★阿修羅♪ > 戦争b22 > 279.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
投下できないはずの爆弾が… 新証言で明かされる特攻隊のリアル〈週刊朝日〉 
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/279.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 8 月 14 日 16:18:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

投下できないはずの爆弾が… 新証言で明かされる特攻隊のリアル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180809-00000063-sasahi-soci
AERA dot. 8/14(火) 7:00配信 週刊朝日  2018年8月17-24日合併号


咲き乱れる花を意味する「万朶隊」の佐々木友次伍長と握手をし激励する冨永恭次司令官(c)朝日新聞社


鴻上尚史(こうかみ・しょうじ)(左)/1958年、愛媛県生まれ。作家・演出家。新作音楽劇「ローリング・ソング」(8月11日〜9月2日)を紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAにて上演。福岡・大阪公演もあり。

吉田 裕(よしだ・ゆたか)/1954年、埼玉県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科特任教授、専攻・日本近現代軍事史、日本近現代政治史。著書に『昭和天皇の終戦史』『兵士たちの戦後史』など。


 版を重ねて18万部を突破した『不死身の特攻兵』の著者で作家の鴻上尚史さんと、13万部を数える『日本軍兵士』を著した吉田裕さんが、特攻隊について新たな証言が出てくる背景について語り合った。

*  *  *
吉田:10年ほど前から、不時着したり、わざとエンジントラブルを起こしたりして戻ってきた特攻隊の人たちの話が出てきた。特攻の多様な事実が明らかになってきた。

 大岡昇平の『レイテ戦記』は立派な本ですが、体当たりに成功した人を偉大だと讃えている。それによって、生きて戻ってきた人たちに沈黙を強いる結果になった。それだけに新たな証言が出てきたことの意味は大きい。

鴻上:「志願」だったのか「命令」だったのかというのも調べてみると、たしかに志願した人もいたんです。しかし、それは予科練のように14、15歳から軍隊教育を受けた一部の人たち。陸軍の整備兵だった人たちの話では、多くの人は特攻の指名を受けた途端、顔色が本当に真っ青になったといいます。

吉田:軍隊以外の社会を知らないまま、17、18歳で特攻に行った人たちはそうかもしれないですね。

 特攻をめぐる新たな証言が出てくるようになった背景には、戦友会などが相次いで解散したことも大きい。これまでは、日本軍の恥部に触れることは言わないという空気がありましたから。南京事件などの戦争犯罪の場合でもほとんどの人が出身地に帰って暮らしていたので、匿名で証言をしても誰が言ったのかすぐにわかってしまう。「おまえ、なんであんなことを言うんだ」と電話がかかってくる。そうした圧力が薄れてきたということもあるんでしょうね。

 陸軍の特攻に朝鮮の人たちがいたことも少しずつわかってきています。

鴻上:吉田さんの『日本軍兵士』がすごいと思ったのは、身体に即して書かれているところ。たとえば水虫にかかった兵士が半年間、靴を脱げなかったという話。どんな理屈を口にされるよりも「行軍中、水虫に苦しめられるんだよ」と言われたほうが、戦争はいやだと思いますよ。

吉田:そうですね(笑)。

鴻上:戦地ではろくに歯も磨けない。歯医者も兵士4千人に1人しか配置されず、歯痛の治療も受けられなかった。

吉田:戦争の悲惨さを語ることで平和の尊さを訴えるよりも、戦争の評価について迷いのある人に読んでもらいたい。そんな思いから、だれにとっても一番身近な問題である身体に関わるものを紹介するように心がけたんです。あの戦争では1944年以降に亡くなった人が大部分なんですが、それさえ「初めて知りました」という読者が多い。歴史の基本的な事柄が継承されてこなかったんです。

鴻上:議論の大前提となるものが損なわれていますね。

 僕は、『不死身の特攻兵』でインタビューした、9回出撃して9回生還した元特攻兵の佐々木さんがどうして生き残れたのか、そこを知りたくて何度もお会いして話を聞いたんです。佐々木さん自身はそういう言い方はされませんでしたが、結局、飛行機に乗るのが好きだったからじゃないかと思うんです。彼は戦場に行くのを怖いと思ったことがない。いつも、わくわくドキドキしていたという。

吉田:そうですか(笑)。

鴻上:佐々木さんの乗った「九九式双発軽爆撃機」というのは評判の悪い飛行機だったんですが、熟練すると鳥の羽のようになる。空を飛ぶのが好きで、こんなにも飛行機を愛している。だから、特攻で愛機をダメにするというのは嫌だと思ったんじゃないか。でも、軍隊という“超ブラック組織”の中で「好きだ」という実感を語ることは難しい。

吉田:なるほど。

鴻上:企業が新製品を発売するとき、「ビッグデータから見るとこうで……」などと理屈を並べるんだけど、中心にいる人間は「だってこれおいしいんだもの」と言いたいだけだったりする。佐々木さんがラッキーだったのは、どんなに理不尽な上司がいても、空では腕が一番ものをいう。「死んでこい」と言われながらも、行くたびに爆弾を投下して戻ってくる。これが歩兵だったらそうはいかなかったでしょう。好きでなおかつ技術をもっていたのは大きいと思います。

吉田:陸軍の場合は、正式な特攻部隊を形成していなかったために指揮権があいまいで、懲罰を含め上下関係の圧力が少なかったということもあったでしょうね。

鴻上:佐々木さんのようなパイロットは、仲間が何人も殉職するような激しい訓練を受けてきた。それなのに、「急降下爆撃なんかしなくていいから体当たりしろ」と言われて憤ったわけです。70数年前の彼らも自分たちと変わらない人間だと思えましたね。特攻機は爆弾を機体から切り離せないつくりでしたが、整備兵たちは爆弾を投下できるように手を加えました。現場レベルのリアリズムは「落とせない爆弾はありえない」だった。そこにはわずかな希望を感じましたね。(構成/朝山実)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年8月14日 17:17:31 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[777] 報告
日本だけではないが、昔の戦闘機パイロットどんなに腕が良くても、戦火を上げても飛行機が操縦できれば死ぬまで出撃をさせられたそうだ、被弾したりして運良く?操縦出来ないような傷を負ったら戦列から離脱させられて後方に回されたと聞いたな。
戦争は基地害がやるもの、また基地害にならないと遂行も出来ない、結果は基地害沙汰でしかない。
2. 2018年8月15日 18:21:10 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[547] 報告
ゼロ戦に 250キロ爆弾なんぞ搭載したら 時速300キロすら出せないと 歴戦搭乗員生き残りの坂井三郎氏が
証言している、実際 体当たりを実行出来て死んだ人間は ほんの僅かしかいなかったという
蠅を叩き落とすより簡単だと、最初は恐れおののいた米軍兵士も しまいにゃ嘲り笑ったとか
ほとんどが途中で撃墜されているのが実態 敵艦隊が見える所まで行けるだけでも奇跡的な確率だという
「複葉機 赤とんぼ」 で、出撃させられた搭乗員すらいたという

ネトウヨは 米軍兵士が恐れおののいたという最初の頃の話だけを つまみ食いして陶酔感に浸っているだけ
馬鹿としか言い様はない。

3. 2018年8月20日 13:07:56 : BO9Qa22atq : ecTpWGQdN_Y[117] 報告
飛行機の最高速度は無負荷で5000米上空とかの話なので、低空で空気抵抗が大きく荷重がかかる特攻機などは確かに300も出ればいい方だろう。これはVT信管の対空機関砲にかかれば簡単に撃墜されてしまう。

戦争しか知らない彼らを処分しておきたかったのだ。
怒りに任せて政権打倒や責任者殺害とかやりかねず、またその実力もある連中を少しでも減らしておきたかった。
終戦までに抵抗可能な者はすべて処分され、そこに支配者として入って来たのがGHQだった。
これを偶然とは思わない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ