★阿修羅♪ > 戦争b22 > 200.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米太平洋軍が米インド・太平洋軍へ名称変更された背景には戦略の変更(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/200.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 6 月 12 日 02:59:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米太平洋軍が米インド・太平洋軍へ名称変更された背景には戦略の変更
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201806110000/
2018.06.11 櫻井ジャーナル


 米太平洋軍が今年(2018年)5月30日から米インド・太平洋軍へ名称変更になった。その名の通り、太平洋とインド洋を担当、太平洋の拠点は日本、インド洋の拠点はインド、ふたつをつなぐ役割をインドネシアが担うという。ディエゴ・ガルシア島も重要な役割を果たすことになる。

 太平洋とインド洋を統合する意味として、少なからぬ人は中国の一帯一路のうち「海のシルクロード」を連想しているだろう。南シナ海からマラッカ海峡を通り、インドのコルカタとコロンボ、ケニアのナイロビ、紅海からスエズ運河を通過してヨーロッパへというルートだ。すでに南シナ海でアメリカ海軍は中国とつばぜり合いを演じている。中国はマラッカ海峡を警戒してミャンマーにパイプラインを建設したが、アメリカはミャンマーの属国化を目論んでいる。

 新体制で鍵を握る国はインドだが、この国の現政権はイスラエルと緊密な関係にある。昨年6月にはドクラム高原でインド軍と中国軍がにらみ合いになった。中国側の説明によると、インド軍は中国の進めていた道路の建設工事を妨害したのだという。

 インドと中国との間で緊張が高まった直後の6月27日、インドのナレンドラ・モディ首相はワシントンでドナルド・トランプ大統領と会い、7月7日にはイスラエルでベンヤミン・ネタニヤフ首相と会談している。

 このときは8月下旬にインドと中国が双方の部隊を速やかに撤退させることで合意、軍事的な緊張は緩和された。日本はインドを支持している。

 アメリカの戦略に会わせ、安倍晋三政権は2016年11月、一帯一路に対抗する目的でモディ首相とAAGC(アジア・アフリカ成長回廊)を誕生させたが、中国の戦略に比べると見劣りする。2016年11月には日本からインドへ核燃料のほか原子力発電に関する施設や技術を提供することで両国は合意した。日本、インド、アメリカはインド洋で合同艦隊演習も実施している。

 これだけ見るとインドはアメリカ、イスラエル、日本に取り込まれているようだが、経済面ではBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)やSCO(中国、ロシア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、インド、パキスタン)に参加している。なお、SCOにはオブザーバー国としてアフガニスタン、ベラルーシ、イラン、モンゴルも加わっている。

 アメリカはカスピ海周辺の石油利権を独占しようとしているので、これからSCOに揺さぶりをかけてくるだろう。中央アジアにアル・カイダ系の武装集団(ジハード傭兵)を送り込む動きもある。

 太平洋軍からインド・太平洋軍への名称変更は単に名前を変えただけでなく、中国やロシア、特に中国を封じ込めようという戦略に基づくものだと見られている。今後、アメリカは中国の一帯一路に合わせ、軍事行動の中心を少し西へ移動させるのかもしれない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年6月13日 13:46:52 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[610]
中東の産油国は確実な利益源を持っているので指導者が優れていれば国民は暮らしやすいと思う、石油による還元で国民の税金も安い事だろう、その余分を利用して国民教育を充実させればあっと言う間に先進国に並ぶだろう、リビアがそれを目指したが米国に壊されてしまった、米国の中東覇権にはこういう一面も有るのだと思う、利口な国を造らせない、まあ日本もその中に含まれて居ますね。

アメリカは軍事力で自国よりも優れた国の出現を拒んできたが、その成果も有って自国の国民も劣化、経済も劣化、何時までも軍事だけを優遇をする事も出来ないであろうと思う。

先日、那覇沖で落ちたカデナのF15、乗員を救助したのは自衛隊の救急隊である、以前なら米軍の事故が有れば真っ先に米軍の救援隊が駆けつけ救援していた、今は米軍の救援隊は存在をしていないのかも知れない←金が無いのだろう多分。


2. 2018年6月13日 20:28:18 : GZOtn8dUUY : X3x8_LdWD60[2]
>>01

人類全体を劣化させて己の覇権維持を目論むのがアングロサクソンのやり方か。しかしそのおかげで環境破壊が進み切り札の核融合発電も失敗続きでどうにもならなくなっている。中国やインドがアメリカ型国家を目指して建設するのがどういう意味なのか。

北朝鮮との和解にはF-15の墜落も関係しているのかも知れない。以前だったら自衛隊に軽々しく米軍の位置を知らせるようなマネはしない。背に腹は代えられなかったのであろう。

もうアメリカにはイデオロギーや面子のために戦争をやる余裕はないようだ。資源地帯にはちょっかいを出しても食えない北朝鮮の相手をする元気も無いか。しかし今後アジア地域での中国やロシアの軍事力の拡大が予想される。日本はこの事態にどう対処するのか。


3. 2018年6月13日 20:55:51 : JvMjyuMlDz : 24QF9WfCx9M[322]
インドこそ 今後の行方 鍵握り

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ