★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK252 > 834.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
野党は臨時国会で追及すべき問題の優先順位を間違えるな  天木直人 
http://www.asyura2.com/18/senkyo252/msg/834.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 10 月 29 日 14:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

野党は臨時国会で追及すべき問題の優先順位を間違えるな
http://kenpo9.com/archives/4364
2018-10-29 天木直人のブログ


 ただでさえ不毛な国会であるのに、どう考えても不毛で終わりそうな臨時国会が始まった。

 今日の午後から始まる代表質問などは、各党代表の一方的な自己主張に過ぎないから、聞かなくても分かるほど不毛だし、個別委員会になってしまえば報道されないから、どんなに追及しても国民には伝わらない。

 だから予算委員会が勝負なのだ。

 ところが、その予算委員会すらあっという間に終わる。

 与野党対立になれば、すぐに議論が止まり、あとは国会対策委員たちの不透明な駆け引きに持ち込まれる。

 そして、ただでさえ短い会期にもかかわらず、安倍首相の外遊はとどまる事を知らない。

 だから野党はよほど慎重に予算委員会に臨まなければいけない。

 質問の優先順位を絞り、選挙でなく、国会質問における、野党共闘を行わなければいけない。

 ところが、野党は今国会では、入管法改正を真っ先に取り上げるという。

 これは大きな間違いだ。

 そもそも、突如として浮上した入管法の改正は、与野党の対立法案となるべきものではない。

 外国労働者の受け入拡大は、労働人口の減少からくる不可避的な問題で、規制するか、しないかというより、どこまで認め、認めた外国人労働者の人権をどう守るかだ。

 そもそも、外国労働者の受け入れ拡大は移民政策につながるものであり、日本のこれまでの政策の大転換だ。

 保守の自民党こそ異論が出るテーマだ。

 だから野党は自民党の議論を見極めたあとで追及すればいい、

 あるいは拙速を避けろと突き放すだけでいいのだ。

 野党が移民拡大に反対するなら洒落にもならない。

 いつから右翼になったのだと冷やかされて終わるのがオチだ。

 それよりも安倍首相を追い詰められる優先度の高いテーマは山ほどある。

 国民の大半が望まない自衛隊明記の憲法9条改憲がそれだ。

 それ以上に国民が関心を持つのが生活に直結する消費税導入だ。

 この問題は国民が一番関心を持つテーマだ。

 その消費税増税案が、支離滅裂で、複雑で、矛盾満載の悪しき増税だ。

 徹底的に追及すれば消費税増税など出来なくなり、言い出した安倍首相の致命傷になる。

 おまけに来年1月から始まる日米交渉がある。

 ついにトランプ大統領は日本が市場開放しなければ日本車に20%の関税をかけると言い出した。

 何のための日米貿易交渉だったのか。

 安倍・トランプの信頼関係は何だったのかと怒鳴りつければいい。

 そして、やはり何といってもモリカケ疑惑だ。

 次々とあらたな不都合な事実が明らかにされつつある。

 こうして考えれば、どれひとつとってみても安倍首相は追い込まれる。

 短い今度の臨時国会の会期であっても、追及する時間は十分あるはずだ。

 不毛な臨時国会を面白くするのは野党共闘の本気度と力量次第である。

 野党もまた試されている(了)



<臨時国会>立憲・枝野氏、文書改ざんただす 代表質問開始
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000044-mai-pol
10/29(月) 13:53配信 毎日新聞

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が29日午後、衆院本会議で始まった。立憲民主党の枝野幸男代表は質問の冒頭で、大島理森衆院議長の7月の談話で財務省の決裁文書改ざん問題などが「議院内閣制の前提を揺るがす」とされたことが、首相演説で言及されなかった点をただす。一方、国民民主党の玉木雄一郎代表は、北方領土問題に関し「2島返還」の交渉加速を首相に提案する。

 首相の自民党総裁3選、2日の内閣改造後の国会論戦は初めて。枝野氏が政権の体質を問う姿勢を示すのに対し、玉木氏は「2島(歯舞、色丹)返還と、国後島、択捉島の自由往来を勝ち取ることが現実的解決だ」と求める。日米地位協定の改定を主張するなど、提案も多い質問となる。

 枝野氏は、外国人労働者を増やすための入管法改正について、受け入れ態勢が不十分だとして「見切り発車」と指摘。「日本の人権レベルが国際社会から問われかねない」と述べて首相に対策を促す。また、「首相が否定してきた移民受け入れ政策への転換とどう違うのか」とただす。

 首相が演説で憲法改正議論を与野党に呼びかけたのに対し枝野氏は「憲法の本質は国家権力を縛ること。縛られる側の中心の首相が先頭で旗を振るのは論外」などと追及する。

 米国と交渉入りで合意した日米物品貿易協定(TAG)については、枝野氏も玉木氏も政府の「自由貿易協定(FTA)ではない」との説明を疑問視。FTAとの明確な違いの説明を求める。

 自民党からは稲田朋美筆頭副幹事長が質問に立ち、災害対策、外交問題などへの政府の取り組み方針を確認する。稲田氏は政権運営への意気込みや憲法改正への意欲を尋ねる。

 衆院本会議での代表質問は29、30の両日に行われる。30日は公明党、衆院会派「無所属の会」、共産党、日本維新の会が質問する。【青木純】




















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年10月29日 15:54:25 : VYojGvg08Y : 0UnrQl7MVmE[2] 報告
立憲民主党
「いま問題になっている、高市早苗衆院議院運営委員長が公表した国会改革試案に対する撤回文書です。提言撤回を拒んでいましたが、ようやく撤回されたので本会議は13:45から開始されます。」
https://twitter.com/CDP2017/status/1056766044868464640

立憲民主党
「公平中立な立場である自民党の高市早苗衆院議院運営委員長から「議院運営委員長として実現を目指す事柄」というペーパーがまかれ、高市議員衆議院運営委員長が提言撤回を拒んだため遅れました。「イチャモン」ではなく、国会の健全な運営のために非常に大切なことです。」
https://twitter.com/CDP2017/status/1056764781061824512

高市早苗… ヒドイ議員です。

2. 2018年10月29日 16:59:27 : 1YnLaVoSOE : 0S_XAZqYcjk[7] 報告
天木氏の書いたとおりだ。最初から政権の土俵に
上がってしまっては、ドツボにはまる。
3. 2018年10月29日 17:12:15 : o3QrDJ9g1w : 4hlkJk4rXAQ[16] 報告
優先順位?
どんな質問であろうと全力で聞き流す政権相手に優先順位もへったくれもない。
全力で政権を潰すことだけを考えて、実行可能なあらゆる手を講じたらいい。
4. 2018年10月29日 21:01:31 : UGd5uG6y2Q : _7yrpMxYnqY[645] 報告
気をつけろ 味方気取った 「アドバイス」

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK252掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK252掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK252掲示板  
次へ