★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255 > 648.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自己防衛が必要 悪魔の消費増税に国民はどう備えるべきか 平成の終焉がもたらす大激動(日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/648.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 1 月 01 日 19:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


自己防衛が必要 悪魔の消費増税に国民はどう備えるべきか 平成の終焉がもたらす大激動 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/244606
2019/01/01 日刊ゲンダイ


撤回を求めるしかない(C)共同通信社

 19年10月に実施される消費増税。世論の猛反発を受け、安倍政権は2兆円の増税対策を打ち出している。しかし、その中身はキャッシュレス決済向けのポイント還元、自動車・住宅購入支援、公共事業の増額など、カネをバンバン使うほど恩恵が膨らむ金持ち優遇策ばかりだ。しかも、5・7兆円の税収増分の大半は経済対策に消えるという。支離滅裂だ。

 庶民の生活をさらに追い込む増税にどう備えるべきか。経済評論家の斎藤満氏は言う。

「自動車や住宅をポンポン買える消費者は多くないでしょう。本来、逆進性の強い消費税は低所得者ほど手厚く優遇する必要がありますが、安倍政権の対策にはそれが欠けている。消費者ができる対抗策はほとんどないのが実情です。生活を切り詰め、出費をトコトン減らす以外にありません」

 せいぜい家電の買い替えを増税前に前倒しするか、ポイント還元対象の小売店でキャッシュレス決済を重ねるしかない。

 経済アナリストの菊池英博氏が厚労省のデータをもとに試算したところ、17年までの5年間で実質所得(1世帯当たりの平均所得額)は80万円減った。その内訳は3%分の消費増税で60万円。アベノミクスによる異次元緩和が招いた円安進行による輸入物価高で20万円だ。

「最大の生活防衛は消費増税への反対、ひいては安倍政権の退陣を求めることです」(斎藤満氏=前出)

 それしか解はない。
























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[2498] kNSCqYLU 2019年1月01日 19:47:47 : foLi271siw : Gk_qr4u6MEE[964] 報告





2. 2019年1月02日 07:28:40 : rucnFhjx7o : 5LFX_Dj_Wp4[1] 報告
反対運動でもって、廃止と当事者能力の無い現政権退陣実現は
国民の新年の悲願です。
3. 2019年1月02日 19:52:59 : slX0CB0Bqw : s6Q5dwQASc4[33] 報告
追い詰める 伸びているぞと 嘘ついて
4. 2019年1月04日 11:29:26 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-10612] 報告
2019年1月4日(金)

2019年 内政展望

消費税10%への増税阻止

暮らし第一の政治踏み出す年に

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-04/2019010401_02_1.jpg
(写真)高齢者が安心して暮らせる世の中にと座り込みをする人たち。左端は吉良よし子参院議員。左から6人目は小池晃書記局長=2018年12月12日、厚労省前

 国民の暮らしと福祉をどう守るのか―。安倍政権とのたたかいに雌雄を決する年が始まりました。国民の大きな世論と運動、統一地方選・参院選での勝利で、安倍政権が10月に予定する消費税10%への増税を中止し、いまこそ暮らし第一の希望の持てる日本へと踏み出すときです。

消費税と社会保障

 経済の土台である消費と所得が落ち込む中、消費税を増税すれば、経済全体に破局的な影響をもたらします。

 政府は幼児教育・保育の無償化など「全世代型社会保障」実現に向けた財源を確保するためとしていますが、消費税増税は、子育て世帯を含めた全世代の暮らしを直撃します。

 社会保障についても財政制度等審議会や経済財政諮問会議で、75歳以上の患者の窓口負担割合(原則1割)の原則2割化、要介護1〜2の人向け生活援助の保険給付外しなど給付抑制・削減の議論を進め、全世代に痛みを押し付けようとしているのが実際です。

 2019年度予算案でも政府は、過去最大の軍事費を計上する一方で、社会保障は、概算要求時に6000億円と見込んでいた自然増を1200億円も圧縮しました。中小企業の従業員らが加入する「協会けんぽ」への国庫補助削減や生活保護費の引き下げなどによるものです。

 その上、今年は年金額を実質削減する「マクロ経済スライド」を発動し、物価の伸びなどで本来受け取れるはずの年金額を0・5%分も削減します。さらに75歳以上の低所得者向けに医療保険料を最大9割軽減する特例措置を10月に廃止する計画です。

 3歳児以上の保育・幼児教育の「無償化」でも給食費が対象から外されるなど消費税増税を国民にのみ込ませるための「充実」策も不十分なものです。

 保育・幼児教育では、完全無償化と安心して通い続けられる認可保育所の抜本的増設こそが求められています。

 社会保障や教育・子育て施策を、消費税に頼らずに充実させていく財源は、あります。富裕層と大企業に応分の負担を求める税制改革こそ必要です。

 日本共産党は、政府が下げすぎた法人税や、所得税・住民税の最高税率を元に戻すことや、軍事費や原発推進予算、大型巨大事業などの無駄遣いにメスを入れることなどで当面17兆円の財源をつくろうと提案しています。

 幅広い共闘で消費税増税を中止に追い込み、いまこそ社会保障の削減路線を充実路線に転換するときです。中でも高すぎる国保料を引き下げるために国の公費負担を増やすことは待ったなしの課題です。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-04/2019010401_02_1b.jpg
(写真)「10月消費税10%ストップ!ネットワーク」の街頭宣伝=2018年12月24日、東京・新宿駅西口

多様な問題が焦点

 今年は他にも、さまざまな問題が国会などで焦点となります。

 安倍政権は先月、放課後児童クラブ(学童保育)の職員に関わる基準を自治体の判断で引き下げられるようにする方針を決めました。子どもの安全と保育の質の低下は避けられないと、関係者や保護者から撤回を求める声が上がっています。しかし、政府はこの方針の具体化をはかるため児童福祉法改悪案を提出しようとしています。

 ただでさえ忙しい教員に、長時間労働を隠し、助長する「1年単位の変形労働時間制」を導入しようとしている問題でも関連法案の提出をねらっています。

 外国人労働者の受け入れを拡大する改定出入国管理法に基づく新制度が4月から施行されます。政府が決めた基本方針や分野別運用方針、共生のための総合的対応策は実効性の裏付けのない対策が目立ち、マスメディアからも見切り発車してはならないとの声が上がっています。国会での徹底審議が求められます。

 地域では、改悪水道法による水道事業の民営化と広域化の押し付けを許さず、地域の水を住民参加で守る取り組みも重要性を増しています。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-04/2019010401_02_1.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK255掲示板  
次へ