★阿修羅♪ > 戦争b22 > 194.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米・トルコ クルド人勢力撤退で合意 関係改善へ〜土外相 4日、ワシントンで会談/nhk
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/194.html
投稿者 仁王像 日時 2018 年 6 月 05 日 20:11:39: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

米・トルコ クルド人勢力撤退で合意 関係改善へ/nhk
6月5日 9時38分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180605/k10011464981000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_007

シリアのクルド人勢力への対応などをめぐり関係が悪化していたアメリカとトルコの外相会談が4日、行われました。トルコ側の発表によると、両国はトルコが敵対するクルド人勢力をシリア北部の町から撤退させることで合意し、関係改善の一歩となりそうです。

シリアのクルド人勢力をめぐっては、アメリカが過激派組織IS=イスラミックステートの掃討作戦で支援してきたのに対し、隣国のトルコはこれをテロ組織と見なして軍事作戦を展開し、緊張が高まっていました。

この問題を話し合うため、アメリカのポンペイオ国務長官とトルコのチャウシュオール外相は4日、ワシントンで会談しました。

会談後の会見でチャウシュオール外相は、シリア北部のトルコとの国境付近にある町マンビジから、クルド人勢力を撤退させることでアメリカと合意したと発表しました。クルド人勢力の撤退後は、アメリカ軍とトルコ軍が共同で現地の治安の維持にあたるということです。

アメリカとしては、敵対するイランのシリアでの影響力の拡大を阻止することを優先し、シリアをめぐってトルコとこれ以上の関係悪化は避けたいという思惑があったと見られます。

アメリカとトルコは、NATO=北大西洋条約機構の同盟国ですが、おととしトルコで起きたクーデター未遂への対応や、トルコによるロシアからのミサイルシステムの購入などをめぐっても、関係が悪化していて、今回の合意は関係改善の一歩となりそうです。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年6月06日 05:14:26 : h0oCDNgVto : agIihJPDnfk[12]
シリアには正当な政権、アサド政権がある。なぜ部外者のはずのアメリカとトルコがシリア領内のことを決めるのかね。

ただアメリカはシリア領内のクルド人勢力を攻撃することはしない。攻撃するのは自国の傀儡勢力によるシリア政府軍に対して。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ