と大手メディアで取り上げられ、国論を二分する議論にすべきなのだ。

 そして、もし安倍首相が北方領土返還という歴史的業績を残したいなら、腹をくくって政治決断することが不可欠だ。

 ひとつは2島返還で行くと覚悟を決めることである。

 実はこの覚悟が出来なかったからこそ、歴代の首相は北方領土を取り返せなかったのである。

 これまで様々な政権が、官僚たちが、専門家たちが、あるいは2島返還、あるいは面積半分、などという部分的返還を先行させる試みをしてきた。

 あの鈴木宗男がそうだし、谷内正太郎もそうだ。

 しかし、その都度、外務省のロシアスクールや反ロシア専門家たちから袋叩きにあってきた。

 表向きは、敗戦直前に日本をだまし討ちする形で宣戦布告し、領土をかすめ取った、そんなロシアから固有の領土権を取り返すのは当然だというものだ。

 しかし、その本音はそうではない。

 部分返還ならいつでも出来たが、自分たちは原則論を守って苦労してきた。

 それなのに、方針を変更して、部分返還で北方領土問題を解決して手柄をたてられては、たまらない、という嫉妬心があるのだ。

 みな、この反対に勝てなかった。

 しかし1強で右翼の安倍首相なら、その気になれば出来るのだ。

 しかし、この理由よりもっと大きな障害がある。

 それは米国の圧力だ。

 1956年の日ソ共同宣言の時、もし米国が反対しなければ日ソ共同宣言通り、平和条約を結んで2島は帰って来ていたはずだ。

 当時の記憶がある国民は米国の圧力があったことなど知らないから、てっきりこれで2島が返ってくると思っていたはずだ。

 領有権がどちらにあるかという原則論にこだわらず、つまり不当に占領された領土を取り返すという考えにこだわらず、ロシアの領土を「引き渡してもらう」という事でよければ、北方領土問題は解決していたのだ。

 ところが米国がそれを許さなかった。

 サンフランシスコ条約に違反して領土変更を行うなら、米国は沖縄を返さないぞと。

 この恫喝こそ、北方領土を取り戻せない最大の理由なのだ。

 そしてまさしくプーチン大統領は安倍首相に何度もシグナルを送っている。

 返還した北方領土に米軍を駐留させないことを約束できるかと。

 つまり安倍首相が日米同盟を止めれば、2島は帰って来る可能性があるのだ。

 いや、いきなり日米同盟を廃棄しなくても、安倍首相がトランプ大統領と話しをつければ、2島は帰って来る可能性はあるのだ。

 いま、安倍首相は1強である。

 右翼を抑えられるはずだ。

 そしてトランプともプーチンとも信頼関係が固い事を誇っている。

 いましか返還のチャンスはない。

 そしてこのチャンスを逃せば2島どころか北方領土はびた一文返ってこない。

 経済開発に協力させられるだけで終わるのだ。

 安倍首相が政治決断する時は今だ。

 対米従属から自立し、日米同盟より憲法9条をこの国の基本方針にして国益を守る、それが出来るかどうか、その決断次第なのだ。

 ところが安倍首相はその逆をやろうとしている。

 そして、私がこのブログで一番書きたかった事は次のような櫻井よしこの締めくくりの言葉だ。

 彼女は最後にこう書いている。

 「小さな2島の返還にとどまるであろう日ソ共同宣言に立ちかえることだけを安倍首相が考えているわけではないだろう。22回に上るプーチン氏との、時には本音を見せ合う事もあったであろう首脳会談の中身を知るすべはないが、安倍氏ならば国益を損ねることはしないと思う。
 それにしても日本の立場は容易ではない。わが国は日米安保条約で守られているのであり、自力でロシアとわたり合うには限りがある。その限界の中で、北方領土も拉致も、解決しなければいけない。そうした限界を痛感するたび、いつも思う、一日も早い憲法改正が必要だ、と」

 あいた口がふさがらない。

 なんという情けない考えだろう。

 論理破綻した支離滅裂な思考だろう。

 こんな連中を友達にしているから、安倍外交はすべてが行き詰るのである(了)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年9月19日 17:18:15 : djiLuGs62b : F_DEHEyjeeQ[3] 報告
 櫻井よしこの言っていることは当然、分からない。支離滅裂。

 同時に、天木の言っていることも分からない。「平和条約締結」がなぜ、「二島返還」とイコールなのか? 日ソ共同宣言がなぜ、いま突然、よみがえる?

 プーチンの「平和条約締結」発言はいままでのことはチャラが前提。

 二島返還後、歯舞か色丹に米軍基地がすぐさまできるのをロシアが黙ってみていると思うか? 
 百歩譲って、二島には米軍基地をつくらせないとの条件付きで平和条約を結び、二島が返還された場合、アメリカが日本にどんな仕打ちをするか、分かっているのか? アメリカが黙っていると思うか?

 そもそも産経の政治部長とやらが言い出しっぺの話だろう。単なる笑い話だよ。

2. 佐助[6121] jbKPlQ 2018年9月19日 18:41:16 : RbPZf2tsH6 : K9EhTpDjOxI[540] 報告
櫻井よしこの憲法改正とは,平和憲法を変えて核武装し、世界の憲兵の仲間入りをしたいという事ですよね。この女,華僑の操り,くノ一女だよ。騙されてはならない。

北方領土は,日米従属主義や日米軍事同盟固執の軍国化がネックになる。そして日米安保条約・日米地位協定・治外法権などをクリアしないと,議題にもならない。ロシアが乗ったとしても経済協力の甘い話で,北方領土の経済費用を出させて,中国がすべて闇金を握る,ロシア得意の経済マフィア化が作動する。

そして戦争のできる国家にすれば,右翼や日本会議は,北方領土が帰ってくるような美味しい話をするが,戦争をして取り戻せることはまずない。右翼や日本会議や自民党の妄想にスギナイ。

では戦争して勝てる可能性があるかのことになると。ロシアにすでに電子砲がありますので,イージスの電磁波では防御できません,一瞬にして敗北列島全滅は確実,米国はドル一極集中の終焉を迎え,国内の財政・金融・経済が大変なので,知らんぷりして一目さんと逃げます。

しかし世界は平和的革新的な時代に入る,ロシアも世界大戦だけは控えたいので,ロシアを含めた,ドル・元・ユーロなどの複数通貨制を要求して来るかもしれないが,円は世界戦争さえ逃れると,日銀と天皇家はキンを何かしら持っており「世界的商品の優位性の法則」も働き,世界通貨の仲間に必然的に入ってしまう。この複数通貨制になると世界戦争はある理由により避けられる。

しかも産業革命がすべてを救済してくれる。

3. ぢっとみる[143] gsCCwYLGgt2C6Q 2018年9月19日 18:57:06 : LLC16YRhF6 : 2yUQTAqpjc8[143] 報告
>>1.さん

> 百歩譲って、二島には米軍基地をつくらせないとの条件付きで平和条約を結び、二島が返還された場合、アメリカが日本にどんな仕打ちをするか、分かっているのか? アメリカが黙っていると思うか?

NATOの基地は東には拡張しない。
と言っていたのに、
ロシアは西側から南側までぐるっと、
包囲されてしまった。
アメリカは北海道にだって自由に基地を置ける。
その上に北方2島であろうが4島であろうが日本のものになれば、
必ず思い通りにしようとするだろう。
それでも、日本は返還を求めるのか?
そのために、アメリカのために返還を求めるのか?

何も返還されない場合でも、それはそれとして、
アメリカは北海道を基地の島にする気ではないかと、私はずっと危惧している。
アメリカは日米合同訓練などを通じて、自衛隊も国民も馴らすつもりではないか?

4. 2018年9月19日 18:58:51 : byLgrtSKxY : 169KCMK5IzI[1] 報告
そもそも、日ソ共同宣言は、日本とソ連の間に平和条約が締結された後に、歯舞群島及び色丹半島を日本に引き渡すとされている。

常識的に考えれば、2島を引き渡すためには、日本側が平和条約でなにかのお土産をだしてくれるんだよね。そのお土産の中身で平和条約を結ぶ(つまり2島引き渡し)するか、検討させてもらいます。というのが、普通の取引の感覚と思いますが。

それを、日本は全く逆に、さらに余計に国後・択捉島まで返還してくれというんだから話になるわけがない。いいですよ、平和条約結びませんから、永遠に2島すら返しませんよというのが、向こうの考えになるでしょう。

この条件が満たされるのは、相手が貧困や飢餓で苦しんで、とにかく経済援助が欲しいから平和条約で何とかしてくれるなら、いいよ。というときだけで、その時期はエリツィン大統領のころだけれども、それでも4島返還は飲まなかったんだから、もう無理でしょう。

まだ、日ソ共同宣言の有効性があるうちに、国後・択捉にこだわらずに平和条約を結んで2島を引き渡してもらうのが、最善のように思いますが。

少なくとも、時間経過は日本に味方しないでしょう。

5. 2018年9月19日 19:19:42 : RL4qbGIsAU : rjLdoPEf968[1] 報告
右翼はバカな上にお花畑だからケンポーさえなければロシアに勝てると妄想してたり

平和条約さえ結べば約束通り島を返してくれると本気で思ってるアマちゃん。

返してくれなかったら本当にロシアと戦争する気なんですかね?

ケンポーなんてそのころにはとっくになくなってますよ。

フリーハンドで戦争できる国になってアメリカすらビビる大国ロシアと戦争する気あるんですかね?

天木より甘いカスウヨに国を任せたら間違いなく国が亡びます。断言できます。

6. 2018年9月19日 19:42:29 : 3O7cEUjnxI : 9zdhYfaElh8[7] 報告

歯舞、色丹の二島返還のチャンスは何度もあった。1950年代の日ソ共同声明。1991年のソ連崩壊。そのチャンスをつぶしたのはアメリカの意を受けた日本。

その主張は4島は日本固有の領土だから4島一括返還、それ以外ない。ということ。返還交渉をしている人間に後ろから弾を撃ってくる。戦争に勝ったわけでもないのにこんな主張が通るわけがないだろう。ましてアメリカ言いなりの日本。

もう70年以上もたった。4島は日本固有の領土などの寝言をいくら言ってもどの島も返ってくることはない。もう旧島民もほとんどいなくなった。

7. 2018年9月19日 20:52:06 : wdq0uHCsTc : gIwQn6onQ1k[2] 報告
> いま、安倍首相は1強である。 右翼を抑えられるはずだ。そしてトランプともプーチンとも信頼関係が固い事を誇っている。いましか返還のチャンスはない。

天木さんは、安倍肯定宣伝マン・・・!?
外交音痴で基礎学力も不足しているような安倍なんかにできるわけなかろうが・・・。
右翼にも小馬鹿にされているし、トランプにもプーチンにも小馬鹿にされているわけで、こんなやつに外交任せたら、日本は目茶苦茶になる。
安倍は自分で考える力がないんだよ。
何もかも、他人に考えてもらって行動しているマリオネット。
総裁選でも自分の言葉で語っていない。
安倍の背後の存在の現実を知ることだ。
そもそもこんな奴に政治は任せられないんだ。

8. 2018年9月19日 21:07:45 : vIuLgFFEmw : j@n72fbMflQ[306] 報告
 プーチンのメッセージは明白、「平和条約を結んで、領土問題は、その後で解決しよう」と言っている・・プーチンは、デンデン晋三と違って、言葉に無責任な男ではないから、日本の出方次第では、二頭を返還しても良いと考えているのだろう・・・そう言う意味で、天木氏の見方は正しいと思う。

 ただし、プーチンの言葉には、より積極的な意味もあるし、そちらの方が、遥かに重要・・・それは、日露平和条約の締結とともに、日米安保を見直せと、日本に提言している・・・ロシアは、国後・択捉に、米軍の基地を置くことは認めないから、当然に、二頭の返還は、日米安保の見直しを前提とすると考えるべき。

 多分これは、アメリカのトランプも了解しての話だと思う・・・現在、トランプは、覇権国家としてのアメリカを辞めて、多極化の世界を作ろうとしている、彼の頭の中では、そう遠くない将来に、韓国からも、日本からも、米軍の引き上げを考えている節も有る・・・要するに、いくら、アメリカに縋り付いても、日本も韓国も、何れアメリカに、三行半を突きつけられる可能性が有るという事・・・その兆候は、すでに十分にある。

 勿論、アメリカ政治は、今、覇権国家維持勢力と多極化勢力が抗争している、だから、トランプは負けるかもしれない、だが、たとえトランプが負けても、何れアメリカが覇権を維持できないのは、すでに、決まりきったコースだ・・・そうした時代に対し、日本は、これまでの対米一辺倒の政治体制を改めるべき時が来ているのだ・・・プーチンの提案には、そういう意味が有る。

 しかしながら、日本の自民党政治家も官僚も、あまりにもアメリカ一辺倒で来た為に、時代の変化に柔軟に対処できないだろう・・ただひたすら、アメリカの軍産の勝利を願い、ダメなときには、トランプに縋り付くことしか考えられないというのが実情・・1990年のソビエトの崩壊時にも、日本が、政治・外交体制を改めるチャンスはあったが、化石化した脳みそは、その機会を逸した・・・今もまた、プーチンの提案の「意味」を理解できていないだろうし、多少は理解できても、別の方角に踏み出す「勇気」は無い・・・

 プーチンの提案は、その意味でも、日本の政治・外交にとっては、千載一遇のチャンスなのだ・・それは、領土がどうの河野と言うような、どうでもよい、チンケな話ではない。

 マア、幼稚で低能の、二世・三世議員ばかりの日本の政治家に、プーチンの「善意」ともいえる「提案」が、理解できる筈は無いだろうし・・・手前の出世以外、何一つ眼中にない「ヒラメ官僚」も同じ穴のムジナである・・・目の前に起こっている事が何一つ見えず、ニホンスゴイの「カルトの妄想」だけで生きている、ゲスと外道と、精神年齢12歳、幼稚で馬鹿ばかりの日本人、、何処まで落ちても気づかないだろう・・・。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK250掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK250掲示板  
次へ