★阿修羅♪ > 戦争b22 > 190.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ポーランドが自国領内に米国の恒久的な軍事基地を建設するように要請(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/190.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 6 月 03 日 22:12:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ポーランドが自国領内に米国の恒久的な軍事基地を建設するように要請
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201806020000/
2018.06.03 櫻井ジャーナル


 ​ポーランド政府はアメリカ政府に対し、自国の領土内にアメリカ軍の恒久的な基地を建設するように求め、その代償として20億ドルを提供する用意があると提案している。日本のようなアメリカの属国になりたいということのようだ。

 ポーランドはウクライナの西部地域と同様、歴史的に反ロシア意識が強く、1904年には反ロシア運動の指導者だったユゼフ・ピウスツキが来日、運動へ協力するよう説得を試みている。反ロシア運動を強化するため、ポーランドでは1925年に「プロメテウス同盟」という地下組織も編成された。ポーランドからウクライナ西部にかけての地域はカトリックの東端で、その東は東方正教会が信じられている地域になる。ピウスツキの後、ポーランドの反ロシア運動で大きな影響力を持つのはウラジスラフ・シコルスキーだ。

 かつてカトリック内にはバルト海からエーゲ海まで、つまり中央ヨーロッパの地域をカトリックで統一しようという動きがあり、インターマリウムが組織された。その組織はイギリスやフランスの情報機関から支援を受け、国家間の勢力争いと深く結びつく。

 政治の世界では、中央ヨーロッパを統一するためにPEU(汎ヨーロッパ連合)が1922年に創設されている。その中心にはオットー・フォン・ハプスブルク大公がいて、イギリスのウィンストン・チャーチルもメンバーに含まれていた。

 第1次世界大戦で負けたドイツは領土を削られ、ドイツ本国と東プロイセンの間にポーランド領(ポーランド回廊)ができ、東プロイセンは飛び地になった。この領土問題を解決しようとドイツはポーランドに働きかけるが、イギリスを後ろ盾とするポーランドはイギリス側の意向もあり、話し合いは進まない。業を煮やしたドイツが軍事侵攻したのが1939年9月1日だ。その2日後にイギリスとフランスはドイツに宣戦布告するが、戦局が動き始めるのは1940年になってからだった。

  その間、シコルスキーはパリへ脱出、1939年9月30日には亡命政権を作り、翌年6月19日にウィンストン・チャーチルと会談、ポーランドがイギリスと一緒に戦うことを約束、亡命政権はロンドンへ移動する。

 その当時、シコルスキーの側近のひとりだった人物がユセフ・レッティンゲルで、ヨーロッパをイエズス会の指導の下で統一しようと活動していた。戦争が終わった後、1952年にオランダのベルンハルト(ユリアナ女王の夫)に接近し、その人脈を利用してアメリカのハリー・トルーマン政権やドワイト・アイゼンハワー政権につながる。レッティンゲルはイギリスの対外情報機関MI6のエージェントでもあった。

 こうした歴史を考えると、ポーランドがイギリスと同じアングロ・サクソン系のアメリカに秋波を送っても不思議ではない。アメリカ側が働きかけている可能性もあるだろう。ポーランドからウクライナ西部にかけての地域はヨーロッパを不安定化する出来事を引き起こすかもしれない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年6月04日 00:04:01 : cp34twmWSU : xHlwTM7eRs0[32]
ポーランドは周辺を強国に囲まれた国。今領土は存在しているがかつては領土が全くなくなったことが何回もある国。ロシア、ドイツ、ハプスブルク支配のオーストリアなどに囲まれ領土を勝手に奪われ分割されていた。

先の大戦のとき、ヒトラーのドイツとスターリンのソ連に領土を分割されバルト海に面した東側は今もロシアに奪われたままだし領土の一部は旧プロイセンであり現在の領土の西側はかつてはドイツ領だったところ。

先の大戦、戦争当事者でもないのに死者はソ連、ドイツに次いで3位。6百万人が犠牲になったとされる。実に日本の2倍。それも一方的に殺された。

境界のはっきりした日本領土とは全く異なる条件で軍事的には今やNATOアメリカを頼りにする方針を取るしかないのだろう。


2. 2018年6月04日 00:31:14 : F02AXSbsgw : 0mA3T4ZfNMY[1]
アメリカみたいな無責任でいい加減な国に頼らなければならないとは、実に不幸だ。

3. 2018年6月04日 01:06:19 : 9vvSFbVUks : WIcFgrU1xYI[13]
そりゃポーランドにとって第一の仮想敵国はロシアだからな。
バルト三国も同じ。

4. 2018年6月04日 18:37:29 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[570]
あの頃は世界中が狂気で有ったと思う、今のロシア、プーチンは世界の中で一番まともな国だと思う、未来はどうかは知らない。
安心、安全な未来を造るのは国民が歴史と戦争の真実を知り、戦争屋や偽政者に騙されない様にする事これが一番肝心、そうでないと回りに踊らされて自ら戦争をする羽目にさせられる。
米軍が居ようと、核ミサイルを持とうが、真実を知らなければ騙されるだけ。

5. 2018年6月04日 18:44:43 : FgNZwlQHnc : C50scc0rlX4[31]
90年代は本当に狂気だった
日本は完全に終わりへの道を辿り、ロシアは新自由主義
米国はビル・クリントン
グローバリストが世界中に現れていた頃

湾岸戦争も起きたな ユーゴ空爆も起きた

何もかも狂気だった 救いようがなかった

光はロシアの目覚めから始まった スロベニア・イタリアと反EU諸国が今、やっと出てきた


6. 2018年6月04日 19:25:06 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[574]
戦争を知っている人が戦争を知らない人に騙される?
結局、歴史や戦争の総括が出来なければ何度でも騙されるって事でしょう。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1003568725310599169
mko @trappedsoldier
ロシアとアメリカの違い? アメリカ人は戦争を知らない

https://russia-insider.com/en/politics/difference-between-us-and-russia-america-doesnt-know-war/ri23669
Ad free Login Volunteer Search
Fake news fighters
The Difference Between US and Russia: America Doesn't Know War


7. 2018年6月04日 20:34:42 : 9vvSFbVUks : WIcFgrU1xYI[14]
>>4
>今のロシア、プーチンは世界の中で一番まともな国だと思う
>戦争屋や偽政者に騙されない様にする事これが一番肝心

ロシアは韓国以下の経済力しか無いのに、GDPの約5%もの軍事費を投じ、
世界第2位の武器輸出国でプーチン自身が武器輸出の旗振りをしているのに
それが「一番まともな国」とはもうまさに現在進行形で「戦争屋や為政者に騙されている」
典型例だね。
自分で気づいていないのがあまりにも滑稽すぎる。


8. 2018年6月04日 21:27:24 : JvMjyuMlDz : 24QF9WfCx9M[102]
反ロシア 利用されてる ポーランド

9. 2018年6月04日 21:35:59 : yaSx8M4kIQ : MKyQy_ByN0o[3]
>>7

滑稽なのはお前だな。
そんな形式的な話でまともでないとかどうとか決められるわけではない。
真に必要であれば5%であろうと50%であろうと使えばよい。

それが世界史の中でどういう役割を果たしているかが問題なのだよ。

すくなくとも現在はロシアの軍事力は西側の帝国主義的膨張に対する
大変貴重な抑止力になっている。


10. 2018年6月04日 22:00:52 : yaSx8M4kIQ : MKyQy_ByN0o[8]
>>7
ロシアの経済は旧ソ連時代〜ソ連崩壊後の混乱期からの「伝統」で、
市民同士の物々交換など現金を介さない部分も結構ある。
ほとんどが市場経済に包含されている西側経済と同じ基準では見られない。

また、ロシアの場合工業資源は国内にあり自給できるから、
外国から買わなくても済む。
このような見かけのGDPだけではわからない有利さがある。


11. 2018年6月04日 23:25:31 : A2ue35MTbk : noLDrx0gJQI[3]

世界中そーだろ普通^^


12. 2018年6月05日 00:42:24 : 9vvSFbVUks : WIcFgrU1xYI[15]
>>9-10
戦前に「大日本帝国の軍事力は欧米列強の侵略に対抗するためのもの」
「我が国の経済力は低く見積もる資料もあるが実態は違う」
とか言い張って戦争に邁進した連中も今の君のような気持ちいい夢を
見ていたのだろうね。

13. 2018年6月05日 08:16:02 : RLh6qhnWtw : 6v0Y8mBzOmM[12]
戦前・戦中の「大日本帝国万歳」が「ロシア万歳」にすり替わっただけ。
しかもロシアがどれだけ無理して軍備拡大しても、しょせんよその国だから自分の懐は痛まないし、大統領のプーチン自ら熱心に武器輸出やっても、それもまた遠い国のお話。
文字通りの「夢の国」だね。

14. 2018年6月05日 08:56:52 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[577]
>>4ですが
色々と尾ひれが付いてチンプンカンプンのコメントが続いてますが、
騙されていることを言って、解らない連中は放置です。
騙され続けて生きて行けばいい。
戦争の真実を知らない、解かろうとしない人にはプーチンさんの言う事なんか理解できないでしょう、ロシアが何故今の態度、行動を取るのか。
本当は総ての国民が其れ等を知ることが重要なんですが、知りたくもない人も一定程度居ることは仕方の無いことですね。

私が言う騙されるは、自分自身の意志に関わらず、戦争に加担をさせられる事。
自分自身の意志に関わらず、普通の生活が送れない事。
騙されている人は自己責任だから仕方ないと言って済ませている。
騙されている人は国が決めた事だから仕方ないと済ませている。
せいぜい騙され続けて生きて下さい、その方が幸せかもね。

ほんの一握りの連中に騙されて、国家が消滅したり、地球が消滅したり、大勢の国民が悲惨な状態に追い込まれるのを理解できないんだろうな、せっかく阿修羅の戦争板でコメントまで出来ているのに。


15. 2018年6月05日 12:08:07 : yhz5Ylwoqc : ksKcqdqPAXg[1]
同一人物か分からないが、頻りに「ロシアの経済力は韓国以下なのに軍事力に傾注している」と言い募る人間がいる。
購買力平価で見たGDPで考えるのが妥当と思われるが、それで考えるとロシアは韓国の2倍だ。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88_(%E8%B3%BC%E8%B2%B7%E5%8A%9B%E5%B9%B3%E4%BE%A1)

16. 2018年6月05日 12:53:08 : DoC6SejczM : LMCASGD9nvI[6]
ドル建てと購買力平価で違うとしても、ロシアの人口は韓国の約3倍なのに2倍程度ではとても大国として胸を張れる数字じゃあるまい。
その原因だがロシアの工業製品は兵器以外で国際的競争力のあるものが極めて少ない。
現実にメイド・イン・チャイナの製品は世界に溢れているが、メイド・イン・ロシアの製品はほとんど見かけない。
これはロシアの製造業がソ連時代とほとんど変わらず、非効率的な官僚主義によって牛耳られているからで、プーチンは官僚たちの既得権に手を出さないから、その支持を得て権力を握っている。
共産党の一党支配は変えずとも、経済の自由化を進めて「世界の工場」となった中国とはそこが大きく違う。
だからロシアは経済で中国に圧倒されてしまったわけだが、プーチン政権が続く限り官僚が既得権益でがんじがらめにしたロシアの製造業が羽ばたく見込みはなく、必然的にロシアは数少ない競争力のある兵器輸出に尽力せざるを得なくなる。
ダメな部分を改めないので、兵器輸出に注力し、それでますます兵器産業への依存が高まってプーチンは兵器輸出のセールルマンのごとくあちこちで売り込むを図ることになる。
まさに典型的なダメスパイラルだ。

17. 2018年6月05日 13:32:04 : DoC6SejczM : LMCASGD9nvI[7]
別にプーチンが悪党だと言っているのではない。
トランプもまた武器輸出に熱心なように、大国はどこも似たようなもんだ。
ただ2000年に大統領に就任してから、幾らでも時間はあったのに未だに兵器輸出頼りのプーチンは「その程度の政治家」だって事だよ。

18. 2018年6月05日 17:18:10 : OdaUSKwZgE : wp2pev7Cu6g[2]
中国はグローバリストだからな
支持はできん

19. 2018年6月05日 18:22:20 : nfeGbg9Tx2 : ZhVpMz7dnbY[4]
ロシアの製品がまるでパッとしないのは民間の研究開発費が少ないことが大きい。
研究開発費のGDP比率は日本が3%強、アメリカやドイツが3%弱。中国でも2%だがロシアは1%余り。
しかも日本や中国は企業の開発費が3/4を占めているが、ロシアは実に2/3が兵器や原子力など国策関係で、民間企業の研究開発費は全体の1/4程度でしかない。
これでは国策産業以外の製品開発で他の主要国に対抗できるはずがない。

ロシア企業の研究開発費が少ないのは主要企業が資源関係ということも大きいが、何よりソ連時代は新製品など数年どころか下手すれば数十年に一度出るかどうかという状態で、それがほぼそのまま残っているから。
つまり新製品を開発しても許認可が死ぬほど大変なため、企業の新製品の開発熱意が極めて低い。

許認可を握る役人の支持欲しさにそんな既得権の塊を残しているプーチン体制のどこがいいのか、真剣に疑問なんだがね。


20. 2018年6月05日 20:12:48 : TaLMjITngY : 0CS5c91G96g[2]
>>18
そのためにかつてロシアの勢力圏だった中央アジア諸国でロシア製品は中国製品
によってほぼ駆逐されてしまい、中国企業の進出も著しく、もちろん多くの雇用を
生み出しているから、影響力でもロシアは中国に圧倒されつつある。
グローバルが嫌いなのは勝手だが、ロシアはただ無策なだけだ。

21. 2018年6月05日 20:27:05 : FgNZwlQHnc : C50scc0rlX4[34]
ロシアは最近軍事費を減らしてるじゃないか。
それはそうとロシアはイスラエルに甘い。
中国はイスラエルに経済的に協力している。
本当はみんなグルなんじゃないか?
何をしても無駄なのではないか。

22. 2018年6月05日 20:31:53 : FgNZwlQHnc : C50scc0rlX4[35]
それに中国は一帯一路のために、米国にも政治的には意外と甘い。
意外と世界は暗雲なのでは。
欧州で反EU政党ができたが、どうせこれもEUに潰される。
中露は原発をドカドカ建ててるし。

救いようがないな。
諦めたほうが気楽かも。


23. 2018年6月05日 20:35:53 : FgNZwlQHnc : C50scc0rlX4[36]
サウジ皇太子も生きてるし。
ロシアはイエメンを見捨てた。
イランは米軍基地が囲む。
ロシアはシリアの米軍・イスラエル軍・仏軍に甘い。

全部裏で話でもついてんじゃないの?


24. 2018年6月05日 23:20:31 : E3G6q6oGhI : ZC_f6R2QHGU[1]
16=17と19、20を通して読むと、話が繋がっているね。特に20は19の続きの文章だ。
ということは。

それはさておき、16で人口を持ち出しているが、1人当たりGDP (PPP) を問題にするなら、上位に来る国は決して影響力のある国ではないし、中国など順位からすれば悲惨なものだ。
https://en.m.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_(PPP)_per_capita
それでも16氏は中国は大国だと言うのだろうか?


▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ