★阿修羅♪ > 戦争b22 > 292.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリア侵略の手先に使っているジハード傭兵が壊滅した米国は自国の占領軍を増強(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/292.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 8 月 24 日 17:36:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

シリア侵略の手先に使っているジハード傭兵が壊滅した米国は自国の占領軍を増強
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201808240000/
2018.08.24 櫻井ジャーナル


 アメリカ軍はシリア北東部にある基地へ約800台のトラックで兵器を含む軍事物資を運び込む一方、イスラエルを訪問したジョン・ボルトン国家安全保障補佐官はロシアはシリアで行き詰まり、復興の責任を放棄したがっていると主張したという。アメリカ政府はシリアの現体制を武力で倒す意思を示している。ロシア政府は腹をくくる必要があるだろう。その覚悟がない限り、アメリカ、イスラエル、サウジアラビア、イギリス、フランスなどの侵略戦争を止めることはできない。

 イスラエルやサウジアラビアはイランの現体制を転覆させ、ロシアを追い出したがっているが、自分たちだけでは不可能。アメリカを利用する必要があり、サウジアラビアは数十億ドルをアメリカへ提供したと伝えられている。ボルトンの発言はイスラエルやサウジアラビアを意識してのものだろう。

 シリア政府軍とロシア軍が次に制圧しようとしている場所はイドリブだが、ジハード傭兵は南部からの戦闘員を受け入れるなどして兵力を増強中。それでも太刀打ちできそうにないため、また化学兵器話を始めた。また「シリア市民防衛(SCD)」、別名「白いヘルメット」を偽情報の発信源として使うと見る人は少なくない。

 何度も指摘してきたが、このSCDはアル・カイダ系武装集団やダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)の医療部隊として機能してきた。シリアの南部地域で活動してきたグループはイスラエルなどによって救出され、イドリブのほかイギリス、ドイツ、カナダなどへ運ばれた。

 今年4月14日にアメリカ、イギリス、フランスの3カ国がシリアのドゥーマを攻撃した際、SCDとジャイシュ・アル・イスラムというサラフィ主義者の武装勢力、つまりジハード傭兵はドゥーマで政府軍が化学兵器を使ったと宣伝していた。それをアメリカなどは攻撃の口実にしていたが、シリア政府やロシア政府は化学兵器が使われた痕跡はないと主張、OPCW(化学兵器禁止機関)に調査を要請していた。その調査チームが現地へ入る直前に攻撃は実行されたのだ。

 このケースでは一部の西側のメディアもドゥーマで化学兵器は使われていないと伝えている。例えば、イギリスのインディペンデント紙が派遣したロバート・フィスク特派員は攻撃があったとされる地域へ入って治療に当たった医師らに取材、そこで患者は毒ガスではなく粉塵による呼吸困難が原因で担ぎ込まれたという説明を受けている。毒ガス攻撃があったことを示す痕跡はないという。アメリカのケーブル・テレビ局、OANの記者も同じ内容の報告をしている。そしてOPCW(化学兵器禁止機関)も7月6日に発表された中間報告で、神経物質や化学兵器の分解物質は発見されなかったとしている。シリア政府軍の進撃が速く、ジハード傭兵側が化学兵器を巻く余裕がなかった可能性がある。

 アメリカ政府が軍事侵攻を正当化する口実として化学兵器を言い始めたのは2012年8月。シリアに対する直接的な直接的な軍事介入のレッド・ラインは生物化学兵器の使用だとバラク・オバマ大統領が発言したのだ。

 しかし、​同じ8月にアメリカ軍の情報機関DIAは反シリア政府軍の主力はサラフィ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団のAQI(アル・ヌスラと実態は同じだと指摘されていた)だとホワイトハウスに報告​した頃のことだ。当時、バラク・オバマ大統領は「穏健派」を支援しているとしていたが、そうしたグループは存在しないことをDIAの報告は示している。

 2012年12月にヒラリー・クリントン国務長官は、シリアのバシャール・アル・アサド大統領が化学兵器を使う可能性があると語り、13年1月29日付けのデイリー・メール紙にはイギリスの軍事関連企業ブリタム防衛の社内電子メールに、オバマ政権がシリアで化学兵器を使ってその責任をアサド政権に押しつける作戦をオバマ大統領が許可したという記述があるとする記事が載った。(同紙のサイトからこの記事はすぐに削除された)

 そして2013年春から繰り返しシリア政府が化学兵器を使ったという話が流れ始めるのだが、いずれも嘘だったことが判明している。ドナルド・トランプ政権もオバマ政権の手口を引き継ぎ、今年4月7日にSCDとジャイシュ・アル・イスラムが政府軍による化学兵器の使用が宣伝された。この話が嘘だということはOPCWや西側の一部メディアも認めているが、それでも西側の有力メディアや政府は嘘を繰り返し、少なからぬ人がそれを信じている、または信じているふりをしている。

 本ブログでは何度も書いてきたが、2012年5月にシリア北部のホムスで住民が虐殺された際、​現地を調査したローマ教皇庁のフランス人司教​は反政府軍のサラフィ主義者や外国人傭兵が住民を虐殺したと報告、それは教皇庁の通信社がその報告を伝えた。ドイツの​フランクフルター・アルゲマイネ紙​も、キリスト教徒やスンニ派の国会議員の家族が犠牲になっていると伝えている。

 その司教は「もし、全ての人が真実を語るならば、シリアに平和をもたらすことができる。1年にわたる戦闘の後、西側メディアの押しつける偽情報が描く情景は地上の真実と全く違っている。」と書いているが、その通りだ。西側の有力メディアはその後も嘘をつき、6年にわたって殺戮と破壊が続いている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年8月24日 18:01:03 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[797] 報告
>ロシア政府は腹をくくる必要があるだろう。その覚悟がない限り、アメリカ、イスラエル、サウジアラビア、イギリス、フランスなどの侵略戦争を止めることはできない。

記事の最後は「追い込まれるのはアメリカではないか。」で結ばれている。
http://blog.canpan.info/jig/archive/6710
中東TODAY
中東の人々の本音を知るため、中東ニュースの重要項目を解説し、中東の未来を予測します。
NO5209 8月24日 『シリアをめぐる国際駆け引き』 [2018年08月23日(Thu)]
ロシアの支援を受け、シリア政府はほぼISなど、反政府派のテロ組織の壊滅に、成功している。そのシリアに残されている、一大反政府派拠点はイドリブとなった。このイドリブの戦いが、今後の最大テーマとなろう。

イドリブにはアルカーイダやIS(ISIL)など、反政府各派が集結しているが、それは第三国への移動を前提とする、最後の拠点であり、反政府派の集結場所なのであろう。シリア各地で追い込まれた反政府各派は、アメリカの支援もあり、バスなどでイドリブに、移動させられてきていたのだ。

イドリブはトルコの国境に近いこともあり、トルコに逃亡して、そこから第三国に移動するということが、比較的容易に出来ていたのだ。最近はトルコ政府が反政府派のテロリストたちによって、トルコ国内でテロ事件を起こされるために、少し反政府派テログループに対する、対応が変わってきてはいる。

いま準備されているイドリブ最後の戦い(?)は、シリア政府側が一掃作戦を準備しており、これに対しアルカーイダなどが、応戦するというものだが、相当大規模なものになるのであろう。

シリア軍は最初に空爆を敢行し、次いで地上戦闘に移る、ということであろうが、空爆の段階では、一般住民の犠牲が、相当大きなものになることが予想され、現段階で既に5万人の難民が、シリアからトルコに向かうだろう、と予測されている。

トルコ政府は現在いる、シリアからの難民300万人(?)に加え、新たな難民を受け入れ、世話をしなければならない、ということであり、その費用は相当な額に、上るであろうことが予想される。

こうしたシリア軍優位の状況を見て、サウジアラビアは焦りが出ているのかもしれない。サウジアラビア政府はシリア政府に対して、シリアからイランの革命防衛隊やヘズブラの戦闘員を追い出せ、と要求しているのだ。

シリアにしてみれば、自国の安全上大きな貢献をしてきた、イランの革命防衛隊やヘズブラを、この段階で追放することなど、あり得ないのだが。これはサウジアラビアの意図であると同時に、アメリカの意図でもあろう。こうしてシリアに圧力を掛けることにより、アメリカはロシアに圧力を掛けるのであろうか。

イランがイラクからシリアへのルートを押さえているが、このこともアメリカにとって不安要因であろう。バグダッドからシリアへのルートが、イランの手中にあるということは、イランからイラク・シリアに弾丸道路が、完成したようなものであり、大規模な軍の移動が可能となろう。

ボルトン米国防顧問が、ロシアはシリアで苦慮している、と言ったことに対し、ロシアは何も困窮していない、と返答しているが、追い込まれるのはアメリカではないか。


>アメリカを利用する必要があり、サウジアラビアは数十億ドルをアメリカへ提供したと伝えられている。

サウジは金欠、自転車操業?
藤原直哉 @naoyafujiwara
サウジアラビア、国営石油会社の上場をあきらめ、110億ドルを銀行から借りることに

2. 2018年8月24日 18:07:55 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[798] 報告
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1032916609835270144
mko @trappedsoldier
mkoさんがMaria #FreeAssangeをリツイートしました

シリア:テロリストから解放された地域で工場が再稼働し、農地も耕され、通常の生活に戻りつつある。今は、テロリストが占拠するイドリブを解放する戦いの前夜だが、ロシアがトルコ・イスラエルなどすべての関係国と交渉し、軍事だけでなく、外交面で大きな仲介者の役割を果たしている。

3. 2018年8月24日 19:32:06 : ZwvGzUDmxc : fXqah0SlEC8[57] 報告
戦争に 向けた方便 嘘こそが
4. 2018年8月25日 12:34:36 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[9555] 報告
国連シリア特使、9月11−12日にトルコ、ロシア、イランをジュネーブに招請した
会談では、シリアにおける憲法委員会の設立が主要な議題となる。
アメリカも含まれた「ジュネーブ・プロセス」と並行して行われる。
デ・ミストゥラ大使は、シリア政権側と反体制派側の代表とも会談し、同委員会のメンバーとなり得る人々について提案を受けている。
http://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2018/08/24/guo-lian-siriate-shi-toruko-iran-rosiawoziyunebuhui-yi-nizhao-qing-1037189

注目ですね。

5. 2018年8月25日 13:59:40 : sUpHQ8Q75g : lG5Ry8H205A[131] 報告
> イスラエルを訪問したジョン・ボルトン国家安全保障補佐官はロシアはシリアで行き詰まり、復興の責任を放棄したがっていると主張したという。

ボルトンは何もかも自分の思惑通りに進まないためか
妄想と現実の区別が付かないらしい
精神病院逝きが正解

6. 2018年8月25日 15:47:13 : FVkfAflFio : a2@L0WyfpnY[4] 報告

ロシア国防相の発表があった。

 UK、US、仏はシリア空爆を準備している。例によって、イドリブでの化学兵器使用による偽旗作戦後に展開するのであろうが、ロシアの軍事的な対応はより厳しいものになろうと思われる。

 予定されているジュネーヴ交渉は非難合戦となり、ほぼ流会状態になろう。

 イドリブ攻略後のジュネーヴェ会談の進行役を自分たちが握ってはいるがなんとしても会談は避けたい、そのような意図であろう。

 偽旗作戦完了、その後の非難合戦において、イドリブ地域の停戦監視の役はもっぱらトルコが担っており、トルコの反応には、一抹の疑念が残るとみている。

 3か国の隠された狙いは、トルコの寝返りであるとみている。

 しかし、クルドの国家成立の阻止にはロシアの協力が必要であって、トルコ経済制裁の見返りとしては対価は小さい。クルド国家成立を黙認するトルコ政権を樹立するにはクーデターしか方策はあるまい。

 

7. TondaMonta[531] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKUgoE 2018年8月25日 17:21:21 : pAsLyyQfNQ : pBnJJj7B3@c[1] 報告
ペルシャ湾にイージス艦サリバン(59発のブーク型ミサイル)が待機中という。偽化学ガス事件を起こして、シリア政府を攻撃するみたい。
秋の中間選挙に向けて米国も大変座あます。強いところを見せなきゃいけない。

イドリブのアル・ヌスラ戦線などを攻撃するだけでなくて,それを支援している米軍基地(クルド地区)をたたく必要があると思うがいかがでござんでしょうか。

まあ其れに付けてもお八つはゲールでしゅね。

8. 2018年8月26日 14:35:35 : WFymFzFjPM : Un4ysis9J8w[56] 報告
シリアに関しては情報の発信元、また立場の相違でいろいろな見方や意見はあるだろう。

ただしここ数年に起こったことの事実は

・ダマスカスを上回る最大の都市、アレッポの戦闘はアメリカ側のとてつもない量の反アサド宣伝の中で結局シリア政府軍側の勝利に終わった。
・そのアレッポ それまで住民が政府軍により悲惨な目にあっているというと連日報道されていたが政府軍の勝利に終わってからは住民は戻り平和になった。
・シリア南部、ここでも政府軍と反政府軍の戦闘が続いたがここも政府軍側の勝利に終わった。
・ラッカを中心として勢力を持っていたイスラム国なる勢力はほぼ壊滅しこの地域はクルドの勢力下に入った。そのクルド、アメリカの考えがトルコのクルド排斥の意図と同じであることを読み取り今では政府軍に敵対しないとしてシリア国旗を掲げている。
・反政府勢力側は残る拠点は実質イドリブだけになったが今も反アサド反ロシアの宣伝は続いている。

とこんなところか。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ