★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK252 > 797.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自己責任論(小笠原誠治の経済ニュースゼミ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo252/msg/797.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 10 月 28 日 13:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

自己責任論
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/51757650.html
2018年10月28日 小笠原誠治の経済ニュースゼミ


 ジャーナリストの安田純平さんの件で、自己責任論が取り沙汰されていると言います。

 つまり、安田さんの救出はよかったが、安田さんの行動を批判する声があるのだ、と。

 ホンマでっか?
 
 私はそうは思わないのですが…

 でも、テレビでは批判が起きていると言う。

 信じられませんよね。

 もし、そのような輩がいたとしたら、極一部のネトウヨだけ。

 いずれにしても、安田さんは謝罪しないと許されないのだとか。

 でも、一体誰に謝罪するのでしょうか?

 そして、何が謝罪すべき対象なのでしょうか?

 政府(外務省)の警告を無視して、危ない国に勝手に行き、そして、政府に助けてもらったのだからそのことを謝罪すべきなのだ、と。

 百歩譲って、政府が血税で多額の身代金を支払ったというのなら分かりますが…

 でも、政府は身代金を支払った事実はないと言います。

 カタールがお金を支払った事実も承知していないのだとか。

 それに、政府職員が命をかけて安田さんの救出に当たったというのであれば、少しは理解できますが、今回解放されたのは、現地の情勢の変化によるものだと言われているのですから、一体何故安田さんが謝罪しなければいけないのでしょう?

 もちろん、物見遊山の旅行だったというのであれば別ですが、彼はジャーナリストとしての使命を果たすために危険を顧みず現地に出向いたのです。

 謝罪する必要性というか、何故そのような批判が出てくるのか全く理解に苦しみます。

 ジャーナリストが使命感を失って真実を伝えることをしなくなれば世の中真っ暗。

 もっとも、権力者への忖度ばかりして真実を伝えることに重要性を忘れてしまったメディアも多いのは事実ですが。

 自己責任を振りかざす輩は、結局、権力者を批判するジャーナリストが嫌いなだけなのです。

 そして、どうにか彼らに謝罪させ、自分たちが勝ち誇りたいということなのでしょう。

 

 自己責任論を振りかざす者たちは、おかしいのじゃないの、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
※リンク省略




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年10月28日 15:03:43 : EYypd1ctCc : ARMtIWFcoaQ[77] 報告

アベや東電をのさばらせているのは、現代人の自己責任です。未来の子孫たちに批判され謝罪する必要があるのです。
2. 2018年10月28日 19:40:43 : UGd5uG6y2Q : _7yrpMxYnqY[630] 報告
自己責任 叫ぶ奴らの 無責任

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK252掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK252掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK252掲示板  
次へ