★阿修羅♪ > 戦争b22 > 297.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
見え見えの嘘を口実にして侵略を続ける米英仏政府(その3)(櫻井ジャーナル) 
http://www.asyura2.com/18/warb22/msg/297.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 8 月 29 日 11:58:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

見え見えの嘘を口実にして侵略を続ける米英仏政府(その3)
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201808280001/
2018.08.28 櫻井ジャーナル


 アメリカをはじめとする侵略勢力は2013年8月にも化学兵器を使った偽旗作戦を実行した。ダマスカスの近く、ゴータで実際に使われたのだが、攻撃の直後にロシアのビタリー・チュルキン国連大使は反シリア政府軍が支配しているドーマから2発のミサイルが発射され、ゴータに着弾したと国連で説明、その際に関連する文書や衛星写真が示されたと​ジャーナリストがフェースブックに書き込んでいる

 それだけでなく、​メディアも化学兵器とサウジアラビアを結びつける記事を掲載、すぐに現地を調査したキリスト教の聖職者​マザー・アグネス・マリアムはいくつかの疑問を明らかにしている。

 例えば、攻撃のあった午前1時15分から3時頃(現地時間)には寝ている人が多かったはずだが、犠牲者がパジャマを着ていないのはなぜか、家で寝ていたなら誰かを特定することは容易なはずであるにもかかわらず明確になっていないのはなぜか、家族で寝ていたなら子どもだけが並べられているのは不自然ではないのか、親、特に母親はどこにいるのか、子どもたちの並べ方が不自然ではないか、同じ「遺体」が使い回されているのはなぜか、遺体をどこに埋葬したのかといった疑問を発している。

 この犠牲者たちは直前に誘拐された子どもではないかとも言われている。ゴータへの攻撃が行われる10日ほど前、反政府軍がラタキアを襲撃し、200名とも500名とも言われる住人が殺され、150名以上が拉致されたと言われているのだ。最近、シリアの北西地域で40名以上の子どもが拉致されたと言われている。2013年の時と同じことが行われるのではないかと懸念されている。

 2013年12月には調査ジャーナリストの​シーモア・ハーシュも8月の攻撃に関する記事を発表、反政府軍はサリンの製造能力を持ち、実際に使った可能性があるとしている。また、​国連の元兵器査察官のリチャード・ロイドとマサチューセッツ工科大学のセオドール・ポストル教授も化学兵器をシリア政府軍が発射したとするアメリカ政府の主張を否定する報告書を公表している。ミサイルの性能を考えると、科学的に成り立たないという。

 また、トルコの国会議員エレン・エルデムらは捜査記録などに基づき、トルコ政府の責任を追及している。化学兵器の材料になる物質はトルコからシリアへ運び込まれ、そこでダーイッシュが調合して使ったというのだ。この事実を公表した後、エルデム議員らは起訴の脅しをかけられている。

 これも繰り返し書いてきたが、2012年5月にシリア北部のホムスで住民が虐殺された際、現地を調査したローマ教皇庁のフランス人司教は反政府軍のサラフィ主義者や外国人傭兵が住民を虐殺したと報告、それは教皇庁の通信社がその報告を伝えた。その司教は「​もし、全ての人が真実を語るならば、シリアに平和をもたらすことができる。1年にわたる戦闘の後、西側メディアの押しつける偽情報が描く情景は地上の真実と全く違っている。」と書いている。

 中東における破壊と殺戮を引き起こしたのはアメリカ、イスラエル、サウジアラビア、イギリス、フランス、トルコ、カタールといった国々の政府だが、真実を語ってこなかった西側有力メディアの責任は重い。その見え見えの嘘に騙されてきた、あるいは騙されたふりをしてきた人びとも同罪だ。(了)




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年8月29日 12:25:26 : maIBzYjaKk : WKNj51ZrpMo[34] 報告
>真実を語ってこなかった西側有力メディアの責任は重い。その見え見えの嘘に騙されてきた、あるいは騙されたふりをしてきた人びとも同罪だ。

これだね

2. 2018年8月29日 19:01:06 : Xxq1DnoUFB : Bx4rQ6jSNwo[105] 報告
踏み切らす やらせ映像 見せつけて
3. やもめーる[-13671] guKC4ILfgVuC6Q 2018年8月30日 09:45:46 : DuDpSPHuRE : dkl1wAiAvgY[4] 報告
もはやイスラエル=ユダヤの悲劇の国は虚像だ!!
連中こそヒトラーに倣って中東で虐殺を
重ねているのだ!!

[18初期非表示理由]:担当:言葉遣いが適さないコメント多数により全部処理
4. 2018年8月31日 08:45:47 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[801] 報告
http://blog.canpan.info/jig/archive/6722
中東TODAY
中東の人々の本音を知るため、中東ニュースの重要項目を解説し、中東の未来を予測します。

NO:5221   9月1日   『シリアの子供化学兵器作戦に狩り出される』 [2018年08月31日(Fri)]
シリアのジスル・シュグールという街で、20人以上の子供たちがさらわれた。この子供たちをさらったのは、ホワイト・ヘルメットと呼ばれる、慈善組織ということだ。実はホワイト・ヘルメットは、アメリカの指揮下にある傭兵部隊であり、人道支援組織ではないのだ。

彼らはいま、トルコとの国境地域である、ハサニーヤ国境に陣取り、化学兵器を入手しているようだ。そして、このホワイト・ヘルメットは、アルカーイダの下部組織であるヌスラの変名組織ジュブハト・ファタハ・アッシャームと、連携しているのだ。

ホワイト・ヘルメットは現在、ハサニーヤ近くの250人が集結しており、彼ら以外には、外人テロリストも数十人が、参加している模様だ。今回の化学兵器による攻撃目標は、キリスト教徒の街ハッロウズが選ばれている、と伝えられている。

シリアでは2014年にも、シリア軍が化学兵器を使用した、ということにされ、アメリカ、フランス、イギリスの攻撃を受けているが、それ以前の段階で、シリアは全ての化学兵器を廃棄した、ということを国際機関や、アメリカによって確認されていた。

アメリカの傭兵であるホワイト・ヘルメットなどは、その、偽の化学兵器使用を映像化するために、子供が集められ、あたかも化学兵器の攻撃を、受けたように演出され、世界に報道された。

 しかし、それが全くのデタラメであり、子供たちは化学兵器の害を、受けていないことが後に語られている。今回の作戦では、実際に子供たちは殺されるのであろうか、あるいはあくまでも、フェイク作戦で終わるのであろうか。

 大人の利益をめぐる戦いで、子供たちが犠牲になることだけは避けたい。我々には何も出来ないが、この事実を多くの人に知らせることが、唯一出来る抵抗であろうか。

5. 2018年9月01日 10:48:46 : WFymFzFjPM : Un4ysis9J8w[121] 報告
さっそく、欧米メディアがイドリブでシリア政府軍側がまた化学兵器を使う準備をしているとかまたまた言いはじめた。

予想どうり。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b22掲示板  
次へ