★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255 > 507.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
検察OBは人を轢き殺し容疑を否認しても逮捕されないのか? ゴーンと対照的な“元特捜部長”への処分(リテラ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/507.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 27 日 22:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

検察OBは人を轢き殺し容疑を否認しても逮捕されないのか? ゴーンと対照的な“元特捜部長”への処分
https://lite-ra.com/2018/12/ob.html
2018.12.27 検察OBは死亡事故を起こし容疑を否認しても逮捕されない! リテラ

    
    OBは特別扱い(検察庁HPより)


 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長をめぐる事件で、ゴーン前会長とともに逮捕されていたグレッグ・ケリー日産前代表取締役が25日深夜、保釈された。検察側は保釈を不服として準抗告していたが、東京地裁に退けられた。

 検察は、ゴーン前会長については特別背任容疑を持ち出して3度目の逮捕に踏みきり、保釈を阻止したが、ケリー前代表取締役にはそれができなかったというわけだ。

「容疑を否認したら逮捕して身柄拘束」という“人質司法”が常識となっている日本の司法にあって、これは異例のこと。ゴーン逮捕以来、国際社会から先進国ではあり得ない勾留を批判されているなか、裁判所が配慮したということだろう。

 ただし、このケースが突破口になって、日本の前近代的な司法が変わるのか、というと、そんなことはまったくないだろう。

 というのも、「容疑を否認したら逮捕して身柄拘束」という原則はこれまでも、相手によって恣意的に運用されてきたからだ。権力にたてついたり、告発したりした人間は、微罪でも長期勾留される一方、権力者、政治的な絡みがある相手、検察や警察といった身内に対しては、よほどのことがないかぎり逮捕しない。日本の司法はまさに「法の下の不平等」状態が横行しているのだ。

 最近も元検察幹部に対するありえない処遇が明らかになった。相手を死亡させる交通事故を起こし、容疑を否認したにもかかわらず、逮捕されないまま、10カ月後になってようやく書類送検されるという結果に終わったのだ。

 この元検察幹部とは、東京地検検事正、名古屋高検検事長などを歴任した石川達紘弁護士。しかも、石川氏はたんに検察幹部だったというだけではない。かの「ロッキード事件」の捜査に関わり、1989年に東京地検特捜部長に就任。以降、検察幹部として「東京佐川急便事件」で金丸信・自民党副総裁や、「ゼネコン汚職事件」で中村喜四郎元建設相の逮捕に関わったほか、野村証券などの「四大証券事件」では次々と社長、会長の身柄を取り、「大蔵省接待汚職」に至っては新井将敬衆院議員の逮捕許諾請求を国会の場でやってのけた(新井議員は直後に自殺)。事ほどさように「逮捕」にこだわり、名実ともに“特捜検察の鬼”の名をとどろかせた人物でもある。

 問題の事故は、東京都港区白金で2月に起きた。トヨタの高級車「レクサス」を運転していた石川氏は道路の路肩でいったん停車し、知人を乗せようとした際に急発進して暴走。歩道を歩いていた37歳の男性をはねて死亡させ、さらに道路脇の金物店に突っ込んで建物の柱やシャッターなどをめちゃくちゃに壊す大事故を起こした。警視庁担当記者の話。

「石川さんはギアをドライブにした状態で、パーキングブレーキをかけて停車しました。その状態のまま運転席から降りようとしてドアを開けたそのとき、バッグを落としたので拾おうとした際、誤って左足でアクセルを踏み込んだとみられていました。しかし、石川さんは頑として自分の過失を認めようとはしなかったんです」

 警視庁は、通常の交通死亡事故なら現場を所管する高輪警察署に任せるところだが、容疑のかかった相手が検察の大物OBだけに本庁が捜査に乗り出し、交通捜査課が担当した。

「交通捜査課が直接乗り出すケースといえば、大規模なバス事故をはじめ、交通事故を偽装した殺人事件などのように法令適用の難しい案件ばかり。特定の個人が起こし、隠し立てのできない事故現場がある今回の交通事故捜査に本庁が当たるようなことはまずあり得ないですね」(前出・警視庁担当記者)

■100キロ超の暴走で人を轢き殺しても過失を認めなかった石川達紘元検事長

 これだけでもかなりの特別扱いだが、しかし、石川氏は調べに対して「アクセルを踏んだ認識はない」と事実関係を認めず、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道路交通法違反の容疑を否認したという。

 もっとも、警視庁もさすがに事件を不問に伏すことはできず、「イベントデータレコーダー」と呼ばれる車両情報の記録装置を時間をかけて解析。その結果、ギアがドライブに入り、ブレーキ部品に摩擦で焼き付いた跡が残っていたことも判明したという。さらには、事件車両を検査し、システムの欠陥や異常がないことも確認した。こうした作業を積み重ねて、石川氏がブレーキのかかった車のアクセルを踏み続けて、100キロを超える速度を出せる状態にしたところで発進、暴走したことを立証。この12月にようやく書類送検にこぎつけたということらしい。

 ちなみに、警視庁は送検にあたり起訴を意味する「厳重処分」を求める意見書を東京地検に送っている。前出の警視庁担当記者は「本来なら逮捕できる案件だったんだぞ、という警察当局からのメッセージですね」と言う。

 しかし、現実には警視庁は10カ月の間、まったく逮捕しようとはせず、任意捜査に終始した。交通事故に詳しいジャーナリストは「これはきわめて異例のこと」と話す。

「交通事故でも、重大な事故や死亡事故を起こした場合は、日本の司法手続き上、逮捕するのが一般的です。実刑判決を受けると交通刑務所に収監されます。罪は決して軽くありません。実際、主婦が死亡事故を起こして逮捕、収監され、家庭崩壊するケースなどザラにあるんです」

 高齢者の場合には逮捕せず任意捜査が行われることもあるが、これは容疑を認め、かつ本人も重傷を負っていたというケースが多い。

「石川氏の場合も、事故で骨折など負傷していたようですが、容疑を否認しているわけですから、これまでの日本の警察のやり方なら、絶対に、逮捕は免れなかったと思います」(前出・ジャーナリスト)

 実際、2016年、集団登校中の児童の列に軽トラックごと突っ込み、小学1年生を死亡させた事故では87歳の運転男性が逮捕されるケースなどもあった。逮捕を否認していた石川氏が任意のまま捜査を受け、10カ月も経ったあとに“書類送検”というのはやはり不自然すぎる。

■“逮捕見送り”と書かなかった新聞、過去には特捜検事の事故スルーも

 さらに問題視すべき点がある。前出の警視庁担当記者の話。

「死亡事故を起こして逮捕必至とみられていた高齢者が、怪我などで逮捕を見送られる場合、新聞各社は決まって続報を出して“逮捕見送り”と書いているんです。なのに石川さんの場合はそうした報道が一切ない。最初から元特捜部長の逮捕などあり得ないといわんばかりの扱いなのです」

 特捜検察の交通事故といえば、後に特捜部長に就任することになる検事が東名高速で横転事故を起こしたことがある。同乗者に怪我を負わせたため、業務上過失傷害容疑で略式起訴され、罰金刑を受けるほどの事故だったにもかかわらず、発生直後、一度も報道されることはなかった。大手紙の社会部デスクは「発生を把握していたのに書かなかった。忖度したといえば言い訳できない。警察も萎縮してしまい、事故発生時に正式な発表をしなかったと記憶している」と打ち明ける。

 誤解なきよう断っておくが、本サイトは「逮捕」を是認しているわけでもなんでもない。しかし、微罪や別件逮捕で延々拘束され続けている容疑者や被告が大量にいる一方で、貴い人命を奪いながら、事実関係を徹底否認し、逮捕を免れ続けた検察OBがいるというのは明らかにおかしいだろう。そして、そのことをマスコミは指摘しようともしない。

「日本には“法の下の平等”などない」というこの現実に国民はもっと怒るべきだろう。

(編集部)














 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[2432] kNSCqYLU 2018年12月28日 04:31:50 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[898] 報告





2. 赤かぶ[2433] kNSCqYLU 2018年12月28日 04:33:08 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[899] 報告





3. 2018年12月28日 08:16:49 : zEp7ExTPf2 : MaT5auHGq_k[1] 報告
阿修羅主催者は、この件を重大な案件と
見ているのだろう。

以後の投稿、コメントが少ないのも
訪問者が少ないためとは思いたくもない

重大な憲法問題なのだから。

4. 2018年12月28日 12:21:50 : HNGE6lbHuY : HXv9127_Qew[17] 報告
下記に事故の記事と写真があります。推定速度百数十キロ! クルマも家屋も大破。
当日退院予定だった堀内貴之さん(自営業 37歳)は、恐らく即死だろう!?

https://blog.goo.ne.jp/bnbn1645/e/92319999597e154052607202916cda54
元東京地検特捜部長の石川達紘弁護士(79)の乗用車、衝突直前の速度百数十キロか
2018年11月24日 衝突直前の速度百数十キロか 11/23(金) 2:00配信 共同通信

東京都港区で2月、元東京地検特捜部長の石川達紘弁護士(79)の乗用車が男性をはねて死亡させた事故で、タイヤのブレーキ部品に焼き付いた跡が残っていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。ドライブレコーダーの映像などからは、衝突直前の時速が百数十キロに達していたとみられることも判明した。警視庁は、

事故を起こした車は「パーキングブレーキ」と呼ばれる、いわゆるサイドブレーキがかかったまま、誤ってアクセルを踏み込んだことで急発進した可能性があるとみて捜査。自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反の疑いでの立件に向け、詰めの捜査を進めている。

以下、過去記事のコピペ。

©一般社団法人共同通信社__________________
元東京地検特捜部長が死亡事故
歩道の男性はねる、東京2018/2/18 14:20 

18日午前7時20分ごろ、東京都港区白金6丁目の都道で、元東京地検特捜部長の石川達紘弁護士(78)=神奈川県鎌倉市=が運転する乗用車が、ガードパイプをなぎ倒して歩道にいた男性(37)をはね、道路脇の店に突っ込んだ。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁高輪署によると、石川弁護士も右足を骨折し病院に運ばれた。
同署は運転操作を誤った可能性があるとみて、石川弁護士から当時の状況を聴くなどして調べる。死亡した男性は東京都足立区の自営業堀内貴之さん。現場は片側1車線の見通しの良い直線。

テレ朝news_________________________
運転は元東京地検特捜部長 車突っ込み歩行者死亡(2018/02/18 16:03)

東京・港区で乗用車が金物店に突っ込む事故があり、歩道上にいた37歳の男性が巻き込まれて死亡しました。警視庁によりますと、18日午前7時半前、港区白金で元東京地検特捜部長で弁護士の石川達紘さん(78)が運転する乗用車が反対車線から歩道に乗り上げ、金物店に突っ込みました。

この事故で、店の前を歩いていた堀内貴之さんが車と店との間に挟まれて病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。石川さんも右足にけがをしました。堀内さんは近くの病院に入院していて、コンビニ店で買い物をして帰る途中で、18日に退院する予定だったということです。

警視庁は石川さんが何らかの原因で運転操作を誤り、
事故を起こしたとみて詳しく調べています。
__________________________________

推定年収1億円のヤメ検が、若い女性と早朝ゴルフを目的に(ホントか?)鎌倉の自宅からレクサスで迎えに行き、女性がトランクに荷物を入れている最中に車を暴走させ、反対車線のガードパイプもなぎ倒し、当日退院するはずの堀内貴之さん(自営業 37歳)を死亡させたもの。

停車位置から事故現場までの距離は200メートルほど、時速百数十キロも出ていたようだ。ブレーキと間違えて力いっぱいアクセルを踏み続ければ、サイドブレーキも効果はなく、時速100キロを越えて走り続けたのだろう。たとえ誰であろうと、現行犯で逮捕すべきだ。

歴史をひもとけば東京地検特捜部は利権集団のための冤罪製造装置である。関係者は、退官してからも利権にまみれ、市民を殺しまくり、法を逃れてヌクヌクとしている。安倍政権の閣僚・官僚による明らかな犯罪は正当に処罰されず、「大臣手当の返納」「訓告・戒告」というデタラメ処分で胡麻化している。いわゆる腐敗政権・腐敗官僚官僚による裁量とは、無法国家であると言うに等しい。さすが人間のクズを看板にした不正選挙の犯罪者政権である。一刻も早く打倒し、逮捕・投獄・死刑にしなければならない。


>○米国の国益を損なう者は検察に抹殺される “My Name is“TABOO” 2011/06/14
https://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63978332.html
 東京地検特捜部は旧日本軍所有の貴金属や軍事物資の接収、対GHQテロ防止を目的に編成された「隠匿退蔵物資事件捜査部」@が前身であり、戦後66年間にわたり米国諜報機関の下部組織として連綿とその役割を果たしてきました。つまり、検察とは米国とエスタブリッシュメント(日本在住支配者集団)の暴力装置です。

 いまなお検察内部で「A」と通称される隠語はAmericaを意味します。これにかかわる裏歴史を綴るならば一大叢書となりますので割愛しますが、知られたところでは中東と直接資源外交を行いロックフェラーの逆鱗に触れ失脚した田中角栄、郵政民営化を対日金融支配であると看破し、マスメディアで警告を発したがため痴漢冤罪逮捕となった植草一秀など、米国の国益を損なう輩が検察により抹殺されることはほぼ常識として語られます。

 現在日本が保有する対外純資産Aは250兆円規模に上りますが、その過半数が米国債と米ドルの外貨準備金となります。これは「預り証」を引き換えとするのみで現物の保有権も自由決裁権もありません。つまり事実上のカツアゲなわけです。為替レートの動向により売買ができないのですから、この5年来の円高トレンドにより為替損失は40兆円規模に達する見込みとなります。ちなみに震災の復興財源が24兆円と試算されていましたが、これを上回る金が米国の対日植民地政策により消失しているわけです。

 復興財源確保に米国債を処分することは不可能です。米国は現在14兆3000億ドルの公債をかかえデフオルト寸前であり、サブプライムやCDSの民間部門の損失は京円規模の天文学的な額に達し公債償還の余力がないからです。

 排米的政策や米国債の処分に言及した大平正芳、竹下登、橋本龍太郎、小渕恵三、鈴木宗男、中川昭一などの政治家は失脚もしくは不審死を遂げました。ちなみに小泉純一郎は在任中の僅か2年の間にドル建準備金を50兆円ちかくも積み上げ、離任後は経団連政策研究会に天下り、磐石に後継者へ譲位し、際立って対照的な存在となっています。

 この国は官僚機構と米国から重層的に搾取を受けているわけです。各種租税、新規国債、借款債、財投債により編成される370兆円規模の特別会計から推計70兆円が人件費、福利厚生、償還費、天下り、関連団体の補助金として公的部門へ吸収され、さらに外国為替特別会計を通じ既述のごとく莫大な金が米国に収奪されるという図式です。__以下略

5. 2018年12月28日 13:06:19 : vVRz31X8Jw : 8vPXcnP8KaQ[34] 報告

下記、65歳女性は逮捕されたが、チノパンは逮捕されていない。

>65歳女性が交通事故で相手を死なせ逮捕 チノパンとの対応の差にネットは騒然
2013.01.10 21:30 https://getnews.jp/archives/283039

先日から世間をにぎわせているチノパンこと元フジテレビアナウンサー・横手(旧姓・千野)志麻被疑者の轢死(れきし)事故。ホテルインサイドの駐車場にて被害者と接触し、被害者の上にタイヤが乗り上げる状態になったという。横手被疑者が警察に通報し救急車も要請。被害者は午後9時45分に死亡が確認された。しかし警察は横手被疑者が逃亡の恐れがないことから逮捕はしないと発表。

同様のケースの事件が新年にも起きているのでそちらも紹介。相模原市のコンビニエンスストアの駐車場で無職の女性が軽自動車に轢(ひ)かれ、搬送先の病院で死亡。運転していた女性(65)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕。同じ自動車事故でも横手被疑者の逮捕はなく、後者は現行犯逮捕となっている。

「横手被疑者の親族が警察に圧力をかけた」といううわさも飛び交っており、更にテレビでの報道では「容疑者」ではなく「横手さん」もしくは「千野アナ」の呼称を使用していた。同様の事件なのに扱いの落差が目立つ事件だ。もちろん憶測も含まれているが、かたや拘束なし、もう片方は即逮捕ではそんな憶測が飛び交っても仕方ないだろう。通例ならばこういった事故の場合は禁固1年6月、執行猶予3年から4年、略式で50万の罰金となる。

また上記の2つの事件以外に昨年10月にはマンション敷地で車に跳ねられ、女子大生(20)が死亡するという事故が起きていた。車を運転していた同区泥亀の大学生(21)を現行犯逮捕した。このように接触事故で死亡させた場合は自動車運転過失傷害容疑となり逮捕となる前例まである。そんな前例がありながらも横手被疑者は拘束されず、報道では「横手さん」の呼称である。

こんな警察の対応に対してネット上では次のような書き込みが行われている。
・平等なんて最初からないんだ
・特権階級、うらやましい
・貴族様に文句をつける非国民は去れ
・だいたいテレビの放送が千野を擁護とかおかしいだろ
・しかし一般人は問答無用で逮捕とか警察めちゃくちゃだな

以上の様な書き込みが行われているが、“逮捕=有罪”でないことも知っておいてほしい。起訴されるか不起訴なのか、そしてその後法廷で判決が出るまで有罪とは言えないのだ。
________________________________________

チノパンが逮捕されなかった理由の一つに、夫の横手信一氏が故 福田赳夫 元首相の孫であり、圧力によって特別待遇されていたとの噂もある。(下記)恐らく、それが事実だろう。

南部パソナの酒池肉林館でのシャブ漬けSEXが露呈した栃内とアスカの件と言い、この国は上層部ほど腐っていて、犯罪者が野放しにされているということだわいな。

>チノパンこと千野志麻アナが死亡事故をおこして逮捕されなかった真相
http://runningfriendplace.com/?p=1065

>経団連と東レは朝鮮人 崔定征 通名 榊原定征に乗っ取られた! 消費税増税と法人税減税 血税泥棒 國賊 パソナ竹中平蔵 ハニートラップの舘 仁風林 小野寺五典 米倉弘昌とモンサント
http://blog.livedoor.jp/matrix_zero1/archives/2115315.html

6. 2018年12月28日 15:40:30 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[4480] 報告
相手が認めなくても
証拠があるんだから意味がないんじゃないの?
相手が認めなかったら無罪なの?
7. TondaMonta[643] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKUgoE 2018年12月28日 17:45:08 : EKS1RrfUbY : i1srszaAcso[2] 報告
朝堂院大覚総裁のJRPテレビに取り上げてもらうといいかも。かも。かも。
取り上げてもらっても結果は変わらないかもしれないが、地検の,高輪署の動きを報道してもらえるかもしれない。悪徳地検。なにもしない高輪署。?
8. 2018年12月28日 22:08:56 : 1gfy8eT9pc : sa_IFkzDIK0[130] 報告
「ロッキード事件」「東京佐川急便事件」「ゼネコン汚職事件」

全部、田中派じゃねえか。しーあい えー の回し者だろ。

9. 空虚[1685] i_OLlQ 2018年12月29日 18:01:06 : byDbJxa23E : uDkgdPQULrY[6] 報告
国政選挙くらいは、めんどうでも投票へ行こうなw。

最高裁・裁判官の罷免投票がおまけについてるぞwww。


・・・

・・・・毎回片っ端から×つけてやろうジャマイカ!www

選挙投票へ行く、特典お愉しみの一つだ。

10. 2018年12月30日 12:39:33 : txS5YZFB0E : AVETyIsnh60[6] 報告
ゴーンと対照的な“元特捜部長”への処分・・・・

いつもやってます!憲法違反犯罪カルト集団!

小沢引き下ろし事件では、佐久間が赤鉛筆添削した
デッチアゲ調書報告書を、
麻生製作で麻生法律事務所の補助弁護士が誘導した、
検察審査会に提出して、赤鉛筆アンダーライン箇所を
入念に説明して、冤罪有罪に持ち込もうとした、
重罪人は、
たしか埼玉 高崎あたりの高裁に身を隠して延命、
どっかで、犯罪判決してるんでしょうか??

また、近間では
アベ犯罪主犯の森友疑獄では、公権力でもみ消し女部長が、
札幌の高裁に身を隠すため栄転! です!

全員、犯罪者なのでブタ箱に入れてください!

よろしくお願いします。

11. 2018年12月30日 12:57:52 : AgYXryImg6 : ZzDAfHuIYKQ[4] 報告
身内に大甘、それがアヘ一味
権力に近い人間ほど厳しく処罰すべきで、徳川さんの時代はそうだった
なのに連中はまるで逆、まるで半島人のようである
明治維新がどれだけ胡散臭い連中によってなされたかわかる
それが今の時代まで続いているのである
売国奴といえば小泉(鮫島)、岸・佐藤・そしてアヘだが、薩摩・長州である
ホント、わかりやすい連中である

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK255掲示板  
次へ