★阿修羅♪ > 社会問題10 > 216.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
不治の病でも身体の激痛でもない、性的虐待の記憶「耐え難い苦しみ」と、17歳の少女が合法的安楽死/gooニュース
http://www.asyura2.com/18/social10/msg/216.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 6 月 08 日 17:42:46: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

性的虐待の記憶「耐え難い苦しみ」と、17歳の少女が合法的安楽死/gooニュース
2019/06/05 17:00ニューズウィーク日本版
https://news.goo.ne.jp/article/newsweek/world/newsweek-E241163.html

<不治の病でも身体の激痛でもない、性的虐待とレイプの被害者の苦悩が、希望通りの死に値すると認められた>

オランダで10代の少女が、合法的に安楽死を実行したことがわかった。子どものころに受けた性的虐待やレイプに起因する「耐え難い苦痛」と何年も戦った末の選択だった。

17歳のノア・ポトーベンは、ハーグで安楽死の権利を認められたのち、6月2日に自宅のリビングで死の世界に旅立った。ポトーベンは11歳の時に性的虐待を受け、その3年後にレイプされた。以来、ポトーベンは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病、拒食症に苦しんできた。

彼女は「Winnen of Lernen(勝つか学ぶか)」というタイトルの自伝を著し、自らの心の病との戦いについて詳述している。

<参考記事>安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた
<参考記事>苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

ポトーベンは安楽死するという選択を、インスタグラムへの投稿で明らかにした。「この場合、愛とは放っておいてくれること」と彼女は綴り、「この決断に驚く人もいるかもしれません。でもかなり以前から、(安楽死を選ぶ)心づもりはあり、衝動的なものではありません」と書いている。「ずばり要点を述べます。これから長くても10日以内に、私は死にます」

「呼吸はしていても死んでいます」

「何年も戦い、克服しようと努力する中で、疲れ切ってしまいました。私はしばらく前から、飲食を絶っています。何度も話し合い、診断を受けた結果、私の苦痛は耐えがたいものだとして、死ぬことを認めてもらえました」と、ポトーベンは続けている。「私は呼吸はしていますが、もはや生きてはいません」

ポトーベンはまた、自らの友人やインスタグラムのフォロワーに対して、こう要請している。「これは良くないことだと、私を説得しようと試みることはやめてください。これは私の決断で、それも最終的なものなのです」。その後、ポトーベンの投稿は削除された。

オランダでは2001年に安楽死が合法化された。ポトーベンが生まれた年。翌年には、「要請に基づく生命の終結および自殺幇助(審査手続)法」が発効した。

同法に関するFAQをまとめてオランダ外務省が発行した文書には、以下のような記述がある。「ここで言う安楽死は、患者からの要請によって医師が生命を終結させることだ。これ以上の治療に意味がないとの判断から、自然に死に至るに任せるという延命措置の中止とは異なる(中略)。この法律の目的は、すべての安楽死の審査に同一かつオープンな基準を適用し、こうした特殊な場合にも最大限のケアがなされることを確実にするものである」

(翻訳:ガリレオ)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 社会問題10掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 社会問題10掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
社会問題10掲示板  
次へ